地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

スペインの首都・マドリード観光の見所!名所や世界遺産など!治安情報も!

スペインの首都であるマドリードには、観光スポットが沢山あります。周辺には世界遺産もあります。日本から直行便も出ていて、スペインの人たちは、気さくで明るく、観光しやすい都市です。首都マドリード市内や周辺のおすすめの観光名所、治安情報もご紹介します!

スペインの首都マドリードを観光しよう!見出し

スペインのど真ん中にある首都「マドリード」。古代ローマ時代からあり歴史が深く、素晴らしい建造物が沢山あります。また、美術も盛んで、貴重な美術品を見る事が出来、近代的な街並みもあり、観光スポットが沢山あり、とても旅行しやすいところです。治安情報、世界遺産を含めた観光名所についてご紹介します!

スペインの首都マドリードの治安情報見出し

スペインの首都マドリードは、テロなどの危険はないとの治安情報があります。しかし、海外旅行では何が起こるか予測不能です。外務省海外安全HPでは、海外旅行の際は「たびレジ」登録を促されています。また、安全と言われていても当然、持ち物や一人歩きに気を付けなければなりません。マドリードでは、スリや置き引の被害届けが多数出ています。

スペインの首都マドリードでの防犯対策見出し

旅行中は、リュックには必ず施錠。バッグもファスナー付き。テーブルに大事なものを置かない。食事の時もかばんは身に着けておく。立ち止まった時は、自然に周りを確認。スマホは壁を背に見る。パスポートはカラーコピーを持ち歩く。堂々と歩く。などなど、しっかりと対策を考えて動きましょう。観光スポットに治安情報も組み込んで紹介していきます。

スペインの首都マドリード観光・空港見出し

日本から直行便か経由便で到着するのは、スペインの首都マドリードにある「アドルフォ・スアレス・マドリード・バラハス空港」。とても長い名前ですが、2014年に死去したスペイン民主化にかかわった首相、アドルフォ・スアレス・ゴンサーレスから名前が取られています。到着して最初の観光のおすすめは、この空港のデザインです。

空港に到着すると手続きなど忙しく、旅行の目的地へさっさと移動してしまいがちですが、このマドリードの空港は、デザイン性が高く、素晴らしい建物なので、見る価値ありの観光スポットです。空港に居る際、少し時間を取って、空港内を観光してみましょう。(空港の治安情報)スリが多いので、荷物に気を付けましょう。

空港は、マドリード市内から離れていますので、移動が必要です。治安を考えるとタクシー、料金を考えるとバスや国鉄レンフェがおすすめです。駅構内や駅周辺の治安情報として、スリが多発しています。またアンケートをとってる人がいますが、その中に混じって、アンケートをとるフリをして、スリを働く人も居ます。気を付けましょう。

スペインの首都マドリード観光・美術館見出し

ソフィア王妃芸術センター

マドリードにある三大美術館の中の一つです。もともと病院だった建物が芸術センターに生まれ変わりました。ピカソ、ダリ、ミロなどの現代美術を中心に展示されています。また、ピカソの代表作「ゲルニカ」もこの美術館で見る事が出来ます。

スペインの街並みに、無理なく調和する現代都市建築で建てられた芸術センターは、外観も展示品も魅力的です。美術館関係の治安情報としては、並んでいる時にバッグが狙われやすいようです。並んでいると疲れますが、しっかりと持ち物を持っておきましょう。

プラド美術館

世界三大美術館の一つで、マドリードの三大美術館の中の一つでもあります。マドリードに旅行に行くなら絶対に押さえておきたい国立美術館です。この美術館が所蔵する作品は、全て合わせて2万点以上と言われています。展示されているのは、その中から選ばれた物だけです。

美術品が多いため、増設もされました。この美術館の一番の見どころは、スペイン絵画コレクションで、12世紀のロマネスク様式の壁画から19世紀のゴヤの作品まで見る事が出来ます。しっかりと見たい方は、4時間以上時間をとっておくのがおすすめです。

18歳以下は無料で、25歳以下の学生は無料です。さらっと見たい方は、無料の時間帯というのがあります。その時間を狙うのもおすすめです。しかし無料で見たいのは、皆同じ。ほとんどその時間帯は並んでいます。時間を考えて行く事をおすすめします。

セラルボ美術館

なかなかガイドブックには載っていない、スペイン広場の近くにある、セラルボ侯爵17代目の邸宅を利用した美術館で、貴族の社交サロンを見る事が出来ます。その中で、侯爵が集めた、ため息が出るほど美しい数々のコレクションは、見る価値があります。

マドリードで美しい階段トップ10入りしている階段です。彫刻や絵画が素晴らしい階段です。フラッシュ無しであれば、カメラ持ち込みが出来る美術館なので、素敵な写真をたくさん残す事が出来ます。

ティッセン美術館

アートの事が分からない人でも楽しめる美術館です。小さいころに教科書でよく見かけた絵が沢山飾られていますので、楽しめます。ティッセン・ボルネミッサ氏が、自身のコレクションを公開するために開館し、のちに政府が買い取り、今の美術館となっています。

スペインの首都マドリード観光・王宮見出し

マドリードにあるスペイン政府が所有している宮殿です。スペイン王の王宮ですが、実際には国王や王族は、郊外に住んでいてこの宮殿には住んでいませんが、国の行事の時以外は、一般公開されていますので、観光におすすめです。

さすが王宮!と感動します。一部の部屋を見る事が出来ますが、それでも見どころ沢山です。一番おすすめのスポットは階段の天井です。イタリア人画家であるコラード・ギアクィント作である天井画が書かれていて、素敵すぎて圧倒されます。(王宮の治安情報)被害情報はありません。開館まで並ぶ際、写真を撮る際は手荷物に気を付けましょう。

スペインの首都マドリード観光・博物館見出し

王立武具博物館

マドリード王宮の右側に別棟があり、王立武具博物館があります。内部撮影は禁止です。外観よりも内部は広く、沢山展示されています。王家が使用した武器を間近で見る事が出来ますので、ぜひおすすめです。

マドリード鉄道博物館

アトーチャ駅から徒歩圏内、また地下鉄デリシアス駅のすぐそばにある鉄道博物館です。1984年に旧デリシアス駅を利用し博物館として開館されました。スペインの列車が多数展示されています。レストランもあります。

また、蒸気機関車の構造などの仕組みも学ぶ事が出来ますし、庭では、子供達と一緒に小さな機関車に乗る事が出来ます。駅近くの観光の治安情報としては、アトーチャ駅や地下鉄入り口付近にスリが多発していますので、注意をしましょう。

スペインの首都マドリード観光・公園や広場見出し

レティーロ公園(エル・レティロ公園)

プラド美術館の裏の方にある、アルカラ門が角にある、とても広い有名な公園です。昔は王宮の庭園だった場所が公園として開放されています。公園はとても広いので、のんびり散歩も良いのですが、とても時間がかかります。ポイントを押さえて動くと効率よく観光出来ます。

公園内にある水晶宮殿です。パラシオ・デ・クリスタルとも言われています。アイアン(鍛鉄)とガラスで作られた、水晶の宮殿です。この宮殿はロンドン万博で使用されたクリスタル宮殿をモデルにし作られました。中に自由に入る事が出来ます。

この公園は、何か所か入り口があります。しかし公園の治安情報としては、アトーチャ駅と公園近くの交差点に女性のスリが多いという報告がありますので、注意が必要です。明るいうちは治安は良いですが、暗くなりはじめた公園内は要注意地域です。

マヨール広場

マドリードの中心にある、とても有名な広場です。3方向から長方形の赤い建物に囲まれている広場です。1階がブティックやカフェ、2階から屋根裏まで現役のマンションになっています。ここは、マンションの中庭ですが、フェリペ3世の銅像が立ち、有名な観光スポットとなっています。この広場は、よくイベントが行われています。

観光地の広場の治安情報として、ここは一番危険なスポットとして知られています。昼前から夜12時頃までは、賑やかでやや安全ですが、それ以前それ以降は、違法ドラック中毒者の人たちもいる路上で寝泊まりする人たちが現れます。興味本位で立ち入るのは危険なので止めましょう。また、賑やかな昼間も他国からもスリプロ集団が来るほどです。観光時、食事の時も持ち物には気を付けましょう。

シベーレス広場

シベーレス広場です。ベントゥーラ・ロドリゲスの噴水があり、観光スポットとなっています。広場と言っても、周りが道路で囲まれているため、公園のようにゆったりは出来ませんが、コムニカシオネス宮殿をバックに素敵な風景を見る事が出来ます。

スペインの首都マドリード観光・アルカラ門見出し

レティーロ公園の北西角にあるインデペンデンシア広場の中央にあります。その昔、この門の下には道があり、この街のメインゲートとして建てられていて、アルカラ・デ・エナレスまで続いていたので、アルカラ門と名が付けられました。フランス人とスペイン人の手で完成したこの門は素敵な建築物でおすすめの観光スポットです。

スペインの首都マドリード観光・タワー見出し

プエルタ・デ・エウロパ

シベーレス広場から北へ約7キロほど行くと、今まで観光した首都マドリード中心地区との街並みと違う、近代的な街並みを見る事が出来ます。鉄道を使うとチャマルティン駅まで約1時間で行く事が出来ます。ツインのヨーロッパタワーが観光名所となっています。高さ115メートル26階建てのビルで、お互いに向かって15度傾いているので、現代建築のすばらしさを見る事が出来ます。

クアトロ・トーレス・ビジネス・エリア

ツインタワーの近くには、約236から250メートルの4本の高層ビルがシンボルになっているエリアも観光スポットとして有名です。駅から見ると4本が飛び出ていて、近代的な素敵なスポットとなります。チャマルティン駅の治安情報としては駅なので、とても注意が必要です。観光客と思いっきりわかると被害に遭う確率が多くなります。夜は、綺麗なのですが、一人では絶対に出歩かないようにしましょう。

マドリード州の世界遺産観光見出し

トレド

首都マドリードから約80キロ程南西に行くとトレドという世界遺産都市に行く事が出来ます。トレド大聖堂などがある旧市街がとても素晴らしく時代が止まっているかのように建物が保存されています。その旧市街全体が古都トレドとして世界遺産登録されています。タイムスリップ出来る観光名所となっています。

クエンカ

首都マドリードから約170キロほど南東に行くと、クエンカに行く事が出来ます。クエンカのある地域は川に挟まれていて、長い年月によって切り取られた断崖になっています。その断崖の上にクエンカがあるので、「空中都市」「魔法をかけられた街」と呼ばれていて、世界遺産となっています。マドリードから少し遠いですが、観光する価値がある世界遺産です。

エル・エスコリアル修道院

スペインには、世界遺産があり、首都マドリッドから行きやすい場所にあるので、観光で足をのばしてみる事が出来ます。北西に45キロほど郊外に行くと、サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルに着きます。そこには、大きな宮殿でもあり、修道院でもあり、博物館と図書館が入っている複合施設が世界遺産として登録されています。

アルカラ・デ・エナーレスの大学&歴史地区

首都マドリードから東へ30キロほど郊外にある、スペインの都市アルカラ・デ・エナーレスにある大学と歴史地区は世界遺産となっています。世界で最初の計画的な大都市で、アメリカやヨーロッパのモデルとなった事が評価されています。素晴らしい歴史を感じる事が出来る世界遺産をぜひ堪能しましょう。

アランフェス王宮

首都マドリードから南に50キロほど行くと、アランフェスに到着します。そのアランフェス王宮は世界遺産に登録されています。内部は作榮禁止で、ツアーでしか入る事が出来ないので、中を見学したいならツアー参加が必要です。もっとも美しいと言われる陶器の間、アラブの間など特徴のある部屋があり見どころ満載の世界遺産です。

スペインの世界遺産を巡ろう!有名な教会や宮殿も!自然遺産もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
スペインの世界遺産を巡ろう!有名な教会や宮殿も!自然遺産もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ヨーロッパに属するスペインは、日本だけでなく世界各国から観光客が訪れる人気の国です。スペインは、グルメ、サッカー、モータースポーツなど、非常に魅力がたくさんですが、やはり一番有名な魅力は世界遺産です。そこでこちらでは、スペインで人気の世界遺産を一挙紹介します。

マドリードでスペイン旅行を満喫しよう!見出し

スペインの首都「マドリード」。マドリード内でも沢山の見どころがあり、またマドリードを中心に世界遺産へ足を運ぶ事が出来る都市です。地元の人たちは、陽気で優しく、観光に優しい都市でもあります。危険な目に合わないように治安情報も載せていますが、防犯対策をして、ビクビクせずに堂々とマドリード観光を満喫しましょう!スペイン旅行の計画の中にぜひマドリードを入れてみて下さい。素敵な旅になります。

スペイン旅行のお土産を紹介!おすすめの雑貨から人気のお菓子まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
スペイン旅行のお土産を紹介!おすすめの雑貨から人気のお菓子まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
人気の旅行地であるスペイン。近年では直行便も出航しているので、更に人気が集まっているスポットです。スペイン旅行へ行ったら、どのようなお土産が喜ばれるのでしょうか。今回は、スペイン旅行でおすすめしたい、人気のお土産をご紹介します。
投稿日: 2017年7月21日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote