地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

関門海峡観光は観光船がおすすめ!人気のグルメ、料金情報が盛りだくさん!

今回は関門海峡の人気のグルメやお得な料金情報などをご紹介致します。源平合戦や巌流島等の歴史ロマン溢れる人気観光スポットをめぐる、関門海峡観光にもおすすめな観光船の情報も盛りだくさんにお届け致します。関門海峡の魅力と歴史を美味しく触れられる事間違いなしです。

関門海峡の観光は船で堪能しよう見出し

Photo by rail02000

今回は関門海峡の観光船とおすすめの観光地と人気のグルメをご紹介です。下関から望む海峡に聴こえる潮騒と船の汽笛の音は、日本の残したい音100選に選ばれています。そんな関門海峡ならではの観光地で、人気のグルメを堪能して頂きたいです。では、関門海峡の魅力を満喫しに行きましょう。

関門海峡観光は歴史渦巻く魅惑の地見出し

関門海峡に聴こえる潮騒と汽笛の音は、日本の残したい音風景100選に選ばれている、日本を代表する風土の一つ。その歴史は源平合戦から幕末から近代まで、日本のありとあらゆるターニングポイントを肌で感じられる場所でもあります。

関門海峡観光は関門橋から見出し

関門海峡に架かる日本のゴールデンゲートブリッジとも言える壮大な吊橋。下関と北九州を結ぶ、関門海峡を代表するおすすめ観光スポット。関門海峡に訪れて最初に見えるこの橋を、船上から眺めるコースは、常に関門海峡観光の人気のコースです。

関門海峡と関門橋の絶景はPAから

関門橋には北九州側と下関側の双方にパーキングエリアがあり、関門海峡を眺めながら食べられるレストランが人気、またパーキングエリア内からの眺めは関門海峡と関門橋を眺める上で一番のおすすめスポットになっています。また、これらのサービスエリアには宿泊施設もあり、泊まる事も可能です。

関門海峡観光はトンネル人道から見出し

Photo by eitarov

関門海峡は車や電車や船だけで渡れるわけでは無く、もちろん歩いて渡る事も出来ます。原付や自転車等で関門海峡を越える方も、この人道トンネルを利用します。料金は歩行者は無料ですが、軽車両は20円です。実際に地元の人が通勤や買い物に利用する文字通りの足となっています。

関門海峡観光は海峡ゆめタワーで見出し

下関に来て近代感溢れるランドマークタワーが海峡ゆめタワー。143mからの関門海峡の眺めはもちろん、360度のパノラマビューが堪能できます。夜のライトアップされたタワーは、恋人の聖地と言われています。料金は大人600円、小人300円で夜の9時まで営業してます。

下関「関門海峡花火大会」の穴場スポットや開催時期はいつ?混雑状況も調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
下関「関門海峡花火大会」の穴場スポットや開催時期はいつ?混雑状況も調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
「関門海峡花火大会」は、本州山口県の下関側と九州の門司港側の間の関門海峡で両岸から15000発が同時に打ち上げられる全国第2位の観客動員を誇る花火大会で、その関門海峡花火大会開催時は、下関市も門司港も周辺が大混雑をきたすほどの人気の花火大会です。

関門海峡の観光は前田砲台跡で歴史から見出し

幕末に明治政府が出来る切っ掛けとなった薩長同盟、その前提にあった長州藩の攘夷戦争の際に、外国船砲撃用に関門海峡に作られた軍事施設のうちの一つが、この前田砲台跡です。この場所から関門海峡を通行する外国船へ向けて長州軍は砲撃し、後に連合艦隊を迎える事になります。

関門海峡観光はノーフォーク広場が人気見出し

北九州市と姉妹都市である事から、軍港でもあるアメリカ合衆国のノーフォーク市からその名前をとったノーフォーク公園。関門橋を眺める上で最高のビュースポットとなっている。近くには貨物線を復活し運営されている門司港レトロ観光列車の駅がある。

関門海峡観光に人気!海響館見出し

関門海峡を一望できる観光客にも人気な、はい!からっと横丁の大観覧車が目印な水族館。ダイナミックな水槽と共に、下関を代表するふぐを世界中から集めての展示はおすすめです。アシカやイルカ等の様々なステージも楽しめるアトラクション満載です。タッチングプール等の体験コーナーも人気です。

海響館へのアクセス方法と料金

アクセス方法は下関駅からバスで「海響館前」下車。関門連絡船の「唐戸桟橋」からは徒歩約5分です。料金は大人が2,000円の、小・中学生が900円、幼児(3歳以上)で400円となっています。営業時間は9時30分から17時30分。最終入館は17時ですので、お気をつけ下さい。

関門海峡の観光は船で決まり見出し

関門海峡はその名の通り海がメインの観光スポットです。その魅力の全ては海にあると言っても過言ではありません。すべてのおすすめ観光スポットや人気の場所が、下関と北九州に跨ったこの海峡の両岸にひしめいています。その全てを堪能するのに、一番おすすめなのが、船での移動です。

関門海峡連絡船の歴史

昔は国鉄が運営する関門海峡間の関門海峡連絡船が、下関駅と門司駅の間を運行していましたが、これは時代の流れと共に昭和39年に廃止されてしましました。その後もかつての様に、関門海峡を船で行き来するのが、関門汽船が運営する連絡船です。

関門海峡観光は5分で結ぶ関門連絡船見出し

門司港と下関との間、距離にして約1km程を、わずか5分程度で結んでくれる、短い船の旅を楽しめる関門汽船。壇ノ浦の戦いで知られる関門海峡は、その名の通り潮の流れが激しく、時には大回りをするので、若干遅れて到着する事もありますので、気をつけましょう。

関門海峡連絡船の料金

関門海峡連絡船は平日は20分置きに出港しています。料金は大人片道400円、小人が200円です。自転車は1台につき250円が必要です。その他、巌流島航路にも使える1日乗り放題のトライアングルフリーパスもあります。料金は大人が900円、小人は450円でとってもお得です。購入の際は窓口にて確認しましょう。

門司港

Photo by rail02000

門司港の桟橋には「マリンゲートもじ」と「レトロ内桟橋」の二箇所があります。下関唐戸行きの関門連絡船は「マリンゲートもじ」からです。その他、巌流島連絡船や海峡クルージングも出ています。もう一つの桟橋、「レトロ内桟橋」からは、レトロな街並みを海上から眺める門司港レトロクルージングの船が出ています。

下関(唐戸ターミナル)

下関唐戸ターミナルの桟橋からは、北九州門司港行きの関門連絡船、巌流島連絡船と海峡クルージングの3路線が出ています。近くにはお土産買いにおすすめのシーサイドモールのカモンワーフや、レトロ感溢れる旧下関英国領事館等も近く、観光には人気なスポットが多くあります。

門司港観光におすすめ!レトロな人気スポット&お土産をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
門司港観光におすすめ!レトロな人気スポット&お土産をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
福岡県北九州市に位置している門司港の観光におすすめの人気観光スポットをご紹介していきます。福岡県北九州市の人気観光スポット門司港には、さまざまな人気の観光名所があります。今回は福岡県北九州市の門司港でおすすめのお土産も合わせてご紹介します。

関門海峡の名所へ!巌流島連絡船見出し

決闘の代名詞でもある巌流島へは門司港、もしくは下関より関門汽船にて約10分程で到着します。ここは日本中はおろか、世界中で有名な「五輪書」の著者でもある剣豪宮本武蔵と佐々木小次郎が戦ったと言われる場所。日本国内で巌流島ほど歴史に触れやすいおすすめな場所は他に無いでしょう。

桟橋より船に乗り込むと、移動中の船内では巌流島に関する物語や、決闘の歴史を知る事も出来ます。時代に想いをはせて、当時宮本武蔵が島へ向かった際にも見たかもしれない関門海峡の波しぶきと、両岸に広がる現代の景色を楽しみながら、ゆっくりとした船旅を楽しみつつ、船は巌流島へ到着します。

関門海峡で決闘!巌流島

巌流島でおすすめな人気の場所が、この佐々木小次郎と宮本武蔵の決闘のシーンを切り取った銅像です。巌流島を観光に訪れた多くの人達はこの場所で当時に思いをはせる事が出来る事でしょう。尚、島の中央には宮元武蔵に敗れた佐々木巌流之碑がありますが、そんな敗れた佐々木小次郎の流派の名前から取って巌流島となったそうです。

関門海峡遊覧クルージング見出し

関門海峡門司港の観光客にも人気のレトロ内桟橋から毎週土曜日に運行している、恋人の聖地とも言われるブルーウィング門司と言う跳ね橋の下から出港し、関門海峡一円を遊覧出来るクルージング船。料金は大人1,200円、小人600円となっています。

一般的に港町の魅力を感じられる人気の玄関口は、陸からでは無く海から船で入ってくるのがおすすめだと言われます。関門海峡クルージング船は、そんな関門海峡にまたがる2つの港町、下関と門司港のそれぞれを海から約40分程かけて堪能出来る、一度は乗って見たい遊覧船です。

関門海峡の夜景観賞!定期クルーズ見出し

Photo by Grilled Ahi

近年工場の夜警は人気のスポットの一つになっていますが、なかでも北九州市は工場地帯が連なるエリアで、海上から眺めるそうした夜景は常に人気の観光スポットの一つとなっています。観光客だけにではなく、地元の人にも人気で、門司港から出港する船には毎回大勢のお客でいっぱいです。

人気の工場夜景や関門海峡の夜景を、船の上からたっぷり観賞出来る人気のクルーズ。この特別クルーズ船の出発は毎週土曜日の19時頃で、所要時間は門司港発で90分程です。門司港の関門連絡船乗場、マリンゲートもじから乗船します。料金は大人2,500円、小学生が1,250円です。事前予約が必要ですので、お忘れなく。

関門海峡の門司港でレトロ感を満喫見出し

旧門司税関

門司港は下関と並んで歴史のある港町です。その象徴の一つが、門司港レトロエリア内にある旧門司関税。入館は無料で、2階の展望室のレンガ窓から眺める関門海峡は、当時の気分にタイムスリップした気分にもなれるそんなノスタルジックな空間が演出されています。

門司港レトロクルーズ

そんなレトロ感溢れる港の風景の桟橋から出ているのが、海上からレトロな門司港を眺める、その名も門司港レトロクルーズです。門司港レトロ内から出港するミニクルーズとなっております。11時からのデイクルーズと日没後に出港するナイトクルーズがあります。

門司港レトロクルーズのデイクルーズとナイトクルーズの料金は、どちらも大人800円、小人400円です。また、門司港レトロ内には、芸人ロバート秋山のお父さんが経営しているワーペンファンホールン船が停泊し、常時船上レストランとして営業しています。

ファンキータイガーカリビアン

Photo by Norisa1

ワーペンファンホールン船内で営業しているファンキータイガーカリビアンでは、門司名物の焼きカレーの他、ハンバーグやハンバーガーなどが食べられます。全てのメニューがボリューム感のある内容で、門司港の風景を眺めながら、船上で食事が出来るグルメスポットになっています。

門司港でのランチに大人気!ラーメンや海鮮から名物焼きカレーの店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
門司港でのランチに大人気!ラーメンや海鮮から名物焼きカレーの店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北九州市内でも注目を集める門司港エリア。古くから港町として栄えた場所だけあり、食文化も発達しここでしか味わえないグルメもたくさんあります。門司港では夜間営業をしているお店が少ないので、ランチ時は見逃せません。美味しいグルメランチを探しに行ってみませんか?

関門海峡で鉄道史を知る門司港駅見出し

東京駅と並んで重要文化財にも指定されている歴史ある門司港駅。大正3年に旧門司駅として開業し、関門連絡船と結び本州の鉄道とも結んでいた九州の0マイル基点があります、鉄道ファンにも人気の観光地です。現在は保存修理工事中で完了は2018年3月の予定です。

九州鉄道記念館

門司港駅のそば近くに九州鉄道記念館があります。ここはもともとは旧九州鉄道本社があり、その跡地として、ああたしく建てられた建物です。こちらも鉄道ファンにはたまらない、レトロな列車がたくさん展示されていて、懐かしい列車達にも触れ合う事が出来ます。

関門海峡観光には海の守り神!亀山八幡宮見出し

下関の関門海峡連絡船から唐戸下船し、唐戸エリアの近くにふぐの銅像が目につき、観光客にも人気の亀山八幡宮があります。地元でも関の氏神様として親しまれています。潮の流れの速い海関門海峡にあって、更に海へ出て行く漁師達の信仰も厚い神社です。

亀山八幡宮名物の一つとも言えるのが、長い石段。その石段を登りきると眼下に関門海峡の景色が広がります。子連れでも楽しめる人気の観光地でもあり、無料の駐車場を完備している事から、マイカーで訪れる人にも安心の場所です。地元から愛されている氏神様のもとで、ゆったりとした時間がすごせる。

関門海峡で海の幸と言えば唐戸市場見出し

活気ある魚市場が週末はテーマパーク

寿司好きにはたまらないグルメスポットがここ唐戸市場に現れます。新鮮な海産物が沢山集まり、寿司や様々な魚料理がお手軽に買えて、好きなだけ食べられる、魚好きにはおすすめの超人気スポット。観光客のみならず、地元の人も新鮮で安い寿司を目当てに毎週客足が耐えません。

2001年に新築移転された新しい市場の中で、市場ならではの質とボリュームそして値段。なにより、市場直営以外の何物でもない鮮度のネタの寿司を、下関関門の台所で食べられる贅沢感は何物にも変えがたいものです。その他にも多くの海鮮屋台が出店していて、様々な魚料理に舌鼓が打てます。

関門海峡観光と言えばふぐ料理見出し

本格ふぐ料理なら「しのだ」

Photo by Dr.Colossus

創業50年の本格な本場とらふぐ料理の老舗。店内は比較的こじんまりとしていながら、歴史ある内装と三階建てのゆとりある空間の中で頂くふぐ料理は、日本のどこで食べるよりも美味しく、どんなグルメな舌でも絶対に満足させる事ができます。常に満席なので、事前予約は絶対に必要なお店です。

下関でふくを食すなら「ふくの河久」

下関と言えば、はやりふぐ。そんなふぐを工場直送の手ごろな価格で食べられるのがこのふくの河久。下関に来たら行かなきゃ損をする事間違いない最高のグルメスポットです。名物のふぐ刺しぶっかけ丼は一度食べたら忘れられない味で、沢山のふぐ料理がお手ごろ価格で食べられる下関一のグルメスポットです。

山口でふぐ料理を食べるなら?旅館や美味しい店を旬の時期とあわせて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
山口でふぐ料理を食べるなら?旅館や美味しい店を旬の時期とあわせて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ふぐの名産地の山口県下関市には、ふぐ料理が楽しめる美味しい店や旅館等の名店が沢山あります。特にふぐが旬の冬にはふぐ料理がいただける旅館や美味しい店は観光客を含む大勢のお客様で一杯。そこで、このページでは、山口でふぐ料理を楽しめる名店を厳選してご案内いたします。

関門海峡観光には「門司港の焼きカレー」見出し

Photo by amika_san

関門海峡の下関がふく料理なら、対岸の門司の名物グルメ料理は、意外にも焼きカレーです。そんなご当地名物の焼きカレーが評判のお店が食べられるお店が門司港駅のすぐ隣にある。 旬の食材をふんだんに入れた豊富なメニューはどれも人気の逸品ばかり。門司に来たら一度は堪能しよう。

焼きカレー発祥のお店「伽哩本舗」

焼きカレー専門店伽哩本舗は、門司のB級グルメである焼きカレー発祥の店と言っても過言ではありません。日本中に門司に焼きカレーありと知らしめた、その火付け役となった全国的にも有名な店舗です。営業時間はランチタイムは11時から午後3時まで。夜は8時まで営業しています。

観光客に大人気で美味しい「こがねむし」

門司港レトロ内にあるオシャレでレトロな外観な構えのお店がこがねむし。焼きカレーの他にも様々なカレーライスが楽しめるカフェ感覚のレストランです。地元の人からも、観光客からも、絶品と大評判の人気店です。おすすめはなんといっても焼きカレー。お値段もリーズナブルでダブルに満足出来ます。

門司港で焼きカレーがおすすめの店まとめ!人気店や穴場も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
門司港で焼きカレーがおすすめの店まとめ!人気店や穴場も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
それぞれの都市にはそれぞれの名物グルメが存在します。今回ご紹介するのは、門司港の焼きカレー。焼きカレー発祥の地として知られている門司港には、美味しい焼きカレーが堪能できる穴場的なお店が目白押しです。門司港を訪れた際は、ぜひ、お立ち寄りください。

関門海峡の人気な観光スポットへ見出し

Photo by kagawa_ymg

今回の関門海峡は如何でしたか。関門海峡は自然とグルメと歴史に溢れるおすすめの観光地や、人気の観光船等魅力が沢山です。どのグルメも一度は味わってみたい美味しいものばかりです。関門海峡ならではの魅力的な数々の場所へ、下関に来た際には、是非一度は寄ってみて下さい。

門司港観光におすすめ!レトロな人気スポット&お土産をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
門司港観光におすすめ!レトロな人気スポット&お土産をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
福岡県北九州市に位置している門司港の観光におすすめの人気観光スポットをご紹介していきます。福岡県北九州市の人気観光スポット門司港には、さまざまな人気の観光名所があります。今回は福岡県北九州市の門司港でおすすめのお土産も合わせてご紹介します。
投稿日: 2017年5月8日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote