地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

バレンシア観光の見所!世界遺産やフラメンコ・火祭りも!パエリアに舌鼓!

バレンシアの観光はとても素晴らしいところばかりです。近代化されてる施設や世界遺産もありフラメンコも楽しめ、世界遺産である火祭りやバレンシアならではのパエリアも堪能できる観光スポットです。ぜひおすすめなので足を運んで見てくださいね。

バレンシア観光を堪能しよう見出し

スペインのバレンシアの観光では古く昔からある建物や絶品のパエリアが人気なのはご存知でしょうか。スペインのバレンシアは世界遺産にも登録されているとても素敵なスポットがあります。そんなバレンシアの観光とパエリアの魅力についてご紹介します。グルメでは日本ではあまり食べれない美味しいと評判なパエリアを見ていきましょう。

バレンシアの観光1:大聖堂に行ってみよう見出し

もともとイスラム教のモスクがあった場所に14世紀に建てられた大聖堂。その後も改築が進められゴシック、バロック、新古典様式など色々建築様式が混在しているのが魅力のポイントです。併設のミゲレテの塔からはバレンシアが一望できます。キリストが最後の晩餐に使ったという聖杯とされる聖遺物が保管されてる事でも有名です。

スペインのガリシア州の祝日に聖ヤコブの日をお祝いしようと巡礼者が大聖堂に集まります。皆さんに大切にされてる場所だという事がよく分かりますよね。バレンシア旅行者や観光客で大聖堂は混雑しますが、入るのには5ユーロかかります。スペインで大切にされている大聖堂にぜひ足を運んで見てはいかがでしょうか。観光名所でもあります。

バレンシアの観光2:芸術科学都市を訪れてみよう見出し

オペラハウスや科学博物館やプラネタリウム映画館などを融合した複合施設です。21世紀の科学都市をイメージしてデザインされた建物群が近代的で驚くことでしょう。沢山の施設があるため1日では回れないので、日数や時間をかけてご覧になられる事をおすすめします。またじっくりみる余裕がある日などにおすすめです。見所満載で近代化の施設を堪能してください。

中はこんな感じに広々としています。周りには先ほど書きました大聖堂もあり沿岸部には近未来な芸術科学都市があり、素敵なコントラストに富んだ風景がお楽しみいただけます。まるで未来に行ったかのような気持にさせてくれる面白い場所です。ぜひスペインのバレンシアの観光の際には訪れて体験してみてはいかがでしょうか。観光名所でもありおすすめです。

バレンシアの観光3:絶品なパエリアをご紹介見出し

スペインといえばパエリアが有名ですよね。バレンシアでは色んなタイプのパエリアが楽しむことが出来ます。エビのパエリアは香ばしく最後にお焦げを食べるのがおすすめな食べ方です。ムール貝も入っておりとてもジューシーなエビのパエリアです。バレンシアに旅行に来たときは必ず食べることをおすすめします。スペインを代表するお料理でもあります。

こちらのパエリアはムール貝や貝の具だくさんいっぱいのパエリアです。トマトや小エビなども入っていてとても色鮮やかですね。スペインならではのパエリアに舌鼓をうってください。旅行者にも人気があり、フラメンコ鑑賞などに疲れた後にはいかがでしょうか。香りも良くスペインには美味しいパエリア料理のお店が沢山あります。種類も豊富です。

スペインのバレンシアには違ったタイプのパエリアがあります。カレーと合わせて作ったというこのようなパエリアも、旅行者に人気があります。スペインのバレンシアに来た観光客などは、必ずと言っていいほどパエリアを注文しますが、地元の人は毎日食べるくらい好まれているお食事です。家でも作られるほどパエリア好きの方が多いです。

スペインの首都・マドリード観光の見所!名所や世界遺産など!治安情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
スペインの首都・マドリード観光の見所!名所や世界遺産など!治安情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
スペインの首都であるマドリードには、観光スポットが沢山あります。周辺には世界遺産もあります。日本から直行便も出ていて、スペインの人たちは、気さくで明るく、観光しやすい都市です。首都マドリード市内や周辺のおすすめの観光名所、治安情報もご紹介します!

バレンシアの観光4:スターバックスが大人気見出し

日本でもお馴染みのスターバックスはスペインでも大人気です。バレンシア観光で歩きながら飲めるメリットとしてそして休憩場所として利用される方が多いみたいです。スターバックスはどこ行っても大人気ですね。そこだけの裏メニューやカスタマイズするのも楽しいですよね。スペインのスターバックスは色んな甘いものと一緒に飲んだり種類も豊富みたいです。

スペインバレンシアならではのスターバックスでは日本語で書いてあるというこの優しさも観光客には嬉しいですし分かりやすいですよね。スペイン語や英語が苦手な方なども注文しやすいですし、観光客への気配りが出来ていて凄いですね。辛いパエリアを食べた後に甘いものやコーヒーなどはいかがでしょうか。ぜひスペインバレンシアのスターバックスにも立ち寄ってみてください。

バレンシアの観光5:オセアノグラフィック水族館に行こう見出し

芸術科学都市の中にある水族館です。イルカのショーを見たり色んなお魚がいてみることが出来たりお食事をすることも出来ます。さすが近未来的な水族館ですね。お魚を見ながらお食事をすることが出来るのもスペインバレンシア観光のひとつの魅力ですね。ぜひスペインバレンシアに旅行の際はぜひ訪れてみることをおすすめします。

水槽に囲まれた中でお食事が出来るほかにはイルカのショーなども充実しており、世界の海の塩などを比較するコーナーなど面白い展示が沢山あります。家族連れにはもちろん大人から子供まで倒しむことが出来ますのでぜひおすすめです。水槽に囲まれた中でのお食事が出来るのはスペインバレンシアの魅力のひとつですのでぜひ足を運んで見てくださいね。

バレンシアの観光6:世界遺産ラロンハデラセダを訪れよう見出し

1482年から1498年にこの世界遺産は建てられました。建物の壁には、悪魔を形どった飾りが所々に見られます。また悪魔とは対極にある純真の象徴、マリア様を戴く門があるかと思えば、宗教とは無関係のドラゴンやケンタウロスなども見ることができます。この一貫性のなさもラロンハへ関心を集める動機となっています。この世界遺産に足をぜひ運んで見てください。

この世界遺産の大広間は絹商品の取引に使われていました。世界遺産でもあるここは一年を通じて青空が広がり、空の青さを映したかのような海と、それらと対象をなすオレンジ。世界遺産でスペインのバレンシアを訪れた観光客や人が目にする色がそのままステンドグラスになっています。さすが世界遺産だと圧倒されます。この世界遺産をぜひ生で訪れてみてください。観光名所でもあります。

バレンシアの観光7:バレンシア中央市場に行こう見出し

スペインのバレンシア街の中心にある中央市場には新鮮な野菜や果物などを買いに来る地元人で毎日人気で盛り上がっています。その場で食べれる生ハムやフレッシュジュースなどが人気でバレンシア観光客にも人気観光名所です。すぐ買って食べれる手軽さや新鮮な野菜を買えるのが人気のひとつでもあります。色々美味しいものがたくさんありそうな場所ですね。

こちらはバレンシア中央市場のフルーツ屋さんです。美味しそうなイチゴやキュウイやバナナなど置いてあります。朝のフルーツに最適ですし、そのまま食べれるような工夫も嬉しいですね。ぜひ日本のイチゴと比べてみてください。新鮮なイチゴやフルーツなどが置いてある中央市場は旅行客が来ても楽しい観光名所の場所になっています。

バレンシアの観光8:バレンシア美術館に行こう見出し

バレンシアの美術作品だけでなく、エルグレコやベラスケス、ゴヤなどスペインを代表する巨匠たちの作品も見られます。フランドル派の絵画もあり、幅広いコレクションを誇っているのにも関わらず、入場無料というのが予算にも嬉しいですね。地図では、中心地より北東にあります。観光名所にもなっていますのでぜひ足を運んで見てください。

バレンシア美術館は無料で入れるところがまた魅力のひとつでもあり入りやすいですよね。中でもゆっくりと見ることも出来ますし、色んな方の芸術をぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。芸術に興味ない方でも魅力に引き寄せられるほどの素敵なバレンシア美術館ですよ。ぜひ旅行で訪れたら立ち止まって寄ってみてはいかがでしょうか。

バレンシアの観光9:世界遺産の火祭りを見に行こう見出し

毎年3月15日から始まり19日にクライマックスを迎える、スペイン3大祭りのひとつ、サンホセの火祭りは世界遺産です。祭りの起源は3月19日のサンホセの日に大工たちが古い材木を集めてたき火をしたことに由来すると言われています。期間中はファリヤ(張り子の人形)に火がつけられ、世界遺産がスペインに本格的な春を告げる炎が夜空を焦がします。

世界遺産の壮大な火遊びなバレンシアの火祭りは祭りの最終日に、それまで作り上げてきたものを全て燃やし尽くす豪快なお祭りです。世界遺産のお祭りは地区ごとに設置された計600体にのぼるファリャは、小さいものから大きいものだと高さ30mに及ぶものもあり、世界遺産の見ごたえ抜群です。夜には大掛かりなイルミネーションや花火を楽しむことが出来、街全体で春の訪れを祝います。世界遺産にも登録されている名所です。

バレンシアの観光10:フラメンコを見に行こう見出し

スペインのバレンシアの旅行で見逃せないのはフラメンコです。スペインといえばフラメンコが有名ですもんね。観光の名所になるくらいスペインのバレンシアではフラメンコが人気です。奇抜な衣装で華やかで足の動きも独特でまさに旅行に来たら生で見るしかありません。ぜひ本場のフラメンコを見てフラメンコの魅力を味わってください。本場のフラメンコはやっぱり素敵ですね。

こちらでは闘牛場の中でフラメンコが見れるそうです。フラメンコには迫力があるため闘牛所でのフラメンコも目立つこと間違いないでしょうね。旅行の際にはぜひ闘牛場でフラメンコをご覧になってみてはいかがでしょうか。本場ならではのフラメンコはスペインバレンシアの記念になりますよ。フラメンコを目に焼き付けてフラメンコを思い出に持って帰ってください。

バレンシアの観光11:セラーノスの塔を訪れよう見出し

中世城壁に守られるように作られていたバレンシアの町。バレンシアの町に入るための主な入り口がこちらの荘厳なセラーノスの塔でした。塔は階段でのぼることが出来、バレンシアの街並みを一望できる観光名所です。旅行客にも人気です。世界遺産には登録されていませんがとても貴重で古い建物です。旅行の際には階段を上ってバレンシアの街並みを楽しんでください。

バレンシアの観光12:バレンシア北駅に行ってみよう見出し

バレンシア北駅はスペインバレンシアの主要駅で市街中止部に位置しています。外壁はオレンジのモザイクスタイルで装飾もオシャレです。時計が特にオシャレで街のシンボルともいえるくらい皆さんの目にとまっています。この駅自体が観光名所にもなっているので時計が目印としても使われています。夜はライトアップされていてとても綺麗ですよ。

木材の窓口はオシャレで昔を思い出させてくれるような懐かしい雰囲気のバレンシア北駅です。観光名所ともなっているので観光客も多く利用していますしなんだか馴染みが深く感じられます。そんな場所です。観光名所にもなっていますので写真を撮って行かれる方が多いです。バレンシアの思い出になりますね。ぜひ観光の際には足を運んで見てください。

バレンシアの観光13:国立陶器博物館に行ってみよう見出し

スペインバレンシアでは陶器の地としても知られています。そんなバレンシアにあるのが世界有数の規模の国立陶器博物館です。シャンデリアからキッチンまで当時の様子をそのまま再現した見ごたえたっぷりの博物館です。外観も素敵で荘厳な趣があり外から見ていても豪華絢爛でまるで宮殿にいるかのような錯覚にとらわれることでしょう。

中をご紹介します。白と金で統一されていてソファーが沢山あり、シャンデリアも色褪せることなく綺麗に輝いております。まるで宮殿のようですね。昔の人はここに住んでいたと思えないくらい再現がきっちりされていてどこを見ても綺麗で驚きを隠せません。シャンデリアも沢山あり、豪華たっぷりの金を使い白と金で合わせてあるのが特徴のひとつです。

シャンデリアの上には絵も描かれています。ひとつひとつが繊細でとても綺麗な作りになっているのが魅力的で目を引くこと間違いないでしょう。きっと入った瞬間から言葉が出ないくらいの綺麗さに圧倒されます。ブルーの色がまたアクセントになっており白と金を輝かせているのが魅力的です。ぜひ足を運んでこの素晴らしさを体感してみてください。

バレンシアの観光14:街のカフェに寄ってみよう見出し

お腹が減ったら街のカフェに立ち寄ってみましょう。もちろんスペイン語ですが英語も通じるところもあります。ドーナツやコーヒーやケーキなどを味わうことが出来ます。観光で疲れた体を甘いものを食べて癒してください。中央市場に戻ってもフルーツなどミックスジュースなども飲むことが出来ますよ。そしてパエリアのお店も沢山あるので堪能してみてください。

スペインのバレンシアは観光スポットが盛り沢山見出し

スペインのバレンシアの観光では沢山の見所が満載です。グルメでは美味しいパエリヤや中央市場のフルーツなど、観光ではフラメンコや世界遺産の火祭りなどがありとても素敵な場所ばかりです。歴史を感じさせてくれる場所でもあります。陶芸博物館では昔をそのまま再現してありとても綺麗な場所でぜひ見所満載なので訪れてほしい場所です。ぜひそんな素敵なスペインのバレンシアに足を運んで見てください。ぜひおすすめです。

投稿日: 2017年7月30日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote