スペインの治安状況!安全な旅行のための注意するポイントは?

2017年7月28日 (2018年7月7日最終更新)

観光スポットなどの見所が多く人気が高いスペイン。しかし旅行前に気になるのがスペインの治安のこと。安全に旅行を楽しむためにはどのような対策をすれば良いのでしょうか。今回は、スペインの治安情報と、注意するポイントなどをお伝えいたします。

目次

  1. スペインの治安状況!
  2. スペイン治安の実態
  3. スペインの邦人被害はどのくらい?
  4. スペインの治安:スリについて
  5. スペインの治安:置き引きについて
  6. スペイン治安:ひったくりについて
  7. スペイン治安:首絞め強盗・ニセ警官について
  8. スペイン治安:テロについて
  9. スペインで治安が悪い地域は?
  10. スペインで安全に旅行を楽しむために
  11. 治安情報をチェックしスペイン旅行を楽しもう!

スペインの治安状況!

20398327 325948441197467 7589085088931905536 n
travelandmemory

歴史的建造物が多く、日本人にも人気の旅行先となっているスペイン。観光はとても楽しみですが、気になるのはスペインの治安のこと。スリや置き引きなどの被害が多いという情報は本当でしょうか。またスペイン旅行を安全に楽しむためにはどのような対策をすれば良いのでしょうか。スペインの治安情報を注意点などを一挙お伝えいたします。

スペイン治安の実態

20398177 794788150703001 3733028008512978944 n
nanami_hayakawa

スペインの治安は、以前と比べると強盗や窃盗事件などの犯罪件数は少なくなってきてはいるものの、変わらず高い水準で犯罪件数を保っている状態です。日本と比べると、治安は圧倒的に悪いです。2015年の情報だと犯罪件数が高い順番に窃盗(置き引き・スリ等)、傷害、窃盗(侵入窃盗)、強盗・脅迫、窃盗(車両窃盗)、薬物犯罪、殺人の順番です。

殺人などの凶悪な犯罪は減少していますが、置き引きやスリなどの軽犯罪が相変わらず多発しており、2015年度の情報だと、714977件もの窃盗犯罪がありました。特に日本人を中心とする邦人観光客がターゲットとなることが多いので、私達日本人は、旅行中細心の注意を払いながら観光を楽しむ必要があります。次は具体的な犯罪をご紹介します。

スペインの邦人被害はどのくらい?

20398940 935397736599257 6368157119404834816 n
hashimoto5819

スペイン大使館の情報によると、邦人被害の8割はスリか置き引きだと言われています。特に日本人は危機管理能力が他の国の人々より低く、無防備で警戒心が少ないと指摘されています。被害が遭いやすい場所は、観光客が多い観光地や公共交通機関の駅の構内や車内、そしてホテルのロビーやレストランの中など、混み合っている場所が多いです。

スペイン国内での2015年邦人被害は、スリが209件(ケチャップスリ25件)、置き引きが178件、ひったくり8件、車上狙いとパンク盗が30件、首絞め強盗が2件、その他の犯罪が19件で、合計471件という報告があります。これらの結果を見ても、やはりスリと置き引きが圧倒的に多いことが分かります。首絞め強盗は大幅に少なくなりました。

スペインの治安:スリについて

20398755 155275468361805 655281803141054464 n
green80tree

スペイン旅行で一番気を付けなければいけない犯罪はスリです。スペインでは、盗む役と注意を引く役に分かれた集団で犯行が行われることが多く、いつの間にか物が失くなっていた、ということが多いです。気軽にポケットの中や、空いたままのカバンに大切な物を入れておくと、あっという間に失くなっている場合があるので、要注意です。

ケチャップスリに注意

スペインの治安が悪いと言える原因の1つであるスリですが、スリの中でも種類があります。その中でスペインで有名なのがケチャップスリです。注意を引く役の者が被害者にわざとケチャップをかけて洋服を汚し、親切なふりをしてケチャップを拭いたりして被害者がそちらに注意を向けている間に、別の盗む役の者が財布などを盗むという流れです。

物売りスリに注意

スペインでは道端で物売りの者がやってきて、商品の説明などを受けて注意を引いている間に、別の者が盗むという手段です。子供やお年寄りだと、いかにも悪いことはしなさそうに見せかけて実は盗人という場合があるので、相手が子供であっても、話を聞かずにそのまま無視して過ぎた方が安全です。

スペインでは目隠しスリといって自分の目の前に地図などで覆い手元を隠している間に盗んだり、切り裂きスリという、電車内などでショルダーバックやリュクサックなど、被害者の視界に入っていないバックを切り裂き、中から貴重品を盗むという大胆な方法があります。バックなどは、常に自分の目から離さないようにすることが大切です。

スペインの治安:置き引きについて

19985765 1452698751488844 2741569520157065216 n
piyori2016

スペインでスリの次に被害が多い置き引き。日本国内の治安が良いため、つい油断をして荷物を置いたまま席を離れたり、カバンを足元に置いたり、背もたれにかけたりする人が多いのですが、海外でその行為は、どうぞ盗んでくださいと言っているようなものだそうです。カバンは、自分の膝の上に置くなど、目から離さないように気を付けましょう。

スペインで置き引きが起きやすい場所は、ホテルのロビーや、公共交通機関の駅や空港、街のレストランなど、観光客が多い場所です。一般的には、席を立った時や、気づかない間に盗まれることが多いのですが、中には話しかけたりして注意を別に向けさせた時に他の者がさっとカバンを盗むという悪質な手段もあります。

スペイン治安:ひったくりについて

20394156 787902494715099 470536001106739200 n
freshservicestockroom

邦人被害もあるひったくり被害はどのような犯行なのでしょうか。日本でもありますが、裏通りや、人が少ない物陰で待ち伏せをし、通行人のカバンや貴重品を素早く奪い取る犯行です。中には追いかける人もいるそうですが、集団で行なっていることも多いので、奪い返すことは難しいでしょう。バイクでひったくりをする犯行もあります。

20398214 636966103094482 1947731848708751360 n
kinryujp

スペインでひったくり被害にあわないためには、道を歩く際、カバンは常に道路の反対側に持ち、肩掛けのバックではなく、ショルダーバックやリュックサック、またはウエストポーチなどの方が安全と言えるでしょう。肩掛けバックの場合、引っ張られると力で負けてしまいます。また自分の前方にカバンを持って歩くことをおすすめします。

スペイン治安:首絞め強盗・ニセ警官について

20347576 1959607224296366 5607847160964972544 n
ari.83

近年では犯罪が減少していますが、スペインでは首絞め強盗という犯罪があります。背後から忍び寄って首を絞めて気絶させ、その隙に貴重品を盗むという悪質な手段です。とても怖い犯罪ですよね。この犯行は観光地などではなく、裏道や人通りが少ない場所で発生することが多いので、一人で夜道などを歩くときは細心の注意が必要です。

19228866 626664250837641 8375671116122816512 n
ari.83

またスペインでは私服警察を名乗って所持品を検査すると言われ、財布を差し出させられ現金などを抜き取られるという被害もあります。この犯罪の特徴は、警察手帳を見せる時間が一瞬なこと、スペイン語が流暢ではなく英語のみの場合が多いこと、そして財布を提示させることです。本物の私服警官も巡回しているので、見極めが必要です。

スペイン治安:テロについて

18809545 820799948089520 8710675528668938240 n
asahi_photo

近年スペインの治安の中でも心配に思うことは、イスラム国によるテロの脅威ではないでしょうか。実際に過去にスペイン国内でテロの被害にもあっているので、これから旅行に行かれる方は不安になるかと思います。しかし絶対に安全という場所は世界中どこにもなく、こうしたらテロにあわないという方法は残念ながらありません。

治安の面で不安視されるイスラム国によるテロに関して。テロは自分らをアピールするためにも人が多く集まるコンサート会場や観光地などが多いと言われています。旅行に行って観光地に行くなということも難しいかとは思うので、事前に外務省の情報をチェックし、危険な場所や対策方法などの情報を得てから旅行に行くことをおすすめします。

スペインで治安が悪い地域は?

スペインで観光客が被害に遭う9割の地域が、首都マドリッドとバルセロナ、残りの1割が観光客が多いアンダルシアなどの地域となっています。被害に遭いやすい場所は、やはり列車の駅構内や車内、バスターミナル、空港、主な観光スポットとその周辺が多いです。13時から16時のシエスタの時間帯や、夜間などの被害が多いので注意です。

20479178 107103499967994 8966078421805301760 n
masaki1990m

また上記でもお伝えいたしましたが、観光スポットで、スリと置き引き、そして私服警官を名乗るニセ警官被害の情報も出ています。ニセ警官と思われる人に荷物検査をさせられたら、制服を着ている警官の同行を求めてください。私服警官の詐欺だと思い込み応じず、実際は本当の警官だったということで話が大ごとになった例もあるので注意です。

9209c2b5ac8b7a492a6ee66ca5f73006 mスペインの首都・マドリード観光の見所!名所や世界遺産など!治安情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
スペインの首都であるマドリードには、観光スポットが沢山あります。周辺には世界遺産もあります。...

スペインで安全に旅行を楽しむために

11202932 1613239242230105 585179685 n
akko523

海外で過ごす安全の基本は、「不断の警戒・目立たない・行動を予知されない」の三原則と言われています。スペインで安全に楽しく旅行を楽しむためには、上記でもお伝えいたしましたが、鞄は体から離さようにし、自分の視界の中に置いておくこと。また目立たないよう、ブランド品や高価なアクセサリーは身につけないようにしましょう。

20398977 145107809401314 4000503290214219776 n
senkhdak13

スペインでは、早朝や夜間、人通りの少ない道を通らないといけない時には、歩かずにタクシーを使うよう心がけましょう。夜間や早朝などは、より悪質な被害に遭う可能性があります。またスペインでは観光客慣れしているため、観光客にあまり興味はありません。親しげに話しかけてくる人にも容易に信用しないようにしてください。

治安情報をチェックしスペイン旅行を楽しもう!

20393708 1503852103011690 7002642145437810688 n
yoshiko_iwanaga_

いかがでしたか?今回は、旅行前に知っておけば役に立つ、スペインの治安状況、そして安全な旅行のための注意するポイントについてご紹介いたしました。特にマドリッドとバルセロナは治安が良いとは言えず注意が必要ですが、基本的なことを守っていれば、楽しく過ごせます。事前に治安情報をチェックして、旅行を満喫してくださいね。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
neko master

スペイン全都市の人気ランキング

スペイン全都市の新着のまとめ