地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

集品蝦仁飯は台湾グルメの名店!観光時にチェックすべき情報紹介!

台湾旅行の醍醐味といえば、台湾グルメ。中でも台南料理の名物「エビ飯」が美味しいと話題になっています。台南の「集品蝦仁飯」では、絶品のエビ飯を楽しむことができるのだそう。エビ飯が美味しすぎると人気のおすすめの名店「集品蝦仁飯」についてまとめました。

集品蝦仁飯で台南名物「エビ飯」を堪能見出し

日本人の間で注目を浴びている海外旅行先のひとつ、台湾。台湾旅行の醍醐味といえばやっぱり、台湾グルメでしょう。中でも台南料理の名物「エビ飯」が美味しいと話題になっています。特に「集品蝦仁飯」では絶品のエビ飯を楽しむことができるんです。そんなエビ飯で人気を集めている、おすすめの名店「集品蝦仁飯」についてご紹介します。

台湾旅行の醍醐味といえば台湾グルメ見出し

日本から飛行機に乗って4時間ほどで行くことのできる国、台湾。ショッピングにスイーツ、観光スポット巡りに街歩きなど、見所や魅力が満載の台湾ですが、台湾旅行の醍醐味といえばやっぱり、台湾グルメではないでしょうか。各国料理の中でも台湾グルメは美味しいものが多いと評判の料理で、日本人の口によく合うことでも知られています。

せっかく台湾旅行をするのであれば、台湾グルメを欠かすわけにはいきません。ですが、台湾グルメと一言で言ってもさまざまで、日本のように地域によってそれぞれの食文化が発達しているのです。どの地域のグルメも美味しく、それぞれの良さがあるのですが、そんな数ある台湾グルメの中でも特におすすめなものが「台南料理」です。

おすすめの台湾グルメは台南料理見出し

台湾旅行というと、台湾の首都である台北に足を伸ばす人が圧倒的に多いようですが、台南も負けず劣らず魅力的な都市なんです。洗練された大都会というイメージの台北よりも、比較的のんびりとした空気が漂っている台南。台湾の歴史を感じることのできる街並みも素敵で、その街並みはまさに「台湾の京都」といったイメージがぴったりです。

明るく優しい人柄を持つ人々に、ノスタルジックな雰囲気の漂う街並み。そんな台南は実は、台湾グルメの発祥地であると言われているんです。台湾料理とひとくくりにされていることが多いですが、そこには台南料理がたくさん含まれているというわけなんです。食べ歩きの街とも言われている台南で、絶品グルメを楽しんでみてはいかがでしょう。

台南料理の名物グルメ「エビ飯」が絶品見出し

台湾グルメの発祥地であり、食べ歩きの街とも呼ばれている台南の街。グルメの宝庫として知られている台南の街で楽しむことのできる台南料理は数えきれないほど。そんな中で特におすすめしたい人気グルメ、台南料理の名物グルメといえばこちら「エビ飯」です。台南を訪れるのであれば、絶品すぎるエビ飯を食べずに帰ることは出来ません。

台南の名物グルメである「エビ飯(蝦仁飯)」は、小さなお茶碗にエビとネギがトッピングされているという、一見シンプルなどんぶりメニューになります。ごはんには特製のダシが混ぜ込んであり、ほんのり甘じょっぱいしょうゆ味です。たったこれだけのシンプルすぎる料理なのですが、これがやみつきになるほど美味しいと人気を集めています。

エビ飯の名店といえば「集品蝦仁飯」見出し

あまりにも美味しすぎると人気を集めている台南料理の名物「エビ飯」ですが、そんな絶品のエビ飯を楽しむことができるのが「集品蝦仁飯」です。集品蝦仁飯は、同じくエビ飯が美味しいということで話題の「矮仔成蝦仁飯」と共に、台南で一位、二位を争うほどのエビ飯の名店として知られています。地元の人々も通い詰めるほどの美味しさです。

台南料理の名物グルメ、エビ飯の専門店「集品蝦仁飯」は、外観だけ見るとまるで屋台のよう。地元の人々も通い詰めるほどの名店というだけあって、観光客向けのレストランなどにはないローカルでディープな雰囲気が漂っています。集品蝦仁飯の店先にはたくさんの人々、車、バイクなどが溢れており、その光景から人気度を伺うことができます。

矮仔成蝦仁飯は台南名物のエビ飯店!観光するなら絶対食べたい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
矮仔成蝦仁飯は台南名物のエビ飯店!観光するなら絶対食べたい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台南名物のエビ飯は台南小吃と言われる台南でもおすすめのB級グルメです。その中でも特に老舗である「矮仔成蝦仁飯」は地元の人も通う程の人気のお店です。こちらではそんな「矮仔成蝦仁飯」に関するおすすめの情報をご紹介していきます。

「集品蝦仁飯」エビ飯のオーダー方法見出し

せっかくの海外旅行。観光客向けのレストランなどよりも、地元の人々から親しまれているローカルでディープな食堂や屋台に行ってみたいという気持ちが強くなるものです。こちら集品蝦仁飯はまさにその後者にあたるのですが、気になるのはやっぱりオーダー方法ではないでしょうか。もちろん、日本語メニューなんてものは置いてありません。

集品蝦仁飯に入店して席を確保したらまず、テーブルに置いてある注文用紙にオーダーしたいものをチェックしていきましょう。集品蝦仁飯の名物グルメであるエビ飯は「蝦仁飯」と記載されています。とにかくお客さんが多くてオーダーを取りにきてもらえない場合があるので、自分からスタッフさんに声をかけて注文用紙を渡すの方法がベターです。

やみつきになる「集品蝦仁飯」のエビ飯見出し

無事にエビ飯のオーダーを終えたら、あとは提供されるのを待つだけです。提供される集品蝦仁飯のエビ飯は、一般的なエビ飯と同様にお茶碗サイズのかわいらしいボリュームとなっています。台南で一位、二位を争うと言われているエビ飯の名店、集品蝦仁飯の味はというと、とにかくダシがごはんにしっかりと染みていて最後まで美味しいんです。

集品蝦仁飯こだわりの特製ダシがしっかりと染み込んだごはんは、エビ飯ならではの甘じょっぱいしょうゆ味で、味わい深く仕上げられています。ごはんのイメージとしては、まるで牛丼のつゆだくごはんのよう。そんなごはんの上にトッピングされているエビやネギと一緒に食べてみると、さらに旨味が出る上に、味のバランスも良くなります。

「集品蝦仁飯」のエビ飯のおすすめの食べ方見出し

美味しすぎるエビ飯を楽しむことができるということで人気を集めている「集品蝦仁飯」ですが、集品蝦仁飯のエビ飯を楽しむ際にそれをより美味しく食べることができる食べ方があるのでご紹介しておきます。それは「鴨の目玉焼き」をどんぶりにトッピングして一緒に食べるという食べ方です。地元の人々もこのようにして食べているようです。

集品蝦仁飯で提供されるエビ飯は、比較的味が濃いめです。しょっぱい味に慣れていると言われている日本人であっても、人によってはしょっぱすぎると感じることもあるかもしれません。そんなときにはぜひ、鴨の目玉焼きと一緒に楽しんでみてください。目玉焼きがしょっぱさを抑えてまろやかにしてくれて、より美味しく食べることができます。

「集品蝦仁飯」の一品料理もおすすめ見出し

集品蝦仁飯は、台南料理の名物グルメであるエビ飯の名店として知られています。ほぼ100パーセントのお客さんがエビ飯をオーダーするというのですが、先にご紹介したようにエビ飯はお茶碗サイズのかわいらしいボリュームのメニューになります。そのため、ランチやディナーとしてはボリュームがなさすぎると感じる人もいるかもしれません。

ボリュームが少なすぎる、足りないかもしれない、と心配な人は、メインのエビ飯の他にも一品料理もオーダーしてみてはいかがでしょうか。エビ飯をメインとした専門店である集品蝦仁飯ですが、集品蝦仁飯は一品料理も絶品揃いです。特に人気があるのが「蛤仔湯」というスープ。ハマグリのダシに生姜の風味がきいてあっさりとしています。

また「茹青菜」も同じく人気のある一品料理です。茹青菜は茹で野菜のことで、その季節によって野菜が変わります。特にホウレンソウが美味しいと話題になっています。にんにくがしっかりときいていて、止まらなくなるほどの美味しさです。ごはんにトッピングするための「鴨の目玉焼き」もおすすめです。半熟で、黄身が濃厚で美味しいです。

エビ飯の名店「集品蝦仁飯」の店舗情報見出し

それでは最後に、台南で人気を集めているエビ飯の名店「集品蝦仁飯」の基本的な店舗情報についても見ていきましょう。まずは、集品蝦仁飯の営業時間についてです。集品蝦仁飯の営業時間は、8時から21時までとなっています。早朝8時から営業しており、旅行最終日の朝ごはんとして、ばたばた駆け込んでも楽しむことができるのでおすすめです。

また集品蝦仁飯の営業日については、不定休での営業となっています。台湾の祝日などに被っている日であれば、ホームページやガイドさんに事前に確認しておくことをおすすめします。集品蝦仁飯へのアクセス方法についてですが、タクシー移動をおすすめします。最寄駅が台南駅で、台南駅からタクシーに乗って5分から10分ほどで到着します。

台南名物「エビ飯」なら集品蝦仁飯で!見出し

いかがでしたでしょうか。美味しすぎると話題の台南グルメ「エビ飯」を楽しむことができる、おすすめの名店「集品蝦仁飯」についてまとめてご紹介しました。台南グルメの中でも特に美味しいと評判のエビ飯を食べるのならやっぱり、集品蝦仁飯で決まりでしょう。台南を訪れることになった際には、集品蝦仁飯にも立ち寄ってみてください。

投稿日: 2017年11月16日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote