地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ガソリンランタンおすすめ7選!選び方・使い方や人気アイテムを紹介!

近年、温かみのある光でキャンプを楽しむ方中心に人気が高まっているのがガソリンランタンです。どのような特徴のあるランタンなのでしょうか。そこでガソリンランタンの特徴やおすすめの商品、そして使い方やメンテナンス方法まで合わせて紹介します。

初心者にもおすすめ!人気のガソリンランタンを7つピックアップ♪見出し

Photo by Koji Horaguchi

キャンプをする時、光は大切なものであり、さまざまなタイプのランタンが使われています。中でも近年人気が高まっているのがガソリンランタンです。ガソリンランタンのおすすめポイントや人気の商品、メンテナンス方法などを紹介します。

ガソリンランタンの魅力をおさらい♪見出し

Photo byb13923790

キャンプなどで使うランタンと一口に言っても、さまざまなタイプのものがあります。もちろんそれぞれにおすすめのポイントがあるのですが、その中でガソリンランタンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、ガソリンランタンが魅力的である理由から紹介していきましょう。ガソリンランタンには、次にあげるようなおすすめポイントがあります。

圧倒的な光量

Photo by sayo-ts

ガソリンランタンのおすすめポイントとしてまず挙げられるのが光量の強さです。ガソリンランタンは名前の通りガソリンを使うので、明るさの面では他の大夫のランタンよりもずっと強い光量が得られます。

しかももともとが「火」なので、まぶしさがあまりなく、やわらかで優しい雰囲気の光となる点も見逃せません。あたりが暗いキャンプ場で、やわらかなあかりが揺らめく様子はなんとも幻想的であり、キャンプの雰囲気を高めてくれます。

環境に左右されづらい燃料性能も人気の一因

Photo byCouleur

ガソリンランタンの燃料として使われるホワイトガソリンは、引火点がマイナス50度となっています。つまり、周囲の気温が低い時でも安全に火をつけることができるのです。

ガスランタンなどの場合、特に寒い冬などの場合に火力が落ちることもあるのですが、ガソリンランタンはそれがありません。いつでも燃焼性能が安定して、必要な光量を得ることができるのです。

燃料やパーツが入手しやすいのも◎

ガソリンランタンはメンテナンスが必要なのですが、その分メンテナンスさえしっかりすれば一生ものと言われます。そのためパーツなども長く使えるように、入手しやすいことが多いです。

また燃料に関しても同様で、簡単に入手することができます。加えて純正のホワイトガソリンを使っても、ガソリンランタンとして使う場合それほど大量に消費しないので、ランニングコストが安くあがるのもおすすめポイントです。

キャンプの雰囲気も満点に!

Photo bybhossfeld

先ほども触れたように、ガソリンランタンは光量がそれなりにあるのですが、火なので、あたたかな炎が揺らめく明かりとなります。そのためキャンプ場などで使っても雰囲気がいいのが人気です。

またガソリンランタンそのものも、いかにもランタンらしい形のものが多く、それをキャンプのテントに吊るしたり、テーブルに置くだけでも穏やかなキャンプらしい雰囲気を楽しむことができます。

メンテナンスのしやすさ

Photo byschaerfsystem

先ほども述べたように、ガソリンランタンはメンテナンスをする必要があります。メンテナンスというと面倒に感じる方がいるかもしれませんが、もともとメンテナンスをするのが前提ですから、作りもメンテナンスがしやすくなっています。

メンテナンスが必要なパーツはどれも簡単に取り外しすることができますし、メンテナンスをするための道具などもメーカーでちゃんと用意しています。また先ほども述べたように、メンテナンスで交換が必要なパーツの入手も簡単です。

使えば使うほど味が出るのも魅力的

さらにガソリンランタンの場合、メンテナンスをしっかりすれば一生ものであり、使えば使うほど味が出てくるのも魅力の一つです。くすみや汚れ、キズなどがあっても、それがそのガソリンランタンの年季を感じさせてくれるのです。

ガスランタンおすすめランキングTOP19!使い方や選び方もご紹介!のイメージ
ガスランタンおすすめランキングTOP19!使い方や選び方もご紹介!
キャンプや非常用に持っておきたいガスランタン。アウトドアメーカー各社が様々なガスランタンを発売していますが、この中からおすすめTOP19をピックアップして紹介しています。ガスランタンの使い方や用途別の選び方もぜひ参考に。
キャンプにおすすめのランタン37選!初心者でも使いやすい種類もあり!のイメージ
キャンプにおすすめのランタン37選!初心者でも使いやすい種類もあり!
アウトドアでは定番のキャンプですが、テントやシート、チェアなど準備しなければならない用具はたくさんあります。キャンプではテント泊など周囲が暗くなると灯りの必要性からランタンを準備することになります。ランタンは選び方によって機能が大きくことなります。

ガソリンランタンの選び方見出し

このように、ガソリンランタンはさまざまな魅力があり、キャンプなどで使いたいという方が増えています。ではガソリンランタンを購入しようという場合、どのような選び方をすればいいのでしょうか。その選び方のポイントを紹介します。

光源

Photo byJillWellington

ランタンである以上、まず重視したいのが光量です。ガソリンランタンはもともと光量が多い商品が多いのですが、キャンプサイトを照らすのに十分な光量が得られるタイプを選びたいものです。

また、同じ光量があっても、マントルの形によって明るさは変わってきます。一般的にチューブマントルと呼ばれる細長い形のタイプの方が明るいことが多いので、しっかり光量を得たい場合はチューブマントルをおすすめします。

基準は2,000ルーメンほど

具体的にキャンプサイトを明るく照らすことができる光量というのはどのくらいかというと、約2000ルーメンと言われます。この2000ルーメンというのはワットに換算するとだいたい125ワットくらいになると言われます。

イメージとしては、2000ルーメンの電球を使うと、4.5畳くらいの部屋の平均的な明るさが100ルクスくらいになります。ですから、もちろん使い方にもよりますが、キャンプサイトが明るく感じられる程度になると言えるでしょう。

タンクの容量

明るさが決まれば、次はタンクの容量です。もちろんタンクが大きければたくさんの燃料が入るわけですが、ガソリンランタンは使用時にポンピングという作業が必要なため、それを考えるとちょうど使いやすいサイズを選ぶのがおすすめです。

具体的に言うと、燃焼時間8時間程度、タンク容量としては600㏄くらいのものを選ぶと、キャンプなどで使う際、途中で燃料を継ぎ足したりしなくても使えます。これを一つの目安にして選ぶとよいでしょう。

燃料の種類

Photo byIADE-Michoko

ガソリンランタンというくらいですから、ガソリンランタンに使う燃料はガソリンとなります。ガソリンと言えば車に入れるガソリンをイメージしますが、実はガソリンランタンに使うガソリンは少し違います。

ガソリンランタンに入れるガソリンはホワイトガソリンと言い、一般のガソリンよりも純度の高いものを使います。そのため、ガソリンランタンを使う場合は基本的に、このホワイトガソリンを一緒に購入する必要があります。

容量600cc以上&燃焼時間は8時間以上がおすすめ

そして先ほども述べたように、このホワイトガソリンを入れる容量は600ccが目安となります。このくらい入るものであれば、だいたい8時間くらいは燃焼しますから、キャンプ場で使う場合でも暗い時間継ぎ足しせずに使えるでしょう。

防災用ならマルチフューエルタイプがぴったり!

キャンプ場など、平常時に使うためにガソリンランタンを購入しようという場合ならば、ホワイトガソリンのタイプのものでいいのですが、近年では災害などの時のためにガソリンランタンを購入しようという方も増えてきています。

このような場合におすすめなのが「マルチフューエルタイプ」と呼ばれるガソリンランタンです。このタイプは車に使うレギュラーガソリンも使うことができます。そのため、ホワイトガソリンよりも入手先が多いというメリットがあります。

携帯性

ガソリンランタンはガソリンを入れ、ある程度長い時間燃焼させることになります。そのため比較的小型のものでも、ガソリンを入れるタンクもそれなりのサイズが必要で、重量もそれなりにあるものが少なくありません。

そのため、メーカーによってはガソリンランタンに専用のハードケースを付けている商品があります。ハードケースがついていれば携帯性もありますし、キャンプ場などに持っていく時も便利です。

特にガソリンランタンの「ほや」の部分はガラス製ですから、衝撃に弱いです。もちろんメーカーにパーツとして販売はされていますが、できるだけハードケース付を選ぶことをおすすめします。

機能性

近年はオール電化の家電が多くなり、火を自分で付けるという経験をあまりしない方が多いのではないでしょうか。そのためガソリンランタンに火をつけるのが怖いという方もいるでしょう。

そのような方におすすめなのが自動着火機能です。ボタンを押すだけで着火しますから、ふだんあまり着火する機会がない方でも火傷の心配がなく使えます。

メーカーで選ぶ

アウトドアを楽しむ方の中にはお気に入りのメーカーがあって、そのメーカーのグッズでアイテムを揃えている方もいるかもしれません。しかしガソリンランタンの場合は出しているメーカーはそれほど多くないので、その中から選ぶことになります。

「コールマン」が有名

日本のガソリンランタンのメーカーとしてまず挙げられるのが「コールマン」です。コールマンはアウトドア用品のメーカーとしてよく知られているため、ご存知の方も多いでしょう。

実は厳密に言うと、日本で販売されているガソリンランタンのメーカーはほぼすべてがコールマンです。コールマンの中から自分の使いやすいものを選ぶというのが基本となります。

個性を出したいなら「ペトロマックス」もおすすめ

「厳密に言うと」とつけたのには理由があります。ガソリンランタンを検索などで探すと、もう一つのメーカーとして「ペトロマックス」というものが出てきます。

実はこちらのメーカーのランタンは燃料として灯油を使います。ですから厳密には「灯油ランタン」ということになります。しかし使い方などはガソリンランタンとほぼ同じなので、ガソリンランタンとして紹介されることもあります。

コールマンのランタン人気商品13選!使い方や修理方法を知って快適に過ごそうのイメージ
コールマンのランタン人気商品13選!使い方や修理方法を知って快適に過ごそう
コールマンのランタンはガソリンやガス、LEDなど色々な種類があり、デザインもとってもおしゃれ。キャンプはもちろん、アウトドアシーンや災害時などにもとても便利です。コールマンの人気のランタンの使い方や修理方法などたっぷりご紹介します。

人気の《小型》ガソリンランタン見出し

Photo bychulmin1700

このように、ガソリンランタンと一口に言ってもいろいろなタイプのものがあるということがわかったのですが、具体的におすすめの商品はどのようなものでしょうか。

そこでまず、比較的小型サイズのガソリンランタンから紹介していきます。小型のタイプはキャンプ場などで使うために持ち運ぶ機会が多いという方に特におすすめのタイプとなっています。

ツーマントル デュアルフューエル ランタン

キャンプ場だけでなく、災害用などいろいろな場面でも使える汎用性の高いガソリンランタンが欲しいという方におすすめなのがこちらの商品です。サイズも比較的小型なので、持ち運びなどにも便利です。

特徴

こちらのガソリンランタンの特徴として挙げられるのが「ツーマントル」であることと「デュアルフューエル」であるという点です。マントルというのはランタンを発光させる元となる繊維状のもので、これが2つある分、明るくなります。

また、デュアルフューエルというのは先ほど紹介したように、ホワイトガソリンのほかにレギュラーガソリンも使えるという意味です。それだけ幅広い燃料を使って使うことができるのも特徴です。

商品情報

こちらの商品はサイズとしては小型のタイプですが、光量が約700ルーメンと明るく、連続点灯時間も約13時間と非常に長いのが特徴です。そのため、キャンプの他、災害用に用意しておきたいという方にもおすすめです。

フェザーランタン

コールマンのガソリンランタンの中で最も小型のタイプと言われるのがこちらの商品です。フェザーという名前が示す通り、サイズも小型で軽くできているため、特に持ち運びや携帯性を重視して探したい方におすすめです。

特徴

こちらのガソリンランタンは特にサイズが小型であるというのが特徴なので、ガソリンランタンは重いからと購入をためらっている方におすすめのタイプです。

しかしサイズは小型ですが、しっかりと明るさもあります。なおこちらのガソリンランタンは他のものと違う、EASI-LITEというバルブシステムを使っているので、使い方は確認しておくことをおすすめします。

商品情報

こちらの商品はサイズが高さ24センチほどと小型であるうえ、重さも800グラムほどしかありません。それでいて明るさは90ワット相当なので、しっかりと明るく感じます。

ただし、小型な分タンク容量が小さく、230cc程度しか入らないため、燃焼時間も3時間ほどと短いです。そのため使う場合は途中で継ぎ足しをしたりする必要があります。

ワンマントルランタン

こちらの商品はガソリンランタンと言えばこれというほど、多くの方に長く好まれているタイプです。サイズも比較的小型で定番タイプなので、親の代から引き継いで使っている方も多いと言われています。

特徴

ガソリンランタンの定番タイプということもあり、初めて選ぶ時に間違いないものが欲しいという方に特におすすめです。比較的小型で持ちやすいのもいいところです。

クラシックなデザインと、低温時でも安定した明るさが得られることから、冬でもキャンプを楽しみたいという方にも人気の商品となっています。

商品情報

このガソリンランタンのサイズは高さが約31センチ、重さは約1.4キロほどになります。比較的小型タイプですが、明るさは約130ワット相当とかなり明るく、加えて燃焼時間も7.5時間から15時間ととても長いです。

そのため、初めてガソリンランタンを使うという方にとっても使い方がわかりやすく、定番タイプでパーツなども豊富なので、おすすめのタイプです。限定で赤も出ており、こちらも人気となっています。

人気の《中~大型》ガソリンランタン見出し

ここまで述べてきたように、持ち運びなどの使い方を考えると小型のガソリンランタンが人気なのですが、やはり長時間しっかり明るさが続いてほしいという方などなら、中型、大型のタイプを選ぶ方もいます。こちらもおすすめの商品を紹介します。

ワンマントルランタン(286A740J)

こちらのガソリンランタンは、2010年にそのデザインが表彰されたこともあるという、メーカーの定番商品として長く好まれています。サイズ的には小型よりも中型に近いサイズですが、より明るいのがおすすめポイントです。

特徴

この商品の特徴はコールマンというメーカーの定番商品の一つに数えられるほどのロングセラー商品であるという点にあります。明るさも小型のものより強く、また黄色がかった淡い光がとても雰囲気がよいということで人気が高いです。

商品情報

ガソリンランタンのサイズですが、高さは31センチほどとなっています。なんといっても明るく、200キャンドルパワーですから、しっかりと明るさが感じられます。燃焼時間も7.5時間から15時間と長く、継ぎ足ししなくても一晩中安心です。

ワンマントルランタン(2164001)

同じくコールマンの中型のランタンでこちらも人気のタイプです。こちらのほうはよりクラシックなデザインになっていることから、雰囲気と機能性の両方を兼ね備えたガソリンランタンが欲しい方におすすめです。

特徴

こちらのガソリンランタンは、機能的に使い方が楽という点が特徴です。メタルポンプキャップ、火力コントメールノブがついているため、着火しやすく、また着火後も安定した明るさが得られます。使い方も簡単です。

商品情報

こちらのガソリンランタンもサイズは高さが約31センチほど、重さも1.4キロほどです。連続点灯時間も7.5時間から15時間と長く、さらに火力コントロールがしやすいため、明るさとガソリンの消費のバランスを考えて使うことができるでしょう。

ノーススター チューブマントルランタン(2000-750J)

コールマンのガソリンランタンの中でも特に機能性の優れた商品として人気が高いのがこちらです。使い方が楽にできるような工夫が随所に見られ、特に初めてガソリンランタンを使うという方にとっても楽に使える、おすすめ商品の一つです。

特徴

このガソリンランタンには、メーカー初の自動点火装置が付けられているほか、名前にあるようにチューブマントルなのでとても明るいのが特徴です。さらにマントルの設置も簡単なので、メンテナンスなどの面でも楽だと評判です。

商品情報

こちらのサイズは高さが約35センチ、重量は1.8キロほどあります。その点ではやや大型のタイプとなります。特筆すべきは明るさで360キャンドルパワーと、かなりの明るさが得られます。

さらに連続点灯時間も7時間から14時間と長く、自動点火装置で初めての方でも使い方が簡単な点が特に人気です。ガソリンランタン初心者の方でも安心して使えるでしょう。

灯油ランタン HK500

先ほども述べたように、ガソリンランタンというと、日本で販売されているはコールマンがほとんどなのですが、もう一つ、灯油ランタンとして人気なのがこちらのペトロマックスというメーカーのものになります。

名前の通りガソリンではなく灯油を使いますが、使い方などはほぼガソリンランタンと同じなので、こちらも紹介しておきましょう。

特徴

こちらのランタンの特徴はなんといっても燃料が灯油であるという点にあります。灯油ランタンは独特の温かみのある灯りが特徴で、これが好きで購入する方も少なくありません。

また色が金色と銀色でとてもおしゃれなのも特徴で、おしゃれなアイテムでキャンプ用品を揃えている方などにもおすすめです。使い込むと渋い雰囲気になり、さらにいい感じになりそうです。

商品情報

こちらの商品は高さが40センチほど、重さは2.4キロほどですが、タンクの容量が1リットルあり、約8時間燃焼させることができます。明るさも約400ワットなので、他のものと比べてもかなり明るく感じられるでしょう。

灯油ランタンのおすすめTOP13!圧力式や使い方・メンテナンス方法を解説!のイメージ
灯油ランタンのおすすめTOP13!圧力式や使い方・メンテナンス方法を解説!
灯油ランタンは燃料コストを抑えられ、雰囲気も良いキャンプに欠かせないアイテムの一つです。ただ灯油ランタンと言っても圧力式やフェアーハンド式などに分類することができ、自分にあったものを選ぶのが重要です。今回は灯油ランタンの選び方やおすすめ、メンテナンス方法までご紹介致します。
オイルランタンの明るさや使い方は?おすすめ商品19選もご紹介!のイメージ
オイルランタンの明るさや使い方は?おすすめ商品19選もご紹介!
アウトドアにおすすめのおしゃれなオイルランタンが大人気です。野外で大活躍してくれる優秀なオイルランタンのおすすめ19選でご紹介します。オイルランタンの基本的な使い方や選び方等もまとめてピックアップしてみますのでチェックしてみましょう。

ガソリンランタンの使い方見出し

さて、このようにおすすめのガソリンランタンについて紹介してきましたが、そもそも使い方がわからなければどうにもなりません。そこで次に、ガソリンランタンの使い方について詳しく紹介していきましょう。

必要なもの

Photo bylshman000

まず、ガソリンランタンを使うためには、いくつかの道具が必要です。まず、火をつけるために必要なものとしてホワイトガソリンとマントル、ガソリンを入れるためのフューエルファネル、そしてライターを用意します。

使い方

道具の準備ができたところで、次に実際にガソリンランタンに火をつけていきましょう。ガソリンランタンに着火する時ですが、ただガソリンを入れれば火がつけられるわけではありません。手順に沿って使い方をマスターしていきます。

手順①

まず、ガソリンランタンにガソリンを入れます。先ほども述べたように、ガソリンはホワイトガソリンを使います。注ぎ口にフューエルファネルを差し込み、そこにホワイトガソリンを注いでいきましょう。注ぎ口を上にするとガソリンがはねません。

手順②

このフューエルファネルは、ホワイトガソリンを注ぐ際のじょうごのような役割をします。こぼさずに注ぐことができますし、一定量まで入ると自動的に注入が止まります。止まるまでガソリンを注ぎましょう。

手順③

ガソリンの注入が終わったら「ポンピング」という作業をします。このポンピングは、ガソリンランタンを使う際の必須の作業です。この作業をすることで、タンク内の圧力を高め、点火部から燃料を噴出させ、着火させるのです。

手順④

ポンピングのしかたは、まず、ポンプのノブを左に回し、すき間を作ります。次に人差し指と中指でノブを挟み、親指ですき間を押さえます。そしてポンプノブを手前に引いてから奥まで押し込みます。これを繰り返します。この作業がポンピングです。

これを繰り返していると、ポンプがだんだん固くなり、ポンプが押せなくなります。これ以上押せない状態までポンピングを繰り返しましょう。

手順⑤

次にマントルを装着します。マントルは付け方がありますから、確認して装着してください。また、装着の際のひもは切っておきます。

装着が済んだら「カラヤキ」をします。先ほど述べたようにマントルは発光に必要なのですが、白い灰のようになった部分が発光します。ですからマントルの下から火をつけ、全体が白い灰になるまでしっかり焼きましょう。燃料は出しません。

手順⑥

マントルのカラヤキですが、マントルに火がつくと最初は黒くなり、それから灰になって真っ白になります。全体的に真っ白になればカラヤキは終了となります。

なお、この状態のマントルは灰ですからとてももろい状態にあります。ここでしっかり灰にすることでガソリンランタンが明るく発光しますので、触らないようにしてください。

手順⑦

カラヤキができたらいよいよガソリンランタンに火を付けましょう。まず燃料バルブを回しますジッジッという音がしてくれば燃料が出てきていますから、一度燃料バルブを閉じ、換気させます。

その後グローブの下からライターを入れ、燃料バルブを開きながら火を付けます。着火したら再びポンピングして、火の勢いを安定させれば完了です。

ガソリンランタンのメンテナンス方法もチェック!見出し

先ほど述べたように、ガソリンランタンはメンテナンスが大切です。しっかりとメンテナンスをしさえすれば、それこそ親から子、子から孫へと受け継がれるほどの一生ものとなります。そこでメンテナンスの方法について紹介します。

必要な道具

ガソリンランタンのメンテナンスをする際にぜひ用意したい道具として、「リュブリカント」というオイルがあります。このオイルは先ほど紹介したポンピングの際に使う棒の先端、ポンプカップのメンテナンスに使います。

手順

ガソリンランタンのメンテナンスのポイントとして、まずタンクの中のガソリンをすべて抜き取ります。そのままにしておくとタンクが錆びたり、バルブが傷んだりということになるので、必ずしておきましょう。

また、今述べたように、ポンピングの際のポンプカップが傷むと、ポンピングがうまくできなくなります。ポンプカップの穴にリュブリカントを2、3滴注入しておきましょう。

ガソリンランタンでロマンチックにキャンプを楽しもう♡見出し

Photo byNoName_13

ガソリンランタンはメンテナンスなどが必要ですし、着火にもひと手間かかりますが、温かみのある柔らかい光で、キャンプの雰囲気を盛り上げてくれます。ぜひガソリンランタンでロマンチックなキャンプを楽しんでください。

投稿日: 2023年1月24日最終更新日: 2023年1月24日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote