セブンイレブンでのiD支払いガイド!使い方の流れやポイント還元率もチェック!

2020年7月3日 (2020年7月3日最終更新)

セブンイレブンでiD支払いとは、NTTが運営する電子決済サービスで支払うという事。お札や硬貨で支払いをせずに電子マネーで支払いをする、キャッシュレス決済のための1つのブランドです。セブンイレブンのみならず代表的なコンビニや店舗で使用できる便利なiD支払いです。

目次

  1. セブンイレブンでiD支払いする方法を伝授!
  2. セブンイレブンでも使えるiDとは?
  3. セブンイレブンでiDを使う前の準備
  4. セブンイレブンでのiDの使い方
  5. セブンイレブンでもっとお得にiD支払い
  6. dポイントとiD支払い
  7. セブンイレブンでお得にiD支払いをしよう!

セブンイレブンでiD支払いする方法を伝授!

よくコンビニを利用する人におすすめのiD支払い。このiD支払いを知っていると知らないのでは、お得感が歴然と違います。

毎日のようにランチでコンビニに立ち寄る方、お金を財布から出して支払いが面倒と感じる方は、ぜひiD支払いを考えてみましょう。とっても簡単にiD支払いをすることができます。詳しく解説していきましょう。

セブンイレブンでも使えるiDとは?

今回はセブンイレブンでも便利に使えるiD支払いについてのご紹介です。セブンイレブンでは他にも様々な電子マネーやクレジットカード払いがあります。

しかし今回は便利に支払いができるiD支払いの使い方を見てみましょう。スマホのアプリを使ったり、クレジットカードをかざしたりと様々な使い方が可能なiD支払いになります。

一般的にある電子マネーと同じですので、どのデバイスを使ってかざしてセブンイレブンで支払いをするかによってさまざまな使い方があります。また支払い後の請求の仕方にも数種類あります。

NTTドコモの電子マネーサービス

iD支払いはNTTドコモの運営する電子支払いサービスになります。セブンイレブンのものではなく、電子マネーサービスの一種です。代表的な電子マネーに、イオン系のWAON、交通系のSuica、Pasmo、PayPayやRPayなどもあります。

しかしこのiD支払いをおすすめする理由は、電子サービス決済がこれほどまでに広がる前から導入されているNTTドコモの電子マネー。その普及率は広く様々な種類のお店で支払いが可能です。

そして特に細かな規定がなく、いつも携帯しているスマホやお持ちのクレジットカードなどと連携して簡単に支払いが可能な決済方法です。

ドコモユーザー以外も使用できる

そしてこちらのiD支払いはNTTドコモユーザー以外でも誰でも利用が可能です。運営会社がNTTドコモであるだけで、どんなユーザーでも利用が可能です。他の電子マネーと入会の条件はさほど変わりません。

またNTTドコモの支払いサービスでd払いというのもあります。マクドナルドやマツモトキヨシなどで、dポイントはお持ちでないですか?とよく聞かれると思います。こちらはiD支払いとはまた違った電子マネーになりますのでご注意ください。こちらも持っていてポイントを貯めたり使ったりするのに、おすすめな電子マネーでもあります。

セブンイレブンで支払いできるものとできないもの

またセブンイレブンでのiD支払いでは、できないものがあります。それは、インターネットで購入したものをセブンイレブン受け取りにして支払いをする時や、公共料金の支払い、切手やクオカードの購入代金、ビール券や映画券の支払い等があります。

またセブンイレブンでのiD支払いでは上限が設けられていて、2万円までとなっています。また他の電子マネーとの併用支払いもできないものがありますのでご注意ください。

Nanacoとの併用は?

そしてセブンイレブンと言えばnanacoの電子マネーが一番に浮かびます。このnanacoとは併用して支払いができませんのでご注意ください。

またnanacoとiD支払いとではポイント還元率や現金チャージ型の電子マネー支払いという点でも、少しiD支払いとは違うものになります。

OriginalセブンイレブンでのPayPayの使い方まとめ!支払いやチャージの流れを解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
皆さんは、セブンイレブンでPayPayが使えることをご存じでしょうか。小銭いらずで便利なPa...

セブンイレブンでiDを使う前の準備

セブンイレブンでiDの使い方の前に、準備が必要です。どの電子マネーにも言えることですが、支払い時にかざすものが必要になります。

iD支払いの際にはお手持ちのスマホや、クレジットカードで支払いましょう。そしてその支払いには事前にiDの登録が必要になります。いきなりセブンイレブンでiD支払いと言ってもできませんのでご注意ください。スマホにアプリを入れたりカードを用意する必要があります。

まずはiDに登録&設定

まずはiDに登録し設定する必要があります。そしてその登録するものには、お手持ちのスマホとクレジットカードがあります。

スマホにiPhoneの場合とAndroidの場合で対応機器やアプリの設定方法が違います。iDの公式HPにも詳しく設定の仕方が載っていますのでそちらも一緒に参考にしてみましょう。

そしてまず必要なものはiD対応のカードになります。財布の中にあるクレジットカードがiD対応のものか確認してみましょう。簡単な方法はiDのマークが入っていればどれが使えます。しかし入っていなくてもカード会社に確認しすれば、対応しているカードであると言われる場合が多くあります。まずここから確認です。

このカードを使ってiD支払いにした料金を支払うことになります。使い方は、支払い先をクレジットカードにしてカードを出さずにスマホのiDアプリやカードそのもので手続きを行います。

デバイスがiPhoneの場合

iPhoneの場合はApple Payのアプリを使って支払うことになります。このApple Payのアプリとは電子ウォレットでiPhoneをかざすだけで支払いができる財布の代わりのものです。そして通常財布から出すお金を電子マネーで支払うという流れです。

このApple Payを使用するにはお手持ちのiPhoneに「Wallet」アプリがあるかを確認しましょう。確認ができたらアプリを起動させます。そして「カードを追加する」で説明を読みカードの種類のところで「クレジット/プリペイド」を選びます。

そしてカードの写真を取り込んで必要な情報を入力していけばカードのアプリ登録が完了しました。これでiD支払いがセブンイレブンで可能になります。とっても簡単なアプリの設定です。

デバイスがAndroidの場合

次はAndroidの場合です。Androidの場合は設定が可能なアプリがあります。こちらではGoogle Payです。Google Payのアプリをインストールし起動します。[カードを追加]し、[クレジット/デビット/プリペイド]を選択しiD対応のカードの情報を入力していきます。これでもうスマホでiD支払いが可能になります。

デバイスがiD付きカードの場合

そしてスマホではなくクレジットカードでiD支払いをする時です。対応カードでの支払いも可能になります。セブンイレブンではクレジットカード払いも可能ですが、このiD払いにすることもできます。

カードで支払いではその後の支払いタイプが3つに分かれています。カードでiD支払いにするメリットは、この支払方法ではないでしょうか。チャージの不要なポストペイ型、前もってチャージをしておくプリペイド型、即時引き落としのデビット型があります。

ポストペイ型

ポストペイ型はクレジットカードと一緒に使ったものが請求される支払い方法になります。事前にチャージする必要がありませんので、支払い時にお金が足らなくなりません。

クレジットカードの上限まで支払いをすることがで、これはクレジットカードと同じシステムになります。ポストペイ型のiD支払いを希望される時は、お手持ちのクレジットカード会社から申し込みが必要です。

プリペイド型

プリペイド型のiD支払いは、事前にチャージをしておく必要があります。こちらは事前に使いたい金額を入れておく必要がありますので、計画的に使うことができます。

プリペイド型のカードの種類は、ソフトバンクカード、チケットレストランタッチ、dカードプリペイド、メルペイがあります。

デビット型

お次はデビット型です。デビット型は口座の残高内で使えるカードになります。口座の残高以上では支払いができませんのでご注意ください。

そして使うとすぐに口座から引き落とされますので、タイムラグがなく間違いなく支払いが可能です。しかし残高が少なくなっているときはお金が足らないという事も起こりますので、残高の確認はしておきましょう。デビット型対応カードはSMBCデビットとGLOBALPASSになります。

セブンイレブンでのiDの使い方

ではセブンイレブンでiD支払いの使い方を見ていきましょう。手元にiD登録をしたスマホかクレジットカードを用意しておきます。

初めて利用するときは少々戸惑う方も多いでしょう。しかしセブンイレブンの店員さんは慣れたものです。iD支払いはだいぶ浸透していますのでとってもスムーズに支払いが可能です。

合言葉は「iD支払いで」

セブンイレブンには色んな電子マネーやクレジットカードでの支払い方法があります。まずこちらから支払いの時に「iD支払いで」と支払い方法を提示しましょう。

店員さんはすべての支払い方法を聞いてくれるわけではありません。黙っていると普通に現金払いになってしまいます。

スマホかカードをかざすだけ

iD支払いはスマホかカードをレジ横にある末端にスマホやカードをかざしてみましょう。そうすると支払いが完了します。

とっても簡単な支払いで非接触の支払いになります。画面にタッチしたりサインしたりする必要がありません。

かざす場所はnanacoと同じ!

そしてレジ横のかざす場所はセブンイレブンの電子マネーnanacoと同じ場所になります。この機械でiD支払いも可能です。

お店の方がここですと言ってくれますので安心して決済を進めましょう。多くの場合は、レジの裏側、お客さん側のディスプレイの横に見えやすく設置されています。

iDを利用するメリット

そしてiD支払いを利用する方が多くなっているのには多くのメリットがあるからです。今までは買い物に行く際に財布は必須でした。

しかしランチに出かけるサラリーマンやOLさんはスマホのみでランチに行く方も沢山です。iD支払い可能のいつも通っているランチスポットには身軽な方がたくさんです。他にもまだまだメリットはあります。

スマホならお財布要らず!

財布はカバンの中やポケットに入れると少々かさばるときがあります。そんな時はいつも持っているスマホでiD支払いがおすすめです。

またセブンイレブンのレジのまで、財布の中から小銭を出してお釣りをもらっての作業が短縮されます。

サインや暗証番号も不要

そしてiD払いは面倒なサインや暗証番号の入力が省略されます。買い物したものをレジにおいて、iD支払いと告げます。

そしてポケットからスマホを取り出し、ピッと末端に触れさせるだけで支払いは完了です。とってもスムーズに買い物ができます。

カードのポイントも貯まる

そして登録したクレジットカードを経由して支払いが完了します。よってクレジットカードを使った場合と同じようにポイントが加算されます。

例えばクレジットカードで5万円の支払い。セブンイレブンで1万円分の支払いだとします。これは5万円分のクレジットカードのポイントが同じ還元率で加算されます。

もしお手持ちのクレジットカード払いができないお店でも、iD支払いは可能なお店があります。そんな時はぜひiD支払いで料金を支払いましょう。ポイントは間違いなく貯まっていきます。

セブンイレブンでもっとお得にiD支払い

ではもっとお得にセブンイレブンでiD支払いをする使い方を見てみましょう。この使い方を知っていると知らないとではポイントの貯まり方が違います。

またお得なキャンペーンやクーポンが配信されるものがあります。これも間違いなく使ってお得にセブンイレブンで買い物をしてみましょう。

メルカリの決済サービス「メルペイ」とiD

ではお得な決済サービス「メルペイ」との関係を見てみましょう。近年はメルペイのCMをよく見かけます。お得な還元率のポイントやキャンペーンを見かけます。

メルペイの使い方としては、まずメルペイのカードのものが発行されます。そしてこのカードにもiDのマークが入っています。よってこれでiD払いが可能という事です。

このカードをApplePayなどと紐づけして、セブンイレブンで使う使い方ができます。そしてメルペイ経由での支払いのメリットは、メルカリの売り上げを使用できるや還元率の高いクーポンを利用できるなどがあります。

お得な還元キャンペーンやクーポンが配信される

代表的な還元のいいキャンペーンは、独自のクーポンとしておにぎりやコーヒーが11円になるものがありました。驚くほどの還元率で普通の割引とは比になりません。また過去には、はま寿司やガストでも還元率のいいクーポンが配信されていました。

定期的に還元されるクーポンやキャンペーンは変わりますので、行く前にチェックしておくのがおすすめです。メルカリをしている方はぜひ使い方を知っておくのがいいでしょう。

セブンイレブンアプリとiD

そしてセブンイレブンで買い物をするにはセブンイレブンのアプリとiD支払いを見ておきましょう。セブンイレブンのアプリでは得なクーポンやポイントシステムがあります。

このアプリ上でiD支払いをすることはできませんが、セブンイレブンで買い物をすることが多い人はアプリを入れておきましょう。クーポン画面では、特定の商品の割引券が出ていたり、買い物回数に応じて特典を受けられたりします。

セブンマイルが貯められる

セブンイレブンのアプリ上の「マイル」を見てみると、ここでは200円購入ごとに1マイルが加算されていきます。

そしてその貯まったマイルはセブンイレブンのnanacoポイントとして利用できます。1マイルが1nanacoポイントと同じ還元率で利用できるのでためやすいポイントになります。

Originalガストはクレジットカードや電子マネーが使える!クーポンやポイントについても | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
全国各地スポットにあるガストはリーズナブルな価格で楽しめるファミリーレストランとなります。今...

dポイントとiD支払い

NTTドコモの支払いサービスにd払いがあります。これはお店でのよくdカードはお持ちですか?と聞かれます。dポイントが付くから聞かれます。

d払いは、iD払いより後に出てきたサービスですが支払いクレジットカードが多くある点やドコモ口座からの支払いなどにも対応しています。

またポイントの面で見てみると、d払いはdポイントが付与されます。しかしiDはそれ独自のポイントがありません。支払いクレジットカードのポイントのみです。

よってiD支払いの方がカードでないポイントを付与してもらう際には、そのポイントをまず提示してからiD払いにする必要があります。

iD支払いの前に、dポイントを提示してみましょう。またdカードにiDのマークがあるカードでは自動でdポイントが加算されます。

Originald払いはセブンイレブンでも使える!支払い時の使い方やポイント還元率も調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
d払いは、セブンイレブンでも利用できるお得な支払い方法です。DoCoMoのスマートフォンを使...

セブンイレブンでお得にiD支払いをしよう!

いかがでしたでしょうか。セブンイレブンでのiD支払いの方法はとっても簡単です。必要な準備をしていけば、店頭で慌てずスムーズに支払いが可能です。

財布を持たずにスマホやカード一枚で気軽に買い物ができる電子決済サービス。これからますます広がっていくことでしょう。

関連記事

305.thumb
この記事のライター
tomo
兵庫在住、旅行すること、食べること、遊ぶことが大好きなtomoです。次の週末はどこに行こうか日々計画中!

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ