地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

高知のカフェ!おしゃれ人気店でランチやケーキ!カフェリアン・ムームー

自然の宝庫・坂本龍馬・鰹のたたき・柚子…高知と言えばまずはそんなイメージを持つ方が多いですね。実は、カフェがたくさんあることは意外に知られていません。高知でランチやティータイムに訪れたい、人気のおしゃれなカフェをおすすめシーン別にたくさんご紹介します。

高知が実力派カフェを生んだ理由見出し

知る人ぞ知るデータがあります。高知は、人口あたりの喫茶店数が全国1位というものです。モーニングに、ランチに、リラックスタイムに…ちょっと喫茶店に行くということが生活に馴染んでいる地域なのです。そんな豊かな喫茶店文化を背景に生まれたカフェが高知にはたくさんあります。ランチにもティータイムにも、色んなシーンにぜひ訪れたいカフェをお教えします。

おひとりさまも子連れでも「カフェリアン(Cafe le lien)」見出し

倉庫をリノベーションしてできた「カフェリアン(Cafe le lien)」は、おしゃれで快適な物件を手掛けることで有名な工務店、シュウハウスが作ったカフェです。店内は開放的な印象で、テーブルやソファ席の他に、小上がりもあり、子連れでも気兼ねなく来店できるところも魅力です。

こちらでいただくランチは、高知産の玄米や野菜、国内産の小麦粉を使用するなど材料からこだわっています。ランチで一押しの週替わりランチプレートは、いろどりも豊かな野菜がたくさん盛られ、健康にも気遣ったメニュー構成です。男性でも満足できる量のメイン料理と、野菜をふんだんに使った前菜は、素材の味を気づかせてくれるやさしい味付けになっています。

食後の飲み物をいただく頃には、すっかり時を忘れてくつろいでいることでしょう。ティータイムのメニューもケーキからパフェまでふんだんに揃えられているので、迷ってしまいそうです。もちろんランチタイムにカフェメニューのオーダーも可能です。おしゃれだけでない、高知カフェの代表格とも言えるこのお店の実力を堪能してください。

オールデイ楽しめる「ムームー(MuuMuu)」見出し

おしゃれさが凝縮されているかのような店内は、1階がテイクアウトのパティスリー、2階がカフェとなっています。ここは高知?日本?と一瞬迷ってしまうような海外の雰囲気がある店内で、モーニングメニュー・ランチメニュー・カフェメニューなど時間によって取り揃えられています。

食事メニューはボリュームがあり、コストパフォーマンスもいいです。きちんと素材のおいしいところを生かした丁寧なお料理が自慢です。カフェで出てくるお料理のレベルを超えた味わいです。

また、お店では階下のパティスリーで扱っていないスイーツもいただけます。かわいいケーキやマカロン、クリーミーなフォームミルクたっぷりのカフェオレなどはフォトジェニックで、ついついカメラを向けたくなりそうです。

高知らしさを求めるなら「眺めのいいカフェ パ・ノ・ラ・マ」見出し

こちらで絶対にオーダーしたいのが、“龍馬カプチーノ”です。シナモンを使って坂本龍馬を描いたカフェアートで、土佐気分が否応なしに盛り上がります。香り高いシナモンと風味豊かな生クリームが、マイルドなコーヒーの味に華を添えています。もちろんデザートも忘れずに。ガラスケースに並ぶケーキはどれもおいしそうで目移りしそうです。シュークリームも人気の一品です。

こちらのお店は車でのアクセスが必須ですが、基本的に平日は17時、土日は21時までの営業となっており、ゆっくりできます。ミールメニューもお勧めが多く、スープカレーやドリアなど、しっかり空腹も満たせます。五台山公園の展望台の建物の中にあり、近くには竹林寺や牧野植物園などの観光スポットも多いので、観光・行楽の合間に立ち寄るのに使い勝手がいいです。

和カフェで高知を感じる「土佐茶カフェ」見出し

高知駅から徒歩で10分ほどの商店街のアーケード沿いにある「土佐茶カフェ」は高知の和カフェの中でも人気のあるお店です。落ち着く白木の内装に、かわいい雰囲気の漂うお店で、土佐産のお茶を堪能することができます。

日本茶の産地として静岡や京都は有名ですが、高知でもそれらに負けないくらいおいしいお茶の栽培をしています。主に仁淀川・四万十川の流域で栽培されているお茶を土佐茶と呼んでおり、このお店では色々な土佐茶を扱っています。お茶は淹れ方の説明書きを見ながら自分で淹れます。蒸らし時間を測れる砂時計もあります。何人かで訪れて、味の違いを楽しむのもいいですね。

10種類以上ある食事は夜でもお値段が変わりません。地産地消を意識した、おしゃれなメニューが550円からとリーズナブルなので、お食事メインで来店する人も多いのだとか。もちろんデザートも土佐と和のテイストを盛り込んでおり、土佐茶の魅力を発見できます。お茶のおいしい淹れ方講座や土佐茶栽培地をめぐるツアーなども企画されるので、土佐茶の世界をもっと知りたい方はぜひ訪ねてみてください。

高知老舗喫茶店の雰囲気満喫「メフィストフェレス」見出し

高知城やひろめ市場を回った後に是非立ち寄りたいのが「メフィストフェレス」です。まず、なんと言ってもその外観に圧倒されます。店内に踏み入れると、意外と広く感じる店内に荘厳なオペラなどのクラシック音楽が流れ、ステンドグラスに目を奪われるでしょう。店名となっているメフィストフェレスとは、ゲーテの戯曲「ファウスト」で出てくる悪魔の名前です。1964年創業で、高知の喫茶店で老舗と言えます。

クラシカルなソファーにゆったりと身を沈め、暗めの照明の店内は居心地のよさにうっとりします。特筆すべきはモーニングサービス4種類が8~15時まで注文できることです。カジュアルモーニング(サラダ+厚切りトースト+ゆで卵+ドリンク)で460円、一番豪勢なスープモーニング(スープ+サラダ+ヨーグルト+ゆで卵+厚切りトースト&もう1種類のパン+ドリンク)でも790円とあって、人気なのもうなずけます。

サイフォンで淹れた珈琲は、酸味・苦味ともやさしく、食後には美味しいお茶もサービスで勧めていただけます。ハード面・ソフト面ともに充実のこちらこそ、高知喫茶店の実力を思い知る名店と言えるでしょう。

夜カフェ使いもOK「カフェ・ド・梵」見出し

帯屋町の商店街の中にある、「カフェ・ド・梵(ボン)」は、自家焙煎のコーヒーと手作りのシフォンケーキが人気のお店です。高知のカフェでは珍しく、夜23時までの営業ですので、宴会の後、仕事の後でもゆっくりできます。

色々な種類を楽しめるシフォンケーキには、オーガニックの小麦粉・卵・砂糖を使用しています。シフォンケーキのふわふわ感とともにもっちりした食感は、たっぷりと濃厚な生クリームと相まってくせになることうけあいです。

コーヒーは自家焙煎のこだわりが詰まっています。標高1000mの畑からとれるコーヒー豆を厳選して使用しており、コクや風味をいちばん引き出せるよう努力を怠らないオーナーの熱意はその味がきちんと証明してくれています。提供されるカップも絵柄が違っていて楽しめます。ケーキ・コーヒー豆とも県外発送もしてもらえ、また手土産としてもよく使われます。

高知の夜は続く「5019 PREMIUM FACTORY」見出し

はりまや橋からほど近い「5019(ゴーイング) PREMIUM FACTORY」は、深夜まで営業しているカフェバーです。カジュアルアメリカンな店内で、1階はカウンター、2階はカウンター・ソファ・テーブル席があります。

スペシャリテと言える、龍馬バーガーは大き目のバンズに、ビーフパテ・目玉焼き・チーズ、そしてナスやピーマンといった土佐野菜、鰹のフレークが挟まれています。鰹のフレークというのが土佐らしさを出しています。「かつて食べたハンバーガーの中で最大」「口が大きい方だけど、この高さ全部を一度にかじるのは無理」といった感想が出るほどのサイズで、県内外はもちろん、外国の方からの人気もあります。どこを食べても違った味わいがあり、大きくても飽きずに食べ切ることができます。ハンバーガーは昼夜ともにチョイスできるメニューです。

また、バースタイルで飲み目的で行くのにもいいお店です。種類の豊富なカクテルと、多様なタパス(おつまみ)で気分も盛り上がります。お昼は日替わりランチプレートやロコモコなど、数種類のランチメニューが揃い、お店の雰囲気に合ったおしゃれなランチタイムが過ごせると人気です。

高知の自然を感じられる「久礼野茶房」見出し

お店の周辺は田んぼや山、という高知ならではと言うべきカフェが「久礼野茶房(くれのさぼう)」です。和風な店名ですが、れっきとしたカフェで、その外観は一見するとおしゃれな邸宅のようにも見えます。

店内はガラス張りで、明るく広い印象です。内装も凝っていて、椅子やテーブルがそれぞれ違うため、どこに座ろうか迷ってしまいそうです。インテリアに興味のある人なら、参考になるアイディアを見つけられそうです。

おしゃれなだけでなく、お料理は手抜きなしで、特にデザートつきの日替わりランチが人気です。他にパスタやカレー風味のオムライス(要予約)などを楽しめます。ごはんやパンがおかわりできるのは嬉しいサービスです。

大きい窓から見える、のどかな田園風景がこのお店のウリです。思わずぼーっとしてしまう人が続出です。高知市街から車で20分ほどかけても訪れる価値はあります。おしゃべりに興じたい女性客のみならず、ゆっくりと1人でランチやコーヒーを楽しみたい向きの男性1人客にも人気です。ドライブやツーリングの途中に立ち寄るのにもいいでしょう。

高知カフェの魅力は尽きない!見出し

高知のカフェと一口に言っても、こちらで紹介しきれなかったお店がまだまだたくさんあります。人気のあるお店が高知にはたくさんあって、そのどれもがかなりのレベルを誇っています。高知を訪れたらカフェ巡りをするのもおすすめです。シーンによってのお気に入りを見つけることができるでしょう。

高知県の観光スポットランキング!おすすめのモデルコース!グルメ情報あり | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
高知県の観光スポットランキング!おすすめのモデルコース!グルメ情報あり | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高知県は自然豊かな観光スポットが目白押しです。もちろん、土佐の郷土料理やB級グルメも美味しいものぞろい。実はあまり知られていない高知の人気観光ランキングスポットはもちろん、子供から大人まで満喫できる魅力いっぱいのスポットとグルメ情報満載でお届けします!
高知のグルメ!郷土料理の名物は?おすすめ土佐料理かつお・ランチなど | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
高知のグルメ!郷土料理の名物は?おすすめ土佐料理かつお・ランチなど | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大自然に囲まれ、個性豊かなグルメの国として知られる高知には、かつおのタタキや皿鉢料理などの独特な郷土料理がたくさんあります。海と山、そして清流という自然環境が生んだ高知のグルメ情報やおすすめランチ情報をさっそく紹介してまいりましょう。
高知の旅行ガイド!カップルや子連れにオススメ(おすすめ)!プラン提案! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
高知の旅行ガイド!カップルや子連れにオススメ(おすすめ)!プラン提案! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高知への旅行となると「坂本龍馬」は外せないカップルにも、子連れだからみんなで楽しめる旅行をという方にもこんな見どころの高知旅行はいかがでしすか?カップルで景色に癒され、子連れで遊んで楽しい思い出!おすすめスポットを集めてみました。よさこい祭りも忘れてませんよ!

関連キーワード

投稿日: 2017年2月23日最終更新日: 2020年9月6日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote