旭川の大黒屋は大人気ジンギスカン店!おすすめメニューの生ラムを味わおう!

2019年10月30日 (2019年10月31日最終更新)

北海道の名物グルメであるジンギスカン。札幌には多くのお店がありますが、旭川にも大人気のお店があるんです。それが「大黒屋」です。開店前から大行列ができ、旭川のジンギスカンと言えば多くの方が名前を挙げる名店の大黒屋についてご紹介します。

目次

  1. 旭川の大人気店・大黒屋についてご紹介!
  2. 旭川の大黒屋は大人気のジンギスカン専門店!
  3. 旭川の大黒屋のお店の様子
  4. 旭川の大黒屋のジンギスカンメニュー
  5. 旭川の大黒屋は行列必至!待ち時間の対策は?
  6. 旭川の大黒屋の基本情報
  7. 旭川の大黒屋で絶品ジンギスカンを堪能しよう!

旭川の大人気店・大黒屋についてご紹介!

北海道第二の都市である旭川。旭山動物園で全国的にも有名であり、毎年多くの観光客が訪れています。そんな旭川で北海道の名物グルメであるジンギスカンを食べたくなったときにおすすめなのが「大黒屋」です。有名人も多数訪れており、メディアでも幾度となく取り上げられている名店の大黒屋についてご紹介します。

E381aae381aae38281e5aeb6e38399e383bce382b3e383b3 thumbnail2旭川の名物グルメ・食事ランキングTOP15!おすすめ料理を堪能! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
旭川といえばなんといってもグルメです。グルメランキングで上位の店やお食事処に口コミも多数。特...
B9dba661旭川でジンギスカンを堪能!口コミでおすすめの店の評価は?名物グルメ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道の名物グルメといえば何と言ってもジンギスカンです。その中でも旭川のジンギスカン専門店は...

旭川の大黒屋は大人気のジンギスカン専門店!

旭川でおすすめのジンギスカン店を尋ねると、多くの方が名前を挙げるであろう人気店が「大黒屋」です。北海道民にとって、ジンギスカンはバーベキューの時に食べるものという認識ですが、大黒屋のジンギスカンは別物。道外からのお客さんが来たときに連れて行くお店としてもよく利用されており、開店前から行列ができているほどのお店なんです。

ネットでも高評価を受けている注目店!

大黒屋はネットでの評価も非常に高いです。旭川のジンギスカンを検索すると必ずトップに出てくるほど口コミの数も多く、そのどれもが絶賛しています。

大黒屋のジンギスカンはなんといっても羊肉なのに臭みが全くないことです。普段は羊の肉は苦手という方でも、大黒屋のラム肉ならば食べられるという方も多いためジンギスカンデビューにもぴったりのお店です。

旭川の大黒屋のお店の様子

大人気の大黒屋ですが、店内は一体どのような雰囲気なのでしょうか。地元の方はもちろんのこと、観光客も多く訪れる大黒屋。初めてのお店の場合は入るのに少し緊張してしまうという方もいらっしゃるでしょう。しかし、大黒屋は初めてでも常連さんでも、同様に丁寧に対応してくれる非常に感じが良いお店です。

カウンターや座敷もあり1人客から100名以上の団体でもOK!

大黒屋の座席は150席もあり、カウンター席と座敷席、掘りごたつの席もあります。カウンター席では一人でも気軽に利用することができ、出張で旭川に来ているサラリーマンがジンギスカンを食べている姿も多く見られます。広い店内では100名以上の団体でも利用が可能であり、様々なシーンで利用することができます。

有名人のサインがずらりと並んだ壁

テレビや雑誌など多くのメディアで紹介されることが多い大黒屋ですが、実際に有名人も多数訪れています。大黒屋の壁には有名人のサインがずらりと並んでおり、人気の高さがうかがえます。実際に旭川でロケや舞台などがあると、必ず大黒屋に訪れるという有名人もいるほどなんです。

卓上の薬味やスパイスは全て自家製!

ジンギスカンには、タレに漬け込んだ羊肉を焼いてそのまま食べるタイプと、味付けをしていない羊肉を焼いて後からタレにつけて食べるタイプの2通りがあります。大黒屋のジンギスカンはタレは後付けタイプのものであり、味付けされていない羊肉を焼いて、お好みでタレやスパイスにつけていただく形です。

つけダレはもちろん自家製のものです。そのほかに、卓上に様々なスパイスが置いてありますが、それらも全て自家製です。大黒スパイスやガーリックパウダー、激辛パウダー、おろしにんにくと様々で、お好みで味を変えながら食べることができます。

つけダレは伝統的なレシピで作られており、このつけダレがあってこその大黒屋のジンギスカンです。地元のスーパーには大黒屋のタレも販売されており、自宅でジンギスカンをするときに購入される方も多いです。

旭川の大黒屋のジンギスカンメニュー

それでは、旭川の大黒屋のジンギスカンメニューについてご紹介していきましょう。ジンギスカンには様々なお肉の種類があり、お好みで選ぶことができます。いずれのメニューも1人前ずつから注文することができ、一人あたり平均的に2~3人前のお肉を食べられることが多いです。様々なお肉を食べ比べできるのも大黒屋の魅力の一つです。

看板メニュー【生ラム成吉思汗】700円

まずは「生ラム成吉思汗」です。多くの方が注文するという人気のメニューであり、大黒屋の看板メニューでもあります。値段は700円です。

大黒屋ではまず最初に焼き方を店員さんが教えてくれます。大黒屋の生ラムは一度も冷凍していないという新鮮なものなので、レアの状態でも食べることができるほどの新鮮さです。こんがりと焼き上げられた生ラムはクセもなく特製のタレとの相性も抜群です。

この生ラム成吉思汗は、生後1年にも満たない羊の肩ロース肉を使用しています。1頭につき500グラムしかとることができない貴重な生ラムは厚切りにして提供されます。

厚切りの生ラムはとても柔らかく、中が少し赤いレアの状態で食べるのがおすすめです。生ラム自体には味付けはされていないので、タレやスパイスにつけながらいただきましょう。

ラム肉が苦手という方でも、大黒屋の生ラムを食べるとあまりのくせのなさに驚かれます。本当にこれが羊肉なのか、とつい言葉に出してしまうほどの美味しさです。お肉本来の甘みやうまみをしっかりと感じることができ、それに自家製のタレも合わさると絶品です。

希少部位のため数量限定【厚切りラック】900円

続いてのおすすめメニューは「厚切りラック」です。値段は900円です。羊のアバラ肉を使用しており、数量限定なので遅い時間に行くと売り切れてしまっていることも多いです。

厚切りラックは骨付きの肉であり、厚切りなので食べごたえも抜群です。脂も多く、こんがりと焼き上げられたところをハサミでカットしていただきます。

ハサミでカットするため、骨に少しお肉が残ってしまいます。その部分もうま味がたっぷりと残っていますので歯でこそげていただきましょう。ワイルドに骨付きのまま口に運ぶのも美味しいです。

地元客に愛される【ラムロール】700円

続いてのおすすめメニューは「ラムロール」です。値段は700円です。北海道のスーパーではラム肉がロール状で薄切りになっている状態で販売されています。道民はラム肉といえばこのラムロールのイメージが強い方も多いでしょう。

大黒屋のラムロールは、他のメニューと比較すると薄切りですがお肉のうま味自体がしっかりと感じられて非常に食べやすいです。昔懐かしい味わいのラムロールは特に高齢の方からの人気が高いです。

脂身の少ない肩肉【ラムショルダー】700円

続いてのおすすめメニューは「ラムショルダー」で、値段は700円です。羊肉の赤身の美味しさがしっかりと味わえるのがこのラムショルダーであり、脂身が少ない肩肉を使用しています。

赤身の部分を厚切りでカットしてあるため、さっぱりとした食べごたえです。脂の部分が苦手だという方にとっては非常に食べやすい部位であり。柔らかくてタレにぴったりとマッチします。特製スパイスをかけて食べるとまた違った味わいになり、何皿でも食べられてしまいそうです。

ハーブ&岩塩で味付け【ハーブ生ラム】800円

特に女性から人気が高いメニューが「ハーブ生ラム」です。こちらは生ラムにハーブで味付けしてあるメニューであり、生ラムのにおいが少しでも気になるという方にはおすすめです。

しっかりとハーブで味付けをしてあるため、タレにつけずにそのまま食べても美味しいです。こちらも新鮮なものを使用しているのでレアで食べるのがおすすめです。あっさりとした味わいで、ビールにもぴったりです。生ラムとハーブ生ラム、どちらも注文して食べ比べてみるのもおすすめです。

焼き野菜は無料サービス!

大黒屋での嬉しいポイントとして、なんと焼き野菜が無料でサービスなんです。最初に焼き野菜がついてきますが、食べ終わったら何度でも注文が可能であり、お金はかかりません。実質お肉の料金を払うだけで良いということで非常にリーズナブルなのも大黒屋の人気の理由の一つです。

野菜はジンギスカン鍋のふちのくぼみの部分で焼いていきます。生ラムから出た脂で焼き上げていくことになりますので、お肉のうま味がしっかりと野菜に移っており、タレにつけて食べてもつけなくても美味しくいただけます。

焼き野菜は玉ねぎやニンジン、かぼちゃ、ニンニクの芽、ごぼう、長ねぎなど様々な種類があります。お肉だけを食べ続けるのは飽きてしまいますが、この焼き野菜を間に挟むとどれだけでも食べれてしまいます。

大黒屋ではお酒を注文してもお通し料はかかりません。また、焼き野菜代もかからないのでたっぷり食べて飲んでも二千円から三千円代でお食事がすんでしまいます。お肉をお腹いっぱい食べてこの値段で済むお店はそうありません。焼肉を食べるよりもリーズナブルで、それでいて美味しいということもあり大黒屋は人気なんです。

旭川の大黒屋は行列必至!待ち時間の対策は?

旭川の大黒屋では、連日行列ができているほどの人気です。少し時間がずれてしまっただけで1時間や2時間待ちというのもザラであり、夏場などの観光客が増える時期には、基本的に待つのが当たり前という地元民の認識になっているほどです。そこで、大黒屋の待ち時間対策について考えていきましょう。

雨や雪がしのげる大黒屋専用の待合所を完備!

雨や雪の日など、行列に並んで待つのは耐えられないという方でも安心です。というのも、大黒屋では専用の待合所が完備されています。冬場は常にマイナス気温になっている旭川。雪の中行列で待ち続けるというのはなかなか大変なことですが、待合所の中であれば暖かく、ゆっくりと待つことができます。

比較的空いている開店時間を狙うのがおすすめ!

待合所があってもやっぱり待たずに入りたいという方は、開店時間を狙うのがおすすめです。大黒屋は開店前から行列ができていますが、座席は150席も用意されていますので、開店すぐであれば待たずに入れる可能性が高いです。

開店時間は17時からと、他のお店と比較すると少々早い時間にはなりますが、その時間であればスムーズに入店できることが多いです。ちなみにGWや7月と8月は16時開店となります。その他、季節によって開店時間が変動することがあります。

7~8月は16時入店限定で予約を受付

旭川に観光客が特に多くなる夏場の7月と8月は、大黒屋の開店時間が16時からになります。それに伴って、16時から入店する場合に限り予約が可能です。そのため、夏場に大黒屋へ行かれるという場合には少し早い食事となりますが16時からで予約をするのがおすすめです。

ちなみに、7月8月の中でも特に混雑が予想されるという日には15時開店となることがあります。行かれる前にしっかりと確認されることをおすすめします。

旭川の大黒屋の基本情報

それでは最後に旭川の大黒屋の店舗基本情報についてご紹介します。大黒屋は、旭川に数ある飲食店の中でも特に人気が高いお店であり、旭川のジンギスカンといえば多くの方が名前を挙げるほどの人気店です。大黒屋は本店と5丁目支店の2店舗がありましたが、現在営業しているのは5丁目支店のみとなっています。

所在地

まずは大黒屋の所在地についてです。大黒屋は「北海道旭川市4条通5丁目」です。以前は大黒屋本店が「旭川市4条通7丁目」に店舗がありましたが、老朽化により現在閉店しており、4条通5丁目にある5丁目支店のみの営業となっています。そのため、行かれる場合は5丁目支店にて検索してください。

予約・問合せ先

大黒屋の問い合わせ先は「0166-24-2424」です。予約は不可となっており、実際に店舗に行ってから行列に並んで待つことになります。

ただし、上でご紹介した通り7月8月の16時からの席のみ予約が可能です。夏場は観光客も多く、その予約も埋まっていることが多いですので、利用される場合には早めの予約がおすすめです。

営業時間

大黒屋の営業時間は17時から23時半まで、ラストオーダーは23時です。ただし、GW・7月・8月は16時オープンとなります。その他、非常に混雑が予想される日程は15時オープンのこともあります。季節によってオープン時間は変動することがありますので、行かれる前に問い合わせをするのがおすすめです。

定休日

大黒屋の定休日ですが、特に決まっておらず不定休となっています。年末年始は12月31日・1月1日と2日が休みです。

不定休のため、はっきりとした休みが決まっているわけではありません。心配だという方は行かれる前に確認をするのがおすすめです。

アクセス

続いて大黒屋へのアクセス方法についてです。旭川駅から北口に出て、買物公園通りを直進します。そして3・4丁目の交差点を左折し、そのまま直進していくと右側に店舗があります。旭川駅からは徒歩で10分ほどの距離ですので、バスやタクシーなどは使用せず歩いていくのがおすすめです。

駐車場

最後は駐車場に関してです。大黒屋へ車で行かれるという場合ですが、残念ながら専用の駐車場はありません。そのため、近隣の有料駐車場を利用する形となります。周辺には飲食店も非常に多く、有料駐車場も数多くあるため困ることはありません。店舗の向かいにもあるので迷うことはないでしょう。

旭川の大黒屋で絶品ジンギスカンを堪能しよう!

旭川で人気のジンギスカンといえば大黒屋は外せません。クセがない生ラムはレアでも食べられる新鮮さで、一度食べるとやみつきになってしまうほどです。行列に並んででも食べたい大黒屋、ぜひ旭川に行かれる機会があれば一度足を運んでみてはいかがでしょう。今までの生ラムのイメージが覆されるほどの美味しさです。

関連記事

関連するキーワード

180.thumb
この記事のライター
reiko
九州出身、北海道在住6年目のreikoです。 美味しいものを食べることと、旅行に行くことが大好きです。 転勤族なので、次はどこに行って何ができるのかを想像してワクワクしています。

旭川・富良野・美瑛・士別の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

旭川・富良野・美瑛・士別の新着のまとめ