地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

堂ヶ島天窓洞は絶景!遊歩道や洞窟めぐりの予約など観光お役立ち情報!

今回は静岡県西伊豆にある「堂ヶ島天窓洞」という景勝地が絶景で、観光に役立つ情報をご紹介していきます。天窓洞観光の仕方はいくつかあり、遊歩道や洞窟めぐりなどアクティビティーが楽しめるようになっていました。費用や予約などの方法もご紹介していきます。

自然の神秘!堂ヶ島天窓洞を観光しよう!見出し

今回は堂ヶ島天窓洞を観光しようということで、観光に役立つ情報をご紹介していきます。静岡の西伊豆にある堂ヶ島天窓洞は自然の神秘によって出来上がった美しい洞窟が見られ、そこから見える景色は青色に輝いているようで絶景をを楽しむことができます。そんな天窓洞観光には遊歩道や洞窟めぐりなど見どころたくさんなので、予約など観光に役立つ情報をご紹介していきます。

「天窓洞」は西伊豆にある景勝地!見出し

まず、この「天窓洞」についてのご紹介ですが、この天窓洞がある堂ヶ島という地域は、静岡の西伊豆にある島です。この地域はリアス式海岸という起伏にとんだ地形になっており、数々の景勝地を生み出しています。景勝地と言えば、日本三景の天の橋立だったり、松島だったりと国内に数多くありますが、その中で堂ヶ島は「伊豆の松島」と呼ばれているぐらいです。

海に浮かぶ小さな小島は絵に描いたように美しく、またサンセットと合わせるとさらにその美しさを際立たせます。そんな西伊豆にある景勝地として知られる堂ヶ島天窓洞となっており、観光の際は遊覧船に乗って、その島を巡ったり、そこにできた洞窟めぐりをしたりするのが一般的となっており、全国から人気となっているおすすめ観光地になっています。

何度見ても感動する青い洞窟「天窓洞」見出し

人気の観光スポットである「天窓洞」ですが、見どころはどんなところなのかということです。この天窓洞は堂ヶ島の一部にあり、凝灰岩でできている海蝕洞窟と言われています。海蝕洞窟というのは岩壁が波で浸食されてできる洞窟で、長い年月をかけて、岩肌を削ってできており、中が非常に迫力のある空間となっていることが見どころです。

また、そんな洞窟内は船が入れるほどの大きな洞窟で、所々に穴が空いていたりします。中にある天井に空いている穴からは太陽の光が差し込み、海面を丸く照らしだしたり、薄暗い洞窟内に光が差し込むと海面が青く輝き、非常に神秘的な光景が見どころとなっています。世界的にも有名なアマルフィ―の青の洞窟のような雰囲気を醸し出し、非常におすすめの観光スポットです。

「天窓洞」など洞窟巡りは海と陸から観光!見出し

そんな天窓洞観光ですが、タイトルでもわかるように遊覧船で観光することができます。遊覧船に乗って、この天窓洞の中に入り、海の上から眺めるというのが、一番の主役となる観光方法ですが、陸からも観光してみるのがおすすめです。洞窟めぐりの遊覧船に乗ったら次は遊歩道を歩いて、堂ヶ島など島々を探検することもできるようになっています。

海からは見上げるように洞窟めぐりをしていきますが、今度は遊歩道を歩きながら下に見える洞窟を見るとまた違った雰囲気を感じることができます。天窓洞の洞窟めぐりは様々な方法があり、いろいろな角度から観光することができるのも魅力の一つとなっており、遊覧船での見どころと遊歩道での見どころをご紹介していきたいと思います。

遊覧船で下から「天窓洞」を見てみよう!見出し

まずは定番の遊覧船で下から「天窓洞」を見るということですが、西伊豆にある遊覧船乗り場からスタートします。あまり天気が悪いと出港できないのですが、しっかりと窓のついたクルージング船で優雅に楽しむことができるようになっています。狭い岩の間をくぐり抜けたりしながら、天窓洞へ向かっていき、見どころのあるポイントに向かっていきます。

遊覧船の運行コースは4つ!見出し

以上のような形で堂ヶ島天窓洞などを洞窟めぐりしていくのですが、観光の際の遊覧船の運行コースが4つありますので、それぞれご紹介していきます。手軽に遊覧船で洞窟を観光できるものもあったり、長時間遊覧船でクルージングの時間を優雅に楽しんだりと幅広い運行コースがあったので、観光の目的に分けて使うといいと思います。

洞窟めぐりコース

まず始めは一番手軽に洞窟めぐりを楽しめるコースです。こちらは合計20分と短時間ですが、一番の見どころである「天窓洞」を見るための遊覧船といった形になっています。船の本数も多く、今回ご紹介した写真のところを見れると考えるとこちらが一番おすすめかなと思います。もっとクルージングが楽しみたいという方は以下のコースがおすすめです。

堂ヶ島クルーズコース

お次のコースは洞窟めぐりコースよりも遠くの沖まで出るというコースで、天窓洞の観光も入っています。洞窟めぐりの遊覧船よりもゴージャスな船内が特徴的で、優雅にクルージングを楽しめるコースとなっています。運行時間が25分とあまり変わりませんが、ゆったりと快適に楽しめ、天気がいいと富士山が見えるという盛りだくさんなコースとなっています。

千貫門クルーズコース

お次のコースは上の二つのコースよりも盛りだくさんなコースで、堂ヶ島周辺の景勝地をざっと見て回ることができます。千貫門、赤壁、観音島に加えて、天窓洞と見どころたっぷりのコースとなっています。所要時間は50分と非常に長く、洞窟めぐりが本格的にやりたい!という方におすすめできるコースとなっています。運行時間も多く利用しやすいかなと思います。

ジオサイトクルーズコース

最後のコースは土曜日の12時からしか船が出ていないという事で利用するのが大変かもしれませんが、伊豆半島に詳しいガイドさんが同情するコースです。伊豆半島はもともと海底火山だったりという説明をしてもらいながらクルージングをすることができます。どうしてこんな地形になったのか?詳しく知りたい方はぜひ利用してみてください。

遊歩道を歩いて上から「天窓洞」を見てみよう!見出し

遊覧船で「天窓洞」を海の上から見物したら、今度は陸地から天窓洞を見て回るのがおすすめです。天窓洞の船乗り場周辺からスタートする「堂ヶ島遊歩道」という道が作られており、全長1.5キロほど、約1時間もあれば回ってこれます。綺麗に舗装された道を歩くので、歩きやすく、下から見ていた「天窓洞」とはまた違う景色がみられるのでおすすめです。

見どころとしては、天窓洞に空いている穴から下を通る遊覧船の様子が見られたり、岩べきに近いところから海を眺めることができます。中にはとても景色のいい展望台などもあるので、ぜひ行ってみてください。大体、クルージングと遊歩道を合わせて、2時間ちょっとあれば、すべて見て回れると思うので、手軽な観光スポットだと思います。

遅めに行ってサンセットを見るのもおすすめ!

ちょっとお得な情報ですが、堂ヶ島のサンセットは非常にきれいなのでそちらも見てくるのがおすすめです。天窓洞の青の洞窟には太陽光が大事なので日が照っているときに行くのもいいですが、ちょっと遅めに行ってサンセットを見に行くのもおすすめです。沖に見える島々をコントラストに見る日の入りは見ごたえのある絶景となっています。

伊豆のデートスポットならココ!人気観光プランやおすすめもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
伊豆のデートスポットならココ!人気観光プランやおすすめもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
伊豆は、海や山の景勝地が多くまた温泉街もあちこちに点在していたり、人気の観光スポットも多いのでデートスポットとしておすすめです。ドライブしながら海岸線を走ってもいいですね。そこで伊豆のデートにおすすめな人気の観光プランやおすすめスポットもご紹介していきます。

遊覧船の利用に予約は必要?運行時間を教えて!見出し

お次は遊覧船で堂ヶ島天窓洞を観光するのに予約は必要かどうかです。各運行コースによって変わってきますが、一番手軽な「洞窟めぐりコース」は予約の必要がありません。随時運行という形で10分から15分ごとに船便が出ているので、観光に行ったときの出発時間に従ってください。その他は運行時間が正確に決まっており、事前チケットが取れるか確認するのがおすすめです。

運行情報は公式サイトで確認するのが一番性格ですが、おおざっぱにご紹介させていただくと、堂ヶ島クルーズコースは午前中と午後に一便ずつあります。千貫門クルーズコースは10時頃から1時間ごとに船が出発するようになっています。コチラの2つに関しては、片方がダメなら片方にと言ったように融通が利くので、おすすめです。

最後のジオサイトクルーズコースに関しては毎週土曜日のみの運行なので、先に電話で確認しておくことがおすすめです。また、クルーズ船は季節や、その日の天候に左右されるのであまりにも天気が悪い場合やちょっとどうかなと思うときは運行していない可能性があるので当日の朝などに電話で運行状況を確認して予約するのがおすすめです。

天窓洞の観光にかかる費用は?見出し

最後は堂ヶ島天窓洞の観光にかかる費用に関してです。国の天然記念物だからか結構クルーズ船の料金が安くなっています。洞窟めぐりコースは1200円、堂ヶ島クルーズコースは1700円、千貫門クルーズコースは2300円、ジオサイトクルーズは1900円となっています。意外と手軽に観光できるので、ぜひ皆さんも行ってみてください。

静岡観光は「天窓洞」で決まり!見出し

以上で、堂ヶ島の「天窓洞」のご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか?天窓洞は伊豆の青の洞窟とも言われるぐらいの絶景を楽しめるスポットで、気軽にクルージングを楽しむことができます。プランによって予約の必要は変わってきますが、船から楽しんで、陸から楽しんでと2通りの方法で天窓洞観光を楽しんでみてください!

伊豆諸島旅行での観光おすすめスポットを紹介!人気ホテルや行き方も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
伊豆諸島旅行での観光おすすめスポットを紹介!人気ホテルや行き方も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
伊豆諸島は、東京から気軽にアクセスできる魅力がいっぱいの離島です。9つの有人島について、観光スポットや人気の宿、アクセスの方法などについて調査してみました。こちらの伊豆諸島の記事を読んで、伊豆諸島の島々へ観光旅行の計画を立ててみませんか?
投稿日: 2017年9月13日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote