日本橋たいめいけん特集!定番のオムライスやラーメンなど人気メニューを一挙紹介

2018年12月4日 (2018年12月12日最終更新)

東京の日本橋には洋食の老舗たいめいけんがあります。今回はたいめいけんで一度は食べておきたい自慢のメニューを中心にご案内します。映画で有名になったオムライスやレトロなカツなどおすすめメニューのご紹介や日本橋で話題のたいめいけんのラーメンコーナーなどの情報です。

目次

  1. 日本橋たいめいけんを大特集!
  2. 日本橋たいめいけんは老舗の洋食店!
  3. 日本橋たいめいけんの人気の理由
  4. 日本橋たいめいけんでは1Fと2Fでメニューが違う
  5. 日本橋たいめいけんの名物はオムライス
  6. オムライス以外の日本橋たいめいけんのおすすめ
  7. 日本橋たいめいけんの人気メニュー1:ハヤシライス
  8. 日本橋たいめいけんの人気メニュー2:オムハヤシ
  9. 日本橋たいめいけんの人気メニュー3:昭和の紙カツカレー
  10. 家庭でも日本橋たいめいけんを味わえる
  11. 日本橋たいめいけんの混雑状況は?
  12. 日本橋たいめいけんの店舗情報
  13. 日本橋たいめいけんで絶品料理を味わおう!

日本橋たいめいけんを大特集!

東京のさまざまなグルメの中でしっかりとその一角を占めているのが老舗の洋食店です。日本橋のたいめいけんは昔から変わらない味と現代感覚のメニューを織り交ぜて、東京を代表する洋食店の地位を守り続けています。今回はそんなたいめいけんについて、おすすめのメニューやランチの情報などを大特集します。気になる混雑状況などもご案内します。

日本橋たいめいけんは老舗の洋食店!

たいめいけんの歴史はとても古く、昭和6年に創業された東京を代表する洋食の老舗です。オムライスやグラタン、ハヤシライスなど懐かしい味の洋食は、老若男女問わず誰からも愛されるグルメとして、観光客や常連さんたちでいつも混雑しています。

日本橋の有名な老舗たいめいけんでは初代の教えを守り、レストランの味の洋食と家庭料理をつなぐ存在を目指しています。たいめいけんは、オムライスやコールスローといった人気メニューのレシピを公開している数少ないレストランです。レシピの公開からは洋食を日本に広めようとした初代オーナーの心意気が伝わります。

日本橋はこんなところ

日本橋川にかかる現在の橋は明治44年に建造された第19代目の日本橋です。日本橋は江戸時代には東海道五十三次に描かれ、江戸の時代から商業と文化の中心地として存在を誇ってきました。現在ではこの橋の周辺一帯を日本橋と呼び、高島屋や三越といった百貨店や三井記念美術館などの見どころがあります。日本橋ではグルメもショッピングも楽しめます。

Original日本橋のランチおすすめランキング!安い・おいしい・人気店紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
毎日多くのサラリーマン、OLが行き交う街、日本橋には気軽に入れる安くておいしいランチのお店や...

日本橋たいめいけんの人気の理由

日本橋のたいめいけんはランチとディナーの時間を中心にとても混雑します。人気の理由はいつ訪れても変わらない安定したおいしさとメニューの豊富さです。家族やグループ全員でそれぞれ違うメニューをオーダーして、少しずつ違う料理を楽しむのもおすすめです。

また、たいめいけんには古くから各界の著名人が愛した看板料理のメニューがあります。伊丹十三氏の映画に登場した、ふわとろの食感が特徴のオムライス、食通として知られた作家池波正太郎が認めたカツレツなど、たいめいけんの正統派の洋食は歴史を超えて長きにわたり現在まで引き続き愛されています。

日本橋たいめいけんの現在のオーナーは三代目

クラシカルと言えるほど正統派の洋食が自慢ですが、たいめいけんはどなたでも入りやすい気さくな雰囲気も人気の理由です。現在のオーナーは三代目にあたりテレビや雑誌にもよく登場しています。お店の入り口には三代目オーナーの等身大パネルが置かれて、日本橋たいめいけんの目印となっています。

日本橋たいめいけんでは1Fと2Fでメニューが違う

たいめいけんの店内は1階から3階があります。1階は昭和レトロなカジュアルな雰囲気、2階は古き良き時代の洋食店の雰囲気、3階は重厚な雰囲気となっています。3階には個室席があり3名から100名まで対応可能で忘年会や新年会での利用も人気です。3階はほとんど予約席なので、通常では1階と2階で名物料理を楽しめます。

1Fはカジュアルレストラン

各階で違った雰囲気を楽しめるたいめいけんでは、料理のメニューも1階と2階で異なります。1階は創業から変わらぬ味を食べやすい料金で楽しめるレストランです。定番のオムライスは1700円、街歩きの途中でぶらりとランチに立ち寄るお客さんも大勢います。

そのほか1階のメニューには、ハヤシライスやカレーライス、ロースカツ、ハンバーグステーキなどがあります。どこか懐かしい洋食のメニューの数々です。また1階のレストランでは平日のみ食べられるお得なランチが大人気です。ランチの時間帯には入り口前に長い行列ができて混雑するほどです。

2Fは本格的な洋食レストラン

店内の階段で2階に上ると、白いテーブルクロスが印象的な本格的な洋食店の内装が現れます。たいめいけんの2階は肉料理や魚料理などをコースで楽しめるレストランです。特別な日のディナーにもおすすめの「たいめいけんスペシャルコース」は1万円です。

また2階で有名なのが何種類もの料理を少しずつ楽しめる小皿料理です。小皿料理のメニューはいろいろな味を食べたい方におすすめです。2階レストランでは一の膳と二の膳に〆のラーメンとデザートまでが付いた8千円のコースが大人気です。また3200円ととてもお得な洋風小皿ランチは、土日祝日問わず毎日楽しめる大人気のランチメニューです。

日本橋たいめいけんはメニューが豊富

初めて日本橋たいめいけんに行くとまず驚くのがメニューの多さです。1階のフロアではハヤシライスやカレーライスなどご飯ものだけでメニューは9種類、チキンカツやメンチなど肉料理だけで5種類があります。メニューを前にどれにしようかと迷ってしまうほどです。たいめいけんのメニューはランチとディナーで共通となっています。

日本橋たいめいけんは1階と2階で使い分けがおすすめ

たいめいけんでは気軽にランチやディナーを味わいたい1階とクラシカルな格式を感じる2階で、フロアを使い分けることができます。1階と2階ではメニューの値段も違います。定番人気のオムライスは1階では1700円、2階では2200円となっています。1階では普段着でのカジュアルな食事、2階は少し特別な日の食事に最適です。

たいめいけんの2階ではワインも楽しめる

少しおしゃれして訪れたい2階では月替わりのおすすめ料理やおすすめワインも楽しめます。またワインは洋食の各メニューに合うものを厳選して取りそろえています。なお1階は席の予約はできませんが、2階は予約が可能です。混雑を避けて2階で席の予約をすることもできます。

日本橋たいめいけんの名物はオムライス

日本橋たいめいけんの最も代表的なメニューと言えば、オムライスのシリーズです。オムライスの原料には厳選した玉子だけを使っています。一人前で使用する個数は3個または4個、プロの料理人の技でふわりとした食感のオムレツを毎日次々と焼き上げています。ここではたいめいけんのオムライスへのこだわりをご紹介します。

トロトロの卵のタンポポオムライス

ここからはたいめいけんの人気料理の中から特におすすめのメニューをご紹介します。まず一押しはタンポポオムライスです。

たいめいけんのオムレツは外側だけを固めてふんわりと焼き上げています。オムレツに加える塩は控えめにしていて、バターとクリームを使ったコクが玉子のほんのりとした甘さとよく合います。シンプルなプレーンオムレツこそ家庭で再現するのは難しいものです。ふんわりとろとろのオムレツはまさにプロの技を実感できます。

オムライスは映画に出てきたことでも有名

伊丹十三風と名付けられたタンポポオムライスは映画「タンポポ」に登場した絶品のメニューです。チキンライスの上のオムレツを食べる直前に切り開いて、とろりとした玉子の食感を楽しみます。1階でのお値段は1950円です。

タンポポオムライスは日本橋観光での食事にたいめいけんを訪れる観光客から圧倒的な人気のメニューです。映画「タンポポ」をきっかけにこのオムライスを目当てに遠方から来店するお客さんも大勢います。

タンポポオムライスのケチャップは別添えで

オムレツの下のチキンライスはプリッとした食感の鶏肉とマッシュルームにグリンピースを加えた基本の具材です。ケチャップでシンプルに味付けされた懐かしい味わいとなっています。タンポポオムライスのケチャップは別添えで提供されるので、お好みの量をかけていただきます。2階では「タンポポオムライス伊丹十三風」として2800円で提供しています。

オムライス以外の日本橋たいめいけんのおすすめ

タンポポオムライスを食べようと訪れるお客さんが多い日本橋たいめいけんですが、オムライス以外にも自慢の名物料理がいくつもあります。何度も訪れて全て食べてみたくなる絶品のメニューばかりです。ここでは洋食店では珍しいラーメン、ランチ、リーズナブルなサイドメニューについてご紹介します。

洋食レストランでは意外な「ラーメン」

日本橋たいめいけんのメニューにはラーメンもあり、たいへん話題となっています。一番人気は定番のシンプルなラーメンです。澄んだスープに細麺の組み合わせが上品な洋食店らしい一杯と言えます。ラーメンは750円、入り口横のラーメンコーナーで立ち食いでいただきます。

ラーメンコーナーのメニューには味噌ラーメン、バターラーメンなどがあります。特におすすめは赤いチャーシューが際立つチャーシューメンです。煮玉子やネギなどは追加のトッピングが可能です。

懐かしい味の「ラーメン」

定番のラーメンは細いストレート麺がまろやかな醤油味のスープによく合います。麺はやや柔らかめでどこか懐かしい時代のラーメンの趣きです。

たいめんけんのラーメンコーナーでは臨場感あふれる厨房を間近に見ることができます。ラーメンのスープを煮込む大きな寸胴の向こう側では、看板メニューのオムライスのチキンライスを炒める様子やメンチカツを揚げている様子が覗けます。

平日のみ食べれる「ランチメニュー」

たいめいけん自慢の絶品の洋食をリーズナブルに味わえるのがランチメニューです。1階フロアのランチではカニクリームコロッケなどを980円で提供しています。ランチタイムは平日の午前11時から午後2時までです。たいめいけんが最も混雑するのは平日休日を問わずランチタイムですが、平日のお得なランチのためには並ぶ価値は大いにあると言えます。

看板メニューであるオムライスは平日のランチメニューには登場しませんが、たいめいけんのランチではセットではない通常のメニューもオーダー可能です。オムライスやタンポポオムライスは通常メニューとして、ランチタイムに楽しむことができます。

2階のおすすめランチは洋風小皿ランチ

2階のフロアのランチでは洋風小皿ランチがあります。お値段は日替わりの9種類の料理で3200円、午前11時から午後2時までオーダー可能です。1階の入り口前でたいめいけんのランチに並ぶお客さんの行列は日本橋の街でおなじみの光景となっています。

名物のサイドメニュー「ボルシチ」と「コールスロー」

日本橋たいめいけんでは昔から変わらない2つの料理をサイドメニューとして提供しています。50円というとてもお得なお値段で楽しめるとあって、ほとんどのお客さんがオーダーする人気のサイドメニューです。このサイドメニューはランチまたはディナーのどちらにも付けることができます。

50円の「ボルシチ」

ボルシチはビーツという野菜を使ったウクライナ生まれのスープです。たいめいけんでは野菜の滋養をたっぷり含んだ温かなボルシチをサイドメニューとして50円で提供しています。

なお、50円の名物料理であるコールスローとボルシチは他のメニューのサイドオーダーとしてのみ1階で注文が可能です。コールスローとボルシチは混雑する時でもすぐに提供されるスピーディーなメニューです。

50円の「コールスロー」

日本橋のたいめいけんでは名物料理として昔と変わらない味を昔と同じお値段で提供しています。ヘルシーなコールスローは50円です。たいめいけんのコールスローはキャベツとにんじん、玉ねぎを塩や酢などで和えたシンプルで奥深い味のサラダです。定番のオムライスにコールスローを添えれば、栄養のバランスがよりアップします。

なお、たいめいけんのコールスローは家庭用のレシピが公開されています。ご自宅で老舗の味を簡単に再現できると好評です。

日本橋たいめいけんの人気メニュー1:ハヤシライス

たいめいけん自慢のデミグラスソースをとことん味わうなら、こちらのハヤシライスがおすすめです。牛肉をふんだんに使った贅沢なコクがおいしい一皿です。ハヤシライスは1階では1980円、2階では2500円で提供しています。

たいめいけんのデミグラスソースは専用の厨房で約5日間をかけてじっくりと煮込んでいます。野菜の甘さがじんわりと伝わる正統派のデミグラスソースです。

ボリュームのあるハヤシライス

ハヤシライスは甘さとコクにほんのりとしたトマトの酸味が加わった絶品のメニューです。子どもの頃から慣れ親しんだ味として必ずオーダーする常連さんも多くいるほどです。具材が多くボリュームがあることも人気の理由です。口コミでは、レトロな雰囲気の店内によく似合う昭和の洋食といった感じでおいしいという声も出ています。

日本橋たいめいけんの人気メニュー2:オムハヤシ

オムライスとハヤシライスの両方を味わえるのがオムハヤシです。オムハヤシは1階フロアで楽しめるメニューです。とろとろのオムレツの食感はそのままに、自慢のデミグラスソースを使ったハヤシソースをたっぷりとかけたボリューム感のある料理となっています。オムハヤシのお値段は1階1950円、2階3100円です。

オムライスとハヤシライスの良いとこどり

ハヤシソースの具材は牛肉、玉ねぎ、マッシュルームといった定番ぞろいです。オムライスとハヤシライスの良いとこどりのメニュー、オムハヤシは既にたいめいけんを代表する名物料理の一つとなっています。

オムハヤシのハヤシソースは別添えで提供されます。ワインの味が効いた本格派のハヤシソースはほんのりと甘みのあるオムレツと絶妙の組み合わせです。口コミでは、定番のオムライスが大人の味に変化するという声もあるほどです。

具材の牛肉はとろりとするまで煮込まれていて、口の中で優しくとろけます。またオムハヤシのチキンライスにはバターがしっかりと効いています。バターのコクがハヤシソースのコクと相まって、とても満足感のあるメニューです。たいめいけんの自慢の味をどちらにしようか迷った時は、ぜひおすすめしたい欲張りな一皿です。

日本橋たいめいけんの人気メニュー3:昭和の紙カツカレー

ボリューム満点のカツカレーはお腹いっぱい食べたい時の人気メニューです。日本橋たいめいけんでは薄切りのトンカツを紙カツと呼び、カツカレーとしてのメニューで楽しめます。紙のように薄いサクサクのトンカツは昭和6年の創業当時からのオリジナルのメニューです。

丁寧に筋切りされた豚肉はひと口噛むとほろりととろけるようなおいしさです。たいめいけんの1階で「昭和の紙カツカレー」の名称でお値段1280円で提供しています。

紙カツは昭和の復刻版メニュー

香ばしい衣と厳選された豚肉の紙カツは昭和の頃の人気メニューの復刻版です。紙カツはフライパンで揚げ焼きしています。薄切りですが結構な大きさがあるため見た目よりも満足感があります。辛さが控えめで優しく懐かしい味わいのカレーによく合います。昭和の紙カツカレーは大盛りもあり、お値段は1680円です。

家庭でも日本橋たいめいけんを味わえる

日本橋たいめいけんで楽しめるプロのシェフによる洋食は家庭でも味わうことができます。本当はたいめいけんだけの秘伝になりそうな看板料理のレシピですが、日本橋たいめいけんではどなたでも簡単に作れるようにアレンジしてレシピを惜しみなく公開しています。日本中の皆さんの食生活に役立ちたいという気持ちが込められています。

公式HPに人気レシピの作り方が載っている

日本橋たいめいけんの初代オーナーシェフ茂出木心護氏は、本物の洋食の味を家庭料理として伝えたいと願っていました。その気持ちを引き継ぎ、現在のたいめいけんでは看板料理4種類のメニューを公式ホームページで公開しています。オムライス、コールスロー、ポテトコロッケ、グラタンと家族そろって楽しめる大人気の洋食のレシピです。

家庭でも本格的なたいめいけんの味を作れる!

また、現在のたいめいけんの三代目オーナー茂出木シェフは家庭で作れる洋食のレシピをテレビや本などでいくつも紹介しています。最近ではスパゲッティナポリタンのたいめいけんオリジナルのレシピがテレビで紹介されて、一気に注目を集めるようになりました。

日本橋たいめいけんの混雑状況は?

たいめいけんは日本橋のビジネスマンや家族連れ、観光客といった大勢のお客さんで混雑します。ランチタイムの混雑がピークとなる時間帯は入店までに一時間近く待つこともあります。混雑を避けるためには、ピークの時を外して開店前の到着がおすすめです。

日本橋というビジネスマンの多い土地柄からたいめいけんは平日も混雑します。11時の開店のタイミングで約10組ほどのお客さんが入店する混雑状況です。混雑を避けるには開店の20分前には到着するのがおすすめです。11時30分頃にはすでに満席となり混雑のピークを迎えます。

日本橋たいめいけんの店舗情報

日本橋たいめいけんは日本橋周辺の観光と合わせて訪れるお客さんが多いのが特徴です。また日本橋たいめいけんは1階と2階で営業時間と定休日が異なります。詳細な営業時間を知ったうえで来店すれば、混雑のピークを上手に避けることが可能です。ここでは営業時間とアクセス方法をご案内します。

営業時間

日本橋たいめいけんの営業時間は1階と2階で異なります。1階のカジュアルな洋食店は平日と土曜日が午前11時から午後9時まで、日曜祝日が午前11時から午後8時30分までです。ラストオーダーは閉店30分前となっています。混雑を避けるには午前10時40分頃の到着がおすすめです。

2階の洋食レストランは曜日を問わずランチが午前11時から午後3時まで、ディナーが午後5時から9時までです。2階のラストオーダーは閉店1時間前となっています。定休日は1階が年始のみ、2階は日曜定休です。2階のみ日曜が定休日なので注意が必要です。

アクセス方法

たいめいけんへのアクセスは地下鉄の日本橋駅からが簡単です。日本橋駅のC2C5D4出口から徒歩1分で到着します。なお日本橋駅には都営浅草線と東京メトロ東西線銀座線が通っています。

また、たいめいけんまでは東京駅から歩くこともできます。所要時間は約15分、歴史と新しさが混ざり合う街並みを眺めながら、たいめいけんまで日本橋の街歩きを楽しむのもおすすめです。東京駅での出口は八重洲北口または日本橋口が最寄りです。

自動車は一方通行に注意

日本橋たいめいけんは東京駅からも近いので電車やバスでのアクセスがおすすめです。もしマイカーでアクセスしたい場合には周辺のコインパーキングを利用することになります。お店の周辺は一方通行が多く、車が混雑するので注意が必要です。

住所 東京都中央区日本橋1丁目12-10
電話番号 03-3271-2465

Original日本橋エリアのおすすめ駐車場23選!土日が安い場所や混雑しにくい穴場を厳選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
このページでは、日本橋周辺での土日でもお得な料金の駐車場探しの際にも役立つように、条件が合え...

日本橋たいめいけんで絶品料理を味わおう!

日本橋の洋食の老舗たいめいけんについてご案内してきました。たいめいけんは日本橋に限らず東京を代表する人気店です。古くから食通の有名人を唸らせてきた絶品の料理と、定番のオムライスやハヤシライスのほかカツやスパゲッティなど豊富なメニューも魅力です。皆さんもぜひ日本橋たいめいけんで至福のひと時をお過ごしください!

関連記事

Original
この記事のライター
Fluxus2

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

東京駅・日本橋・大手町の新着のまとめ