地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

高知の旅行ガイド!カップルや子連れにオススメ(おすすめ)!プラン提案!

高知への旅行となると「坂本龍馬」は外せないカップルにも、子連れだからみんなで楽しめる旅行をという方にもこんな見どころの高知旅行はいかがでしすか?カップルで景色に癒され、子連れで遊んで楽しい思い出!おすすめスポットを集めてみました。よさこい祭りも忘れてませんよ!

高知の旅行ガイド見出し

Photo by Shigeyama

高知県は、四国の太平洋側にあり、豊かな山林とダムの無い清流「四万十川(しまんとがわ)を代表とする自然豊かな所です。室戸岬・足摺岬・龍河洞などの自然そのものの観光名所も沢山あり、太平洋側を流れる黒潮のために冬の朝「海面から湯気」を見ることがあります。

また「カツオの一本釣り」が有名で藁で焼くカツオのたたきは絶品です。そして忘れてならないのが「坂本龍馬」ですね。NHK大河ドラマとして主人公の坂本龍馬を福山雅治が主演した「龍馬伝」は大ヒットしました。

高知旅行のおすすめスポット1:坂本龍馬像見出し

高知県とといえば「坂本龍馬」ですね。太平洋桂浜の龍頭岬の先端の、荒れ狂う大海原に向かい何を思っていたのでしょうか?ぜひ一度同じ位置に立ち、あなたの理想を見つめてみてはいかがでしょう!

和服姿で懐手そしてブーツ姿の龍馬は有名ですね。遥か彼方の太平洋を見つめている姿は実に高さは5.3m(台座からだと13.5m)もあります。高知市浦戸桂浜公園の坂本龍馬像です。

龍馬の生まれたまち記念館

坂本龍馬と坂本乙女さんの像ですが、腕組したお姉さんは流石「仁王様」の如き強さを感じますね。

住所:高知市上町2丁目6-33
電話番号:088-820-1115

龍馬記念館

手をつなごうというわけで「シェイクハンド龍馬」なのですが、憧れすぎてこんなポーズ!龍馬記念館は2017年4月より1年間休館となり、2018年春にはグランドオープンとしてOPENします。ぜひご期待ください! 場所:高知県高知市浦戸城山830番地 電話:088-841-0001

高知旅行のおすすめスポット2:足摺岬見出し

国立公園の足摺岬(あしずりみさき)は『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で二つ星に輝いたスポットです!海の向こうに見えるアーチ状の水平線!「地球は丸かった」と実感してください。朝日も夕日もとてもドラマチック!

そしてその先端には足摺岬灯台もある四国最南端の岬ですよ。また「ジョン万次郎」の銅像や「足摺岬観光案内所」もあります。地元ガイドさんもいて案内もお願いできますよ。足摺岬の絶景は、見てみないと言葉では語りつくせません!

白山洞門(はくさんどうもん)カップルにおすすめ!

海の侵食で洞門がハート型になっているんです。洞門穴から見える太平洋は何だかワクワクして感動的です。特にカップルにおすすめのスポットです!

中浜万次郎像(ジョン万次郎)

本名は中濱 萬次郎(なかはま まんじろう)というのですが井伏鱒二「ジョン萬次郎漂流記」以来ジョン萬次郎が通称となったようです。1841年漁のさなかに嵐に遭遇し漂流し、その後アメリカの捕鯨船に救われアメリカ本土に渡り「英語・数学・測量・航海術・造船技術」などを一心に学びました。1851年日本に帰ってからの彼には「黒船来航」「明治政府」など世情の変動に多大に貢献した地元の英雄です。

足摺岬の観光コース・宿泊ガイド!アクセス・灯台・グルメ情報あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
足摺岬の観光コース・宿泊ガイド!アクセス・灯台・グルメ情報あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高知県の足摺岬は四国最南端の観光スポットです。どこまでも雄大な自然を海の景観で感じることができるスポットとして四国の中でも有数の海岸観光スポットでもあります。そこで今回は足摺岬の海と自然にあふれた観光スポットとしての魅力を紹介します。

高知旅行のおすすめスポット3:高知よさこい祭り見出し

Photo by やまもも工房

よさこい祭りは50年以上の歴史をもち、地元の人たちはこの日のために1年間練習を重ね競うそうです。迫力ある演舞は高知土佐の自慢の一つです。夏の日の高知旅行にはカップルの旅行にも良し!子連れの家族旅行も良しのおすすめプランです。

よさこい祭りをお楽しみください!

現在では「正調よさこい節」以外にも「サンバ、ロック、ヒップホップ、演歌、フラメンコ、フラダンス」などとそれぞれの趣向を駆使した参加チームが楽曲と振付けで楽しませてくれます。子連れもめいっぱい楽しめますよ。もちろんカップルの観光客も沢山です。

華やかな衣装も見どころですね。そしてこの笑顔は最高です!高知の子供たちも参加します。鳴子(鳥を追い払うための道具)を手に持ち鳴らします。よさこい踊りの重要なアイテムです。後姿にも艶やかさがあり、手に手に持った鳴子の音が聞こえそうですね。

高知旅行のおすすめスポット4:はりまや橋見出し

全長20mほどの「はりまや橋」は歌にも出てきて有名なんですが、うっかりすると見逃してしまうほど小さな橋です。周辺にはお土産屋さんもありますので、一度訪れてみてください。

純信・お馬の恋物語はよさこい節にも歌われ、そこに登場するのがはりまや橋です。本来は江戸時代、堀川を挟んでいた播磨屋と櫃屋が往来のために架けたといわれそれが由来だそうです。

Photo by senngokujidai4434

「日本三大がっかり観光スポット」なんて異名の「はりまや橋」です。はりまや橋って赤いものだと思っていたら、実はこっちが本物だそうです。高知=赤いはりまや橋と思っていたら、再現用のレプリカなんですって。堀川は実際には埋め立てられ、国道32号支線と、とさでん交通桟橋線が通っています。

Photo by senngokujidai4434

はりまや橋周辺は「はりまや橋公園」となっていてちょっと休憩にも最適です。子連れであちこち見て回って疲れた時に、よさこい節が流れるからくり時計が旅をホット癒してくれるのでは。また「南国土佐を後にして」の歌碑がありペギー葉山の歌が流れます。鯨の親子が潮を吹く仕掛けも見られ、子連れ旅の思い出にもなりますよ。

【高知市観光振興課】
住所:高知市はりまや町1丁目
電話番号:088-823-9457

高知旅行のおすすめスポット5:桂浜見出し

よさこい節にも登場する「桂浜(かつらはま)」は弓形に砂浜が延び松の緑と砂浜が見事な絶景の景勝地です。「浦戸湾口」「龍頭(りゅうず)岬」「龍王岬」の間にあり、カップルで海を見つめて歩くのも最高です。海もキレイなのですが、桂浜は潮流が速いので残念ながら「遊泳は禁止」です。

月が綺麗に見える「名所」と言われています。整備された都市公園には「桂浜水族館」「坂本龍馬記念館」「国民宿舎桂浜荘」もあります。

「JR高知駅」はりまや橋から、高知県交通バス「桂浜行き」で約30分です。車なら高知自動車道「高知IC」から車で約30分です。

桂浜水族館は高知の観光スポット!アクセス・駐車場は?坂本龍馬像に会える | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
桂浜水族館は高知の観光スポット!アクセス・駐車場は?坂本龍馬像に会える | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高知駅からアクセス便利な桂浜。桂浜を見下ろすように幕末の英雄 坂本龍馬像が立っています。桂浜水族館で行われている触れ合いイベントは小さいお子さんにもおすすめです。龍馬像に水族館、高知県の人気観光地を一挙に楽しめる桂浜へのアクセス方法・駐車場情報をご紹介します!

高知旅行のおすすめスポット6:アンパンマンミュージアム見出し

Photo by OHTAKE Tomohiro

香美市立「やなせたかし記念館」に、アンパンマンミュージアムはあります。1996年に設立され、やなせたかしが描いた「アンパンマン」の世界をじっくりと体感でき、大人も子供も楽しめるミュージアムとなっています。他にもメルヘン絵本館があり、子供だけでなくカップルの来訪客もいますよ。

こんなでっかいアンパンマンは近くではわかりません。遠くから一緒にパチリと!

自然の中にたたずむ建物には「面白い」「楽しい」がいっぱいが詰まっています。アンパンマンは誰もが一度は見たという、何十年たっても子供から大人まで愛するキャラクターですね。

子供たちのワクワクは止まりません!子連れ旅行には最高ですよ。子連れの旅行は大変ですが、子供たちの笑顔が見られれば元気が出ます。

住所:高知県香美市香北町美良布1224-2
電話番号:0887-59-2300

高知アンパンマンミュージアム!やなせたかし記念館に子供とおでかけ・宿泊 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
高知アンパンマンミュージアム!やなせたかし記念館に子供とおでかけ・宿泊 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高知アンパンマンミュージアム「香美市立やなせたかし記念館」を知っていますか?アンパンマンの生みの親、やなせたかしさんの故郷にあります。美しい自然に囲まれた街の中にある高知アンパンマンミュージアムをご紹介します。おすすめの宿泊施設やアンパンマンスポットもご紹介。

高知旅行のおすすめスポット7:路面電車見出し

「ちんちん電車」は日本の至る所にありましたね。でも現在では約20ヶ所に路面電車が走っているだけになってしまいました。高知の路面電車は明治37年からで、現存として運行している中では日本一の歴史です。また距離も路面電車として日本最長なんですよ。

1回の「チン」は「停車する」、2回の「チンチン」は「通過する」、停車中の「チンチン」は「発車します」、3回以上の「チンチンチンチン」は「直ちに停車(非常停車)」という意味だそうです。

高知旅行のおすすめスポット8:高知城見出し

「南海道随一の名城」と言われるお城は高知市内にあります。その優美なお城の姿はお城好きの人ばかりではなく、誰をも引き付けてやみませんよ。築城400年という歴史ある高知城は、城跡全てが史跡指定された名城で是非ご覧いただきたいですね。

慶長6年(1601年)山内一豊は新城の築城工事を始め、2年後にに本丸と二ノ丸が完成し入城したと言われています。

住所:高松市玉藻町2番1号
電話番号:087-851-1521

高知旅行のおすすめスポット9:仁淀ブルー見出し

「青の神秘」として絶賛される高知県の「仁淀川(によどがわ)」はご存知でしょうか?「日本一美しい川」というキャッチフレーズは日本中に数多ある中でも、その青く澄んだ様相はカメラマンのズームスポットとしても有名です。「仁淀ブルー」とはそんな青さから生まれました。

水質ランキング一位の「仁淀川」はNHKのスペシャル番組「仁淀川―青の神秘」で放映され瞬く間に有名になったのでした。

安居渓谷

美しい川には森は絶対の必須条件です。「安居渓谷」はそんな川と森の自然の力強さを感じさせてくれます。

にこ淵

まさに秘境と言われるところにあり、ロープをつたいながら険しい山道をいくと見えるのが「エメラルドグリーン」の滝壺です。マイナスイオンを全身に浴び、疲れなど何ものぞ!って感じに癒されます。

仁淀川観光スポット10選!仁淀ブルーに放心!アクセス・川遊び・カヌー! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
仁淀川観光スポット10選!仁淀ブルーに放心!アクセス・川遊び・カヌー! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高知県には仁淀川という日本一の透明度を誇る川が流れ、『仁淀ブルー』と呼ばれています。夏はカヌーや川遊びにキャンプ等、仁淀川周辺の美しい自然の中で愉しめます。仁淀川周辺の観光地では楽しい催しも盛りだくさんです。そんな仁淀川の観光スポットを厳選してご紹介します。

高知旅行のおすすめスポット10:ひろめ市場見出し

高知に来たら此処へ行ってみてください!それが平成浪漫商店街「ひろめ市場」です。ここはまさに大きな屋台村で、和食あり洋食あり中華ありと飲食店が約40軒混在しています。他にも物産店が20軒ありお土産や洋服まで販売されています。カップルも子連れでも、ワイワイがやがやで食べたいものを食べたいだけ楽しんでくださいね。

鰹のたたきは本当に藁で作ります。藁焼き鰹たたきに生ビールは本当にベストマッチ!この味を覚えるてしまうと近所のスーパーでのが生臭さく感じてしまうかも。高知旅行で1年分「鰹のタタキ」を食べ貯めできるといいんですが。

たくさんあるお店から、好きな物を選りすぐりながら広場で食べるという、楽しみながら満腹になれるという「ひろめ市場」。本当に種類も多く大人から子供まで食べるものがいっぱいです。もちろん熱々を届けてくれますし、藁焼きのカツオの塩タタキも堪能できますよ。

アクセスも良好で、車なら高知ICより15分、JR高知駅より5分です。路面電車の場合は大橋通下車、徒歩2分と便利ですよ。

住所:高知県高知市帯屋町2丁目3-1
電話番号:088-822-5287

高知のひろめ市場へのアクセスは?塩たたきがおすすめ!営業時間など | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
高知のひろめ市場へのアクセスは?塩たたきがおすすめ!営業時間など | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高知県高知市にある「ひろめ市場」は、かつおの塩たたきなどの高知の美味しいものがたくさん集まる嬉しい!楽しい!スポットです。自然が豊かで坂本龍馬の故郷でもある高知県。そんな自然と浪漫にあふれる土佐の「イイもの」が揃うひろめ市場は、今日も活気に満ちています!

自然いっぱいの高知へ出かけよう見出し

自然いっぱいの高知旅行には、見どころがいっぱいありますよ。「気になるあの場所!」は見つかりましたか?カップルでの旅行にも大自然の雄大さは魅力でしょう。また子連れ旅行でも楽しめるいろいろな場所もありますね。是非楽しんでください。

投稿日: 2017年2月22日最終更新日: 2020年9月6日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote