地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

伊豆のシュノーケリングポイント厳選紹介!定番スポットからおすすめの穴場まで!

伊豆は、海あり山ありの東京からも日帰りのできる人気の観光スポットです。伊豆の海の観光スポットは、息を呑むほど素晴らしい景観が目の前に広がり透明度も良いのでシュノーケリングを楽しめます。伊豆のおすすめシュノーケリングポイントで人気スポットから穴場まで紹介します。

海が美しい伊豆のシュノーケリングはおすすめ見出し

伊豆の海は、沖縄にも負けないくらいの魅力が一杯詰まった海になります。シュノーケリングで顔をつけただけでたくさんの魚を見ることもできます。伊豆下田の海になると白いビーチなので写真だけをみると、沖縄かと間違うほどです。伊豆のシュノーケリングでおすすめで人気のシュノーケリングポイントや穴場をご紹介します。

伊豆でシュノーケリングをおすすめする理由見出し

伊豆でシュノーケリングをおすすめする理由が、ひとつは東京から2時間から3時間圏内と近いことです。車でも電車でもアクセスの良いのが伊豆の海です。また、湘南と比べると遥かに海がきれいなことです。ヒリゾ浜の透明度は伊豆一、いや沖縄にも負けない海があります。そして、魚影が濃いことです。熱帯性のカラフルな魚もたくさん見ることができます。

下田の海はここがおすすめ!きれいな海岸や人気の海水浴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
下田の海はここがおすすめ!きれいな海岸や人気の海水浴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
伊豆下田は、東京から3時間で行ける首都圏からも近い人気のビーチリゾートです。白い砂浜とエメラルドグリーンの海がきれいな伊豆下田はおすすめです。下田の海に来るとここが伊豆とは思えないきれいさです。そんな伊豆下田のきれいで人気のある海岸や海水浴場をご紹介します。

伊豆で人気のシュノーケリングポイント①:浮島海岸(西伊豆町)見出し

浮島海岸は、西伊豆にある地形に特徴のある海岸です。実は、ここダイビングポイントになるほど、人気が高い海でシュノーケリングポイントとしては穴場の場所なんです。なぜ、ダイバーに人気があるかというと、地形が面白く、魚影が濃いポイントなんです。砂浜のビーチではなく、小さな小石の海岸です。入江の湾のため、波も「穏やかでお子様でも楽しむことができます。

ダイビングスポットでもある浮島海岸は、透明度も高いので水面からでも魚を見ることができます。7月下旬から8月下旬は監視所と海の家があります。地形が面白いとシュノーケリングは飽きずに遊び続けることができます。ここ浮島には洞窟になっている場所もあり、シュノーケリングが退屈になることもありません。子供は磯遊びもできて一石二鳥の穴場シュノーケリングポイントです。

伊豆で人気のシュノーケリングポイント②:九十浜(下田市)見出し

九十浜は、車を停めておく駐車場から、それなりに遠いということもあり、他の下田の海に比べると空いていて穴場の場所になります。この坂道からの海の光景は、絶景です。とても絵になる写真が撮影できます。海岸は、下田特有の白い砂浜とターコイズブルーの海とのコントラストが、目に眩しいです。ただ、駐車場の数も少ないので朝早めに行く必要はありますが、この海でシュノーケリングできるのなら、価値はあります。

九十浜は、電車ではなかなか行きづらい場所にあるので、ぜひとも車でアクセスしてほしいです。それだけ、穴場のシュノーケリングポイントです。多少入江にもなっているために、波も穏やかで、お子様連れのご家族でも楽しめるシュノーケリングポイントになります。下田の穴場と言われている九十浜は、本当におすすめです。

伊豆で人気のシュノーケリングポイント③:ヒリゾ浜(南伊豆町)見出し

ヒリゾ浜は、南伊豆にある車でも電車でも、歩いても行けない秘境の浜です。ここヒリゾ浜は、ボートでしか行くことの出来ないまだ手付かずの自然が残っている場所です。しかも、ヒリゾ浜周辺は国立公園にも指定されている場所なんです。そんな場所で、シュノーケリングができるのは、穴場中の穴場と言ってもいいでしょう。

そして、渡し船でしか行けないということもあって、透明度は抜群です。間違いなく伊豆で一番透明度の高いシュノーケリングポイントであることは言うまでもないでしょうし、沖縄にも負けないくらいのポテンシャルがあります。また、熱帯魚の魚影も濃いことで知られているヒリゾ浜は、本当におすすめです。伊豆で、ここヒリゾ浜でシュノーケリングをしないのは、あまりにももったいないです。

伊豆で人気のシュノーケリングポイント④:初島(熱海市)見出し

初島は、熱海から沖に目をやると見える小さな島です。高速船で熱海からわずか30分で行ける島です。島ということで潮通しも良く、ダイビングでツアーに訪れる人も多い島です。また、リゾートホテルもある本格的なリゾートアイランドでもあります。夏になるとたくさんの観光客がこの小さなリゾート初島を訪れます。

そんな初島のシュノーケリングが楽しくないわけがありません。魚影も濃いこの海でのシュノーケリングは、いつまでもシュノーケリングしていても飽きることがないでしょう。また、島に来たという気分が否応無しにも、エキサイティングなシュノーケリングになることは間違いないでしょう。夏場でも透明度が良いのが島の強みです。

伊豆で人気のシュノーケリングポイント⑤:黄金崎海水浴場(西伊豆町)見出し

黄金崎海水浴場は、ダイビングも盛んなほど魚影の濃いダイビングポイントです。ダイビングで面白い海域は、シュノーケリングも楽しいのは間違いありません。入江のような形状のため、波も静かでシュノーケリングポイントとして人気があります。エメラルドグリーンとターコイズブルーの絵の具で書いたような海は美しいです。

黄金崎海水浴場は、大部分の海岸がゴロタ石なので、マリンブーツなどを持っていると便利ではないでしょうか。ゴロタ石は、苔で滑りやすくなっている場合もあるので注意が必要です。入江には、たくさんの魚も入り込んできているので、外海の方まで出なくてもシュノーケリングを楽しむことができるので、おすすめの海水浴場です。

伊豆で人気のシュノーケリングポイント⑥:大瀬崎(沼津市)見出し

大瀬崎は、西伊豆に位置する海岸になります。大瀬崎は、ダイビングの講習する場所として昔から非常に人気の高いビーチです。徐々に水深が深くなるので、講習に向いているんです。シュノーケリングをする人にとっても、この徐々に水深が深くなる地形は、とても安心してシュノーケリングを楽しめる要因にもなっています。ビーチからは、富士山の眺めも最高でおすすめのシュノーケリングポイントです。

大瀬崎のビーチは、砂利なので水着に砂がついてなんてこともなくて快適です。また、足元も砂地でないのは海に入っていくときも足がふらついたりしないので、お子様も安心してシュノーケリングしていただけます。きっと、シュノーケリングしていると、水中でダイビングしている姿も見られて、面白い穴場のシュノーケリングポイントではないでしょうか。まだ、ダイビングポイントなので、魚影も濃いです。

伊豆で人気のシュノーケリングポイント⑦:伊豆海洋公園(伊東市)見出し

伊豆海洋公園は、東伊豆に位置する伊東市の海岸です。ここ伊豆海洋公園もいいところは、電車でも車でも便利な場所にあります。また、東伊豆でもっとも人気のあるダイビングポイントでもあるので、地形も面白く、魚影も濃いことで有名なポイントです。シュノーケリングで少し深く潜っていると、真横をダイバーが通り過ぎるなんてこともあるシュノーケリングポイントです。

伊豆海洋公園のエントリーする場所は、スロープとなっていて、しかも、ロープも張ってあるので安心してエントリーすることができますね。初めてシュノーケリングにチャレンジしたい人は、ここ伊豆海洋公園はおすすめのシュノーケリングポイントです。そして、水面に顔をつけた瞬間に別世界が目の前に広がります。

伊豆で人気のシュノーケリングポイント⑧:田子瀬浜海水浴場(西伊豆町)見出し

田子瀬浜海水浴場は、西伊豆にある地形が面白いシュノーケリングポイントです。砂地ではないので、透明度も良い海岸になります。ただ、足元は滑りやすいので、マリンブーツなどを履いて足元が滑らないように対処しましょう。海の方側には、尊之島の洞窟もあってエキサイティングなシュノーケリングができることでしょう。洞窟の方に行く場合は、波立っていないか確認してから行くようにしましょう。

田子瀬浜海水浴場では、水中の地形も非常に面白いです。切り立った岩にクレバスがあちこちに点在します。水中の景観は間違いなくエキサイティングするはずです。また、カラフルな熱帯魚や少し大きめの魚、キビナゴの群れに巻かれることもあります。これから秋のシーズンは、夏の濁りも無くなりシュノーケリングを楽しむには最高の季節を迎えます。

海のシュノーケリングで注意部すべきこと見出し

海でのシュノーケリングでいくつか注意してほしいことがあります。まずは、海には危険な生物もいるということです。海は魚達の世界であって、僕らはちょっとその世界にお邪魔させてもらうだけです。例えば、このミノカサゴは背びれのトゲに毒針があります。このような危険な生物から身を守るため出来る限り、ウエットスーツやマリングローブを装着してシュノーケリングすることをおすすめします。

伊豆の海をシュノーケリングで味わおう見出し

伊豆のおすすめで人気のシュノーケリングポイントを穴場も含めてご紹介してきまたが、いかがでしたか。伊豆は東京からのアクセスも良い割には、美しい海でシュノーケルができる最高のポイントが数多くあります。お子様連れの家族でもカップルでも楽しめる海が伊豆にはあります。ダイビングをしなくても、シュノーケリングで十分魚も見ることができる伊豆の海で外遊びしましょう。

投稿日: 2017年9月1日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote