地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

よみうりランドのバンデットの怖さや魅力をご紹介!待ち時間や身長制限は?

人気遊園地のよみうりランドは子供から大人まで楽しめる人気スポットとなっています。よみうりランドで話題となっているバンデットは園内の中でも最も怖いアトラクションとして注目となっています。バンデットの魅力や気になる待ち時間等をまとめてチェックしてみましょう。

絶叫アトラクションが魅力のよみうりランド見出し

Photo byAlexas_Fotos

国内にはたくさんの絶叫アトラクションがあります。都心からもアクセスがしやすい人気のよみうりランドのバンデットについてご紹介します。

絶叫系アトラクションが大好きな方は注目です。また休日によみうりランドに訪れる機会のある方もよみうりランドでは特に人気のアトラクションとなっているバンデットがおすすめです。

よみうりランドのバンデットは絶叫アトラクション好きのファンの中でも知られている人気のコースターです。バンデットのアトラクションの魅力や怖さ、更に利用できる身長等を事前にチェックしておくのがおすすめです。

よみうりランドに訪れた際に気になる、バンデットのアトラクションの待ち時間や料金等をご紹介します。

よみうりランドのバンデットとは見出し

Photo by Zengame

まず初めによみうりランドのバンデットについてご紹介します。よみうりランドでは1988年3月にバンデットが園内に建設されました。

よみうりランドのアトラクションの中でも長い期間の間人気の看板コースターとして大活躍をしています。

そんなよみうりランドのバンデットはどれくらい怖い絶叫アトラクションなのかに注目してみましょう。

国内でもたくさんの遊園地があり、ジェットコースターのスリリングな怖さのアトラクションにはたくさんの人が集まります。

よみうりランドに訪れた事がない方も、バンデットはどの様なアトラクションなのかについてチェックしてみましょう。

よみうりランドで不動の人気No.1アトラクション!

Photo by lilyfan

バンデットはよみうりランドの中でも不動の人気を誇る1番人気のアトラクションコースターとなります。

子供が楽しめるスポットとしても人気の高いよみうりランドですが、想像を超えた怖さのジェットコースターが存在します。

ジェットコースター好きの方や絶叫アトラクションファンもたくさん訪れます。まさにバンデットお目当てでよみうりランドに来場する方も多いと言っても過言ではありません。

絶叫アトラクションが苦手な方は少し敷居が高い乗り物となりますが、少し興味のある方はよみうりランドで人気No1のアトラクションのバンデットに注目してみましょう。

FUJIYAMAやサーフコースターと並ぶ「トーゴ三大傑作」

Photo byWaldNob

よみうりランドのバンデットは絶叫アトラクションとして話題になっています。絶叫アトラクション好きの中ではとても有名なよみうりランドのバンデットは株式会社トーゴーのジェットコースターとなります。

株式会社トーゴーは国内でも有名な絶叫系アトラクションを輩出している会社で、有名なジェットコースターであれば富士急ハイランドの「FUJIYAMA」や八景島シーパラダイスの「サーフコースター」を建造しています。

またバンデットはトーゴ三大傑作の1つとなっています。絶叫アトラクションファンはトーゴ三大傑作となっているバンデットのあるよみうりランドはスポットにもなっています。

バンデットは1988年3月に建設された当時は世界最高速度の世界記録を保有しています。よみうりランドでは看板アトラクションとして現在も人気コースターです。

よみうりランドのバンデットの概要見出し

Photo by lilyfan

続いてよみうりランドのバンデットの概要についてご紹介します。よみうりランドの中ではとても人気のあるアトラクションとして時には行列ができる程人気スポットとなります。

特に週末や休日によみうりランドに訪れる際にはバンデットは待ち時間を考慮して訪れる様にしておきましょう。

バンデット目当てでよみうりランドに訪れる方も多く、絶叫アトラクション好きの友人や恋人と訪れてみるのもいいかもしれません。

バンデットを利用する際に気になる料金や年齢制限、更に身長や体重制限等も事前にチェックしておきましょう。

よみうりランドのバンデットの料金

Photo bystevepb

まず初めによみうりランドのバンデットの料金をご紹介します。まずよみうりランドの入園料金は大人料金1800円、中高生料金1500円、小学生料金1000円で入園のみ必要です。

よみうりランドは入園料金のみ支払いか、乗り物乗り放題のワンデーパス(入園料込)、ワンデーパスは大人料金5500円です。

入園料のみを支払った際には乗り物を利用する際にはそれぞれ料金が必要です。その場合バンデット料金は1回900円で利用する事が出来ます。

よみうりランドのその他にもアトラクションを楽しみたい方や、バンデットを何度も楽しみたい方はワンデーパスを購入するのはおすすめです。

よみうりランドのバンデットの年齢制限

Photo byddimitrova

次によみうりランドのバンデットの年齢制限を確認しましょう。よみうりランドでは1番の絶叫アトラクションです。

絶叫アトラクションなので、注意しなければいけないのがお子様です。年齢制限は小学生以上です。

お子様連れのでよみうりランドに訪れる際には小学生以下の場合はバンデットが利用できないので注意しましょう。

バンデットの利用の年齢制限は小学生以上ですが、基本的にはそれ以上の年齢制限はありません。高齢の方や心臓病がある方は利用は控えるのがおすすめです。

よみうりランドのバンデットの身長・体重制限

Photo byThomasWolter

次によみうりランドのバンデットの身長や体重制限についてご紹介します。まずバンデットには体重制限はないので安心しましょう。

注意しなければならないのは、身長制限です。バンデットを利用する際には、身長制限は120センチ以上となります。

年齢制限同様に小学生未満のお子様は利用する事ができません。小学生以上の場合でも身長が120センチ以上でなければ利用できないので注意しておきましょう。

また120センチ程の身長の場合はバンデットの身長制限がクリアーしているかどうかは、よみうりランドの係員さんに身長を確認してもらうのがベストです。

年齢制限や身長制限は事前に確認しておくのが必要です。安全にバンデットを楽しむ際にはよみうりランドが規定している身長制限を守りましょう。

よみうりランドのバンデットの待ち時間

Photo byFunkyFocus

続いてよみうりランドの人気アトラクションのバンデットの待ち時間についてご紹介します。バンデットはよみうりランド内で最も人気のアトラクションです。

バンデットの待ち時間は平日等の比較的人が少ない時には待ち時間なしか、待ち時間20分以内で利用する事ができます。

しかし気になる休日の場合は多少の待ち時間が必要です。平日に比べて休日の待ち時間は早くて10分程が平均です。

長い待ち時間で約40分前後です。ディズニーランドやユニバーサル等の人気アトラクションの待ち時間よりも比較的にスムーズに利用できます。

Photo byshijingsjgem

しかしよみうりランドでは期間限定イベントとしてスプラッシュバンデットや逆走バンデット等、普段利用できないイベントも開催されています。

そんなイベント開催時の場合はそれ以上の待ち時間が必要となります。またイベントの際にはバンデットは通常コースとイベントコースで列が2列になって進みます。

列は交互に進みますが、バンデットの発進は通常と変わらないので待ち時間は2倍になってしまいます。楽しいバンデットのアトラクションはとても人気です。

普段楽しめないバンデットのイベントもおすすめです。待ち時間は多少必要となりますが、待ち時間中も楽しみながらバンデットにチャレンジをしてみましょう。

よみうりランドのバンデットの優先乗車券「スムースチケット」

Photo byigorovsyannykov

最後によみうりランドのバンデットを利用する際に便利な優先乗車券についてご紹介します。バンデットの優先乗車券のスムースチケットが販売されています。

待ち時間を考慮してスムーズにバンデットを利用したい方はスムースチケットがおすすめです。スムースチケットを利用する際は入園料金やフリーパス料金にプラスアルファ500円の料金で購入する事ができます。

スムースチケットはバンデット前の券売機で購入ができます。更に購入できる時間は12時以降となっています。

身長制限が満たないお子様は残念ながらスムースチケットも利用する事ができません。スムースチケットはバンデット目当てでよみうりランドに訪れた方や、待ち時間を少なく楽しみたい方におすすめです。

よみうりランド周辺の駐車場をチェック!料金や混雑具合・割引情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
よみうりランド周辺の駐車場をチェック!料金や混雑具合・割引情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京都稲城市にあるよみうりランドは、子供から大人まで楽しく遊べる人気遊園地です。そんなよみうりランドを車で訪れる際に気になるのが駐車場情報です。ここではよみうりランドの駐車場の混雑具合や料金、お得な割引情報などをお伝えしましょう。

よみうりランドのバンデットの魅力見出し

Photo byAlexas_Fotos

次によみうりランドの人気アトラクションのバンデットの魅力についてご紹介します。全国の絶叫アトラクションの中でも注目されているバンデットはファンの間でもとても人気となっています。

バンデットを楽しみたい方はまずバンデットの人気の理由や怖さを体験できる魅力について参考にしてみましょう。

他にはないスリリングな体験が楽しめるバンデットはよみうりランドで楽しむ事ができます。身長制限をクリアーしたお子様も存分に楽しめるので注目しておきましょう。

たっぷり楽しめる長いコース

Photo byPexels

よみうりランドのバンデットはたっぷりと楽しめる長いコースが魅力となっています。よみうりランドに訪れた際にとても長いジェットコースターが確認できます。

そちらがバンデットとなりますので注目しておきましょう。バンデットはスリリングな怖さで速度も速いですが、とても長いコースで楽しむ事ができます。

ジェットコースターが苦手な方にとってはとても長い時間となりますが、絶叫アトラクションが大好きな方にとってはとても満足のゆく楽しい時間を満喫する事ができます。

バンデットの長さは全長で1560メートルもあります。様々なスポットを爆走する怖さは他では体験する事ができません。長い待ち時間を待っても乗る価値があるのでチェックしておきましょう。

森の中を走るようなワイルドなコース

Photo byBurningWell

次によみうりランドのバンデットは全長1560メートルの長さで森の中を走る様なワイルドなコースが人気となっています。

よみうりランドの園内もとても広く、また緑に囲まれているスポットでもあります。森の中を疾走する怖さも体験できるので注目しておきましょう。

高い場所からジャングルの様な谷へ滑り込むのが爽快感があります。まるで冒険をしているかの様な気持ちになるのでチャレンジしてみましょう。

春は桜・冬はイルミネーションの絶景と絶叫を同時に楽しめる

Photo by lilyfan

よみうりランドの魅力でもあるのがイルミネーションです。よみうりランドではナイトイベントが年間で行われています。

日中のスリリングな怖さで体験できるバンデットもおすすめですが、ナイトイベントの際には美しいイルミネーションを1番満喫できるスポットで眺めてみるのもおすすめです。

よみうりランドのイルミネーションは春の季節には桜をイメージしたピンクに冬のイルミネーションは特に1年の中でも素晴らしいイルミネーションを楽しむ事ができます。

園内をとても長いコースで走るバンデットから絶景と絶叫を同時に楽しめるおすすめのスポットとなりますので満喫してみましょう。

よみうりランドのイルミネーションが凄い!開催期間や混雑予測は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
よみうりランドのイルミネーションが凄い!開催期間や混雑予測は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京を一望出来る「よみうりランド」で開催されるイルミネーションは、毎年その凄さを増して進化し続けています。秋から冬にかけて長期間、目も眩む様なイルミネーションを楽しむ事が出来ます。よみうりランドのイルミネーションは毎年多くの人々が楽しみにしているイベントです。

よみうりランドのバンデットの怖さ見出し

Photo by12019

続いてよみうりランドのバンデットの怖さをご紹介します。絶叫アトラクションが大好きな方もバンデットがどの様な怖さのジェットコースターかを参考にしましょう。

バンデットのアトラクションのスペックを参考に、自分でも楽しめるジェットコースターなのかをチェックしておくのがおすすめです。

バンデットはたくさんのアトラクションの中でも比較的にスリリングな怖さで有名なジェットコースターとなりますので事前にチェックしましょう。

よみうりランドのバンデットのスペック

Photo by lilyfan

まず初めによみうりランドバンデットのアトラクションのスペックからご紹介します。初めて訪れる方は注目しておきましょう。

今までどんな絶叫マシンを体験してクリアーしたのかをバンデットのスペックと比較する事ができます。

バンデットのスペックを知る事で、自分が体験できる範囲なのかを確認する事ができるので参考にしてみましょう。

最高部高度

Photo byvansilein

まず初めによみうりランドバンデットの最高部高度のスペックからご紹介します。バンデットの最高部高度は51メートルです。

最高部高度51メートルを体験できる遊園地は国内でも数少ないです。51メートルの場所から落下する怖さは想像を超える迫力です。

ちなみに同じトーゴ三大傑として有名なFUJIYAMAの最後部硬度は79メートルです。それよりも少し低いですが、恐怖を感じる高さなので注意しておきましょう。

最大高低差

Photo byFree-Photos

次によみうりランドバンデットの最大高低差のスペックは78メートルとなります。上記の最高部高度が51メートルとご紹介しましたが、実はデコボコ地点にバンデットが設置されている事もあって最高部高度が決められています。

しかしバンデットは最大高低差が何と78メートルもありますので、その驚異的なスペックは見逃してはいけません。

最高部高度が51メートルに対して最大高低差が78メートルにも及びますので、こちらのスペックにも注意してバンデットを楽しみましょう。

最高速度

Photo byreal-napster

次によみうりランドバンデットのの最高速度スペックに注目してみましょう。バンデット最高速度は110km/hです。

実に、110km/hの最高速度を超えるジェットコースターが存在するのは、国内でも稀です。よみうりランドバンデット以外には、絶叫系アトラクションで有名な富士急ハイランドや長島スパーランドにあり、同レベルとなっています。

高速スピードで走り抜けるバンデットは全長コースも長くて、更に森に飛び込むコースもあり怖さ倍増になります。

落下角度

Photo byPexels

続いてバンデットの落下角度のスペックに注目してみましょう。バンデットの絶叫アトラクションの決め手の1つとなっているのが45度の落下角度となります。

45度の落下角度はまさに真っ逆さまです。全ての落下が45度ではありませんが。最高落下角度が45度になりますので、間違いなくスリリングな怖さで楽しむ事ができます。

45度の落下を終えてもバンデットはそれ以降にとても怖いスポットがたくさんありますので気を抜かずに最後まで楽しみましょう。

乗車時間

Photo byCouleur

次にバンデットスペックの乗車時間は3分17分となります。全量1560メートルもあり、更に最高速度が110km/hとなっています。

3分17秒の乗車時間以上に感じるかもしれません。中には以外にも早く終わったと楽しく感じる方もいるので注目しておきましょう。

実際に乗った感想や口コミ

Photo byfancycrave1

よみうりランドバンデットの実際に乗った感想や口コミ情報についてご紹介します。バンデットは国内でも非常にスペックの高い絶叫アトラクションとなります。

実際に自分は絶叫系アトラクションが得意と感じていた方も、バンデットに乗って驚く程の恐怖を感じた方も少なくありません。

しかし絶叫系アトラクションが好きな方はとても爽快に乗り終えた後でも楽しい記憶が残ります。落ちるまではとても怖いですが、それ以降はとても楽しいので是非チャレンジしてみましょう。

よみうりランドのバンデットの絶叫ポイント見出し

Photo byMandyme27

続いてよみうりランドのバンデットの絶叫ポイントをまとめてご紹介します。バンデットは全長もとても長く約3分17秒のジェットコースターとなります。

バンデットを楽しむ際には5つの絶叫ポイントがありますので、恐怖に感じるスポットを参考にチャレンジしてみましょう。

ファーストドロップからのブーメランターン

Photo bypaulbr75

まず初めにバンデットの絶叫ポイントになるのがファーストドロップからのブーメランターンです。目の前に広がる東京の街並みを見渡せるスポットから始まるのはファーストドロップです。

ライドは一気に地上に急加速をして落下します。そこからひとやすみをする間もなくブーメランターンとなります。Gがかかる迫力に絶叫の歓声が盛り上がるスポットです。

セカンドドロップからの水平ループ

Photo byWaldNob

次にバンデットの絶叫スポットがセカンドドロップからの水平ループとなります。ストレートコースを突き進めば、目の前に見えてくるのが大きな水平ループが広がります。

このスポットとても衝撃があるので油断してはいけません。体力に自信がない方はとても刺激を受けるスポットなので、力を入れて耐え抜きましょう。強烈なGを受けるループが1周半ほど回ってから水平ループします。

Gから開放された直後にドロップ

Photo bypaulbr75

次にバンデットの絶叫スポットの森林飛行となります。スリリングな森林コースは二重のらせんを上がりきってから、ライドはGからやっと解放されます。

しかしここでも油断してはいけません。Gから解放された直後にやってくるのはドロップです。バンデットのチャームポイントとも呼ばれるスポットなので注意が必要です。

MAXスピードに達する後半の大ドロップ

Photo byPixel-Sepp

次にバンデットの絶叫スポットの後半戦はMaxスピードに達して大ドロップの展開があります。通常のコースターであれば終了していますがバンデットはまだまだ終わりません。

ホワイトキャニオンが見えてくればバンデットの折り返し地点です。すでに大ドロップが終え気を緩めてしまった方は、このスポットで驚きと恐怖が最熱します。

高度を上げてからの急ブレーキ

Photo bypaologhedini

最後にバンデットの最終地点のスポットです。何度も想像を超える絶叫スポットを通過して、強烈なドロップを体験する事ができます。

ゴールが見えたと安心はしてはいけません。左に急カーブをして高度を上げてからの最終急ブレーキで締めとなります。最後の最後まで気が抜けないバンデットの絶叫ポイントを楽しみましょう。

よみうりランドのバンデットに乗る際の注意点見出し

Photo byrawpixel

最後によみうりランドのバンデットに乗る際のいくつかの注意点についてご紹介します。全国的にも絶叫の怖さで有名なアトラクションのバンデットですが、訪れる前に事前に知っておきたいポイントをチェックしておきましょう。

遊園地の人気アトラクションとして数多くのジェットコースターが存在しますが、バンデット意外にも他ではない注意点があります。

事前に知っておく事で必要最低限回避できる問題もありますので、バンデットの注意点を参考によみうりランドにアクセスしてみましょう。

一定の人数が揃わないと出発しない

Photo byPankgraf

まず初めによみうりランドのバンデットは一定の人数が揃わないと出発しないので注意しておきましょう。

バンデットを目当てによみうりランドに訪れる方は特にこちらの注意点は必見です。比較的に混雑をしない平日に訪れて、何度もバンデットに乗りたい場合は人数が揃うまで出発はしません。

他の遊園地では人数が揃わなくても出発する事が多いです。特に平日に訪れる際には人数が揃うまでの待ち時間も必要となります。

またバンデットの出発は基本大人が10人そろった時点で案内されます。バンデットではアナウンスもされるのでチェックしておきましょう。

手荷物置き場やロッカーがない

Photo byPublicCo

続いてよみうりランドのバンデットを利用する際には手荷物置き場やロッカーがないので注意しておきましょう。

バンデットを初めて利用される方は驚かれるポイントですが、バンデットの乗り場付近には手荷物置き場やロッカー等はありません。

また想像以上に激しくてスリリングな怖さのあるジェットコースターとなりますので、荷物が多い方はとても大変です。

自分の荷物は基本的には全て持ち込みなので、よみうりランドに訪れる際には必要最低限の荷物で中身が出ない様なカバンや肩紐があるバッグを選んでアクセスしましょう。

振動や重力移動が激しい

Photo byjosepons28

最後によみうりランドのバンデットは振動や重力移動とても激しいアトラクションとなりますので注意しておきましょう。

バンデットはとてもスリリングな怖さのあるジェットコースターとなりますが、想像以上に振動や重力移動によって体を打ち付ける事も多いです。

車両のハーネスはクッションが付いていますが、それでも体を打ち付けて軽い打撲になる事もあります。

身長制限をクリアーしたお子様でも衝撃に耐えられない様であれば控えたり、また少し気を付けておく様にしましょう。

よみうりランドで大人気のバンデットを満喫しよう!見出し

Photo by Dick Thomas Johnson

よみうりランドのバンデットは、国内の数あるジェットコースターの中でもスリリングな怖さが楽しめる、人気のアトラクションになっています。

バンディットは数時間もの待ち時間が発生することはありませんが、休日になると沢山の人が行列を成すアトラクションです。

急傾斜スポットも非常に多く、絶叫系が好きな方には大変満足度が高いものでしょう。そのため、よみうりランドの数あるアトラクションの中でも非常に人気があります。

ただし、バンデットの身長制限や料金等は、事前にチェックするのが賢明です。バンデットの概要や注意点を参考に、よみうりランドにぜひアクセスして下さい。

関連キーワード

投稿日: 2019年11月12日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote