地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

化女沼レジャーランド!心霊スポットの霊現象は?売却でまさかの見学ツアー中止!

2000年に閉園した化女沼レジャーランド。廃墟となった遊園地として国内外の廃墟好きが集まり、さらには廃遊園地として見学できるツアーが組まれる場所としても人気がありましたが、心霊スポットという噂もあります。そんな化女沼レジャーランドの現在をご紹介します。

海外でも有名な遊園地廃墟!化女沼レジャーランド見出し

2000年以降日本に訪れた廃墟ブーム。有名な廃遊園地、化女沼レジャーランドも海外から訪れる人の多い人気の廃墟でした。他の廃墟は入ることができませんが、見学ツアーも組まれるほどオープンな場所でした。しかし今、ツアーは中止され入ることができなくなりました。日本の有名廃墟、化女沼レジャーランドについてご紹介します。

化女沼レジャーランドの歴史見出し

1979年に開園した「化女沼レジャーランド」は「化女沼保養ランド」の中に作られた施設の一つでした。地元を活気づけようと作られ、来園者は年間20万人から30万人ともいわれる人気テーマパークでした。しかしバブル崩壊後から来園者は少なくなり、2000年には休園状態になってしまいました。

化女沼レジャーランドは維持できなくなりましたが、それでも経営者は化女沼を一大観光地にする意思が強く、遊具や温泉、宿泊施設を売却せず、元レジャーランドのスタッフによって中は定期的に清掃され続けました。遊園地と機能はしていませんでしたが、映画のロケやミュージックビデオの撮影などで人気の場所となりました。

化女沼レジャーランドの写真は廃墟好きの人たちの間で国内外で人気になり、2011年にはテレビにもとりあげられるようになりました。2016年に開催された廃墟ツアーでは多くの人が参加しました。見学できる廃墟遊園地として今後も利用できるようにと企画が上がり、クラウドファンディングで資金を募っていました。

心霊スポット?化女沼レジャーランドの噂見出し

化女沼レジャーランドで女性のすすりなく声が聞こえる、という噂があり、心霊スポットとしてテレビでも取り上げられました。番組では化女沼レジャーランドの地名にもなった化女沼には女性が身投げをしたという逸話や呪われた場所という噂があり、心霊スポットして紹介されていました。

地元の人からは「そんな事実はない」「初めて聞いた。」「心霊現象は起きない。」という声が多く、化女沼レジャーランドのファンからは心霊番組に対して非難が殺到しました。廃墟、遊園地、というホラー映画のセットのような雰囲気に圧倒され、恐怖を感じる人は多い場所ですが、心霊スポットというのは後付けの可能性が高い場所です。

化女沼レジャーランドが心霊スポットだったという話は2016年以降、心霊番組放送後に多く、内容も噂で聞いたというものが多いです。売却中に放送されたこともあり、化女沼グリーンランドのイメージを下げる内容だったと言う人の声も強く、真偽は定かではないです。

化女沼の伝説

昔、化女沼のそばには長者が住んでいて彼のは美しい姫が一人いました。ある日旅の若者が訪れ、恋に落ちたのですが若者は旅立ってしまいました。姫はその後蛇の形をした子供を産みましたが、子供は化女沼の中に消えてしまいました。やがて化女沼からは時折子供の声が聞こえるようになりました。

その後姫も悲しみのあまり沼に身を投げてしまいました。この物語が後々になって心霊スポットとしての噂の元になっているという人もいます。また、水の多い場所には淀みが多いため、心霊スポットになりやすいという話もあるため、化女沼レジャーランドの雰囲気もあり、心霊スポットと呼ばれるようになったのかもしれません。

化女沼レジャーランドの魅力見出し

廃墟というのはそれだけで魅力を感じます。かつて人で賑っていたはずの町や人が暮らしていた家が朽ちて、雑草で包まれている姿には哀愁と非現実的な魅力があります。遊園地ならなおさらそう感じます。化女沼レジャーランドは、大勢の子供たちやその家族が訪れた光景を想像させます。

化女沼レジャーランドに残る思い出

お金を出してでも見学したいと思っている人が多い廃墟遊園地。化女沼レジャーランドはそんな夢をかなえてくれる貴重な場所でした。観覧車やメリーゴーランドは錆びつき動きませんが、子供たちがはしゃいでいた姿を想像させます。かつて遊んだことのある人たちは、アルバムを眺めるような懐かしさがあると言います。

ノスタルジックな雰囲気と自然に囲まれた景観、その中に悠然と佇む観覧車という光景や錆びついたコーヒーカップは最高のロケ地です。見学ツアーでは写真を撮りたい人も多く、映画のセットや写真集の背景として使われるのもうなづけます。一般の方にとって見学ツアーは、まさに絶好の機会でした。

化女沼レジャーランド見学ツアー見出し

化女沼レジャーランド見学ツアーは所有者の後藤氏自ら案内をしてくれることもあり、一人8800円で参加できるため大変人気でした。参加人数は50人ほどで、遊園地だけでなくホテルや化女沼の昔話に出て来るお姫様をモチーフにしたお姫館など、化女沼レジャーランド全体を見て回ることができます。

新しい廃墟の形!化女沼レジャーランド

化女沼レジャーランドの観覧車は有名なアニメの映画でも利用されていて、廃墟ファンだけでなくアニメのファンからも聖地とされています。コスプレOKなツアーもあり、思い思いの写真を撮影して楽しむ人が多く訪れました。閉園後も様々な形で登場していた化女沼レジャーランドは、化女沼レジャーランドを愛する人に支えられていました。

化女沼レジャーランドの現在見出し

2017年に売却が決まり見学ツアーの開催や廃墟遊園地としてのテーマパーク化の企画もなくなりました。施設内には温泉もありますが、売却後はその利用もされる予定はなく、今後は取り壊しになってしまう可能性もあります。他の廃墟と同じように、化女沼レジャーランドも更地になるかもしれません。

ネット上では惜しむ声が多く、また見学したい。という人も多いのですが、売却先ではいまだにそういった予定や企画は聞こえてこず、クラウドファンディングも終了の状態になっています。見学できる廃墟テーマパークとして海外からも人気があっただけにとても残念です。

あちこちにある遊園地廃墟の跡地見出し

化女沼レジャーランドと同じ位有名だった福島の高子沼グリーンランドは現在ソーラパネル設置所になり、九州にあったネイブルランドも帝京大学に譲渡され現在は更地となっています。90年代に作られ廃墟となったテーマパークは今ほとんどが撤去されその名残を見ることができません。

絶叫マシンや80m級の観覧車で有名だった呉ポートピアランドは遊具はロシアや韓国に売却され、現在は呉ポートピアパークと名前を変え、市民公園としてその跡地は多くの人に利用されています。化女沼レジャーランドも今後は別の形で人々に愛される場所になるかもしれません。

急速に消えて行く日本の廃墟見出し

日本のあちこちにある廃墟。歴史的建造物の中には国が管理し、中に入れるところもあります。しかし、化女沼レジャーランドは2000年に閉園した遊園地廃墟という、他に類を見ない中に入ることが許された廃墟でした。廃墟愛好家の間でも、化女沼レジャーランドは奇跡の場所と言われていました。

人のいなくなった建物は不思議な魅力があり、化女沼レジャーランドに限らず、日本各地のあちこちにあった廃墟は多くの人を魅了しました。しかし、窃盗や放火等の事件が起きることもあり、多くの廃墟は解体が進められ、2000年から人気のあった廃墟は急速に姿を消していきました。

正しい廃墟との関わり方見出し

化女沼に観光資源を、という思いから作られて閉園後も人々を魅了し続けた化女沼レジャーランドは、新しいテーマパークの可能性を示していました。現在でも歴史的な廃墟は管理されていますが、テーマパークは売却後すぐに駐車場や今ではソーラパネルに変わってしまい、その名残をみることもできません。

かといって、勝手に入るのは不法侵入ですし、手入れのされていない建物や場所はとても危険です。廃墟の探索というのは冒険のように興味を引きますが、柱が倒れて来る、床が抜ける等命にかかわるような怪我をする恐れがあるのです。化女沼レジャーランドはそんな廃墟をテーマパークやロケ地として再利用の道を示しました。

化女沼レジャーランドはかないませんでしたが、軍艦島や三笠ジオパークなど、海外からも見に行きたい、写真を撮りたいという人の多い廃墟は多く、最近ではコスプレイヤーの人が写真を撮るロケ地として過疎地が新たに注目されています。今後新たな廃墟ツアーが登場するかもしれません。

今後も気になる!化女沼レジャーランド見出し

日本で唯一、見学できる遊園地廃墟として有名になり、テレビでも取り上げられた化女沼レジャーランド。売却された後もその人気は衰えず、見学したいと言う人や今後が気になる人も多い場所です。また何かの折に新しい情報が出てくるかもしれません。廃墟好きには引き続き要チェックなスポットです。

投稿日: 2017年9月2日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote