地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

カカアコのウォールアートはSNS映えスポット!ハワイのオシャレストリート

ハワイ州オアフ島のカカアコ地区にある「ウォールアート」は、おしゃれな写真が撮れるとSNSで話題になっているスポットです。今回はカカアコ地区にたくさんあるウォールアートの魅力やアクセスなど、ハワイに行ったらぜひ行きたいウォールアートスポットをご紹介します。

SNS映え!カカアコのウォールアート見出し

ハワイのカカアコ地区にある壁に描かれた「ウォールアート」は、今SNSでも話題で、毎日たくさんの方が写真を撮りに訪れる人気の観光スポットです。世界でも人気になりつつあるウォールアート。今回はハワイのカカアコ地区にあるウォールアートの人気の秘密やアクセス、ツアーや楽しむための注意などをご紹介します。

カカアコのウォールアートの始まり見出し

カカアコ地は少し前まで倉庫街で、観光客が訪れることは少ない街でした。そこにビルや倉庫の壁にウォールアートを描き、地域の活性化を目的に、2011年からPOW!WOW!HAWAII(パウワウ・ハワイ)というウォールアートのイベントが始まりました。それ以来、カカアコ地区でウォールアートを楽しめ、観光客が集まるようになりました。

芸能人も撮影でよく使ってることが広まり、今ではカカアコ地区にたくさんの観光客が写真を撮りに来る人気スポットになり、毎日SNSでもウォールアートがたくさんアップされるようになりました。おしゃれに写真を撮ってみたり、ウェディングドレスで写真を撮ってみたり、様々なシチュエーションで様々なポーズで皆さん楽しんでいます。

カカアコでは毎年2月にあるウォールアートイベント見出し

毎年2月に行われるウォールアートイベント、POW!WOW!HAWAII(パウワウ・ハワイ)のために、また新たなウォールアートが描かれます。このイベントはさまざまな国々からウォールアートのアーティストが集まり、カカアコ地区にある、倉庫の壁やビルなどの建物をキャンバスにして、巨大なウォールアートがたくさん描かれます。

POW!WOW!HAWAII(パウワウ・ハワイ)開催期間中は、アーティストがビルや倉庫の壁にウォールアートを描いているところを見ることができます。このイベントの開催は1週間です。この時期にハワイに行く予定がある方は、ぜひカカアコ地区へ出掛けてみてはいかがですか?描いているところはなかなか見ることができないので貴重です。

毎年変わるカカアコのウォールアート見出し

毎年2月に行われる、POW!WOW!HAWAII(パウワウ・ハワイ)は、一部のアートを残し、新しいアートが上から描かれていきます。そのため、お気に入りのウォールアートがあっても、次に見に行ったときはないということもあります。このイベントは毎年行われるので、毎年違うウォールアートを楽しむことができます。

イベントを境に一部、消されずに残っているウォールアートもありますが、毎年書き換えられるものがほとんどなので、気に入ったものを見つけたら、必ず写真に収めておきましょう。毎年変わるウォールアートは何度行っても飽きなく、いろいろなウォールアートを楽しめるので、毎年必ず見に行くという方もたくさんいます。

とても巨大なウォールアートが多いですが、POW!WOW!HAWAII(パウワウ・ハワイ)に参加するアーティストは、1週間ほどで描き上げます。高い場所や大きい絵は、描いているところを見ているだけでも楽しいです。POW!WOW!HAWAII(パウワウ・ハワイ)開催期間中に少し長く滞在できる方は、絵の進行を見ながらSNSに上げるのも楽しいです。

芸能人の撮影でも使われるカカアコのウォールアート見出し

カカアコ地区のウォールアートは多くの芸能人が訪れ、テレビ撮影やジャケット撮影のスポットとして使用しています。好きな芸能人と、同じ場所で同じポーズで撮影を楽しむ方もたくさんいますので、恥ずかしがらずに、ぜひマネして、撮影してみてはいかがですか?SNS映えすること間違いなしです!

カカアコの街がキャンバス「ウォールアート」見出し

カカアコ地区のウォールアートと言えば、やっぱりこれ!この絵は2013年から消されることなく、ずっと残っていて、この絵を見たことがあるという方も多いと思います。この絵はモーター・ウォルドン・プレイグラウンドという公園のところにある交差点にあります。この周辺には人気のウォールアートが点在しているおすすめスポットです。

カカアコ地区のウォールアートの中でも、最近の定番で人気のモンスターや、レインボーのウォールアートは、SNSでも一番多く目にします。この二つは特に人気で、毎日たくさんの方が写真を撮りに訪れるスポットです。レインボーはロス・ドレス・フォー・レスの近くにある、レイズ・トランスミッション・サービスセンターの外壁にあります。

舌を出したカラフルなモンスターのウォールアートは、モーター・ウォルドン・プレイグラウンドという公園の隣にあるフィッシャーハワイという事務用品店の壁にあります。この二つはカカアコ地区に行ったら押さえておきたい人気のウォールアートです。ただし年に一度のイベントで変わってしまうことがあるので、見かけたら写真に収めてください。

ウォールアートの前で、芸能人と同じようなポーズで写真を撮ったり、かっこ良くポーズを決めてみたり、楽しみ方はみんなそれぞれです。カカアコ地区に行くだけで、おしゃれな美術館に行ったようになれ、またアーティストが描いた絵を前に、思い思いの写真を撮りSNSにアップできるのもウォールアートの魅力です。

ハワイらしい南国風のウォールアートも人気で、SNSでもたびたび登場します。ここはモーター・ウォルドン・プレイグラウンドの近くにあるABCストアポフカイナ通り店からすぐの、ヨガスタジオにあります。ここの前で写真を撮る方もとても多く、リゾート好きの方にはおすすめのフォトスポットです。

この日本らしい絵は、アラ・モアナ・ブールバード沿いのオフィスマックスの横の、自動車販売店ランドローバーの壁に描かれています。とても目を引くブルーの絵は、日本人だけではなく海外の方にも人気のウォールアートです。ハワイにいながら日本を感じられ、どこかほっこりするようなウォールアートです。

ミッキーの手が握手したりハートの形をしている絵は、アラ・モアナ・ブールバード沿いのオフィスマックスという事務用品店の近くにある、自動車販売店の中の壁に描かれています。ここはディズニー好きやウェディングフォトとしても人気です。販売されている車もおしゃれで可愛いものばかりなのでSNS映えします。

とてもリアリティがある綺麗なこの絵は、アラ・モアナ・ブールバード沿いのオフィスマックスという事務用品店の壁にあります。この絵もSNSではよく登場する人気のウォールアートです。全体を撮影してみたり、鳥の部分だけを撮影してみたり、撮影の仕方は様々です。ぜひお気に入りの角度から撮影してみてください。

カカアコ地区は2012年から再開発が進められ、おしゃれなカフェやショップも増えて、観光客にも人気が出てきているスポットです。これから高層コンドミニアムなども増え、これからもっとお店や観光スポットも増えていきそうです。一方で地元のお店などもそのまま残っているので、新しさとモダンを両方楽しむことができます。

そんなカカアコ地区で、人気のウォールアートを見て回り、写真を撮りながら、ショッピングやお茶をも楽しめるのもカカアコ地区の人気の秘密です。ウォールアートはたくさんあるので何時間でも毎年行っても楽しめそうです。ぜひお気に入りの写真の前で、おしゃれに撮影を楽しんでみてください。

カカアコのウォールアート見学で注意すること見出し

カカアコ地区のウォールアート探しは楽しいですが、車もたくさん通る地域なので、ウォールアートに目を取られたり、ウォールアート探しに夢中になるのは危険です。また、撮影時も周りをしっかり確認して、車には十分注意してください。撮影に夢中になりすぎて、荷物の放置も危険ですので、しっかり注意しながら撮影を楽しんでください。

ハワイは日差しが強い上に、カカアコ地区は日陰も少ないです。熱中症予防のために、帽子や日焼け止め、水分補給のための飲み物など、しっかし準備してから行きましょう。カカアコ地区は飲み物などを買えるお店も限られているので、お店を見かけたら購入しておくか、場所をちゃんとチェックしておくと安心して楽しむことができます。

カカアコウォールアート巡りのおすすめの時間帯見出し

撮影は午前中から昼がおすすめです。この地区は建物が多いため、午後になると影になって、せっかくおしゃれスポットで撮った写真も暗くなってしまいます。また、遅い時間に行く方はいないと思いますが、ライトアップなどもされていなく、いくらハワイと言っても危ない可能性があるので、明るいうちに行きましょう。

トロリーでカカアコウォールアートへのアクセス見出し

トロリーでカカアコ地区のウォールアート観光に行く場合は、ワイキキトロリーのレッドラインに乗ると行くことができます。旅行会社のトロリーはワードセンターやダウンタウン方面に乗るとカカアコに行くことができます。トロリーに乗りながらウォールアートを見ることもできるのでぜひチェックしてください。

バスでカカアコウォールアートへのアクセス見出し

ワイキキからザ・バスで行く場合は、13番、19番、20番、42番に乗ると、約15分でカカアコまで行くことができます。13番はカピオラニ・ブールバード・ワードアベニューで下車、それ以外はアラ・モアナ・ブールバード・ワードアベニューで下車がおすすめです。乗るバスによってバス停が違いますので注意してください。

その他にもアラモアナショッピングセンターからは、ワイキキからのバス以外にも、3番、6番、9番、40番、55番、57番を利用して行くことができます。アラモアナショッピングセンターでショッピングを楽しむ前や、ショッピングの後に、カカアコ地区のウォールアートを楽しむプランもおすすめです。

車でカカアコウォールアートへのアクセス見出し

車でカカアコ地区に行く場合は、ワイキキからアラモアナ方面へ車を走らせ、約15分で行くことができます。アラモアナショッピングセンターまで行くことができれば、あとはアラモアナの海沿いを真っ直ぐ空港方面へ車を走らせれば約6分ほどで行くことができます。大通りにもウォールアートが見えてくるのでとても分かりやすいです。

車を駐車する場合、はカカアコ地区に新しくできた複合施設「ソルト」か「カカアコ・ウォーター・フロント・パーク」がおすすめです。ソルトの駐車場は有料ですが、ウォールアートが周りにもたくさんあるので、あまり時間がない方は便利です。カカアコ・ウォーター・フロント・パークは無料の駐車場でそこから5分ほど歩くとウォールアートあります。

カカアコのウォールアート巡りの駐車場は「ソルト」へ!見出し

車を駐車する場合、はカカアコ地区に新しくできた複合施設「ソルト」がおすすめです。ソルトの立体駐車場にもこのようなアートが施されているので、立体駐車場のウォールアートを目指して行きましょう。ソルトの立体駐車場は有料ですが、ソルトでショッピングやお食事をすると1時間無料になり、楽しいショッピングができるのでおすすめです。

ソルトの敷地内や駐車場にも、おしゃれで可愛いウォールアートがたくさんあるので、ぜひ注目してみてください。ソルトでショッピングやお茶や休憩しながらウォールアートを見て回っても、無料の時間を過ぎてしまうと駐車料金が発生します。駐車料金を払うときはクレジットカード決算のみなので、車で行く場合はクレジットカード必須です。

カカアコウォールアートツアーもある!見出し

カカアコ地区へは送迎シャトルバスを使ったツアーや、行きたいところを自由に選べるチャーターツアー、ハレイワやノースショアも回れるツアーや、ダイヤモンドヘッドに登った後にカカアコ地区の散策が一緒になったツアー、ウェディングフォトツアーなど様々なツアーがあります。たくさんのツアーがあるのできっとぴったりなものが見つかります。

ハワイでブライダルフォトの撮影をする方は、ぜひプランに入れてみてはいかがですか?海でリゾート溢れる写真を撮ったり、日本ではなかなか撮ることのできない様なおしゃれな写真を撮ることができ、思い出に残ること間違いなしです!個人で行くのが不安な方や、ウォールアートがある場所に不安がある方はツアーの利用がおすすめです。

カカアコのウォールアート巡りはセグウェイがおすすめ!見出し

ツアーの中でもおすすめなのが、セグウェイを使ったウォールアート散策ツアー。セグウェイの散策ツアーの中には、早朝にワイキキでのピックアップ、セグウェイに乗ってウォールアート巡りと写真撮影、ワイキキまでの送りを含めても、1時間半ほどで、朝食に間に合うほどの時間で楽しむことができ、予定が詰まっている方はおすすめです。

ゆっくり回りたい方向けのツアーもあります。歩いてウォールアート探しは疲れてしまうという方も多いです。セグウェイは自分の体重移動だけいろいろな場所に行くことができるので、とってもおすすめです。ハワイに行ったらセグウェイ体験をしてみたいという方もたくさんいるので、ぜひウォールアート巡りをしてみてはいかがですか?

カカアコのウォールアートで素敵な写真を!見出し

いかがでしたでしょうか?オアフ島の新しい観光スポットになりつつある、カカアコ地区のウォールアートは、ハワイに行く度に訪れても何回でも楽しむことができます。ぜひお気に入りのウォールアートの前で、SNS映えする写真を撮って楽しんでみてください。

投稿日: 2017年12月8日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote