「都農ワイン」の人気銘柄7選!世界でも高評価の宮崎産ワインをご紹介!

「都農ワイン」の人気銘柄7選!世界でも高評価の宮崎産ワインをご紹介!

都農ワインってご存知ですか。都農ワインは、世界でも高く評価されている宮崎県都農町で作られている今大注目のワインです。そこで、このページでは、宮崎産の都農ワインを大特集し、都農ワインの様々な情報と都農ワインでおすすめの選りすぐりの人気銘柄7選をご案内いたします。

記事の目次

  1. 1.世界でも高評価の宮崎産の都農ワインを大特集!
  2. 2.世界でも高評価の宮崎産の都農ワインとは?
  3. 3.都農ワインで有名な宮崎県の都農町とは?
  4. 4.宮崎産の都農ワインが誕生した都農ワイナリーについて
  5. 5.宮崎産の都農ワイナリーのこだわり1:土
  6. 6.宮崎産の都農ワイナリーのこだわり2:品種
  7. 7.宮崎産の都農ワイナリーのこだわり3:栽培方法
  8. 8.宮崎産の都農ワイナリーのこだわり4:醸造方法
  9. 9.都農ワインでおすすめの人気銘柄1:キャンベル アーリー
  10. 10.都農ワインでおすすめの人気銘柄2:Hyakuzi エクストラ セック
  11. 11.都農ワインでおすすめの人気銘柄3:スパークリングワイン マンゴー
  12. 12.都農ワインでおすすめの人気銘柄4:シャルドネ アンウッディド
  13. 13.都農ワインでおすすめの人気銘柄5:スパークリングワイン キウイ
  14. 14.都農ワインでおすすめの人気銘柄6:Sweet Tsuno
  15. 15.都農ワインでおすすめの人気銘柄7:マスカット・ベリーA 2017
  16. 16.都農ワインの人気銘柄で乾杯!

世界でも高評価の宮崎産の都農ワインを大特集!

Photo by www.twin-loc.fr

都農ワインを飲んだことはありますか。世界でも高評価を得ている今大注目の美味しい都農ワインは、宮崎県の都農町にある都農ワイナリーで作られています。そこで、この宮崎産の都農ワインや都農ワイナリーにまつわる色々な諸情報に付け加えて、都農ワインでおすすめの厳選人気銘柄7選を価格情報等も含めて、これからまとめてご紹介いたします。

宮崎県の観光地TOP27!デートにもおすすめスポット・名所丸わかり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
宮崎県の観光地TOP27!デートにもおすすめスポット・名所丸わかり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮崎県の観光地をランキングで27スポットご紹介します。宮崎県は観光地の宝庫で、至る所に魅力的なスポットがあり、選ぶのに迷うくらいですね。この記事ではデートにおすすめのスポットや名所をご案内しますので、参考にしていただければ幸いです。
熊本のワインを堪能!おすすめのワインバーや人気のワイナリーもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
熊本のワインを堪能!おすすめのワインバーや人気のワイナリーもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本にはワインをつくる工場がいくつもあり、熊本も有名なワインの工場を持つ県の一つです。熊本県内にはワインバーもあり、値段も手ごろのため多くワイン愛好家がやってきます。気軽にワインを楽しめるワインバーもあり。ワイン好きにはおすすめの場所でもあります。

世界でも高評価の宮崎産の都農ワインとは?

今注目の美味しい国内産の都農ワインは、宮崎県の都農町にある都農ワイナリーで誕生しました。この都農ワインは、ワインレポートというイギリスで毎年刊行されているワイン専門の本で、世界の最もエキサイティングなワイン100選の中にも選ばれたり、アジアのランキング部門では、最もエキサイティングなワインとして堂々の第1位も獲得しています。

このように世界でも高い評価を得ている美味しい都農ワインは、小さな田舎町である都農町の町おこしの一環として元々は都農ワインの製作が始まったものでした。これまで食用としてのブドウ栽培は行なっていましたが、なんと、ワインの製作は、平成元年にスタートしたこの町おこしの一環としての企画で行われたのが初めてのことだったのです。

Photo by 羽諾

当然、ワイン製作に関しては何の知識もない所からのスタートでしたので、ブラジルでワインの製作経験を積んできた小畑暁氏に委託をし、この小さな田舎町の都農町オリジナルの都農ワインの制作が開始されました。宮崎県の気候や土地の特色を十分に活かして独自の方法でワイン製作が行われる事により、他では味わえない美味しい都農ワインになっています。

都農ワインで有名な宮崎県の都農町とは?

宮崎県の児湯郡にある都農町 (つのちょう)は、宮崎市と延岡市の間に位置している人口13,000人程の小さな田舎町です。県都の宮崎市からは車で北へ上ること1時間ほどで到着します。東側には美しい日向灘が臨め、西側には日本の滝百選にも選ばれている矢研の滝がある尾鈴の山並みが連なっています。

宮崎県都農町は、積雪がなく長い日照時間と温暖な気候の地として過ごしやすいことでも知られていますが、亜熱帯性の気候で湿気が多く、梅雨のシーズンや台風のシーズンには非常に多い降雨量となります。こうした気候的理由からも、宮崎県都農町は、果樹栽培やワイン製作には向かないとこれまで言われ続けてきました。

宮崎県都農町の6割以上が山林地帯で、雨が多い土地でもあるので、これまでの農業の多くは稲作がメインとなってきました。しかし、研究や試験を重ねて新たな農業技術を発掘し独自の栽培方法で果樹の栽培を成功させることができるようになると、梨、巨砲等の果物の名品も生み出し果樹農家も増えていき、現在では宮崎県都農町にはワイナリーまであります。

宮崎産の都農ワインが誕生した都農ワイナリーについて

世界でも高い評価を獲得している宮崎産の都農ワインが誕生した都農ワイナリーは、最寄り駅となるJR都農駅からは車で10分程の場所にあります。山道を登りきった高台の場所にあるこのワイナリーからは、絶景の広大な日向灘を羨望でき、レストラン/カフェやワインやお土産を買える売店も併設しているので、宮崎県の観光スポットとしてもおすすめです。

ワイナリーでは、非常に豊富な種類の美味しい都農ワインが入手でき、試飲コーナーでは、都農ワインの試飲もできるのでお気に入りを見つけて、美味しい都農ワインを宮崎観光のお土産にするのもおすすめです。種類によって価格は様々ですが、お手頃な価格の都農ワインも多いので、赤、白、ロゼを3本セットで購入するのもおすすめです。

住所 宮崎県児湯郡都農町川北14609-20
電話番号 0983-25-5501

宮崎産の都農ワイナリーのこだわり1:土

Photo bythewinemix0

宮崎県都農町は火山灰を含む土地が多く、梅雨のシーズンや台風シーズンに非常に多い雨が降り、湿度も高いことから、土の中にミネラル分が欠乏しているのでワイン製作に最適なブドウ作りに適さないと長年言われ続けてきましたので、都農ワインを製作開始するにあたり、真っ先に土壌改良をスタートしました。

Photo byskeeze

土壌改良には、鶏糞や生ゴミから作られたオーガニックの肥料を使用し、ワイン製作に最適な美味しいブドウが立派に沢山採れるミネラル分が豊富に含まれた土壌を作り出す事ができました。この都農ワインを生みだすブドウ栽培用の独自の土は、ワイン作りには珍しい独自の気候との相乗効果で、他では味わえない独自のワインの美味しさに大きく貢献してます。

宮崎産の都農ワイナリーのこだわり2:品種

都農町が町おこしの一環でワイン製作を始める前からキャンベル・アーリーをはじめ、マスカットベリー A 、デラウェア等の品評会でも高い評価を得る美味しい食用のブドウの栽培をこれまで行ってきました。そして、これまでの栽培技術も生かせるこうした品種に加えて、シャルドネ、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン等の品種にも着手しました。

標高150mの高台に34ヘクタールもの広大な敷地で栽培されている都農ワイナリーのブドウは、どの品種であっても最高級品種であり、ブドウの品種の特性を最大限に引き出した味わいのブドウを生みだしていますので、都農町の土地の力強さや独自の豊潤な香りを感じられながらも、渋みが抑えられた穏やかな余韻を味わえるワインに仕上がり好評を得ています。

宮崎産の都農ワイナリーのこだわり3:栽培方法

Photo byjplenio

都農ワインを作り始めたばかりの頃は、海外の国々で標準となっているブドウ栽培の方法を採用してきましたが、宮崎県の都農町は前述しました様に、梅雨や台風などのシーズンでの異常に多い降雨量や、土地柄、湿度が高いこともあり、これまでワイン用のブドウ栽培にマイナス面とされていたこうした点を利点として活かせる独自の栽培方法へ切り替えました。

Photo by sabamiso

垣根方式は、ワインの名産地が多いヨーロッパ地方では、ワイン用のブドウのスタンダードな栽培方法ですが、湿度が多いこの宮崎県都農町の地では、平棚方式を採用して十分な風通しを確保することも独自の栽培方法の1つで、こうした独自技術で、都農ワイン用のブドウは、味や品質に加えて、収穫高も非常の向上することができています。

宮崎産の都農ワイナリーのこだわり4:醸造方法

都農ワインは、毎年収穫するワイン用のブドウの美味しさを最大限に引き出すワイン製作を心がけていますので、そのブドウにあったワインの製造方法や醸造方法を行います。都農ワイナリーでは、ブドウの旨味が凝縮する日の出前に従業員総出でこのブドウの摘み取り作業を行い、収穫されたブドウはすぐに専用の工場へ運ばれて、ワインの仕込みは開始します。

Photo byleohau

ワインの仕込み作業工程は標準的な方法で行われますが、一般的なワイン製造の作業工程で行われる様な前年のデータを基に作業を行うことは一切せず、その年採れたブドウを見ながらワインの仕込み作業工程の作業方法や作業時間等を変えて、その年採れたブドウに最善な方法を行うのでブドウの旨味を最大限に引き出す美味しいワインを生みだす事ができます。

都農ワインでおすすめの人気銘柄1:キャンベル アーリー

都農ワインの数多い銘柄の中でも高い人気があるキャンベル アーリーは、世界でも様々な賞も受賞し、高い評価も数々得ています。名前のごとくキャンベルアーリーのブドウを使って作られたこの銘柄のワインは、摘みたての豊潤ないちごの香りと口の中に広がるフルーティーな美味しさが特徴のワインを飲むのが初めての女性にも飲みやすいワインの銘柄です。

このキャンベル アーリーの銘柄には様々な種類があり、一番安い価格のものは1556円からありますので、お手頃な価格から色々なキャンベル アーリーを試せるのも嬉しいポイントです。また、このキャンベル アーリーには甘めの味わいが楽しめる通常のキャンベル アーリーに加えて、食事にも合う辛口のキャンベル アーリーもあり、こちらもおすすめです。

都農ワインでおすすめの人気銘柄2:Hyakuzi エクストラ セック

Hyakuzi エクストラ セックは、都農ワインの中でも人気が高いシャルドネのスパークワインです。やや辛口ですがワインを飲みなれない女性でも飲みやすいスパークリングワイン。イタリアンや魚介系の食事との相性も抜群です。価格は3000円ちょっとなので、シャンパンよりもお手頃な価格でシャンパン並みに美味しいスパークリングワインを楽しめます。

グラスに注ぐと透明度の高いライムグリーンが美しいHyakuzi エクストラ セックは、シャルドネ特有の新鮮で爽やかブドウの香りや柑橘系の芳醇な香りもスパークリングワインのバブルが立ち上がるたびに香り立ち、程よい酸味とほのかな甘さでフルーティーな味わいも堪能できるおすすめのスパークリングワインです。

都農ワインでおすすめの人気銘柄3:スパークリングワイン マンゴー

宮崎県といえば高級な完熟マンゴーの産地としても有名ですが、この名産品を使用したスパークリングワイン マンゴーも毎年発売する度にすぐに売り切れる程の大人気の銘柄でおすすめです。宮崎県産の完熟したマンゴーを100%使用しているので甘めのスパークリングワインですが、非常に飲みやすいので宮崎のお土産としても高い人気があります。

Photo by june29

スパークリングワイン マンゴーの価格は2500円程なので、お手頃なプチ贅沢にも最適です。また、このスパークリングワインは、オレンジ等の柑橘系の香りも感じられることから、甘めの味でも口の中はさっぱりするので白身の魚系の天ぷらやムニエルなどのオイリーな魚料理との相性も不思議な程にマッチします。

都農ワインでおすすめの人気銘柄4:シャルドネ アンウッディド

シャルドネのぶどうを使用してステンレスのタンクで低温発酵して作られるシャルドネ アンウッディドは、都農ワインの白ワインの銘柄の中で特に高い人気があるおすすめの銘柄です。価格は2500円程のプチ贅沢プライスですが、価格以上の美味しさからリピーターも続出している人気ぶりです。

シャルドネ アンウッディドは、果実系のフルーティーで甘めの香りを強く感じますが、時間が経つにつれて柑橘系やハーブ系などの爽やかでさっぱりとした香りも感じられるので、全体的にはフルーティーでありながら、さっぱりとして飲みやすいので、ワインを飲み慣れない方でも美味しく楽しめる白ワインになっています。

都農ワインでおすすめの人気銘柄5:スパークリングワイン キウイ

都農ワインの中でも新しい、デビューしたての銘柄の話題のスパークリングワイン キウイは、都農町の新しい名産品としても知られている都農産のキウイを100%使用して製造された今大注目の美味しいスパークリングワインです。価格は1本2500円弱で購入でき、通販でも人気の商品です。

Photo by orangeaurochs

グラスに注ぐとゴールドに輝く美しいレモンイエローが印象的で、はじけるスパークリングの泡と一緒に甘めのフルーティーな香りも漂ってきます。しかし、口の中ではキウイの酸味や甘味に加えて、スパークリングワインの弾けるバブルで爽快感も味わえます。甘めのワインが好きな方に特におすすめで、デザートワイン感覚でも楽しめます。

都農ワインでおすすめの人気銘柄6:Sweet Tsuno

Sweet Tsunoは、都農町で長年作ってきた尾鈴ぶどうを異種交配させて産み出したサニールージュという品種のブドウを使用し完成したワインです。このワインは、都農ワインの中でもデザートワインの銘柄として高い人気をもつおすすめワインなので、特に甘口のワインが好きな方にはおすすめです。

Sweet Tsunoの価格は、1本2752円の化粧箱に入ったお土産にも最適な375ミリリットル入りのものと、通常のワインのボトルサイズに入った750ミリリットル入りの3240円のものと2種類があります。花の蜜のような芳醇な甘い香りとこれに相反するアップル等の甘酸っぱい爽やかな香りも楽しめます。8度程まで冷やしてからいただくのがおすすめです。

都農ワインでおすすめの人気銘柄7:マスカット・ベリーA 2017

マスカット・ベリーA 2017は、ワインの国際品評会でも受賞歴を持つ都農ワインの中でも高い人気がある赤ワインの銘柄です。価格は1500円程とお手頃な価格も嬉しいポイントです。辛口のワインですが、ライトで飲みやすいので、辛口のワインをあまり飲まない方でも美味しく楽しめるのでおすすめです。

都農ワインの人気銘柄で乾杯!

Photo byQuinceMedia

世界でも高評価の宮崎産の都農ワインの大特集はいかがでしたか。都農ワインは手頃な価格から色々な銘柄が豊富にありますので、手軽に試せるのも嬉しいポイントです。宮崎へお越しの際にはもちろんのこと、インターネット通販でも都農ワインを手軽に入手できますので、是非、美味しい都農ワインの人気銘柄で乾杯して、ステキな時間をお過ごし下さい。

TabiNeco
ライター

TabiNeco

旅と猫が大好きです。

関連記事

人気記事ランキング