地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

北海道にいる「八角」ってどんな魚?美味しい食べ方や旬の時期を紹介!

北海道に生息しているおいしい魚「八角」。八角は見た目のインパクトがあり、身がしっかりとしているので刺身やフライなどいろんな料理で味わうことができます。八角の魚の生態や旬の時期を知っておくことで、さらにおいしく味わえます。

北海道の魚「八角」を徹底リサーチ!見出し

Photo by Victoria Reay

北海道に生息しているおいしい魚「八角」。八角は地元の方にも人気が高く、見た目のインパクトが強いので釣り人の間でも話題を集めています。八角は身がしっかりとしているので、いろんな料理で味わうことができます。

今回はそんな北海道で有名な魚「八角」について詳しくご紹介します。八角の生態やおいしい食べ方、旬の時期についてもお伝えしていくので初めて食べる方はぜひ参考にしてみてください。

旬の時期やおいしい食べ方&レシピもご紹介!

北海道でも釣り人の間で話題を集めているおいしい魚「八角」。八角は北海道や東北地方に生息している魚になり、いろんな食べ方でおいしく味わえます。北海道の旬の食材と一緒に作れるレシピもたくさん。

八角はおいしい旬の時期があるので、初めて食べる方は1番脂ののっている旬の時期を選ぶのがおすすめです。魚を釣ったばかりの場合は、そのまま刺身にして味わうのも人気。ぜひ1度レシピや食べ方を確認しておきましょう。

北海道の魚「八角」の基本情報見出し

Photo byvisavietnam

主に北海道で見られる魚「八角」。八角は日本でもあまり知られていない魚ですが、1度見ると忘れない印象的な見た目が人気を集めています。八角を使ったレシピはたくさんあり、おいしいと地元の方からも人気の魚です。

今回はそんな八角の基本情報について詳しくご紹介します。八角の正式名称や名前の由来をはじめ、サイズや見た目の特徴など初めての方におすすめの情報ばかりです。八角を食べる前に目を通しておきましょう。

八角の正式名称と地方名

北海道で人気のある魚「八角」は、正式名称が違います。八角の正式名称は「トクビレ」となり、カサゴ目トクビレ科に分類されている魚です。最近では関東でも見られる魚ですが、北海道では八角と呼ばれています。

八角の呼び名はその特徴的な見た目からきており、地方によって呼び名が違うのも特徴的。トクビレは世界でも通用する名前となっているので、覚えておきましょう。ちなみにトクビレは漢字で「特鰭」と書きます。

八角という呼び名の由来

八角という名がついたのは、調理する過程での見た目が理由です。見た目に特徴がある八角は断面を見てみると、八角形になっています。そのことから「八角」と呼ばれるようになり、今では全国的に八角という名が広まりました。

地方ではサチやワカマツ、マツヨなどオスとメスによって名前がわかれている場合もあります。八角は北海道で呼ばれるようになった名前ですが、最近ではトクビレという名前を知らない方が多いです。地方によって違う名前を探しておきましょう。

八角の見た目の特徴・サイズ

八角は何度も紹介している通り、見た目のインパクトが強い魚となっています。八角は体長40・50cmほどまで育つ大きな魚になり、オスとメスで見た目が違うのも特徴的。小さいサイズの場合はフライなどで味わう方が多くいます。

八角を釣り上げた方は、見た目がホウボウやコチに似ているとの声も多いです。口がとても細長く、鰭が大きいのでさばく時には注意が必要。色合いも良く、北海道の魚の中でも釣り上げた瞬間にわかる見た目の特徴があります。

オスとメスの魚の見分け方

オスとメスで見た目の違う八角は、見分け方を知っておくのがおすすめです。八角のオスは体長50cmを超える大物が多く、鰭には白い模様があります。見た目の派手さがあり、味もオスのほうがおいしいと言われています。

八角のメスは体長が35cmほどにしか育たず、鰭はオスよりも小さいです。また、メスはフォルムが丸々しているので、八角だと分からない方も。体の色合いも薄い茶褐色なので、パッと見ただけでオスとメスを見分けることができます。

台湾の香辛料「八角」と混同されやすい

北海道の魚である八角は、インターネットで検索すると台湾の香辛料である「八角」がヒットしてしまう場合も。香辛料の八角は臭いがとてもきついですが、魚の八角は臭いが無いので間違えないように注意してください。

初めて八角の名前を聞く方は台湾の香辛料と混ざってしまうので、魚の八角として調べていくのがおすすめです。香辛料である八角も見た目が印象的になり、台湾料理でよく使用されています。日本人にはあまり馴染みのない香辛料です。

北海道の石狩地方は人気の釣りスポット!堤防や船で子供と一緒に!のイメージ
北海道の石狩地方は人気の釣りスポット!堤防や船で子供と一緒に!
北海道は数々の釣りスポットがあります。石狩地方は人気のある釣りスポットで、年齢問わず釣りを楽しむ方が多い場所です。堤防で釣りを楽しんだり、船を使って海に出たりもできますので、お子さんも一緒に海を楽しむことができます。北海道の石狩にスポット当ててみました!

北海道の魚「八角」の生態見出し

Photo byjoakant

主に北海道に生息している八角は、生息地や食性を知っておくことで釣りやすくなります。北海道では八角の釣れるポイントも数多く点在しており、全国から八角狙いで訪れる釣り人も多いです。

今回はそんな八角の生態について詳しくご紹介します。生息地や釣れるポイントをはじめ、産卵期など知っておくことで旬の時期も知ることが可能です。八角を釣りたい方は最初に目を通しておくのがおすすめ。

八角の生息地

主に北海道で見られる八角ですが、実は島根県から東北、北海道と広く生息している魚になります。その中でも産地は北海道となっており、旬であるおいしい時期の八角を釣れることでも人気があります。

八角は寒い海域に生息しているので、朝鮮半島でもよく見られる魚です。八角は水深200m付近の海底を泳いでいる魚になり、深いところだと水深600m付近でも見られます。暖かい地域ではあまり見られない魚の種類になります。

八角が釣れるポイント

Photo byK_Malik

八角は沿岸の浅い海に生息しているので、ヒラメやコチを狙うポイントに八角がいる可能性が高いです。八角は主に底引き網で捕獲されているので、釣りのタックルなどもヒラメやコチ用のアイテムを揃えておくのがおすすめ。

八角は底を這って生活しているので、針に引っ掛けるやり方でも釣ることができます。砂地や岩礁隊のあるポイントであれば、八角の釣果が上がる傾向があります。地元の釣具店でも八角のおすすめ釣りポイントを聞いておきましょう。

八角の食性

謎の多い八角は、食性も謎に包まれているので明確にはわかっていません。今、分かっている八角の食性は甲殻類や多毛類を食べるということだけです。釣り餌でも利用されている「ユムシ」を食べているという噂も。

八角は食べ方にも特徴があり、生息している岩礁地帯や、砂、泥などに体を付けたままエサを捕食していると言われています。そのため、釣りで狙うのは少しコツがいりますが、引きがとても強いので釣り上級者からも人気のある魚です。

八角の産卵期

八角は食性と同様に、産卵期も謎に包まれています。八角は深い海に生息しているので、産まれた直後の稚魚の様子や、稚魚の成長についても知られていません。捕獲量も少ない魚なので、なかなか研究が進んでいないそうです。

現在、分かっている時点で八角の産卵期は10月から11月の秋の時期と言われています。主な生息地である北海道でも捕獲量が少ないので、希少な魚と言われています。万が一お腹の大きいメスが釣れた場合は、リリースしてあげてください。

北海道の魚「八角」の味と旬の時期見出し

Photo byPexels

身がしっかりとしており、おいしいと言われている魚「八角」。八角は1年でもっともおいしくなる旬の時期があり、事前に知っておくことで旬の時期を逃さずにおいしい八角を味わうことができます。

今回はそんな八角の味はもちろん、旬の時期についてご紹介します。八角の味を予め知っておくことでレシピを考えやすく、自分の好みの味に調理することが可能です。希少な魚なので、よりおいしい時期を狙いましょう。

八角の旬の時期

まだまだ研究途中の魚である八角ですが、1番おいしい旬の時期は12月から3月である冬と言われています。産卵直後の八角は脂がのっており、主な生産地である北海道では冬の時期になるとスーパーでも八角が販売され始めます。

旬の時期の八角はどれもおいしいですが、より新鮮なものは色合いが黒いです。また、目が澄んでいるのも鮮度の良い八角の証拠となっており、スーパーや市場などで見比べてみるのもおすすめ。お値段も市場なら安く販売されています。

八角の味

希少な魚である八角は、白身魚として知られています。八角は身がしっかりとしており、その中に上質な脂身が詰まっているのでおいしいと人気があります。脂身がとてもおいしいので、八角は刺身で味わうのが絶品とも。

八角は身がコリコリとした食感なのも特徴的です。メスのほうが脂身が少ないので、購入するならオスの八角を選ぶようにしましょう。身は優しい色合いになっており、刺身以外のさまざまなレシピでも使用することができます。

八角の栄養価

八角は栄養価の高い魚になり、とくにダイエットや体づくりをしている方におすすめの魚になります。八角は他の魚よりもたんぱく質が多く、脂身がしっかりとしていますが低脂肪なので女性にも人気のある魚です。

八角にはカリウムやビタミンB6など身体作りに欠かせない栄養素がたくさん。ビタミンB6に関しては筋肉になる栄養と言われているので、筋肉を作りたい方にもおすすめになります。血液を作るのに重要な役割も果たします。

カリウムは肝臓の機能を高めてくれる効果があるので、塩分を身体の外へ出す機能が強くなります。八角にはこのカリウムが多く含まれているので、塩分取りすぎを気にしている方にも人気があります。

北海道の魚「八角」のおいしい食べ方・レシピ見出し

Photo byRitaE

栄養素が多く含まれており、おいしい魚「八角」。八角はさまざまな食べ方でおいしく味わうことができ、フライや焼きなどレシピもたくさん。地域によって食べ方も変わるので、気になるレシピはおさえておくのがおすすめです。

今回はそんな北海道の魚「八角」のおいしい食べ方・レシピについて詳しくご紹介します。おいしい食べ方やレシピは知っておくだけで調理が楽しくなります。八角を食べる際の注意点もお伝えしていくので、チェックしておきましょう。

八角のさばき方

まずは八角を食べる前に、さばき方を調べておきましょう。八角は基本的にホウボウなどと同じさばき方になります。八角はさばく前の下準備が重要で、えらを出して頭を落とします。その後腹を裂いてきれいに内臓を取り出しましょう。

下準備を終えた八角を大きな背びれを取り除きます。八角の皮は手でも取ることができるので、気になる方は取っておきましょう。その後に背びれから包丁を入れていき、中骨まで切っていきます。

その後尾の付け根から一気に刃を通せば完成です。ですが、八角は細い身体をしているので、一気に刃を通すと崩れてしまう可能性も。慣れが必要なので、何度か練習していくのもおすすめです。

八角を生で食べる場合はアニサキスに注意!

八角は刺身など生で味わうのもおいしいですが、生で食べるには注意が必要です。大きめのサイズの八角にはアニサキスが生息している可能性があり、食べると腹痛や嘔吐に繋がるので生で食べる際は注意が必要です。

アニサキスは目で確認できるので、さばいている最中に取り除いておきましょう。アニサキスは冷凍や加熱することで死滅するので、加熱料理では問題ありません。刺身で食べたい場合は、生きているアニサキスには注意してください。

八角のおいしい食べ方・レシピ1:刺身

獲れたての新鮮な八角が手に入った場合は、そのまま刺身で味わうのがおすすめです。先ほど紹介した通り、刺身で味わう際はアニサキスにだけ注意しましょう。濃厚な脂の旨味をそのまま楽しめるので、八角の味を堪能できます。

新鮮な八角は生息地である北海道でしか出回らないと言われています。そのため、北海道のお店では八角の刺身を提供している場合が多いです。八角の刺身を味わいたい方は、ぜひ北海道まで足を運んでみてください。

八角のおいしい食べ方・レシピ2:カルパッチョ

Photo by whitefield_d

八角をおしゃれに食べたい方におすすめのレシピが「カルパッチョ」。八角のカルパッチョはさまざまなレシピがありますが、その中でも女性に人気を集めているのが梅肉を使用したカルパッチョです。

梅肉を使用することでさっぱりとした味わいになり、お酒のおつまみとして最適。鮮度の良い野菜と一緒に味わうことで、よりヘルシーに仕上がります。カルパッチョの場合は刺身よりも八角の身を薄くスライスしましょう。

八角のおいしい食べ方・レシピ3:軍艦焼き

八角の特徴的な形を利用したレシピが「軍艦焼き」。八角を背開きにすることで軍艦焼きを行うことができ、内臓は肝以外は取り除きましょう。鮮度の良い八角の場合は肝もそのまま焼き上げることで、苦みのある大人の味を楽しめます。

塩焼きでシンプルに仕上げるのはもちろん、みりんや味噌などで濃く味付けするのもおすすめです。じっくりと中まで焼き上げることで香りが高くなり、脂の甘味も増してくるので八角の旨味をそのまま味わうことができます。

八角のおいしい食べ方・レシピ4:味噌汁

Photo bylikesilkto

八角をすべて余すことなく使用したい方におすすめなのが「味噌汁」。八角のあらを使用して出汁を取ることで、深みのある味噌汁を作ることができます。八角の身はもちろん、野菜など好きな食材を加えていきましょう。

味噌を入れる前に八角のあらからしっかりと出汁を取るのがコツです。八角の脂身がそのまま出汁になってくれるので、最後までおいしく味わうことができます。

八角のおいしい食べ方・レシピ5:フライ

八角の旨味が一気に倍増するレシピが「フライ」です。八角のフライも3枚おろして仕上げることで、ボリュームのある料理になります。薄力粉、玉子、パン粉をつけて揚げるだけで完成する簡単レシピとしても人気です。

八角のフライは70度の油を使用してさっと揚げるのがおすすめ。あまり長く揚げてしまうと旨味が逃げてしまう可能性もあるので、揚げる温度・時間帯に注意が必要です。

北海道の魚「八角」をおいしく味わおう!見出し

Photo byjoakant

北海道で人気が高く、全国的にも希少な魚として知られる「八角」。八角を使用したおいしいレシピはたくさんあり、調理方法1つで八角の旨味を最大限引き出すことができます。

八角は謎に包まれた魚ですが、その味はおいしいと評判が高いです。ぜひ、冬の時期においしい魚を探している方は「八角」を味わってみてください。

投稿日: 2021年11月9日最終更新日: 2021年11月9日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote