地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

妊婦さん向けディズニー特集!優待制度や妊娠中でも乗れるアトラクションを紹介!

妊婦さん向けディズニー特集!優待制度や妊娠中でも乗れるアトラクションを紹介!

妊娠中にディズニーに遊びに行く「マタニティディズニー」。ディズニーは乗り物に乗れなくても楽しむことができるので、妊婦さんのリフレッシュにもおすすめです。今回は妊婦さんでも安全に楽しむための注意や乗り物情報、便利な優待特典、駐車場情報などをまとめてご紹介します。

妊婦さんでも楽しめるディズニーをご紹介!見出し

Photo byonecrazykatie

妊婦さんでも「ディズニーに行きたい」と思っている方も多いと思います。妊娠中に遊びに行くことは何かと注意が必要ですが、優待特典を利用したり駐車場やレストランにも気を付ければ十分に楽しむことができます。今回は妊婦さんでも安心して楽しめるディズニーの楽しみ方をご紹介しますので、ぜひ妊婦さんは参考にしてみてください。

妊婦さんがディズニーを楽しむための注意すること見出し

Photo bytasha

妊婦さんは何かと行動が制限され注意が必要ですが、ディズニーでも妊婦さんならではの楽しみ方があります。妊婦さんがディズニーを楽しむには安定期に入ったあとがおすすめですが、念のためかかりつけの先生に相談してから行くことをおすすめします。先生から了承が得られたら、無理のないように注意し予定を立てて楽しむようにしてください。

Photo by Dick Thomas Johnson

妊娠中にディズニーへ行くときは、混雑を避けられる平日に行くことをおすすめします。また、季節も真夏や真冬などは避け、体に負担のかからない季節を選ぶようにしてください。ディズニーに行くと普段よりたくさん歩いたり、楽しくてついつい興奮してしまいますが、最低1時間に1回ぐらいは休憩をとるようにして無理のないように注意し楽しんでください。

妊婦さんがディズニーを楽しむための持ち物は?見出し

妊娠中は注意していても疲れやすく、外出先や旅行先では体調の変化も急に起こることもあります。ディズニーは普段以上に歩くことがあるので、母子手帳や健康保険証、診察券などは必ず持って行ってください。また、ディズニーは国内だけでなく海外からもたくさんの観光客が訪れるので、マスクやティッシュ、消毒薬なども持っていくことをおすすめします。

Photo byStockSnap

ディズニーに行くときは履き慣れたスニーカーや楽な服装をしていくことも大切です。また、季節によって暑さ対策や寒さ対策ができるようにカーディガンなどの体温調節できる羽織も持っていくのも忘れないようにしてください。他にも、折り畳みの椅子やクッションなどもあると、パレードやショーの待ち時間にも活用できます。

ディズニーで妊婦さんにおすすめの駐車場見出し

妊婦さんは車でディズニーへ行く方も多いと思います。入園時間より少し遅くなるだけで、遠い駐車場になってしまうのがディズニー。駐車場が遠くなるだけで妊婦さんは負担になってしまうこともあります。駐車場からパーク入口まで少しでも負担を軽くしたい方は、駐車場の料金所の所や駐車場の案内係のキャストさんに妊婦であることを伝えてください。

ディズニーの優先駐車場の場所は?

ディズニーには車椅子や体の不自由な方のために優先駐車場があります。妊婦さんもこの優先駐車場の対象になるので、体に負担がかからないように優先駐車場を利用することをおすすめします。ディズニーランドの優先駐車場はパーク入口前のティンカーベルの駐車場。ディズニーシーの立体駐車場には、各階のエレベーター付近に優先駐車場があります。

妊婦さんはディズニーの救護室の場所もチェックを!見出し

妊婦さんがディズニーに行くならチェックしておきたいのが救護室。救護室では、気分が悪くなった時やケガをしてしまった時に応急処置をしてもらえます。ディズニーへ行くと普段よりもたくさん歩いたり、乗り物ややパレードなどでテンションも上がってしまい、注意していても気分を悪くする方いるので、ぜひチェックしておいてください。

ディズニーの救護室の場所は?

ディズニーランドにもディズニーシーにも「中央救護室」があります。ディズニーランドの救護室はアドベンチャーランド内のパーク入口付近にあります。ディズニーシーの救護室はパーク入口付近のメディテレーニアンハーバー内にあります。救護室の場所がわからない方は、近くにいるキャストさんに声をかけると対応してもらえます。

妊婦さんは優待特典が受けられるカードの発行を!見出し

ディズニーには、何らかのお手伝いを必要としている方に発行される「ゲストアシスタントカード」があります。これは、妊婦さんにも発行されるカードで、パーク内での負担を軽減できる優待特典なのです。このゲストアシスタントカードは、対象施設でキャストの方に提示すると優待特典が受けられるので、妊婦さんはぜひ活用してください。

ゲストアシスタントカードの発行方法は?

ゲストアシスタントカードは、東京ディズニーリゾートインフォメーションセンターへ電話すると、来園1ヶ月前から事前予約をすることが可能です。予約をしておくと受け取り場所などを詳しく説明してもらえ発行もスムーズなので、ぜひ予約してから来園することをおすすめします。受け取りには同伴者全員のパークチケットが必要になります。

ゲストアシスタントカードの利用方法は?

ゲストアシスタントカードはアトラクションで利用できる優待特典です。注意したいのが、アトラクションで優待特典が受けられるといっても、待ち時間を短くするものではありません。アトラクションの前にいるキャストさんにこのカードを見せると、今の時間に待ち時間プラスした時間を記入してもらえるので、待ち時間を並ばずに待つことができます。

妊婦さんはディズニーのファストパスの活用を!見出し

一部の人気アトラクションで利用できるファストパスは、全てのゲストの方が利用できる特典です。このファストパスは、アトラクション付近にあるファストパス発券機にパークチケットを差し込むと、時間指定されたチケットが出てくるので、その時間にアトラクションのファストパスの入口から入ると、少しの待ち時間で乗り物に乗ることができます。

このファストパスは、妊婦さんにも発行される優待特典カードでもある、ゲストアシスタントカードとの併用も可能です。ゲストアシスタントカードとファストパスを併用すれば立ったままの待ち時間を軽減されるので、妊婦さんも安心してディズニーを楽しめます。ぜひ優待特典とファストパスを上手に活用して乗り物やパレードを楽しんでください。

ディズニーランドで妊婦さんNGの乗り物は?見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

ディズニーには優待特典などもあり、妊婦さんも安心して遊ぶことができますが、乗ることのできない乗り物もあるので十分注意してください。ディズニーランドで妊婦さんが乗ることのできない乗り物は「ビッグサンダー・マウンテン」、「スプラッシュ・マウンテン」、「スタ・ツアーズ」、「スペース・マウンテン」です。

Photo by Olis Olois

これらは、妊婦さんが乗れない乗り物として、ディズニーが公式に発表しているものなので、乗らないようにしてください。その他にもディズニーが公式で発表している「乗り物に1人で乗って安定した姿勢を保てない方」が、乗れない乗り物もあるので、妊婦さんは体調に注意し十分に気を付けながら楽しむようにしてください。

妊婦さんが乗れるディズニーランドの乗り物は?見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

妊婦さんでも楽しめるアトラクションがたくさんあるのもディズニーの嬉しいところです。「イッツ・ア・スモールワールド」は、妊婦さんでも楽しめる代表的な乗り物で、世界中の子供たちの歌声に癒されます。この乗り物は、2018年4月にリニューアルされてディズニー映画のキャラクターが加わったので、ぜひ見つけてみてはいかがですか?

Photo by Kentaro Ohno

他にも、ゆっくりと蒸気機関車に乗ってアドベンチャーランドやクリッターカントリー、ウエスタンランドを巡る「ウエスタンリバー鉄道」、3階建ての豪華な蒸気船でアメリカ河を1周する「蒸気船マークトウェイン号」は、昼と夜では違う雰囲気を味わえ、妊婦さんだけでなく親子や3世代でも楽しむことができます。

Photo by Kentaro Ohno

安全だけど少しだけスリルを味わいたい方におすすめの「ジャングルクルーズ」は、愉快な船長と一緒にゾウやワニ、ライオンなど様々な野生の動物が住んでいるジャングルを探検できます。この乗り物も昼と夜とでは違う雰囲気に包まれ、特にナイトクルーズはとてもスリリングで人気です。ぜひ体調に気を付けながら、様々な乗り物を楽しんでください。

ディズニーランドではグリーティングスポットで思い出作り見出し

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーにはキャラクターに直接会って、ハグや記念写真を撮れる「キャラクターグリーティング」があるので、妊婦さんも安心して楽しめます。キャラクターグリーティングには、グリーティング施設、ディズニーキャラクターダイニング、整列グリーティング、フリーグリーティングの4つのパターンがあるので、様々な方法でキャラクターに会えます。

ディズニーランドのグリーティング施設は「ミッキーの家とミート・ミッキー」、「ウッドチャック・グリーティングトレイル」の2ヵ所で並びますが、優待特典のゲストアシスタントカードが利用できるので、待ち時間も並ばずに他の場所で待つことができます。グリーティング施設以外ではゲストアシスタントカードは使えないので注意してください。

ディズニーランドでキャラクターと記念撮影!限定キャラに会える場所も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ディズニーランドでキャラクターと記念撮影!限定キャラに会える場所も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ディズニーランドでは、アトラクションに乗って楽しんだり、パレードやショーを鑑賞したりするほかに、キャラクターと一緒に写真を撮るという楽しみ方もあります。ディズニーランドではどんなキャラクターと会えるのか、会える場所とともにご紹介します!

ディズニーランドのパレードやショーは妊婦さんにおすすめ!見出し

Photo by Kentaro Ohno

乗り物にあまり乗られない妊婦さんにはショーやパレードの鑑賞がおすすめです。ディズニーでは季節のイベントごとに様々なショーやパレードがあり、ミッキーやミニーをはじめ、様々なキャラクターが参加するので、一度にたくさんのキャラクターを見ることができます。また、昼間と夜は違うパレードが行われているので、また違った雰囲気を楽しめます。

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーランドでは一部のショーやパレードでは抽選があり、抽選に当たると特等席での鑑賞が可能になるので、妊婦さんにはおすすめです。抽選はスペースマウンテンのファストパス発券機の横にある「トゥモローランド・ホール」もしくは、スマートフォンアプリからできます。抽選は1日1グループに付き各ショー1回のみになるのでご注意ください。

東京ディズニーランドのパレード鑑賞のおすすめの場所は?ルートや時間も紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
東京ディズニーランドのパレード鑑賞のおすすめの場所は?ルートや時間も紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大人も子供も楽しめる、大人気のテーマパークといえば「東京ディズニーランド」ですよね。アトラクションやお土産など楽しみがいっぱいの東京ディズニーランドのもう一つの魅力といえば、楽しい音楽と軽快なダンスのパレードです。そこで今回はパレードに関する情報ご紹介します。

妊婦さんにおすすめのディズニーランドのレストラン見出し

ディズニーでは、昼時や夕食時はレストランも大変混雑し、待ち時間があることがほとんどです。そんな時は事前予約ができる「プライオリティ・シーティング」対応のレストランをチョイスするのも待ち時間が軽減できるので妊婦さんにはおすすめです。ディズニーで事前予約できるレストランは4店舗で、予約しておくと優先的に席に案内してもらえます。

カリブの海賊から見える「ブルーバイユー・レストラン」はロマンティック

カリブの海賊に乗っている時に見え、誰もが一度は行ってみたいと思うレストラン「ブルーバイユー・レストラン」は、静かな入り江に面したロマンティックなレストランです。このレストランではフレンチスタイルのコース料理を味わえます。夕暮れ時をイメージしたロマンティックなレストランでぜひ、素敵な時間を過ごしてみませんか?

朝食が大人気の「クリスタルパレス・レストラン」

温室風のデザインが特徴のレストラン「クリスタルパレス・レストラン」では、世界各国の様々な料理をブッフェスタイルで味わえます。また、朝食の時間帯は「ディズニーキャラクターブレックファスト」を実施していて、食事中にディズニーキャラクターがあいさつに来てくれます。ぜひ、プライオリティ・シーリングを使って食事を楽しんでください。

東京ディズニーランドおすすめレストランを予約!人気キャラクターにも会える? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
東京ディズニーランドおすすめレストランを予約!人気キャラクターにも会える? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
みなさんご存知の東京ディズニーランドのレストランをお届けいたします。予約が必須な人気レストランや、キャラクターに会えるレストランなど、おすすめのレストランを8ヶ所ご紹介いたします。東京ディズニーランドには予約が必須なレストランがたくさんあるので要チェックです。

妊婦さんも安心できるディズニーランドのトイレ見出し

Photo by ume-y

妊婦さんにとってはトイレの待ち時間も少ない方が助かります。トゥモロー・ランドにあるお土産ショップ「コズミック・エンカウンター」の左側にあるトイレは、パークの中でも一番大きいトイレなので回転も早いです。他にもアドベンチャー・ランドにある中華料理店「チャイナポイジャー」前のトイレは、人目に付かないので比較的空いています。

ディズニーシーで妊婦さんNGの乗り物は?見出し

Photo by ume-y

ディズニーシーにも絶叫系の乗り物があり、妊婦さんが乗ることができない乗り物もあるので注意してください。ディズニーシーで妊婦さんが乗ることのできない乗り物は「タワー・オブ・テラー」、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」、「レイジングスピリッツ」、「センター・オブ・ジ・アース」です。

Photo by ume-y

これらも、妊婦さんが乗れない乗り物として、ディズニーが公式に発表しているものなので、乗らないようにしてください。ディズニーシーには他にも「乗り物に1人で乗って安定した姿勢を保てない方」は、利用できない印がパンフレットに付いているので、それらの乗り物は無理せず体調をみながら十分注意して楽しむようにしてください。

妊婦さんが乗れるディズニーシーの乗り物は?見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

ディズニーシーにあるマーメイドラグーンは「リトルマーメイド」の世界を感じられる海をイメージしたエリアです。このエリアにある「マーメイドラグーンシアター」は、「リトルマーメイド」の世界を見ることができる人気のアトラクションです。ファストパスもあるので、妊婦さんは優待特典のゲストアシスタントカードと併用して楽しんでください。

Photo by shishamo72

他にも、陽気なゴンドリエが漕ぐゴンドラに乗って運河を1周する「ヴェネツィアン・ゴンドラ」、ウミガメのクラッシュと楽しいお話ができる「タートル・トーク」、小型潜水艦に乗って神秘的な海底探索をする「海底2万マイル」など、まだまだ妊婦さんでも楽しめる乗り物がたくさんあるので、ぜひアトラクションを楽しんでみてはいかがですか?

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーシーは水を使った面積も広いので、ディズニーランドより歩く距離が増え、階段や坂が多いのも特徴で、そんな時に移動手段としても使える乗り物は妊婦さんにとっても嬉しいポイントです。「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」や「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」を活用して移動を少しでも楽にしてください。

ディズニーシーにもあるグリーティングスポット見出し

ディズニーシーにもあるグリーティングスポットには、ディズニーランドにはいないキャラクターと会うことができます。ディズニーシーにもグリーティング施設、ディズニーキャラクターダイニング、整列グリーティング、フリーグリーティングがありますが、妊婦さんには優待特典が使えるグリーティング施設がおすすめです。

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーシーには4つのグリーティング施設があり、一番人気はダッフィーがいる「ヴィレッジ・グリーティング」です。他にも「サルードス・アミーゴス!グリーティングドック」、「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」、「アリエルのグリーティンググロット」があるので、ぜひ優待特典を使っていろいろなキャラクターに会ってみませんか?

ディズニーシーの写真スポットのおすすめはココ!カップルでおしゃれな1枚! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ディズニーシーの写真スポットのおすすめはココ!カップルでおしゃれな1枚! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京ディズニーシーには、素敵な写真が撮れるスポットがたくさんあります。構図やポーズなど、撮り方を工夫すると、おしゃれで個性的な写真を撮ることができます。カップルには特にライトアップされたところで撮る写真がおすすめ。ディズニーシーの写真スポットをご紹介します。

大人の雰囲気のディズニーシーで楽しむショー見出し

Photo by Kentaro Ohno

ディズニーシーでも様々なパレードやショーがあるので、妊婦さんも楽しむことができ、昼と夜とでは違った雰囲気を楽しむことができます。ディズニーシーではディズニーランドのように抽選で特等席が取れるようなパレードやショーは少ないですが、ディズニーシーのパレードやショーは水上で行われるものが多いので、どの角度からでも楽しめます。

ディズニーシーで行われるパレードやショーは水を使った演出も多く、夜は特に幻想的でロマンティック、時にはダイナミックな雰囲気を楽しむことができます。特に「ファンタズミック!」は、レーザー光線や炎、光などを使って壮大なディズニーファンタジーの世界観を感じることができるので、ぜひ楽しんでみてください。

ディズニーシーのショーはレストランでも!おすすめや穴場で夜まで楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ディズニーシーのショーはレストランでも!おすすめや穴場で夜まで楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本一のテーマパークであるディズニーランドとディズニーシー。この記事ではディズニーシーで行われるショーを見る時におすすめ穴場スポットやレストランを紹介していきます。夜の時間に行われる人気ショー「ファンタズミック」を穴場スポットやレストランで楽しみませんか。

妊婦さんにおすすめのディズニーシーのレストラン見出し

ディズニーシーもディズニーランドと同様に、昼時や夕食時はレストランも大変混雑し、待ち時間があることがほとんどです。そんな時も事前予約できる「プライオリティ・シーティング」対応のレストランがおすすめです。ディズニーシーには「プライオリティ・シーティング」対応のレストランが5つあるので、事前に予約をして食事を楽しんでください。

ディズニーシーのシンボル「SSコロンビア」でクルージング気分

Photo by Richard, enjoy my life!

ディズニーシーのシンボルでもあるSSコロンビア号にある「SSコロンビア・ダイニングルーム」。ここでは豪華客船の1等客室専用のメインダイニングで豪華なコース料理を食べられます。SSコロンビア・ダイニングルームもプライオリティ・シーリングで事前予約しておけば、優先的に案内してもらえるので、ぜひ思い出に残る食事を楽しんでください。

ディズニーシーのキャラクターダイニング「ホライズンベイ・レストラン」

ポートディスカバリーにある「ホライズンベイ・レストラン」は、予約をしなくても利用できますが、プライオリティ・シーリングで事前予約をしておくと、ディズニーキャラクターダイニングエリアで食事ができます。キャラクターダイニングエリアでは、テーブルにディズニーキャラクターがあいさつに来てくれるので、ぜひ予約をして楽しんでください。

ディズニーシーのおすすめレストラン特集!ショーを観ながら食事も楽しむ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ディズニーシーのおすすめレストラン特集!ショーを観ながら食事も楽しむ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ディズニーシーのおすすめレストランを特集いたします。ディズニーシーは、大人が楽しめるというテーマのもとつくられたテーマパークですが、子連れでも安心して楽しめるおすすめのレストランがたくさんあります。ディズニーシーで食事も素敵な時間を送りましょう!

妊婦さんも安心のディズニーシーのトイレ見出し

ディズニーシーの比較的空いているトイレは、アメリカンウォーター・フロントにある「トイビル・トロリーパーク」横にあります。ここは個室もたくさんあるので回転がとても早いです。また、おむつ交換台や授乳室も完備しています。他にもロストリバーデルタの「ハンガーステージ」横のトイレも比較的混雑を避けられます。

ディズニーの思い出にお土産に!見出し

マタニティディズニーを楽しみたい妊婦さんは、生まれてくるベビーちゃんのために、ディズニーグッズを揃えてあげたいと思う方も多いと思います。そんな妊婦さんにおすすめのベビーグッズ専門店が、ディズニーランドやディズニーシーにもあります。ディズニーを楽しむ目的の一つにもなるので、せびベビーグッズ専門店に行ってみてはいかがですか?

ディズニーにあるベビーグッズ専門店の場所は?

ディズニーランドのベビーグッズ専門店「ブレイブリトルテイラー・ショップ」はファンタジーランドにあります。アニメーション映画「ミッキーの巨人退治」をモチーフにした店内の内装にも注目してください。ディズニーシーには、リトルマーメイドがモチーフになった「キス・デ・ガール・ファッション」がマーメイドラグーンにあります。

妊婦さんもディズニーでリフレッシュ!見出し

Photo byskeeze

いかがでしたでしょうか?今回は妊婦さんでも楽しめるディズニーの楽しみ方をご紹介しました。ディズニーには妊婦さんは乗ることができない乗り物もありますが、妊婦さんならではの楽しみ方もたくさんあります。ぜひ優待特典のゲストアシスタントカードを利用して、体調に注意しながらマタニティディズニーを楽しんでみてはいかがですか?

投稿日: 2018年9月18日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote