地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

とようけ茶屋の京豆腐料理を味わおう!行列必至店のおすすめメニューは?

京都北野天満宮付近で行列のできる人気店となっている「とようけ茶屋」。元々お豆腐屋さんだった「とようけ屋山本」が作ったお店です。今回は京都の絶品豆腐料理がいただける「とようけ茶屋」のメニューや気になる待ち時間まで、まとめてご紹介致します!

とようけ茶屋のおすすめメニューや待ち時間は?見出し

Photo by jeff~

夏の青紅葉が美しい京都。涼やかな夏の京都を彩る美味しいお料理と言えば豆腐料理です。北野天満宮の参道脇に店を構える「とようけ茶屋」は、明治30年から続く老舗豆腐店が始めたランチ専門のお店です。週末やゴールデンウィークになると大行列ができると評判のとようけ茶屋。今回は、おすすめメニューや待ち時間も含めて、口コミ情報をまとめます。

京都で味わう京料理見出し

Photo by hans-johnson

四季折々の自然と、伝統的な建築物が立ち並ぶ町「京都」。世界中から観光客が訪れる日本屈指の観光地です。そんな京都でいただける彩りも鮮やかな「京料理」は、野菜や乾物、大豆加工食品を中心としたお料理が中心です。京都の料理は、素材の味を活かすことに重点を置いたお料理で、見た目にもこだわりがあります。食を五感で楽しむのが京都流です。

Photo by kagawa_ymg

京料理というと、薄味でだしの効いたお料理というイメージがありますが、これは京都が山に囲まれた土地柄、乾物を多く使用しなければならない地域だったことが影響しており、質素な食材を使ったお料理が多いのも京都の特徴です。古都京都では、古くから大陸文化の影響を受けた大饗料理に始まり、精進料理や懐石料理など、様々な伝統料理が発達してきました。

Photo by Japanexperterna.se

京都で行列のできるお店のランチで、代表的な家庭料理と言えば「おばんざい」ですが、日本料理と基本となるようなシンプルで滋味のある味付けは、京都人でなくとも美味しいと感じる伝統食です。また、京野菜と呼ばれる色鮮やかなにんじんやなすも、京料理に欠かせない食材で、これからの季節は、ししとうが美味しくなります。

京都・嵐山で湯豆腐ならココ!おすすめランチやディナーの名店を厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
京都・嵐山で湯豆腐ならココ!おすすめランチやディナーの名店を厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
京都の観光名所である「嵐山」。嵐山では京都のご当地グルメである湯豆腐を美味しく食べられるお店が数多く点在しています。ランチにはもちろん、ディナーでも安い値段で湯豆腐を楽しむことができ、京都の寒い冬でも湯豆腐を食べれば体の芯まで温まることができます。

京都では豆腐料理が大人気見出し

Photo by shibainu

京料理を代表する食材と言えば「豆腐」をあげる方も多いと思います。なぜ、京都では、豆腐作りが盛んなのか?その一因は京都には、質の良い地下水や湧水があることが挙げられます。豆腐の成分は90%近くが水ででており、また、原材料となる大豆も、京都には有名な産地があります。中国から伝わった豆腐は、精進料理の食材として発展してきました。

Photo by macglee

京都で精進料理のランチを出すお店の中には、かなり待ち時間の長い妙心寺のような人気スポットもあります。世界的な和食ブームの影響もあって、京都の精進料理や豆腐料理は、外国人観光客にも大人気で、行列に並んででも食べたいという方が多いようです。日本人にとって、非常に身近な食材であり、大豆製品は体にも良いので女性にもおすすめです。

京都のとようけ茶屋とは?見出し

Photo by Hyougushi

京都北野天満宮の門前町にある「とようけ茶屋」は、明治30年に初代山本粂造氏が開業した老舗豆腐店「とようけ茶屋山本」が始めたランチのみのお食事処です。ランチメニューを始めたきっかけは、遠方から京都へ来る修学旅行生に「ここで豆腐を食べられますか?」と聞かれることが多かったからだそうで、平成4年からランチメニューを出すようになったそうです。

京都の町家を改装した店舗は、今ではすっかり人気店となり、週末のお昼時には長い行列ができるそう。3階建てとなっている店内には、美しいエッチングガラスがたくさん飾られており、京都ならではの和のテイストの内装も、お店の名物となっています。3階建ての店舗なので、待ち時間はそこまで長くなさそうですが、それでもかなり並ぶお店のようです。

とようけ茶屋の営業時間見出し

続いては豆腐ランチが大人気の京都「とようけ茶屋」の営業時間をご紹介します。とようけ茶屋の営業時間は、ランチタイムが11:00から15:00までとなっています。併設しているお豆腐や大豆製品の販売コーナーは、10:00から18:30までの営業となっています。お豆腐を買う人の行列ができていることもありますので、待ち時間も考慮して早めにおでかけ下さい。

とようけ茶屋の定休日は、木曜日の他、月1回不定休となっています。25日が木曜日と重なった場合は、営業しているようです。とようけ屋山本では、今話題の「豆乳ヨーグルト」が人気で、ランチだけでなく、豆乳ヨーグルトを目当てに、たくさんの方がお買い物に来られるようです。巨大な油揚げもとようけ屋山本の名物商品で、お土産にもおすすめです。

とようけ茶屋へのアクセス方法見出し

営業時間に続いて、とようけ茶屋へのアクセス方法をご紹介します。公共交通期間でアクセスする場合は、京都市バスのご利用が便利です。最寄りのバス停は「北野天満宮前」で、バス停からお店まではすぐそこです。電車でアクセスする場合は、京福電気鉄道北野線にご乗車下さい。最寄り駅は、「北野白梅町駅」でそこから徒歩約6分となっています。

各駅から利用できるバスの路線は、JR京都駅からは、市バス50または101系統、京阪出町柳駅からは、市バス203系統となります。阪急四条烏丸からは、市バス51系統、阪急四条大宮よからは市バス55系統をご利用下さい。とようけ茶屋はランチタイムのみの営業となりますので、待ち時間を少しでも短くしたい場合は、開店前に並べるようにおでかけ下さい。

とようけ茶屋の待ち時間はどれぐらい?見出し

とようけ茶屋は3階建ての店舗に40席以上の座席があるため、待ち時間はそこまで長くないという口コミ情報もあります。しかしながら、平均して30分から1時間近くの待ち時間をみておいた方が良さそうです。閉店前に並ぶと、人気メニューが売り切れとなっている可能性もありますので、食べてみたいメニューがある場合は、開店前の10:30頃には並ぶ方が良いでしょう。

とようけ茶屋のお買い物コーナーの待ち時間は、平均して15分から20分ほどで、ランチを食べるよりは早いようです。いずれにしても、北野天満宮の梅の季節は非常に待ち時間が長くなりますので、行列に並びたくないという方は、梅の季節を避けておでかけすることをおすすめします。平日のランチタイムは比較的空いていてすぐ入店できる場合が多いようです。

とようけ茶屋は、店内がバリアフリーになっていないため、特に3階の席を使う場合は、急な階段を登る必要があります。ご年配の方やベビーカーで小さなお子様連れの方には、あまりおすすめしません。お豆腐や油揚げなどをお土産に買いたい方は、これからの季節は、クーラーボックス持参の方が安心です。待ち時間が長いですので日よけ対策も忘れずに!

とようけ茶屋の人気メニュー1:生湯葉丼見出し

北野天満宮で行列のできる人気店「とようけ茶屋」。ここからは、みんなが食べているおすすめメニューをご紹介していきます。トップバッターは、とようけ茶屋で売り切れ続出の人気メニュー「生湯葉丼」。京都市内で生湯葉をいただけるお店はたくさんありますが、どこも値段が高く1000円以上からです。それに対して、とようけ茶屋の生湯葉丼はお値段860円!

味もさることながら、リーズナブルなお値段も人気の秘密となっています。とろりととろけるような食感が特徴の生湯葉は、汲みたてホヤホヤです。京料理にしては、少し濃い目の味付けの餡がかかっており、食欲をそそる味わいだそう。この生湯葉丼を目当てに行列に並ぶ方も多く、遅めの時間に行くと待ち時間内に生湯葉丼が売りきれてしまうこともあるそうです!

とようけ茶屋の人気メニュー2:とようけ丼見出し

続いてご紹介する京都とようけ茶屋の人気メニューは「とようけ丼」。つるりとした食感が特徴の絹豆腐をあらめに切って、少量の油揚げの甘煮と椎茸を加えたとようけ丼は、お値段800円。一口食べると、だしの風味が口いっぱいに広がるおすすめの丼です。京都市内にありながら、800円というリーズナブルなお値段も人気の秘密となっています。

とようけ丼には、京都の伝統食材である「九条ねぎ」も入っています。甘味が多く、濃い旨味が特徴の九条ネギは、できたてのお豆腐との相性も抜群です。サービスで提供される「トマトソースがけのお豆腐」も人気で、乳製品の入ったお豆腐は、まるでチーズとトマトのサラダを食べているような味わいなのだそうです。コストパフォーマンスの良さが最高です!

とようけ茶屋の人気メニュー3:湯豆腐膳見出し

続いてご紹介するとようけ茶屋の人気メニューは「湯豆腐膳」。とようけ茶屋が食事処としてスタートした時からある人気メニューで、修学旅行の学生さんから女子旅のお客さんまで、たくさんの方が注文しています。お値段は1150円ですが、メインの湯豆腐に加えて、小鉢もついてきますので、ヘルシーでありながらもボリューム満点のメニューとなっています。

甘味のある湯豆腐は、口に入れた瞬間すーっととろけるそうで、やわらかな食感がやみつきになる一品です。数々のメディアにも登場しているとようけ茶屋のもう一つの人気メニューと言えば、「きぬとじ丼」。とようけ屋山本でも名物となっている自慢の油揚げを刻み、卵でとじた「きぬとじ丼」は、ボリューム満点で男性でも満足できる一品のようです。

とようけ茶屋の人気メニュー4:京料理と生湯葉膳見出し

続いてご紹介するとようけ茶屋の人気メニューは「京料理と生湯葉膳」。お値段1780円のこちらのメニューには、練ごまが入った生湯葉の刺身、京野菜と湯葉の天ぷら、京野菜と生湯葉の煮物など6品がついた贅沢なコース。おぼろ豆腐や丹波黒豆を使ったぬばたま湯葉の煮付けなど、京都の食材を思う存分楽しむことのできる内容となっています。

ご飯によく合う「刻みすぐき」と湯葉のお吸い物も付いているので、長い待ち時間でペコペコになったお腹を満たしてくれるボリューム満点のメニューです。さらに、デザートには、つまみ湯葉と麗豆菓がついてきます。冬のデザートは、とようけ饅頭になっているようです。もう少し少なめのメニューが良い方は、写真の奴膳1250円の方がおすすめです。

とようけ茶屋の人気メニュー5:生麸丼見出し

最後にご紹介するとようけ茶屋の人気メニューは「生麸丼」940円。京都を代表する生もの「生麩」を使った珍しい丼は、とようけ茶屋ならではの一品です。濃い目の味付けで甘辛くすき焼きのように煮込んだ生麸丼は、量も多めでお腹いっぱいになると評判です。副菜の冷や奴とすぐきの漬物がちょうどよい箸休めになっており、バランスの良いメニューです。

同じく生麸を使ったメニューとして人気を集めているのが「生麸田楽」。もちもちの食感が特徴の生麸を香ばしく炙り、ごま、柚子、赤出し味噌のタレで味付けしてあります。3本で500円とお値段は少し高めですが、非常に美味しいと評判です。生麸は、とようけ屋山本のお土産コーナーでは販売していないそうですので、ランチで食べて帰ってください。

とようけ茶屋と合わせて行きたい北野天満宮見出し

Photo by Kentaro Ohno

とようけ茶屋へ行くなら、ぜひ一緒に観光していただきたいのが「北野天満宮」。京都市上京区にある北の野天満宮は、福岡の太宰府天満宮と同じく「菅原道真公」を祀った学問の神様で、全国から受験生が訪れる人気の神社です。全国に1万2000社あるという天満宮の総本社となっている北野天満宮は、梅と紅葉の名所としても知られています。

Photo by cyesuta

北野天満宮の創建は非常に古く平安時代中期まで遡ります。天暦元年に、西ノ京に住んでいた多治比文子や比良宮の神主神良種、さらに北野朝日寺の僧であった最珍の協力によって、現在の土地に社殿を建てたのが始まりと言われています。永延元年には、一條天皇の勅令を受け国家平安の祈願を行ったことにより、神号が認められたのがご由緒です。

Photo by wongwt

北野天満宮の広い境内には、国宝に指定されている拝殿、楽の間の他、国の重要文化財に指定されている西回廊、中門、東門など見どころも満載です。例年2月下旬には梅を愛でる「梅花祭」、また、10月には神輿が練り歩く「ずいき祭」が開催され、参道は多くの観光客で賑わいます。学生でなくても、資格試験を受験する大人の方にも人気のある神社です。

とようけ茶屋へ行くのにおすすめのシーズン見出し

Photo by iyoupapa

行列のできるお食事処として、京都で大人気の「とようけ茶屋」。待ち時間を少しでも減らしたい方は、秋の紅葉シーズンと、春の梅のシーズンを避けて来店するのがおすすめです。初春の梅のシーズンと、秋の紅葉シーズンは、北野天満宮の梅花祭やずいき祭の影響で、周辺がかなり混雑します。人が増えるので、とようけ茶屋も当然ながら混み合います。

Photo by *Yaco*

また、修学旅行の多い5月から6月にかけてのシーズンも、北野天満宮に参拝する学生が増えるため、とようけ茶屋の前にもかなりの行列ができるようです。それ以外のシーズンで避けた方がよいのは、毎月25日です。北野天満宮では、毎月25日祭という祈願行事が開催されており、非常に混み合います。これらのシーズンに来店する場合は、行列覚悟でおでかけ下さい。

とようけ茶屋で人気の豆腐メニューを食べよう!見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

北野天満宮から徒歩すぐの好立地にあるお食事処「とようけ茶屋」をご紹介致しました。「嵐にしやがれ」など、バラエティ番組にも何度も登場しているとようけ茶屋。明治創業の歴史あるお豆腐屋さんが作る素朴な京料理は、どれも美味しいと評判です。一押しメニューの生湯葉丼は、売り切れ必至。開店前には行列に並んで、美味しい豆腐料理をご賞味下さい。

投稿日: 2018年7月18日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote