地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

エブリイを車中泊仕様に改造しよう!快適に過ごせるDIYをチェック!

エブリイを車中泊仕様に改造しよう!快適に過ごせるDIYをチェック!

スズキのエブリイは、キャンプに最適な大容量のラゲッジ収納や車中泊を可能にするフルフラット設計の車内が特徴です。4人乗りコンパクトワゴンエブリイで、キャンプに行く時には荷物がたくさん積み込め、2人で車中泊をするには広々寝ることができる車になります。

エブリイで車中泊したい人必見!見出し

Photo byMaria1968

キャンプに行って、テントでなるのもいいですが、車中泊をしてみるのはいかがでしょうか。車中泊では、テントを設営して撤収する手間が省け、風の強い時も安心して寝ることができます。

そんな車中泊におすすめの車が、スズキのエブリイです。エブリイはアウトドアで使い勝手のいい標準装備のユーティリティーを豊富に備えた車で、車中泊も簡単にすることができます。

そんなキャンプの車中泊で利用したい、エブリイを詳しく見てみましょう。そしてそのままの装備では車中泊ができませんので、少し手を加えて改造して乗ってみましょう。

エブリイワゴンを車中泊仕様に改造する時のポイント見出し

車中泊に最適なシートアレンジが可能で、後部座席や助手席の座席を倒すと190cmほどの長さを確保することができます。

エブリイでの車中泊は大掛かりな改造なしで簡単に就寝スペースを確保することができます。そしてそのフラットにしたシートには自作のベッドの土台や、純正のマットを敷くことにより、より快適な車中泊仕様にすることができます。

ではエブリイでの車中泊の準備を見てみましょう。車中泊に最適なフラットの床は自作でDIYすることもできます。自作の方法や購入できるものでの改造方法を見てみましょう。

寝床の用意

エブリイで車中泊を楽しむには、エブリイの後部座席部分で寝る必要があります。まずは寝床部分を確保していきましょう。

車中泊に必要な大人一人が足を延ばして寝ることができるよう、エブリイの座席をフラットになるように倒します。

座席をまっすぐに倒しても、座るために必要なクッション部分や補強部分が、寝るには少し凹凸と感じます。

そんな時は厚手のベッドマットや、ベッドマット下に土台を自作して完全にフラットな寝床となるようにDIYをして作ってみるのもおすすめです。

小さなキャンピングカーがエブリイの後方部分に出来上がったかのように、器用にベッドや両側に収納棚をDIYする方のたくさんいます。

エブリイで車中泊を楽しむ方の最大の改造ポイントは、なんといっても寝床部分です。ホームセンターで手軽に手に入るコンパネを、エブリイ仕様にカットして、すっぽりとベッド床になるようにはめ込むのもおすすめです。

そしてベッド床の下部分をあげて設置しておくと、その下が収納部分となります。ベッド床をあげる方法としては、プラスチック素材のイレクターパイプを使って床の骨組みを自作してみましょう。

イレクターパイプは子ども用に室内ジャングルジムの素材のように、軽くて扱いやすいものになっています。プラスチックがカットできるのこぎりとジョイントを購入すれば簡単に組み立てが完了します。

換気対策が必要

そして車中泊で冬には寒さ対策で、また夏でも涼しいところでは車の窓を開けて寝るには少々寒い場合があります。そんな時は完全にエブリイの窓を閉めた上での換気が必要です。

車中泊で換気をする方法としては、窓を少し開けて寝ますので虫が入ってきます。そんな時は自作の網戸を作って車体内側から取り付けて換気扇を付ける方もいます。

アウトドア好きの方は思い立ったら、ご自身仕様のぴったり合うものを自作すべくDIYに励む方が多いのも特徴です。

収納や目隠しも忘れずに

そして車中泊は後ろで寝ますので荷物の置き場に困ります。これもDIYで上手に車内の天井部分にハンギングして収納する方法があります。

また自作が難しい方は、エブリイ純正のマルチルーフバーを付けて、ルーフパッキングネットをひっかけてみましょう。ちょっとした生活用品や服などの収納に重宝します。

またエブリイの車内に10か所あるユーティリティーナットを付ければ、ライトや虫よけをぶら下げることができます。

また自作でエブリイの車体の上にルーフボックスを置く方法もあります。様々な方法で車中泊での収納力を上げていきましょう。

また車中泊仕様では目隠しも必須です。朝日を遮断しゆっくりと寝られるように、そして夜には明るい車内の光が漏れないように、また外の視線を遮断するようにすべてのエブリイの窓にはカーテンが必要です。

こちらもエブリイ純正のものがありますが、車中泊におすすめのリヤプライバシーシェード27500円や、プライバシーカーテンなどもあります。

少々お値段が張りますので、こちらは多くの方が自作で用意されているようです。お手持ちのカーテンやフロントシェードで代用されています。

エブリイワゴンを車中泊仕様にする便利グッズ見出し

Photo by iskws

ではもっと快適に身近にあるものでエブリイワゴンを車中泊仕様に改造してみましょう。キャンプで使用するグッズを選んで使用すれば、コンパクトなエブリイの車内でも、快適な車中泊の空間を作り出せます。

フッククリップ

エブリイの車中泊で荷物のひっかけ収納として便利なフッククリップ。いろんなところに挟んで袋や服、生活用品をハンギングしてみましょう。

フッククリップは100均でも販売されていますので、いくつか購入してエブリイの車内で使ってみましょう。エブリイ純正のルーフバーを挟んで半銀スペースにするのもおすすめです。

移動中にものを車内に置いておくと移動してどこかに行ってしまいます。そんな時は便利なハンギングクリップでしっかりとひっかけておきましょう。そして車中泊の狭い空間を有効的に使うためにはハンギングは最も便利な収納方法です。

キャンプ用テントマット

エブリイを車中泊仕様にフラットにしたら、キャンプで使用するテントマットを敷き詰めるのもおすすめです。

なかなかエブリイのサイズに合ったものはありませんが、テントマットはサイズを調整できますので、必要な場所にテントマットを敷いて、車中泊での床面からの冷気や自作した床の硬さを軽減してみましょう。

テントマットが手に入りにくい方は、銀マットで代用も可能です3cmからの分厚い銀マットをキャンプマットの代用としてみましょう。その上に寝袋で寝れば、快適な車中泊となることでしょう。

寝具用マット

エブリイには純正の車中泊用のベッドマットが販売されています。定価35200円で1セット2人が並んで寝ることができる広さになります。

他にも車中泊用のコンパクトカー用のベッドマットがたくさん販売されていますので、他のものと比べるのもおすすめです。

また器用な方はベッドの土台をコンパネで作り、ベッドマットをキャプようのものを使用して自作する方もたくさんです。

ローテーブル

エブリイでの車中泊で、起きている時は車内でゆっくりと食事をしたり休憩をしたいものです。そんな時はコンパクトな折りたたみローテーブルを用意しましょう。

寝るためにフルフラットにされた後部座席には、テーブルのようなものがありません。食事をしたりお茶を飲んだりするには必要なテーブルです。

カーテンワイヤー

100均で販売されているか・ワイヤーをご存じでしょうか。こちらは車中泊をする人の間ではよく知られているグッズで、ワイヤー製のカーテンレールになります。

ワイヤーですので自在に曲がりカーテンを取り付けることができます。色んな長さにカットして、カーテンリングを布に付ければ、車中泊用の自作カーテンの完成です。

車中泊に欲しいマット・ベッド!クルマの旅や震災に必須便利グッズ!のイメージ
車中泊に欲しいマット・ベッド!クルマの旅や震災に必須便利グッズ!
チェックインの時間や場所を気にしなくてもいいということで人気の車中泊ですが、寝床づくりに必要なマットやベッドなどの準備を怠るとよく眠れずに、翌日体に疲れが残ってしまうことも。そこで、今回は車中泊をするときに便利なマットやベッドなどのグッズをご紹介します。
軽バンで車中泊をするなら?DIYでのベッド自作や改造もおすすめ!のイメージ
軽バンで車中泊をするなら?DIYでのベッド自作や改造もおすすめ!
最近、車中泊で注目されているのが大型の車ではなく、「軽バン」になります。ベッドやマットを改造し、車内をDIYしながら快適な車中泊を楽しむことができます。軽バンでものびのびと過ごすことができ、キャンパーからも注目されています。

エブリイを車中泊仕様にするDIYグッズ自作方法見出し

ではもっと詳しくエブリイで快適な車中泊をしてみましょう。不便なところはDIYで解決です。まず換気に必要な換気扇から、車中泊では必須のカーテンに間仕切りの自作も可能です。

ご自身がエブリイで過ごしてみて、不便に感じるところを次々に自作のグッズで解決してみましょう。

換気扇

車中泊での換気に、換気扇を自作して取り付ける方がいます。多く使われるのがPCファンです。このPCファンをプラダンに埋め込んで、網戸素材に挟みます。

これをエブリイの内側から後部座席のドアのパッキンに装着し換気ができる装置とします。使用は、ポータブル電池を持ち込んで電源を確保しましょう。

カーテン・目隠し

車中泊用のカーテンは、通常の日よけの車用吸盤のカーテンでも可能です。しかし車中泊をしますので、寝ている様子が外から完璧に見えないようにするには、窓をすっぽりと覆うカーテンを設置しましょう。

カーテンを自作する方は100均の材料でも手に入るもので作られます。その代表商品がカーテンワイヤーになります。ワイヤーの金具部分をマグネットフックなどにひっかけてカーテンワイヤーをぶら下げます。そしてカーテンリング付の布をぶら下げれば完成です。

他のやり方としては、エブリイの車体内部にマジックテープを付けてそこに布を貼り付けることもできます。カーテンは市販のものを使ったり、エブリイ用に採寸して自作したものでもいいでしょう。

間仕切り

車中泊では中で着替えなども行います。そんな時は運転席部分との間に間仕切りを作って、外からの視線を遮断しましょう。

とっても簡単に間仕切りを作るのは突っ張り棒を使う方法です。突っ張り棒にカーテンを通して、両端につっぱります。エブリイの両端のちょっとした隙間にクリップを挟んで突っ張り棒を固定する部分を作ります。

これで車中泊も快適に行うことができるカーテンと間仕切りの完成です。走行中はカーテン等を開けて走るようにしましょう。

車中泊でソロキャンプ!おすすめグッズや注意点も詳しく解説!のイメージ
車中泊でソロキャンプ!おすすめグッズや注意点も詳しく解説!
アウトドアブームにより近年キャンプが人気となっています。そしてキャンプの中でもソロキャンプを車中泊で行う方も多くいます。ソロキャンプは手軽に気兼ねなく行けると人気のキャンプスタイル!そんなソロキャンプにおすすめの車や道具も沢山販売されています。
車中泊におすすめのカーテンをご紹介!選び方のポイントや自作方法は?のイメージ
車中泊におすすめのカーテンをご紹介!選び方のポイントや自作方法は?
車中泊には必須であるカーテン。紫外線や直射日光を防いでくれてプライバシーも守ることができるので一枚持っていると便利です。そこで、車中泊のカーテンの選び方のポイントや自作方法、つける際の注意点などをご紹介していきましょう、

エブリイで車中泊を楽しもう!見出し

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

いかがでしたでしょうか。車中泊に最適なエブリイを改造して、寝心地のいい車中泊スペースを作ることができます。

お金をかけずにこつことと自作して使い勝手のいい車中泊を楽しんでみましょう。大人二人が余裕で車中泊できるスペースのある、アウトドアに最適なコンパクトワゴンエブリイはこれからますます需要のある車です。

投稿日: 2020年11月25日最終更新日: 2020年11月25日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote