地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

海洋食堂は豆腐料理が自慢の沖縄の人気店!おすすめメニューや営業時間は?

沖縄の豆腐料理が自慢の人気店「海洋食堂」は、もともとは豆腐屋だったのです。しかし、沖縄の豆腐料理を多くの人に食べてもらいたいと言う思いから「豆腐料理店」に転向したと言います。海洋食堂では沖縄の豆腐料理が美味しく食べられます。海洋食堂のメニュー等紹介します。

沖縄にある海洋食堂ってどんなお店?見出し

Photo by Akamera Photo

豆腐の消費量全国一の沖縄で、美味しい豆腐料理を食べさせてくれるお店が沖縄南部豊見城市にあります。そのお店は「海洋食堂」といいます。

沖縄の海洋食堂は、味が濃くて水分が少なくて、低カロリー高タンパクという栄養価の高い島豆腐を、多くの人に食べてほしいと豆腐屋から転向した食堂です。そんな海洋食堂のおすすめメニューなど紹介します。

もともとは豆腐屋さん

Photo by yomayoma

沖縄の海洋食堂は、創業40年を超える老舗の豆腐料理専門の食堂です。しかし、その歴史には「豆腐屋」だったという前歴もあります。

島豆腐の美味しさと健康食材としての素材性に注目して、たくさんの人に沖縄の豆腐料理を食べてもらおうと、もともと豆腐屋だったものを食堂に転向したのです。自家製のその日の分の豆腐を沖縄豆腐料理にして、食べさせてくれる元豆腐屋の海洋食堂です。

沖縄の豆腐とは

Photo by ketou-daisuki

沖縄の海洋食堂で食べられる沖縄豆腐料理の「豆腐」は、一般的に知られているいる水気の多い豆腐とはいささか趣が違い「水気のない硬い豆腐」というイメージがある沖縄豆腐です。

もともと養豚が盛んだった沖縄で、豚の飼料として「おから」をつくることから豆腐作りが始まり、今の様な「水気のない硬い」イメージの沖縄豆腐ができたと言われています。

秘伝の出汁

Photo by ivva

沖縄の海洋食堂の豆腐料理は、豆腐の旨味を引き出す「出汁」に秘密があります。創業以来40年超える期間つくり続けてきた秘伝の出汁は、美味しいの一言につきます。

海洋食堂秘伝の出汁は、毎日6時間以上かけてトコトコ煮込んだもので、海洋食堂独特の旨味が凝縮されています。まさに「秘伝の出汁」そのものという感じです。

女将さんしかレシピを知らない

Photo by calon

沖縄の海洋食堂の豆腐料理に欠かせない出汁は「秘伝中の秘伝」とされ、そのレシピは女将さんしか知らないと言われています。

海洋食堂の出汁のベースは「豚骨とカツオ」で、それ以上のことはただじっくり6時間以上煮込んでいるということだけで、秘伝とされている部分は女将さんしか知らない奥義があるということです。

地元の方から観光客までに愛される

Photo by Hyougushi

沖縄の海洋食堂の豆腐料理は、地元に馴染んだ豆腐料理として親しまれています。秘伝の出汁が十分に染み込んだ海洋食堂の沖縄豆腐料理の美味しさは、地元の多くの人に広まりました。

更に、沖縄の海洋食堂の豆腐料理の美味しさは観光客の間にまで広がり、地元の人から観光客にまで愛されるようになり、海洋食堂自慢の沖縄豆腐料理メニューができたのです。

午前中で豆腐が売り切れることも

Photo by Sekikos

沖縄の海洋食堂の豆腐料理の素は、その日の豆腐料理の分をその日の朝早くにつくられる自家製の沖縄豆腐です。ご主人がこしらえて、女将が調理するというオリジナルの沖縄料理です。

海洋食堂の豆腐料理には、その日の分という限定があります。そんなこともあり、1日の営業時間内で売り切れてしまうことがあります。とりわけ、沖縄のオンシーズン或いは繁忙期には「午前中」でその日の分の沖縄豆腐が売り切れていまうこともあります。

沖縄にある海洋食堂が人気の理由見出し

Photo by Akamera Photo

沖縄の海洋食堂が、そこまで人気があると言うのには様々な背景があります。海洋食堂そもそもが、豆腐を製造して販売していたという「豆腐屋さん」だったということです。

そんな沖縄豆腐を、今でも手づくりで食材にしているということや、秘伝の出汁で豆腐の美味しさを引き立てていることや、更には海洋食堂の「おばあ」の仕草など人気の理由は数多くあります。

とにかく豆腐と出汁が絶品

Photo by ketou-daisuki

沖縄の海洋食堂では、もともとが豆腐屋さんということで豆腐作りのノウハウは持ち合わせていて、どこにも劣らない絶品の豆腐が出来上がります。

そして女将さん秘伝の「出汁」は濃厚で旨みたっぷりで、出汁に絡むご主人手づくりの沖縄豆腐とのバランスの良い美味しさは絶品で、「豆腐と出汁」の最高の組み合わせがそこにあります。

CAさんにも人気!

Photo by Hyougushi

沖縄の海洋食堂の沖縄豆腐料理は、メニュー・ボリュームともに豊富で多くの人に美味しく食べられています。更にリーズナブルで低カロリーの沖縄豆腐料理を目的に多くの人が食べに立ち寄るほどです。

そして、那覇空港から車で15分位と近い距離感のこともありCAさんもわざわざ、手づくり豆腐と秘伝の出汁でこしらえた海洋食堂の豆腐料理を食べにくるなど、CAさんにも人気の海洋食堂です。

ボリュームが多く値段も安い

Photo by jetalone

沖縄の海洋食堂の豆腐料理のメニューが豊富で、しかもリーズナブルに食べられると評判です。注文して出てくるメニューの一つ一つに量感があり、ボリューム満点の豆腐料理です。

海洋食堂のメニューは、安い値段で腹一杯に食べられる沖縄料理でいっぱいです。それも、手づくりの出来たての沖縄豆腐が食べられる海洋食堂は、ボリュームがあって安い値段の沖縄豆腐料理が楽しめる場所です。

元気なおばあが店を切り盛り

Photo by G4GTi

沖縄の海洋食堂の豆腐料理の美味しさは、手づくりや秘伝などと海洋食堂でなければできない仕込みの技があるのですが、お客様に注文しやすく、その場を楽しませてくれる名物があります。

それは、お店を取り仕切る「おばあ」の存在です。確かに豆腐を作る裏方はご主人の役割ですが、お店の接客などは、もっぱら「おばあ」の独壇場なんです。それくらい海洋食堂では「おばあ」が切り盛りしている様が見えます。

おばあのプチ情報

Photo by gcworld

沖縄の海洋食堂の「おばあ」の元気いっぱいの接客は、はじめての人には戸惑うことがあります。「元気いっぱい」で「せっかち」で「マイペース」なんです。

その昔「せっかち婆さん」という漫画やTVドラマがありましたが、その勢いそのまんまの「おばあ」が海洋食堂の切り盛りをしています。

Photo by Yuya Tamai

お客様を案内して席につくかつかないうちに「何を食べるかね~。」と注文を聞いてくるのは普通です。そんなときは、無理して注文しなくても「まだです。」といえば良いのです。

しかし、席から離れた場所にいる「おばあ」に声をかけても、無視しているのではないのですがマイペースなのです。更には、座敷席への配膳は「おばあ」の手が届くところまで。というように海洋食堂では「おばあ」の名物接客がお客様を楽しませてくれます。

人気の豆腐料理は営業時間に注意

Photo by Richard, enjoy my life!

沖縄の海洋食堂で美味しい豆腐料理をたらふく食べるには、営業時間に注意することをおすすめします。人気の豆腐料理は、営業時間内であってもその日の食材がなくなると売り切れになります。

海洋食堂には、豆腐料理以外にも美味しいメニューはありますから心配はないのですが、こと豆腐料理に関しては営業時間内に終了ということがありますから、営業時間の早いうちに行くことがおすすめです。

沖縄の食堂おすすめランキングTOP7!人気の大盛りメニューもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄の食堂おすすめランキングTOP7!人気の大盛りメニューもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄のソウルフードやローカル料理が集まった食堂は、まさにうちなーパラダイス!これが日常のアンマー味かと思うだけで、食欲も倍増なのです。しかし、侮るなかれ。沖縄の食堂は、なんといってもコスパと盛りがいいんです。沖縄に行ったらぜひ寄りたい食堂をご紹介します!

沖縄にある海洋食堂の人気メニュー~豆腐料理~見出し

Photo by m-takagi

沖縄の海洋食堂の豆腐料理が人気です。自家製の沖縄豆腐と秘伝の出汁そして名物おばあの接客や営業時間内でもメニュー終了など、何かと話題の多い海洋食堂です。

そんな中、海洋食堂のおすすめ人気メニューが豆腐料理です。おすすめメニューの「ゆしどうふ」「豆腐チャンプルー」「豆腐ンプサー」や「ゆしどうふそば」など単品メニューが「500円から700円」という値段で食べられます。

出汁まで全部飲み干す『ゆしどうふ』

Photo by sqm

沖縄の海洋食堂おすすめメニュー「ゆしどうふ」です。かつお風味のしっかりした出汁に、どっさりと盛られたゆしどうふには、柔らかく煮込まれた豚肉と半熟卵が入っています。

ゆしどうふの食べ方は様々で、そのまま出汁と豚肉と半熟卵で食べても良いし、しょう油をかけても良いし、汁につけても良しと言うようです。スルスルとした食感は、出汁まで全部食べてしまうほど美味しい「ゆしどうふ(500円)」おすすめです。

ゆしどうふとは?

Photo by Nao Iizuka

沖縄で「ジーマーミ豆腐」「島豆腐」や「ゆし豆腐」というように、一概に沖縄豆腐と言っても大きく分けてこの3種類があります。そんな中でジーマーミ豆腐は「落花生」を原材料に作ります。そして、島豆腐とゆし豆腐は「大豆」が原材料です。

同じ大豆が原材料の「島豆腐」と「ゆし豆腐」の違いは、にがりを入れて固めた状態が島豆腐で「固まる前のふわふわした状態」のもので、温かい状態で販売されたり、食べられるという豆腐が沖縄の「ゆし豆腐」なんです。

豆腐がそばに絡んでおいしい『ゆしどうふそば』

Photo by imgdive

沖縄の海洋食堂のおすすめメニュー「ゆしどうふそば」です。とろとろのゆし豆腐を秘伝の出汁をかけたストレートの細麺の上に乗せたゆしどうふそばです。

味わいのある秘伝の出汁に絡むそばを、ゆしどうふと一緒に食べる風味や、そばとゆし豆腐と別々に食べる風味が楽しめるボリュームある「ゆしどうふそば(700円)」おすすめです。

ご飯がすすむ~!『豆腐ンブサー』

Photo by bryan...

沖縄の海洋食堂おすすめメニュー「豆腐ンブサー」です。そもそも「ンブサー」とは、野菜を出汁で煮込んだ料理を言いいますが、海洋食堂では秘伝の出汁で煮込んで豚肉が豆腐の上に乗せられています。

出汁がよく染み込んでいてご飯と食べると一層の食欲をそそられます。2丁分はあろうかと思えるようなボリューム感は、出汁の甘さ加減も程よくてご飯がすすむ「豆腐ンブサー(700円)」おすすめです。

沖縄の豆腐をご紹介!郷土料理のジーマーミ豆腐もおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄の豆腐をご紹介!郷土料理のジーマーミ豆腐もおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄には隠れた名品として豆腐があります。今回はそんな豆腐の種類をご紹介していくとともに、その中でもおすすめのジーマーミ豆腐についてご紹介していきます。沖縄の郷土料理であるジーマーミ豆腐はどんなものなのか知りたい方はぜひご覧ください!

沖縄にある海洋食堂のメニュー~豆腐料理以外~見出し

Photo by Hyougushi

沖縄の海洋食堂には豆腐料理以外にも美味しいおすすめメニューがあります。豆腐料理のリーズナブルでボリュームのあるメニューは海洋食堂のセールスポイントです。

そんな海洋食堂には、豆腐料理以外でも美味しいメニューはたくさんあります。「チャンポン」「てびちそば」「ポーク玉子焼き」などおすすめです。

具だくさんで満足!『チャンポン』

Photo by Richard, enjoy my life!

沖縄の海洋食堂の豆腐料理以外のおすすめメニュー「チャンポン」です。具沢山で海洋食堂のボリューム感いっぱいのチャンポンです。

海洋食堂のチャンポンは、炒めた野菜とご飯にキレイに玉子の生地が具の上にかぶさるようで、見た目美しいメニューで食欲をそそられる「チャンポン(700円)」おすすめです。

コラーゲンたっぷり『てびちそば』

Photo by shinya

沖縄の海洋食堂で豆腐以外のおすすめメニュー「てびちそば」です。沖縄では、豚を食材にしたメニューが豊富で、その種類の中の「豚足」がてびちと言われています。

コラーゲンたっぷりのてびち(豚足)が、麺の上に思いっきり乗せられていて、柔らかい舌触りと麺の絡み具合が全部食べきれるのかなと思うほどボリューム感がある「てびちそば(700円)」おすすめです。

沖縄といえば『ポーク玉子焼き」

Photo by nikunoki

沖縄の海洋食堂で豆腐料理以外のおすすめメニュー「ポーク玉子焼き」です。ポークと玉子焼きがセットになったおかずです。沖縄の厚切りのスパムが添えられたフワフワの玉子焼きは美味しいです。

沖縄では、ソーキそばやチャンプルーなどといった定番メニューと同列以上ともいわれている定番の人気メニュー「ポークの玉子焼き(500円)」おすすめです。

沖縄にある海洋食堂の口コミや評判は?見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

沖縄の海洋食堂の豆腐メニューを始めとした料理が美味しいと評判です。地元の人達の健康を考えた末の「豆腐屋から海洋食堂」への転向は、その味わいの良さから観光客まで広まり多くの人が県内外から訪れています。

そして、安くてボリュームのある料理にお客様は一喜一憂し、名物おばあに嬉々とするお店の雰囲気は最高レベルの評価を得ています。そんな海洋食堂の口コミや評判などかいつまんで紹介します。

口コミや評判は?

Photo by jetalone

沖縄の海洋食堂の評判は、豆腐料理だけでなくその他のメニューにも美味しいという評価があります。しかし、なんと言っても海洋食堂イチ押しの「豆腐料理」は、できたての豆腐を美味しく食べさせてくれてボリュームがあって、その上「安い」という評価が多くあります。

豆腐ンプサーの味は良いし、ラフテーのとろける舌触りと豆腐の美味しさは絶品という評価や、ゆし豆腐と半熟卵と豚肉の取り合わせはこの上なく美味しくて、さすがに海洋食堂以外では食べられない美味しい豆腐料理が堪能できた。というように高評価されています。

沖縄にある海洋食堂の店舗詳細見出し

Photo by Akamera Photo

沖縄の海洋食堂は、県内外から海洋食堂の豆腐料理を食べに来るという程人気のお店です。40年を超える豆腐料理のお店には、自家製の豆腐と秘伝の出汁という最高のオリジナル食材があります。

そんな沖縄南部豊見城市にある海洋食堂にせっかく行ったにもかかわらず、お休みだった営業時間外だったでは、美味しい豆腐料理を食べられなくなります。海洋食堂の営業時間や店舗情報を紹介します。

営業時間や店舗情報

Photo by Yuya Tamai

沖縄の海洋食堂は、那覇空港から近い距離のところにあります。店舗は、44席(小座敷あり)で満席になります。営業時間は「10時から19時30分(ラストオーダー19時)定休日は「日曜日」です。1000円前後の予算で、お腹いっぱいに食べられます。ただ、豆腐料理はその日の分の豆腐ということなので、たまに午前中で終了してしまうことがあります。

住所 沖縄県豊見城市名嘉地192-10
電話番号 098-850-2443

アクセス

Photo by rch850

沖縄の海洋食堂は、那覇空港から10km圏内・車で20分前後の豊見城市に位置します。那覇空港からは「ゆいレール」に沿って安次嶺交差点まで走り、交差点を右折して国道331号線を走り、途中ゆいレール赤嶺駅手前辺りから県道231号線に入ります。

県道231号線からは道なりに走り名嘉地交差点を通り過ぎると、その先に海洋食堂があります。比較的やさしいアクセスです。途中国道331号線と県道231号線の分岐がありますが、国道331号線をそのまま走っても海洋食堂には行くことができます。

駐車場はある?

Photo by iwazer

沖縄の海洋食堂の駐車場ですが、確かにお店の前に駐車場はあります。しかし、狭くて駐車場の区分もなくて、どちらかと言うと止めにくい駐車場で早いもの勝ちというような駐車場です。

駐車場があることはありがたいのですが、形ばかりの駐車場という感じで入りにくい印象がある駐車場です。駐車場が空くのを待っているか、或いは近くの駐車場を利用するのかというところです。何しろ、止めにくい駐車場ですから注意してください。

豊見城の見どころを楽しもう見出し

Photo by Kentaro Ohno

沖縄の海洋食堂のある豊見城市の見どころに「マングローブ」があります。那覇空港から近いところで、ラムサール条約登録湿地の漫湖にある干潟にウッドデッキなどで整備された「マングローブ」です。近場で沖縄の自然を垣間見ることができます。

那覇空港の南側には「瀬長島」があります。瀬長島に繋がれた橋を車で渡りきると駐車場があります。沖縄の自然や空港を離発着する飛行機が見られる展望台もあります。豊見城には見どころがたくさんあります。海洋食堂で食事して豊見城を観光することおすすめです。

沖縄の漫湖とは?公園や湿地センターなど見どころ満載!生態系も豊か! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄の漫湖とは?公園や湿地センターなど見どころ満載!生態系も豊か! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄の漫湖には様々な生態系を観察することができるおすすめのスポットです。漫湖周辺にはちょっとした運動ができるきれいな公園やテニスコート、生態系を学ぶのに最適な湿地センターもあり、子供連れにもおすすめです。マングローブがみたい方はぜひご覧ください。

売り切れ必須!名物ゆしどうふを食べるなら午前中が狙い目!見出し

Photo by gcworld

沖縄の海洋食堂。元豆腐屋さん手づくりの「沖縄豆腐」そして、秘伝の出汁でこしらえる「沖縄豆腐料理」には美味しさがいっぱい詰まっています。

地元はもとより観光のお客様で人気の豆腐料理は「その日の分をその日につくる」という風で、もしかすると午前中で売り切れなんてこともあります。海洋食堂の名物「ゆしどうふ」食べるなら午前中が狙い目です。おすすめします。

投稿日: 2019年2月16日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote