地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

長崎の諏訪神社はパワースポットとして有名!厄払いの後は御朱印と月見茶屋で!

長崎の諏訪神社はパワースポットとして有名!厄払いの後は御朱印と月見茶屋で!

長崎の諏訪神社は長崎の氏神樣であり、長崎くんちは諏訪神社の秋季大祭の行事でもあります。地元では「お諏訪さん」と呼ばれ、古くから親しまれてきました。今回はこの諏訪神社のパワースポットや見所、御朱印などについて調べてみました。

諏訪神社は長崎の氏神見出し

諏訪神社という神社は各地にありますが、長崎の諏訪神社は長崎の氏神様として古くから親しまれてきました。特に有名な長崎くんちはこの神社の例祭であり、長崎のすべての町がそれに関わります。しかもパワースポットとしての力があるといわれ、たくさんの参拝者が訪れるようになっています。今回は長崎の諏訪神社について、その由緒や御利益などについて調べてみました。

長崎くんちと諏訪神社見出し

諏訪神社という神社の名前は知らなくても、長崎くんちという祭りは知っているという方が多いのではないでしょうか。実は長崎くんちはこの諏訪神社の秋季大祭の祭礼であり、くんちの奉納踊りはまずは諏訪神社に奉納されることになっています。

由緒のところで詳しく述べますが、もともと長崎くんちは長崎の遊女である高尾と音羽が、諏訪神社の神前で舞を披露したことに始まるといわれます。以後、当時の長崎奉行の援助を受け、長崎の町全てが参加する長崎くんちが行われるようになりました。現在も7年に1度の踊り町のほか、神輿担ぎや世話役など、各町が役目を担当しています。

長崎の諏訪神社へのアクセス見出し

諏訪神社へのアクセスですが、JR長崎駅から長崎電気軌道(路面電車)を使うルートが便利です。最寄り電停は「諏訪神社前」で、駅から地下道があり、それを使うと諏訪神社に出ることができます。長崎くんちなど混雑が見込まれるときはこのルートで行くのがおすすめです。バスを利用する場合は長崎県営バス、長崎バスともに「諏訪神社前」バス停で下車します。こちらも本数は多いので、あまり心配はいりません。

一方、車の場合は長崎芒塚IC、出島ICが最寄りになります。それぞれのICから日本銀行長崎支店を目標にすれば諏訪神社に行きつくことができます。駐車場も20台程度ならあります。ただ、混雑が見込まれるときには渋滞や駐車場がいっぱいであることも考えられるので、公共交通機関の利用をおすすめします。

長崎の諏訪神社の由緒見出し

さて、その諏訪神社ですが、鎮西大社諏訪神社とも呼ばれます。鎮西大社が通称、諏訪大社が正式名称となります。そもそも京都の諏訪神社を分霊したものであるとする説と長崎県東松浦郡浜玉町にある諏訪神社を勧請したものであるとする説があるようです。しかし、長崎はこの後、イエズス会の宣教師が入り、教会領となりました。そのため、領地にあった寺社はすべて破却され、この諏訪神社もいったんなくなりました。

1625年になり、唐津の修験者で松浦一族の人間である青木賢清が初代宮司となり、円山に三社が再興されます。1634年には前述した高尾と音羽による謡曲「小舞」の奉納が行われ、長崎の氏神としての役割を持つようになりました。1648年には徳川幕府より朱印地を得て、現在の場所に遷座しました。

しかし1857年、不慮の火災によってほとんどが焼失してしまいます。再興されたのは1868年のことで、当時の孝明天皇の勅諚を受けてのものでした。以後、2度の造営を経て、現在の社殿が造営されています。

長崎の諏訪神社の見どころ見出し

大門

諏訪神社の参道入り口から石段を上がっていくと見えてくるのが大門です。まさに諏訪神社の顔とも言える門です。ちなみにこの石段がある坂は長坂と言い、本殿までの石段は193段あるとか。上るのは大変ですが、上からの景色は長崎市内が一望できておすすめです。ぜひ景色を楽しみながらゆっくり上っていきましょう。

本殿

1869年、孝明天皇の勅諚を受けて再建され、1982年の改修工事で屋根が銅板葺になりました。この時に参集殿や儀式殿なども新設されています。後述するように、諏訪神社はパワースポットとしても有名なので、パワースポットを巡る前にぜひ本殿で祈願をしておきましょう。厄払いなどもここで行われます。

神馬像

諏訪神社にはもともと1870年に奉納された神馬像がありました。しかし、第二次世界大戦の際の金属供出でなくなってしまいました。1985年、長崎の平和祈念像の作者である北村西望氏により、昭和天皇在位60年を記念し、現在の神馬像が奉納されました。北村西望氏102歳の時の作です。

天井絵

1991年、台風17号と19号は長崎市に大きな被害を出しましたが、その際に諏訪神社の大門横の回廊が崩壊しました。その後再建されるときに神社にゆかりのある作家75名の作品が天井絵として飾られています。ぜひゆっくりと時間をとって鑑賞することをおすすめします。

長崎の諏訪神社の御利益見出し

この諏訪神社、実は長崎のパワースポットとして有名であり、いろいろな御利益があるとか。次に諏訪神社で御利益や願いごとをかなえるパワーが特に強いとされる場所について紹介していきます。

男石と女石

前述した参道をよく見ると、ちょっと変わった形の石があります。この石、男石・女石・両性合体石があり、なんと江戸時代から存在していたそうです。その名の通り、縁結び祈願のパワースポットの一つです。

ただし、祈願の方法があります。女性は「男石」、男性は「女石」を踏み、そのあとで「両性合体石」を踏みます。両性合体石は本殿の拝殿前にあるので、ここで祈願をするわけですね。そうすると縁結びの願いが叶うとのことです。

恋占い

次に縁結びを祈願したい方におすすめなのが「恋占い」。まず本殿右にある恵比須様と大黒様を見つけましょう。祈願の方法ですが、男性は大黒様、女性は恵比須様のところから、恋する人を思い、男性は恵比須様、女性は大黒様に向かって目をつぶって歩いていきます。無事にたどり着くと恋が成就するとか。おすすめの恋占いです。

狛犬いろいろ

諏訪神社の境内にある狛犬ですが、これも祈願のパワースポットとして有名です。まず「止め事成就の狛犬」は足にこよりが巻かれてあるのが目印。「止め」たいものに効果があるということで、借金、禁酒、禁煙など、止めたいものがある方におすすめです。さらに「すべり止め」ということで、受験生にも御利益が。こよりを足に巻き付けて祈願すると成就するそうです。

「高麗犬の井戸」は「銭洗いの井戸」とも呼ばれ、金運アップのパワースポットです。狛犬の口から出る水でお金を洗うと倍に増えるとか。さらにこの水を飲むと安産祈願もできるということなので、安産を祈願したい方はぜひこのパワースポットをおすすめします。

「願掛け狛犬」は回転するようになっている狛犬です。江戸時代、長崎の遊女街にやってきた船員たちは、翌日海が荒れると海に出られないため、もう一日泊まっていきます。そこで遊女たちが、海が荒れてもう一日泊まってもらえるようにと海の方向に回したのだとか。狛犬を回して祈願すると、願いが叶うかもしれません。

「河童狛犬」はその名の通り、頭にお皿がある狛犬です。河童は水の中にいる生き物なので、水に関するパワースポットということになります。水上安全はもちろん、水泳の上達にも御利益があるとか。カッパは頭の皿が乾くといけないので、頭の皿に水を掛けて祈願しましょう。

かえる岩

もともと本殿の上方にあった石で、形がかえるに似ていることから「かえる岩」「どんく岩」と呼ばれていました。ところが1982年7月に長崎で大水害が起こった時、本殿の裏山が崩れ、この岩も本殿近くまで滑り落ちてきました。しかし岩は現在の位置で止まっただけではなく、崩れ落ちてきた裏山の土砂を食い止めたのです。

このため、このかえる岩は災難をよける岩と言われるようになり、厄払いなどの御利益があるとされ、信仰を集めるようになりました。災難などの厄払いをしたい方はお参りしておきたいところです。

長崎の諏訪神社で厄払い見出し

神社への祈願をする場合にやはり考えるのは厄払いということではないでしょうか。諏訪神社でも厄払いを行っています。お宮参りや七五三などのように人生の節目に行われる厄払いはもちろんですが、車を購入したときの厄払いなども行っています。

受付時間は8時から16時30分までで基本的には随時受付をしています。時間外の場合や会社など団体の場合は予約も受け付けています。巫女の舞がある神楽もありますので、確認してみてください。

長崎の諏訪神社の御朱印やお守りおみくじ見出し

諏訪神社も御朱印をいただくことができます。諏訪神社では毎年新しい御朱印帳が作られるようで、2017年3月には紫陽花と武田菱が刺繍された、新しい御朱印帳も作られています。長崎くんちがモチーフになったりしたこともあるようで、これから御朱印を集めたいという方はここから始めてもいいでしょう。9月にはオリジナル御朱印帳の授与も予定されているようです。

また、お守りやおみくじにもいろいろな種類があるのですが、特に面白いものとしてあげられるのが「英文みくじ」。実はこれ、1914年に日本で初めて発売された英文みくじなのです。旧制長崎中学校の英語教師が作ったもので吉凶は10種類、運勢判断は50種類あります。和訳は受付でもらえますが、自分で調べても勉強になるかもしれませんね。

長崎の諏訪神社周辺の観光スポット見出し

諏訪神社に隣接した長崎公園は、1873年に作られた、長崎最古の公園です。ここにある噴水は公園用の噴水としては日本最古のもので、明治時代の「長崎諏方御社之図」をもとに忠実に再現されて作られています。

中には長崎歴史文化博物館、長崎市動物園などの観光スポットがあります。一休みしたいとおもったときに訪れてみたいのが、公園の中にある月見茶屋です。なんと創業は1885年。甘酒や抹茶、うどんやそばなどもありますが、一番のおすすめはぼたもちです。きなことこしあんの素朴で滑らかな味わいは、厄払いや祈願などのあとのほっと一息に最適です。

長崎の諏訪神社で祈願を見出し

長崎の諏訪神社は、長崎の氏神様だといわれるだけあり、見所も多く、パワースポットの力も強そうです。厄払いや祈願をして、御朱印をいただいたら、のんびりと月見茶屋で一休みするのもいいかもしれませんね。あなたの願いが叶いますように。

長崎市の観光スポットをまとめ!おすすめや人気・穴場まで徹底紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
長崎市の観光スポットをまとめ!おすすめや人気・穴場まで徹底紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
長崎市の観光スポットをご紹介します。長崎市は風光明媚の観光地ですが、古くから外国との窓口としての歴史やキリシタン関連のスポットがあり、さらに原爆の被爆地としてのスポットなど見る所が沢山あります。観光や見学などのお役立ち情報をご案内しますのでご覧ください。
投稿日: 2017年5月31日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote