地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ディズニーランド・シーの身長制限があるアトラクション!上限や適齢期は?

大人気のテーマパークである「ディズニーランド」と「ディズニーシー」。今回はそんなディズニーランドとディズニーシーのアトラクションの身長制限についてご紹介します。90cm以上の身長制限や適齢期、身長制限の上限などをチェックしてアトラクションを利用しましょう。

ディズニーランドとディズニーシーの身長制限を知ろう見出し

Photo by Kentaro Ohno

子供から大人まで楽しめるディズニーランドとディズニーシーは、日本を代表する人気テーマパークです。そんなディズニには、たくさんのアトラクションがあります。今回は、ディズニーランドとディズニーシーのアトラクションの90cm以上の子供が乗れるものや上限の身長制限、アトラクションの適齢期など、ディズニのアトラクションの身長制限をご紹介。

赤ちゃんとディズニーへ行く前に!一緒に乗れるアトラクションや人気グッズを調査 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
赤ちゃんとディズニーへ行く前に!一緒に乗れるアトラクションや人気グッズを調査 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
みんな大好きなディズニーリゾート。赤ちゃんが生まれたら一緒に行きたいと考えている人も多いはず。でも「赤ちゃんはいつからディズニーに行けるの?」といった疑問を持つ人もたくさんいます。そこで、赤ちゃん連れでディズニーへ行く前に知っておきたい情報をまとめました。

ディズニーランド&ディズニーシーの身長制限徹底調査!見出し

Photo by atk1983

子供から大人まで楽しめるさまざまなアトラクションがある「ディズニーランド」と「ディズニーシー」。ディズニーランドとディズニーシーは、小さなお子様でも楽しむことができるテーマパークですが、アトラクションには、身長制限があります。

90cm以上のお子様が乗れるアトラクション、上限の身長制限があるアトラクションなど、しっかりと身長制限を確認してから、ディズニーランドとディズニーシーに足を運びましょう。

身長制限情報やアトラクション別ポイント・適齢期をチェック

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーランドとディズニーシーには、さまざまなアトラクションがありますが、ディズニーランドとディズニーシーの各アトラクションには、身長制限があるものがあります。

ディズニーランドとディズニーシーの身長制限なしで、どなたでも楽しむことができるアトラクション、身長制限があるアトラクション、身長の上限があるアトラクションなど、ディズニーランドとディズニーシーの身長制限をチェックしましょう。また、身長制限のみならず、適齢期もあわせてご紹介します。

ディズニーランドの楽しみ方を解説!子供から大人・初心者から上級者まで大満足! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ディズニーランドの楽しみ方を解説!子供から大人・初心者から上級者まで大満足! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
夢がかなう場所、東京ディズニーランド。様々なアトラクションがあり、子供から大人まで楽しめる場所ですよね。そんなディズニーも楽しみ方は人それぞれ!今回はディズニーランドを子供から大人、初心者から上級者まで満足できる楽しみ方を紹介していきます!

ディズニーランド&ディズニーシー年齢制限・適齢期があるアトラクション見出し

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーランドとディズニーシーのアトラクションには、身長制限だけでなく、年齢制限や適齢期があるアトラクションがたくさんあります。

身長制限だけでなく、適齢期もチェックしてから、アトラクションを利用しましょう。3歳以上の適齢期、小学校1年生や年少が適齢期、3歳、4歳、7歳が適齢期など、適齢期別にアトラクションをチェックしましょう。

ディズニーランドとディズニーシーには、適齢期があるアトラクションがありますが、成長によって身長などの違いがあるので、適齢期は参考にしていただくことをおすすめします。適齢期と身長制限を確認して、ディズニーランドとディズニーシーのアトラクションを楽しみましょう。

年齢制限が3歳以上

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーランドとディズニーシーの、年齢制限が3歳以上のアトラクションについてご紹介します。

3歳以上の適齢期のアトラクションには、ディズニーランドは、「ガジェットのゴーコースター」、「スプラッシュ・マウンテン」、ディズニーシーは、「フランダーのフライングフィッシュコースター」、「タワー・オブ・テラー」などのアトラクションがあります。

学年目安が小学校1年生・年小

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーランドとディズニーシーの、学年目安が小学校1年生、年小のアトラクションをご紹介します。

小学校1年生、年小が適齢期のアトラクションは、ディズニーランドは、「ビッグサンダー・マウンテン」、「スペース・マウンテン」、「スター・ツアーズ」、ディズニーシーは、「タワー・オブ・テラー」、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」、「レイジングスピリッツ」、「センター・オブ・ジ・アース」などがあります。

年齢目安が3歳・4歳半・7歳

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーランドとディズニーシーの、年齢目安が3歳、4歳半、7歳のアトラクションをご紹介します。

3歳、4歳半、7歳の適齢期のアトラクションは、3歳が「ガジェットのゴーコースター」、「スプラッシュ・マウンテン」、ニモ&フレンズ・シーライダー」、「フランダーのフライングフィッシュコースター」。

4歳半が「ビッグサンダー・マウンテン」、「スペース・マウンテン」、「スター・ツアーズ」、「タワー・オブ・テラー」、7歳が「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」、「レイジングスピリッツ」、「センター・オブ・ジ・アース」となっています。

ディズニーランドで食べ歩きを楽しもう!おすすめグルメや人気スイーツなど | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ディズニーランドで食べ歩きを楽しもう!おすすめグルメや人気スイーツなど | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
常に人々の心に夢と感動を与え続ける東京ディズニーランド。きらびやかなパレードにスリル溢れるアトラクション、何度足を運んでもワクワクしますよね!そして忘れてはいけないのが、そう、食べ歩きグルメ。今回はディズニーランドで食べられる食べ歩きグルメをご紹介します。

ディズニーランド&ディズニーシーの身長制限【90cm以上必要編】見出し

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーランドとディズニーシーの、身長制限別アトラクションについてご紹介します。まずは、身長制限が90cm以上必要な、ディズニーランドとディズニーシーの90cm以上の身長制限のアトラクションについてご紹介します。

ディズニーランドとディズニーシーの身長制限が90cm以上のアトラクションは、だいたい3歳以上のお子様が楽しめるアトラクションになっています。ディズニーランドとディズニーシーの身長制限が90cm以上の90cm以上のお子様が楽しめるアトラクションをチェックしてみましょう。

フランダーのフライングフィッシュコースター

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーシーの「フランダーのフライングフィッシュコースター」は、90cm以上の身長制限があるアトラクションです。

フランダーのフライングフィッシュコースターは、潮だまりの上を、かわいいトビウオに乗ってかけ抜ける、小さな子供でも楽しめるコースターです。アリエルの親友である、フランダーが仲間のフライングフィッシュたちを率いてつくったかわいいジェットコースターは、かわいいのに爽快感抜群です。

ニモ&フレンズ・シーライダー

Photo by ajari

ディズニーシーの「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、90cm以上の身長制限があるアトラクションです。

ニモ&フレンズ・シーライダーは、潜水艇に乗り込んで、海の世界を冒険することができるアトラクションです。90cm以上の身長制限の、雨の日でも安心のディズニーシーのアトラクション。

魚サイズに縮むことができる潜水艇の「シーライダー」にのって、ニモやドリーたちと同じ目線で、海の世界を楽しむことができます。ニモやドリーなどの人気キャラクターはモチロン、タコのハンクやジンベエザメのデスティニーなど、ファインディング・ドリーのキャラクター達にも出会うことができます。

ディズニーランド&ディズニーシーの身長制限【102cm以上必要編】見出し

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーランドとディズニーシーの身長制限102cm以上必要のアトラクションについてご紹介します。

ディズニーランドとディズニーシーには、身長制限102cm以上で楽しむことができるアトラクションがたくさんあります。ディズニーシーの「タワーオブテラー」をはじめとする、ディズニーランドとディズニーシーの身長制限102cm以上必要のアトラクションをチェックしましょう。

タワー・オブ・テラー

Photo by Richard, enjoy my life!

ディズニーシーの「タワー・オブ・テラー」は、102cm以上の身長制限があるアトラクションです。

ディズニーシーきってのスリルあるアトラクションであるタワー・オブ・テラーは、エレベーターにのってマンションの最上階に向かい、急降下で落下するスリル満点のアトラクションになっています。

1899年に起きたオーナーの謎の失踪事件から、恐怖のホテルと呼ばれるようになったタワー・オブ・テラーでは、見学ツアーに参加したゲストたちが、恐怖の体験に巻き込まれていきます。

ディズニーランド&ディズニーシーの身長制限【117cm以上必要編編】見出し

Photo by dreamcat115

ディズニーランドとディズニーシーの117cm以上の身長制限があるアトラクションをご紹介します。ディズニーランドとディズニーシーには、117cm以上の身長制限があるアトラクションがたくさんあります。

ディズニーシーの「センター・オブ・ジ・アース」や「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」など、117cm以上の身長制限があるアトラクションをチェックしましょう。

センター・オブ・ジ・アース

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーシーの「センター・オブ・ジ・アース」は、117cm以上の身長制限があるアトラクションです。ディズニーシーのセンター・オブ・ジ・アースは、地底走行車に乗って、地底の世界を探検するアトラクションです。

探検中に予期せぬ危険に遭遇することによって、突如猛スピードになり、そのスリルを楽しむことができます。火山性の震動が発生するとともに、神秘的な光景からかけはなれた世界に。

インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮

Photo by Dick Thomas Johnson

ディズニーシーの「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」は、117cm以上の身長制限があるアトラクションです。

ディズニーシーのインディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮は、インディ・ジョーンズ博士の助手であるパコ企画の魔宮ツアーに参加することができるアトラクションです。守護神クリスタルスカルの呪いを、猛スピードですり抜ける、スリル満点のアトラクションです。

ディズニーランド&ディズニーシーの身長制限【117cm以上195cm上限編】見出し

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーランドとディズニーシーの身長制限117cm以上、上限195cmのアトラクションについてご紹介します。ディズニーシーには、身長制限だけでなく、身長の上限がある上限195cmのアトラクションがあります。

ディズニーランドには、身長の上限があるアトラクションがなく、身長の上限があるのは、ディズニーシーのみになります。身長制限117cm以上、上限195cmのアトラクションをチェックしましょう。

レイジングスピリッツ

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーシーの身長制限117cm以上、上限195cmのアトラクションは「レイジングスピリッツ」です。レイジングスピリッツは、360度のループコースターで、回転するアトラクションなので、身長制限の上限を設けています。

レイジングスピリッツは、崩れかかった古代神の石像の発掘現場をコースターにのってかけぬける、ローラーコースタータイプのジェットコースターです。スリリングな体験を楽しむことができます。

ディズニーランド&ディズニーシーの身長制限【補助なしで座れることが必要編】見出し

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーランドとディズニーシーの補助なしで座れることが必要なアトラクションをご紹介します。

ディズニーランドとディズニーシーには、身長制限はないけれど、補助なしで座れることが必要なアトラクションがたくさんあります。補助なしで座れることが必要なアトラクションは、小さなお子様でも楽しめるアトラクションが多いので、補助なしで座れることが必要なアトラクションをチェックしましょう。

スカットルのスクーター

Photo by alberth2

ディズニーシーの補助なしで座れることが必要なアトラクションは「スカットルのスクーター」です。スカットルのスクーターは、かわいいヤドカリの背中にのりながら、カモメのスカットルの周りをくるくると行進していくアトラクションです。

カモメのスカットルのまわりを、ぐるぐるとドライブして楽しむことができ、その姿を、スカットルが望遠鏡から覗き込んでいます。

ジャンピン・ジェリーフィッシュ

Photo by Richard, enjoy my life!

ディズニーシーの補助なしで座れることが必要なアトラクションは「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」です。

ジャンピン・ジェリーフィッシュは、カラフルな貝殻にのって、くらげと一緒に楽しくアップダウンを繰り替えすアトラクションです。海中をただようような気分で、ふわりふわりと飛び回ることができます。室内型のアトラクションなので、雨の日も安心して遊ぶことができます。

ジャスミンのフライングカーペット

Photo by ume-y

ディズニーシーの補助なしで座れることが必要なアトラクションは「ジャスミンのフライングカーペット」です。ジャスミンのフライングカーペットは、空飛ぶじゅうたんにのって、ジャスミンの庭園で、空中散歩を楽しむことができるアトラクションになります。

大人気ディズニー映画の「アラジン」に登場する空飛ぶじゅうたんに乗ることができるこちらのアトラクションは、ハンドルを操作して、空飛ぶ絨毯を上下に動かしたり、傾きを変えることも可能です。自分で操作をすることができるので、子供たちも大喜び。まるで自由に空を飛んでいるかのような楽しみ方ができます。

アクアトピア

Photo by Richard, enjoy my life!

ディズニーシーの補助なしで座れることが必要なアトラクションは「アクアトピア」です。アクアトピアは、ディズニーシーのポートディスカバリーにあるアトラクションです。

アクアトピアは、3人乗りのウォーターヴィークルに乗りこんで、水の上を探検することができるアトラクションになります。渦巻き、間欠泉、滝などがある迷路のようなコースを進むので、突然方向を変えたり、くるくるまわったりと、予測不可能な楽しみ方をすることができます。

トイ・ストーリー・マニア

Photo by Dick Thomas Johnson

ディズニーシーの補助なしで座れることが必要なアトラクションは「トイ・ストーリー・マニア」です。トイ・ストーリー・マニアは、トラムにのってトイ・ストーリーの世界を探検することができるアトラクションです。

ウッディが広げた大きな口が入り口になっており、自分がおもちゃの大きさになったかのような気分で探検を楽しむことができます。

トラムに乗って、子供たちが大好きなシューティングゲームを楽しむことができ、ウッディやバズたちと一緒に楽しむ遊ぶことができます。雨の日でも楽しむことができる室内型のアトラクションです。大人気アトラクションなので、早い時間にファストパスがなくなってしまうことが多いです。

ディズニーランドでおしゃれコーデ!親子やカップルはおそろいでキメよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ディズニーランドでおしゃれコーデ!親子やカップルはおそろいでキメよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ディズニーランドに行く時はおしゃコーデをしよう!ということで、親子やカップルでおそろい、友達と双子コーデを取り入れやすいものから、ちょっとこだわったものまで集めてみました。おしゃれコーデをしてディズニーランドを120%楽しもう!

ディズニーランド&ディズニーシーの身長制限を知っておけば役にたつ!見出し

Photo by Dick Thomas Johnson

ディズニーランドとディズニーシーには、こんなにたくさんの身長制限があるアトラクションが勢ぞろいしています。ディズニーランドとディズニーシーには、身長制限を守れば楽しく遊べるアトラクションが充実しているので、ディズニーランドとディズニーシーで想いっきり遊びたいお子様連れの家族も安心して楽しむことができます。

関連キーワード

投稿日: 2019年4月10日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote