地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

下田の海はここがおすすめ!きれいな海岸や人気の海水浴場もあり!

伊豆下田は、東京から3時間で行ける首都圏からも近い人気のビーチリゾートです。白い砂浜とエメラルドグリーンの海がきれいな伊豆下田はおすすめです。下田の海に来るとここが伊豆とは思えないきれいさです。そんな伊豆下田のきれいで人気のある海岸や海水浴場をご紹介します。

きれいな海岸や海水浴場のある下田の海はおすすめ見出し

伊豆下田は、海岸のようすはここは沖縄ではないだろうかと錯覚するくらい海がきれいです。伊豆下田には、海岸沿いにいくつもの人気の海水浴場やおすすめの海岸があります。東京からも比較的近くこれほどまでにきれいな海水浴場はなかなかありません。また、白い砂浜を関東で探そうと思っても下田しか思い浮かびません。そんな伊豆下田でおすすめの海水浴場や海岸をご紹介します。

伊豆下田へのアクセス見出し

伊豆下田へのアクセスは、一番手軽なのはやはり車でしょう。最近は、レンタカーも安くなってきましたし、カーシェアリングもあります。下田へ来てからの移動も考えると車はおすすめです。東京からは、東名高速で厚木から小田原厚木道路を経て、135号線を熱海や伊東を通り過ぎ、ひた走ると伊豆下田へと到着します。時間は3時間から4時間ほどかかるでしょう。

伊豆下田へ電車での行き方ですが、東京駅から直通特急踊り子号で2時間40分になります。電車であれば、海でビールで乾杯ということも可能なのでいいですね。伊豆急下田駅で降車後は、バスでの移動となります。下田駅バス停の9番乗り場からのバスは全て白浜海岸行きとなります。近隣の観光もということでしたら、東海バスの南伊豆フリーパスが便利です。

伊豆下田で人気の海水浴場:白浜大浜見出し

伊豆下田で一番人気な海水浴場は、やはりここ白浜大浜海水浴場になるでしょう。真夏になると、カラフルなビーチパラソルが咲き誇ります。一番人気ということもあって、食堂やコンビニなど設備も充実しています。宿泊施設もここ白浜大浜海水浴場は数多くありますし、お洒落なカフェも点在しているのがうれしいですね。

海開きは、2017年7月15日から8月27日となります。周辺の駐車場は、1日1000円から2000円で280台ほど駐車可能です。海の家はありますが、食堂はありません。サーフィンエリアは、海水浴場エリアとは分かれています。有料(300円)ですが、温水シャワー設備もあります。荷物の預かりはコインロッカー(500円)があります。

伊豆下田でおすすめの海岸:白浜中央(長田浜)見出し

こちらは、白浜は白浜でも白浜中央と言って、少し小さめの海水浴場になります。白浜大浜海水浴場と比べると静かな海水浴場になります。石造りの堤防の内側は波も静かで小さなお子様連れのご家族にも最適な海水浴場になります。

海開きは、2017年7月15日から8月27日となります。周辺の駐車場は、1日1500円からで100台ほど駐車可能です。海の家はありますが、食堂はありません。サーフィンエリアは、ありません。有料(100円)ですが、シャワー設備もあります。トイレはあります。近くにコンビニはありません。荷物の預かりはありません。

伊豆下田でおすすめの海岸:外浦見出し

下田で一番波が静かと言われている外浦は、小さなお子様連れのご家族におすすめの海水浴場です。ビーチだけでなく、磯遊びもできる場所もあるので、お子様はきっと喜んでいただける海水浴場です。ビーチは、弓形の美しいビーチで、風情はまるで海外のビーチリゾートのようです。

海開きは、2017年7月15日から8月20日となります。周辺の駐車場は、1日1500円からで170台ほど駐車可能です。海の家もあり、食堂はあります。サーフィンエリアは、ありません。有料(500円)ですが、シャワー設備もあります。トイレはあります。近くにコンビニはありません。荷物の預かりは貴重品が500円でその他が200円になります。

伊豆下田でおすすめの海岸:九十浜見出し

九十浜は、下田のビーチの中ではピカイチに透明度が高く、きれいビーチです。とても小さな海水浴場ですが、それがかえってプライベート感を醸し出してくれます。ここの名物は何と言っても、車を少し離れた駐車場に停めて、ビーチへと下りていく道から見る景色です。真っ青なきれいな海が目の前に広がり、テンションはマックスになります。

海開きは、2017年7月15日から8月20日となります。周辺の駐車場は、1日1000円からで135台ほど駐車可能です。海の家もあります。サーフィンエリアは、ありません。有料(200円)ですが、シャワー設備もあります。トイレはあります。近くにコンビニはありません。荷物の預かりはありません。

伊豆下田でおすすめの海岸:鍋田浜見出し

鍋田浜は、地元の子供達に人気のある小さなビーチです。小さなビーチですので、子供へ目が届きやすく安心して子供を遊ばせられるビーチです。エメラルドグリーンの海では磯遊びも子どもたちに人気のあるビーチです。

海開きは、2017年7月15日から8月20日となります。周辺の駐車場は、民営の駐車場がありますが駐車できる数はすくないです。海の家もあります。サーフィンエリアは、ありません。有料(無料)ですが、シャワー設備もあります。トイレはあります。近くにコンビニはありません。荷物の預かりはありません。

伊豆下田でおすすめの海岸:多々戸浜見出し

下田でサーフィンと言ったら、ここ多々戸浜は大変人気のあるビーチです。海水浴場としては少し波があるので、小さなお子様連れのご家族には向いていません。自分で泳げるくらいのお子様でしたら、問題はありません。

海開きは、2017年7月15日から8月27日となります。周辺の駐車場は、1日1500円からで129台ほど駐車可能です。海の家はあり、食堂もあります。サーフィンエリアは、海水浴場エリアとは分かれています。有料(200円)ですが、温水シャワー設備もあります。

伊豆下田でおすすめの海岸:入田浜見出し

ここ入田浜は、多々戸浜と同じくサーファーに人気のあるエリアです。サーファーとしてはいい波が建つので、泳げるくらいの泳力のあるお子様でしたら、浮き輪で波乗りして楽しく遊ぶことができるでしょう。

海開きは、2017年7月15日から8月27日となります。周辺の駐車場は、1日1500円からで89台ほど駐車可能です。海の家はあり、食堂もあります。サーフィンエリアは、海水浴場エリアとは分かれています。有料(300円)ですが、温水シャワー設備もあります。荷物の預かりはありません。

伊豆下田でおすすめの海岸:吉佐美大浜見出し

吉佐美大浜は、エメラルドグリーンの海がきれいなビーチになります。近くに別荘地があるので外国人も多いビーチになります。ビーチ沿いには、お洒落なカフェも点在しているので、便利なビーチです。入江の両側は、岩場になっているので磯遊びも楽しむことができるので、お子様にも人気があります。

海開きは、2017年7月15日から8月27日となります。周辺の駐車場は、1日1500円からで500台ほど駐車可能です。海の家はあり、食堂もあります。サーフィンエリアは、海水浴場エリアとは分かれています。有料(300円)ですが、シャワー設備もあります。荷物の預かりはありません。

下田のグルメランキング!人気のカフェやおすすめのランチもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
下田のグルメランキング!人気のカフェやおすすめのランチもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
下田市は静岡県伊豆半島の先端に位置する街です。海と山に囲まれた自然豊かな下田市。そんな下田市には自然の恩恵を使った美味しいグルメが盛り沢山です。今回はそんな下田市のおすすめのグルメ情報をお伝えします。見ているだけで涎が止まらなくなるかもしれませんよ。

伊豆下田でおすすめの海岸:田牛見出し

田牛は、ローカル色の強い穴場的なビーチです。下田にあるビーチの中では一番南に位置するビーチです。「竜宮窟」という岩があって、地形を楽しむこともできるビーチです。また、サンドスキー場もあって、子どもたちが元気にソリ遊びをする姿をみることができます。

海開きは、2017年7月15日から8月31日となります。周辺の駐車場は、1日1500円からで100台ほど駐車可能です。海の家はありません。海水浴専用のビーチです。トイレはありますが、シャワーはありません。コンビニも近くにはありません。荷物の預かりはありません。

伊豆下田の楽しみ方見出し

下田の海水浴は、海ということもあり新鮮な魚介類を食べられる飲食店がたくさんあります。金目鯛もとても美味しい海です。また、下田温泉もあり、海水浴の帰りに、温泉を楽しむこともできます。そして、7月23日は、白浜海の祭典で花火大会もあります。お子様連れでもカップルでも楽しめるのが下田の魅力です。

今年の夏は下田で海遊びしよう見出し

下田には、きれいな海が9つもありました。それぞれ、違った顔を持っているので小さなお子様連れのご家族でもカップルでも楽しめるのはいいですね。また、サーフィンも楽しめるビーチも多いので、東京に住むサーファーにとってもこの下田の海はうれしいですね。この情報を役立てていただいて、下田の海を満喫してください。

投稿日: 2017年7月23日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote