地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ほっぺが落ちる!愛媛のお土産にぴったりな「一六タルト」を紹介!

愛媛伝統の和菓子、一六タルトは、柔らかなスポンジ生地にあんこを巻いた人気のスイーツです。愛媛発祥の一六タルトは、あんに柚子の風味を取り込み、甘さを抑えた、どこか懐かしいテイストが評判を呼び、今では全国にその名が知られるようになりました。

愛媛のおすすめお土産「一六タルト」を紹介!見出し

Photo by ketou-daisuki

愛媛の一六(いちろく)タルトは、カステラの生地であんこを包んだ愛媛伝統の和菓子です。一六タルトは、一見ロールケーキのように見えますが、何故かタルトと呼ばれています。

ここではそんな愛媛の一六タルトについて、名前の由来や人気の店舗、おすすめのお土産などの情報を交えながら紹介します。

一六タルトとは見出し

一六タルトは、愛媛で生まれた伝統的な美味しい和菓子ですが、今や日本全国にその名が知れ渡っており、人気の高いスイーツと言えます。

一六タルトは、サクサクせず、ふわふわなのにタルトと呼ばれている和菓子で、多くの人々がお土産として選んでいます。

特徴

愛媛・一六タルトの最大の特徴は、ロールケーキのようにふわふわなこと、甘さ控えめなテイスト、そして柚子風味のあんにあります。

一六タルトは、愛媛や四国のみでなく、全国各地でも、お土産や贈答品として喜ばれている、今話題の和菓子です。

名前の由来

一六タルトを始めたのは、愛媛県松山市にある「一六本舗」というお店です。このお店の創業が明治16年だったため、「一六本舗」という名称が付けられたそうです。

一六タルトの名称も、このお店の名前から取っていますが、何故タルトと名付けられたかというと、江戸時代初期に、松山藩の藩主・松平定行氏が長崎を訪れた折、ポルトガル由来のタルトに出会ったことにあります。

その味に感動した彼は、作り方を教わり、松山で職人に作らせました。定行氏は、ジャムの代わりにあんを入れたものを作らせ殿様に提供したとのこと、その菓子が一般に普及したのは、明治期になってからだそうです。

その当時、ポルトガル語ではケーキのことをトルタと呼ぶ一方、オランダ語ではタルトと呼んでいたようです。その頃、定行氏が食べたケーキはタルトとして覚えられ、その名前が愛媛で定着したものでしょう。

人気の理由

では、愛媛・一六タルトは何故そんなに人気があるのでしょうか?その理由は、こだわりの製法にあります。

あんには皮を剥(む)いた小豆餡を使用し、こだわりの白双糖を使って、柚子の香りを目いっぱい引き出すような工夫が凝らされています。

また、あんを取り巻くスポンジは、細やかでしっとりしており、生地の仕込み、焼き具合、時間調整など、繊細な仕上げとなるよう、工夫されています。

愛媛お土産おすすめ人気ランキング10選!お菓子・名産・雑貨屋・お店案内のイメージ
愛媛お土産おすすめ人気ランキング10選!お菓子・名産・雑貨屋・お店案内
愛媛のお土産と聞かれて何を思い浮かべますか?やっぱり「みかん」でしょうか。蛇口からポンジュースなんて話もあるので仕方ないかもしれません。ですが、決してそれだけじゃないんです。本当の愛媛土産を知っておけば、お土産で通ぶれること間違いなしです!

一六タルトの種類見出し

愛媛・一六タルトには、様々な種類があります。定番の「柚子」始め、「抹茶」や「あまおう苺」、「みきゃん」、「ダークみきゃん」、「しょこら」、「栗づくし」など、種々の美味しいスイーツを味わうことができます。

みきゃん

愛媛・一六タルトの「みきゃん」は、愛媛県のイメージアップキャラクター「みきゃん」とコラボしたスイーツで、ミカンの味がします。

「みきゃん」には、愛媛県産みかんと愛媛県産伊予柑の果皮が使われており、見た目もテイストもみかんをたっぷり感じさせる人気のスイーツです。価格は1個151円、5個入りが864円となります。

あまおう苺

冬の時期に人気の一六タルトが「あまおう苺」です。このスイーツは、福岡県産あまおう苺のジャムをあんに練り込んでおり、甘酸っぱいテイストが美味しさを引き立てます。

ひと切れ一六タルト「あまおう苺」が1個140円、「あまおう苺」が1本1080円となります。その他にも、3個入りや10個入りなどがあります。

抹茶

次に紹介するのは柚子とともに人気を2分する「抹茶」です。福岡名産の八女茶を生地やあんに使用しており、抹茶と柚子の風味が程良く相まって、絶品のテイストが引き出されています。ひと切れ一六タルト「抹茶」が1個129円、一六タルト「抹茶」が864円となります。

柚子

「柚子」は一六タルトの中でも最も人気の高い、お店の定番スイーツです。小豆餡や白双糖を使用し、上品な柚子の香りを際立たせています。

「柚子」の値段は、ひと切れ一六タルトが1個118円、3個入りが421円、5個入りが648円など、30個入りまで、様々なサイズが用意されています。

しょこら

冬季限定の「しょこら」も見逃せないスイーツです。スポンジにはイタリー産ココアパウダーが、あんにはフランス産チョコレートや柚子が練り込まれており、香りや風味が人気を集めています。

価格は、一六タルト「しょこら」のみで、1個につき140円となります。「しょこら」以外に、GODIVAとコラボした「チョコレート」も評判を呼んでいます。

ダークみきゃん

「ダークみきゃん」は、その名前からくるイメージとは違い、意外にも、チョコレートや抹茶、伊予柑などが練り込まれています。

スポンジに愛媛県産九万茶を使用した抹茶テイスト、あんには伊予柑果皮とチョコレートを練り込んでいる「ダークみきゃん」の価格は、1個151円となります。

栗づくし

最後に紹介する一六タルトは、秋だけの限定スイーツ「栗づくし」です。「栗づくし」の生地には、栗皮粉末と渋皮栗ソースが練り込まれています。

また、栗餡には栗ペーストと刻み栗が使用されており、9月から11月までの期間限定スイーツとなっています。値段は1本1080円となります。

一六タルトが購入できる店舗・食べられる店舗見出し

愛媛県では、道後温泉内始め、一六タルトを購入できる一六本舗の支店が60店舗ほどあり、お土産の購入には大変便利です。

また、一六タルトを食べるのに、是非立ち寄りたいおすすめのお店は、「道後本館前店」2階のカフェ「一六茶寮」です。

一六タルトが購入できる店舗

一六タルトを購入できる主なお店は、愛媛県内に60以上の店舗を展開する「一六本舗」です。その中でも「十六番館一六本舗」は、一六タルト販売におけるフラッグシップ的な役割を果たしている有名店です。

住所 愛媛県松山市東石井2-22-13
電話番号 089-958-0016

一六タルトが食べられる店舗

観光で道後温泉を訪れる人がまず立ち寄りたいお店が、一六本舗「道後本館前店」の2階にカフェを構える「一六茶寮」です。

「一六茶寮」では、軽食やコーヒーの他に一六タルトが楽しめます。このお店で特におすすめのメニューは、一六タルトと坊ちゃんだんご、抹茶がセットになった520円の「一六名菓セット」です。

住所 愛媛県松山市東石井2-22-13
電話番号 089-958-0016

愛媛みかんは特産品!種類・ブランド特集!せとかは柑橘の大トロ!のイメージ
愛媛みかんは特産品!種類・ブランド特集!せとかは柑橘の大トロ!
愛媛といえばみかんの産地として有名ですが、ひとくちにみかんといっても様々な品種があることをご存知ですか?柑橘の品種の改良がすすんでいることに驚きます!こちらではブランド化した高級柑橘からおなじみのみかんまで、愛媛で生産される代表的な種類の柑橘を紹介します。

人気の一六タルトは愛媛のお土産にぴったり!見出し

Photo by zamojojo

愛媛発祥の一六タルトは、なめらかな口当たりと甘さを抑えた絶妙のテイストが相まって、全国的にもその存在が広く知られるようになりました。

ここでは、美味しい上にお土産にも最適な愛媛・一六タルトについて、由来や店舗、おすすめのスイーツなどの情報を取り入れながら説明してみました。愛媛を訪れる折には、是非一度、一六タルトを味わってみて下さい。

投稿日: 2022年1月26日最終更新日: 2022年1月26日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote