地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

沖縄東村観光ガイド!つつじ祭りやパイナップルで有名!おすすめ穴場もあり!

沖縄と言えば美しいビーチで有名ですが「やんばる・山原」と呼ばれる沖縄本島北部の東海岸にある東村は、ビーチの他にもつつじ祭りやパイナップルで有名なんです。首都那覇から約1時間半の東村の観光スポットを、あまり知られていない、おすすめ穴場も合わせて紹介していきます。

おすすめ穴場もある沖縄東村観光へ行ってみよう!見出し

「東村・ひがしそん」は、「花と水とパインの村」として有名です。花は東村つつじ祭りのつつじの花、水は沖縄で一番大きな東村福地ダムの豊富な水、パインは日本一の生産量の東村パイナップルからきています。東村にはこのように自然を五感で感じられる観光場所が沢山あるので、おすすめ穴場も合わせて紹介していきます!

おすすめ!東村村民の森エコパークつつじ祭り見出し

東村村民の森エコパークは、つつじ園が有名です。毎年3月頃になると「つつじ祭り」が開催され、村民によって植えられた赤・ピンク・白・薄紫等の色とりどりの見事な5万本のつつじが満開になり、村の特産物や苗木の販売、イベント等で沢山の観光客が訪れます。周囲には福地川が注ぐ入り江やパイン畑等、見事な景色が広がっています。

東村村民の森エコパークは、つつじ祭りで有名なつつじ園をはじめ、バンガロー、オートキャンプ場、パターゴルフ場、冒険教育施設等がある広大な体験型の自然公園です。川には沢山の小魚やカニなど様々な生物が生息していて水の中に入り観察する事が出来ます。夜間のライトアップは、つつじ祭りを盛大に盛り上げ観光客を楽しませます。

エコパーク内には「レストラン エコパ」というレストランがあり、沖縄そばを始めオムライス、カレーライス等色々なメニューがあります。バーベキュー用の食材を調達する事も出来ます。定休日は日曜日と月曜日で予約が必要です。また園内は子供達が楽しく遊べるようにトランポリン等の遊具類があります。クラフト体験も出来ます。

東村村民の森エコパークのつつじ園は、高校生以上300円、中学生以下無料です。団体割引は250円ですが高校生以上の15名以上が対象となります。障害者手帳を提示した方及びその付添人1名は無料で入園できます。駐車場は無料です。開園時間は9時から18時迄です。毎年3月頃のつつじ祭りやその他のイベントを家族や友達と楽しめます。

住所:沖縄県国頭郡東村字平良861-1 電話番号:0980-43-2265

おすすめ!東村村民の森エコパークでキャンピング見出し

東村村民の森 エコパークは、キャンプ場があり自然をすぐ近くで感じる事が出来ます。オートサイトは40ヶ所・フリーテントサイト20ヶ所で全部で60サイトあります。オートサイトは車1台用駐車場と電源、1300Wが使用可能です。青空の下でテントを張って皆で自炊してワイワイ食べる事が出来、夜は皆でキャンプファイヤーも出来ます。

東村村民の森エコパークでは、キャンプはしたいけれどテントに寝泊まりするのに抵抗がある人用にバンガローもあり快適に泊まる事が出来ます。バンガローは3タイプの広さの物がありエアコン・テレビ・シャワー・トイレ・小冷蔵庫・キッチン用品等が揃っていて食材や調味料持参で自炊が出来ます。ポーチにはテーブルがあり食事も出来ます。

東村村民の森エコパークには、冒険教育施設等の「プロジェクト・アドベンチャー体験4H、8H」があります。10数人のグループに分かれて、ロッククライミングや高さ12メートルの丸木渡りといった難度の高い共通のコースをグループで助け合いながらクリアしていきます。体力に自信のある人は是非チャレンジしてみて下さい。

PA宿泊棟というのもあり 定員15名、最大30名まで泊まれる大部屋です。テレビとシャワーが2つずつ・トイレ・小型冷蔵庫等々があり充実しています。受付時間は8時半から17時半迄です。宿泊予約日の3日前からキャンセル料がかかります。盲導犬以外のペットの入園・宿泊は禁止となっています。

住所:沖縄県国頭郡東村平良766-1 電話番号:0980-43-3300

穴場!東村特産品加工直売所サンライズひがし見出し

東村と言えば、日本一のパイナップル生産量の土地として有名です。東村から県道70号を北上するとパイナップルの名産地・国頭村があります。国頭村は道の両側どこもかしこもパイナップル畑で、南国にいる事を再確認出来ます。収穫時期の7月・8月はパイナップルが沢山入った籠やパイナップルが沢山積まれたトラックが見られます。

東村特産品加工直売所「サンライズひがし」さんには、パイナップルやジャム・ソース等の農産加工品・ハーブ製品・東村の天然水等があります。パインだけでも10種類ぐらいあり時期によって売られている種類が違います。お食事処東ぬ浜「あがりぬはま」というレストランもあり、チャンプルー料理や沖縄ソバ等が味わえます。

パイナップルは草丈が50から80cm程に生長します。夏になると茎の先端に写真の様な美しい紫色の花が咲きます。花が枯れると下の部分が膨らんで茎の先端にパイナップルの実が付きます。パイナップルには集合果という沢山の果実が集まっていて、表面のウロコのような部分が1つ1つ実になっていて全部で100から200程が集まっています。

東村穴場の「サンライズひがし」さんは、観光客さんの目を引くイエローカラーが目印です。観光の合間やお土産選びに是非立ち寄って、地元で収穫された採れたての美味しいパイナップルや他のフルーツ、加工食品等の味を楽しんで下さい。

住所:沖縄県国頭郡東村字平良550-23 電話番号:0980-43-2270

穴場!東村立山と水の生活博物館見出し

「東村立山と水の生活博物館」は東村村民の森エコパークから近く、福地川沿いの場所にあります。東村に生息する生物や、かつて村民が暮らしてきた様子を約60点の写真にて展示しています。館内にはリュウキュウイノシシについてや、ジュゴンの骨格標本・ヤンバルクイナの剥製・やんばるの森のジオラマ等が展示されています。

東村立山と水の生活博物館の前には、リュウキュウイノシシの「こんすけ」君がいて観光客を毎日を出迎えてくれます。フレンドリーで寄ってきますが、野生の動物なので指を入れると噛む事があります。くれぐれも、小さな子供達には気を付けて下さい。「こんすけ」君は無料で見られます。

東村立山と水の生活博物館は、展示場以外にもインターネットの利用が出来る図書室や、研究会・講演・ワークショップ等が出来る研究室があります。また、博物館から徒歩約10分の所には村天然記念物の立派な根っこがアートになっている「サキシマスオウノキ」もあるので是非足を運んでみて下さい。近くまで行くと看板が立っています。

穴場の「東村立山と水の生活博物館」の営業時間は朝の10時から午後6時迄で、入館は5時30分迄です。休館日は月曜日で、月曜日が祝祭日の場合は火曜日も休館となります。また祝祭日・慰霊の日・年末年始、12月29日から1月3日迄も休館です。入館料は一般・大学生は200円で、小・中・高校生は100円です。       

住所:沖縄県国頭郡東村字川田61-1 電話番号:0980-51-2828 

おすすめ!東村の沖縄ふれあいヒルギ公園見出し

「沖縄ふれあいヒルギ公園」のマングローブ林は、慶佐次川河口から上流に向かって生息する沖縄本島を代表するヒルギ林です。マングローブは、熱帯から亜熱帯の海水と淡水が混ざり合う河口近くに見られる森林です。ヒルギ林の気根は満潮時は多くが水没するので干潮時に行くのがおすすめです。蟹やトビハゼ等も見る事が出来ます。

沖縄ふれあいヒルギ公園のマングローブ林では、沖縄本島に生息する4種類のマングローブ植物の内、メヒルギ・オヒルギ・ヤ工ヤマヒルギの3種類を見る事が出来ます。中でもヤ工ヤマヒルギは国指定天然記念物に指定されています。木道や展望台もあり特徴的な呼吸根が発達するマングローブ林を近くから見る事が出来ます。

ふれあいヒルギ公園では、マングローブカヤックやカヌーが体験出来ます。マングローブ森林の中を上流に向かって漕いで行くプランで、子供も十分楽しめます。何種類かのプランがあるので自分に合った物を選んで東村の大自然を満喫して下さい。釣りを楽しみたい人にピッタリのキャッチ&リリース基本の釣りが出来るセットもあります。

ふれあいヒルギ公園の大きな駐車場の正面には、公園のシンボルでもある「シオマネキ」の石造オブジェがあります。コンビネーション遊具やゲートボール場、綺麗なトイレも設置されていて小さな子供からお年寄りまで楽しめます。駐車料金、入園料は共に無料です。管理事務所は8時30分から17時30分迄ですが公園は年中無休です。

住所:沖縄県国頭郡東村慶佐次 54-1 電話番号:0980-51-2433

おすすめ!東村の福地ダム見出し

「福地ダム」は昭和44年7月に米国陸軍工兵隊により工事を開始されましたが、昭和47年5月の本土復帰の際、日本政府に承継され工事を継続し、昭和49年12月に完成して管理を開始しました。堤高、総貯水容量共に県内最大で幾つかの特徴的な施設をもつロックフィルムダムです。この経緯を残した福地ダム日米承継記念碑が建てられています。

堤高・総貯水容量が沖縄県内最大の福地ダムは、平成17年3月16日に「ダム湖百選」に認定されました。広大なダムなので「福地ダム湖」とも呼ばれています。沖縄県は周りが海にぐるりと囲まれた南国の島なので、水不足が問題になっています。この広大な福地ダムの水は沖縄の人々や動物達、植物等の命を守る大切な資源となっています。

夏場には福地ダムを「自然観察船」にて巡る事が出来るので小さな子供がいる家族にも、おすすめです。他にもカヌー体験や福地川川遊び、ダム施設見学等、色々なイベントが随時あるので自然と触れ合いながら、美しい大自然が作り出す沖縄を楽しむ事が出来ます。

「福地ダム」の一番の見所と特異性は、上流洪水吐が最上流部にある事と、地形的特徴から直接、海に放流出来る事です。大泊橋の西駐車場とその上の展望台から福地ダムと最大の見所の上流洪水吐を見る事が出来て、その絶景に圧巻されます。

住所:沖縄県国頭郡東村字川田1105-108 電話番号:0980-53-6111

穴場!東村の福地川海浜公園見出し

福地川海浜公園は2015年に東村にオープンした未だ新しい施設のビーチと公園です。ビーチにはクラゲ防止ネットがあるので安心して海水浴を楽しめます。人気のバナナボートや体験ダイビング等色々なマリンアクティビティを体験する事が出来ます。シーズンの間は混む西海岸に比べ人も少なく空いている未だ穴場の美しいビーチと公園です。

カヤックで、釣り体験も出来ます。カヤックでフィッシングポイント迄行き、釣った魚をその場でさばいて料理したりバーベキューにして味わったり出来ます。カヤック釣り体験料金は施設使用料・保険料・税込で6000円です。10歳から12歳迄の子供料金は施設使用料・保険料・税込で5000円で、保護者の同伴が必要です。

何と人気のSUP・サップ体験が出来ます。SUP料金は施設使用料・保険料・税込で4500円です。子供は6際から12歳が施設使用料・保険料・税込で3500円で、保護者の同伴が必要です。何と、SUPを使い海上でヨガ体験する事も出来ます。ヨガ料金は施設使用料・保険料・税込で4200円で、13歳以上から参加する事が出来ます。

営業時間は夏期が4月から10月で、9時から18時迄です。冬期は11月から3月で、9時から17時迄です。定休日はありません。駐車料金は大型車が1日500円・小型車が1日200円・二輪車が1日100円で、30分以内は無料です。救護室・東屋・炊事棟・更衣室・トイレ・温水シャワー200円・水シャワー無料等はありますが売店はありません。

住所:沖縄県国頭郡東村川田334 電話番号:0980-51-2301

穴場!東村のウッパマビーチ見出し

海に面してる東村で唯一泳げて水平線が見渡せる海岸が、穴場の「ウッパマビーチ」です。美しい真っ白な砂浜が南北に1km程続きます。人が少ないのでヤドカリなど海の生物も沢山見る事が出来ます。透き通るマリンブルーの美しい海と真っ白な砂浜がとても幻想的で吸い込まれそうです。ゆっくりくつろぎながら海水浴を楽しむ事が出来ます。

ウッパマビーチは海水浴、マリンスポーツやキャンプも出来るビーチですが、車でサトウキビ畑を抜けた先に密かに隠れるようにあるビーチなのでお店やレンタルの設備は無く、監視員もいないので必要な物は全て持参の上、泳ぐ時は注意が必要です。特に小さな子供がいる場合は要注意です!でも自然を満喫して美しい海を独り占め出来ます。

ウッパマビーチには、トイレと、お湯は出ませんがシャワーが設置されて便利になりました。営業時間や利用料金は施設が無いのでありません。沖縄の今帰仁村・なきじんそんにも同名の設備が充実している全く逆のタイプのビーチがあるので間違えない様に注意して下さい。

住所:沖縄県国頭郡東村慶佐次394

今帰仁村のおすすめ観光スポットご紹介!見どころや名所は?ランチ情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
今帰仁村のおすすめ観光スポットご紹介!見どころや名所は?ランチ情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県国頭郡の村「今帰仁村」のおすすめの観光スポットをご紹介!バリエーション豊かなビーチ、世界遺産に登録されている観光名所〜インパクト大な場所まで今帰仁村には観光名所が沢山あります。見どころ満載の今帰仁村の情報をまとめました。

おすすめ!東村の又吉コーヒー園見出し

沖縄かぐや姫・バラ園さんは「又吉コーヒー園」さんに改名して、約1200本のコーヒー樹を育てています。早い物は、今年の2017年中に実がなるとみています。初収穫となる2018年から数年間は自家栽培豆の収穫量の為、希少性の高い物になる予定です。「又吉コーヒー園」さん栽培の国産コーヒーが出回るようになるのが楽しみです。

ここはコーヒー農園に宿泊施設がある滞在型リゾートでキャンプが出来ます。テント持参の方はキャンプ料金は2000円税抜きです。テントレンタルもあり、テント小が大人2名用4000円税抜きで、テント中が大人3名用5000円税抜きです。テントをレンタルする場合はキャンプ料金は無しです。キャンプは食事無し素泊まりプランです。

キャンプ場でテントに寝泊まりするのが苦手な方には、三角屋根の可愛いコテージでの宿泊の選択もあります。コテージは食事無し素泊まりプラン・夕食のみBBQ付きプラン・連泊プランと三種類の中から自分に合うプランを選べます。全室が海の景色付きの隠れ宿です。広大な敷地には馬・山羊・鶏・犬・猫達も住んでいて出迎えてくれます。

「又吉コーヒー園」さんの受付時間は、9時から17時半迄です。キャンプ場の近くには、トイレ・コインシャワー・炭焼き台付き炊事棟があります。チェックインは10時から17時迄で、チェックアウトは10時です。またコーヒー焙煎体験・ぷちジャングル体験・My箸作り体験等の体験プログラムもあります。

住所:沖縄県国頭郡東村慶佐次718-28 電話番号:0980-43-2838

おすすめ!東村のヒロコーヒーファーム見出し

ピンクやライトブルー、イエロー等のカラフルな色彩で南国の雰囲気を醸し出しているのは「ヒロコーヒーファーム」さんです。ここのコーヒーファームでは可愛い放し飼いの鶏を広い庭で飼っていて、この店で売っているケーキ等のデザートに、この鶏の生みたて卵を使用しています。また、可愛い猫や犬もいてあなたを迎えてくれます。

店内はコーヒー関係の雑貨類が辺り狭しと置いてあります。移住した父親が栽培してきた沖縄で数少ないコーヒー農場です。台風でファームがやられた為、栽培されたコーヒーの豆を使用したコーヒーは今は収穫量の関係からブレンドのみですが、コーヒーファームの再生を頑張っているヒロコーヒーファームさんのこれからが楽しみです。

営業時間は11時から18時迄です。定休日は火曜日と水曜日です。店の外装も内装も南国の雰囲気を醸し出している可愛い「ヒロコーヒーファーム」さんへ、あなたも是非足を運んで美味しいコーヒーを味わってみて下さい。

住所:沖縄県国頭郡東村高江85-25 電話番号:0980-43-2126

東村に広がる大自然の中で新しい沖縄をみつけよう!見出し

「やんばる」の大自然が広がる沖縄北部東村はいかがでしたか?東村では、大勢の人で賑わう観光地化された沖縄西海岸では体験出来ない沖縄の自然を身近で感じる事が出来ます。あなたも、やんばるの森が広がる沖縄東村で自然の持つ楽しさを体験型観光を通して体験してみませんか?今まで知らなかった新しい沖縄を見つけられるはずです。

投稿日: 2017年10月7日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote