地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

コルドバ観光旅行の見所!おすすめはモデルプラン!古都は絵葉書みたい!

スペイン南のアンダルシア地方にあるコルドバは観光旅行で人気があります。メスキータ、旧ユダヤ人街、ローマ橋、アルカサルなど、コンパクトな街の中に絵葉書のような世界が広がります。3つの異なる宗教が共存してきた歴史も見所の一つです。コルドバ観光の魅力をご紹介します。

南スペインにあるコルドバってどんなところ?見出し

コルドバはスペイン南のアンダルシア地方にある街で、世界遺産であるメスキータや花があふれる旧ユダヤ人街などが人気の観光地です。コルドバはスペインの首都マドリードはもちろんセビリア、マラガなどのアンダルシア他地域からもアクセスが良いので、スペイン旅行でコルドバに訪れる人は多いです。コルドバの見所やおすすめの観光プランをご紹介します。

コルドバの世界遺産見出し

コルドバの「メスキータとコルドバ歴史地区」は、ユネスコの世界遺産に登録されています。コルドバの歴史はローマ帝国時代に始まり、時代に応じてイスラム教、キリスト教、ユダヤ教と異なる宗教の影響を受けてきました。あまり大きくはないコルドバという街を観光すると、異なる宗教が共存しているような不思議な印象を受けます。

コルドバ観光旅行の見所1:メスキータ見出し

コルドバの有名な世界遺産

コルドバの観光スポットとして最も有名なのは世界遺産である「メスキータ」です。メスキータ(mezquita)はスペイン語で「モスク」を意味しています。コルドバのメスキータはイスラムの時代からの歴史を持ち、モスクの中にキリスト教の大聖堂があるという珍しい建物の世界遺産として歴史・宗教的な観点から注目されています。

イスラム教とキリスト教が共存するメスキータ

コルドバのメスキータは、約200年の年月をかけて世界最大級のモスクとして建立されました。13世紀に起きた「レコンキスタ」の後には、大聖堂として利用されるようになりました。イスラム教のモスクの形は取り壊さずに、モスクの中に礼拝堂や大聖堂を作ることでイスラム教とキリスト教を共存させました。

コルドバのメスキータ内部の観光

観光客がコルドバのメスキータと聞いて思い浮かべるイメージは、「円柱の森」と呼ばれるイスラム教の礼拝の間ではないでしょうか。円柱の森にはたくさんの柱が並び、柱の上のアーチは赤いレンガ、白の石灰石で作られています。柱の数はなんと850本ほどで、それでも150本はキリスト教への改修の際に抜かれてしまったそうです。メスキータ観光の見所である円柱の森は、幻想的な空間です。

コルドバのメスキータの中心にある中央礼拝堂は、キリスト教のゴシック様式、ルネサンス様式、バロック様式などが見られる大聖堂です。この大聖堂はメスキータの大改修の際に作られた部分で、イスラム教のモスクの中にキリスト教の大聖堂がある、という不思議な組み合わせを見ることができます。

コルドバのメスキータ観光の見所の一つである「ミフラーブ」はイスラムの祈りを捧げるメッカの方向を示したもので、大聖堂建立の後も残されました。大聖堂建立の後、大改修の許可を出したカルロス1世は「どこにでもあるような建物のために、この世で唯一のものを壊してしまった」という後悔の言葉を残していますが、イスラム教の重要なものは残されていて、現在改修作業なども行われているそうです。

コルドバのメスキータはかつてモスクだったため、モスクには必ず付随する塔「ミナレット」があります。コルドバのミナレットは「アルミナール」という名前で、改修されて鐘楼となっています。54mの鐘楼はらせん階段で上まで昇ることができます。

コルドバのメスキータにある回廊に囲まれた「オレンジの中庭」はイスラム教の時代から重要な庭として利用されていました。オレンジの中庭にある池は、イスラム教徒が身を浄めていました。かつては円柱の森と中庭はつながっていたため、中庭もモスクの中と同じように見えるように円柱のような植物を植えていたそうです。

コルドバ・メスキータの見所!世界遺産の大聖堂を観光!歴史も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
コルドバ・メスキータの見所!世界遺産の大聖堂を観光!歴史も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
スペイン南のアンダルシア地方にあるコルドバのメスキータは、スペイン旅行ではずせない人気の観光地です。メスキータは複雑な歴史を持ち、イスラム教とキリスト教が共存する珍しい世界遺産です。コルドバのメスキータ観光の見どころ、歴史をご紹介します。

コルドバ観光旅行の見所2:ローマ橋見出し

コルドバの「ローマ橋」は約2000年前のローマ帝国時代に作られた橋で、コルドバの街を流れるグラダルキビル川にかかる橋の一つです。全長約230mのどっしりとした橋で、16のアーチが特徴的です。メスキータの近くにあるので、メスキータ観光の後にローマ橋へのルートを取ると良いでしょう。

コルドバのローマ橋は昼と夜で姿を変えます。昼は多くの観光客が行き来する橋ですが、夜はライトアップされて幻想的に光ります。コルドバに宿泊する予定のある人は、昼はもちろん夜に姿を変えたローマ橋を見に行くことをおすすめします。

コルドバ観光旅行の見所3:カラオラの塔見出し

コルドバの「カラオラの塔」はローマ橋を渡ったところにある塔で、イスラム時代に作られた要塞です。現在のカラオラの塔は博物館と展望台になっていて、博物館ではイスラム時代の歴史を知ることができます。塔の上からは橋を見下ろすことができます。メスキータ観光の後にローマ橋を渡って、カラオラの塔を目指すというルートがおすすめです。

コルドバ観光旅行の見所4:旧ユダヤ人街見出し

メスキータの北側にはコルドバの「旧ユダヤ人街」があります。かつてユダヤ人が暮らしていたこのエリアは、迷路のような細い路地に白い壁、そして花の飾りが印象的なかわいらしい観光スポットです。アンダルシアの家のイメージはこの旧ユダヤ人街なのではないでしょうか。お土産屋やバルも立ち並ぶコルドバの人気観光スポットとなっています。

コルドバのパティオ祭り

毎年5月にはコルドバで「パティオ祭り」というのが開催されていて、世界から観光客がやってくるそうです。白い壁が鉢植えで飾られた色とりどりの花が装飾されたり、美しい観葉植物が並べられていたり、と各家の趣向を凝らしたコルドバのパティオを見ることができます。5月にコルドバを旅行する人はチェックしてみてください。

コルドバ観光旅行の見所5:花の小道見出し

コルドバのメスキータと並んで有名なコルドバの観光スポットは、「花の小道」と呼ばれる場所です。細い路地の白い壁に、鉢に植えられた美しい花が映えてとてもかわいらしいです。花の小道は細い路地ですが、コルドバの有名な観光スポットのため観光客がひっきりなしに訪れます。

花の小道の路地からはメスキータのアルミナール(塔)が見られます。白い壁と鉢植えの花、その背後にメスキータの塔という絶好の写真が撮れるので、写真スポットとしても人気です。観光客が多くいる時間は混雑して落ち着いて写真が撮れないので、人のいない写真を撮りたい人は朝早くに訪れてみましょう。

コルドバ観光旅行の見所6:シナゴーグ見出し

コルドバの旧ユダヤ人街の中に、礼拝所である「シナゴーグ」があります。アンダルシア地方で現存する唯一のシナゴーグで、現在は教会となっています。スペインの他地域ではトレドにシナゴーグがあります。コルドバのシナゴーグはとても小さな教会ですが、中はユダヤ教の美しい装飾が見られます。旧ユダヤ人街の散策の途中に立ち寄るのがおすすめです。

トレド観光の見どころ!世界遺産の大聖堂や教会は外せない!行き方も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
トレド観光の見どころ!世界遺産の大聖堂や教会は外せない!行き方も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
古都として名が知られるトレドはスペインの人気観光地の一つです。トレド大聖堂、アルカサル、美しい教会、興味深い美術館があり、旧市街はユネスコの世界遺産として登録されています。トレド観光の人気スポット、古都トレドの楽しみ方、トレドへの行き方をご紹介します。

コルドバ観光旅行の見所7:アルカサル見出し

コルドバのアルカサルは14世紀に建築された城です。コルドバの観光スポットと言えばメスキータと花の小道のイメージですが、コルドバのアルカサルも実は人気があっておすすめです。メスキータからも近いのでアルカサルもコルドバの観光ルートに入れてみましょう。アルカサルの見所は手入れの行き届いた庭園です。花と水路が美しく、癒しスポットとなっています。

コルドバのアルカサルの城には塔があり、塔を昇るとアルカサルの美しい庭園、メスキータと鐘楼、グアダルキビル川にかかるローマ橋とカラオラの塔をそれぞれ臨むことができます。アルカサルの塔からローマ橋を見れば、その重厚さがよりよくわかります。

コルドバ観光旅行の周り方見出し

コルドバは小さい街なので全て徒歩で移動ができます。コルドバ駅から観光スポットへ向かう場合は、まずはアルカサルに行き、その後シナゴーグを含むユダヤ人街を散策し、メスキータ、そしてローマ橋とカラオラの塔というルートを取るのが効率的でおすすめです。夏のコルドバはとても暑いので、夏にスペイン旅行で訪れる場合は途中ユダヤ人街で休憩を挟むのがおすすめです。

コルドバへの行き方見出し

コルドバはスペインの首都マドリードから高速列車で1時間45分程度で、日帰り旅行も可能です。アンダルシアの他地域からコルドバへ旅行する場合は、バスか高速列車を利用します。グラナダからはバスで2時間30分程度、マラガやセビリアからは高速列車で約50分でコルドバに到着します。

美しいコルドバを見に行こう見出し

スペインのコルドバは小さく美しい街です。イスラム教とキリスト教という異なる宗教が共存する不思議な世界遺産メスキータや、まるで絵葉書のような旧ユダヤ人街のパティオは、コルドバに来る人を魅了し続けています。アンダルシアの人気観光地コルドバの見所を抑えて、美しい古都コルドバを見に行きましょう。

投稿日: 2017年7月30日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote