地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ハワイのキラウエア火山観光が人気!目の前で溶岩が流れ出す?

ハワイのキラウエア火山観光が人気!目の前で溶岩が流れ出す?

ハワイ島の南部に広がる「ハワイ火山国立公園」は、1987年に世界自然遺産に登録されました。キラウエア火山の流れ出る溶岩を一般の観光客がのんびりと見られる場所世界中でもここくらいしかないでしょう。今回はそんなハワイで人気のキラウエア火山観光情報を紹介します。

ハワイのキラウエア火山観光に行こう見出し

ハワイ州で唯一の世界遺産に指定されているキラウエア火山国立公園。ドロドロの溶岩を一般の観光客がのんびりと見られる場所なんて世界を見てもここくらいしかないのではないでしょうか。1983年以来噴火を続けているキラウエア火山は、「世界でもっとも活発な火山」としても有名です。今回はそのキラウエア火山人気観光情報を紹介します。

ハワイのキラウエア火山はどこにあるの?見出し

ハワイ島にはコナ空港とヒロ空港の2カ所あります。日本からの直行便はコナ空港発着便がありますが、オワフ島にあるホノルル国際空港から国内線に乗り継ぐほうが一般的で便数も多いです。日本からは飛行機でホノルル国際空港までおよそ7時間、ホノルル国際空港からヒロ空港まで1時間程です。

ヒロ空港から「ハワイ火山国立公園」まではおよそ45kmあります。空港からはバスがありますが、公園内も車を利用することができる上、11号線をひたすら道なりにまっすぐ進むだけなので道に迷うこともないので空港でレンタカーを借りて行くといいでしょう。空港ターミナルの正面にレンタカー会社もあります。

ハワイでは入国1年以内であれば、日本の普通自動車運転免許証で車の運転をすることがでますが、事故や違反行為があった時は国際運転免許証の方がスムーズなので、国際運転免許証を取得しておいたほうがいいです。各都道府県警察署の運転免許課や運転免許センター、運転免許試験場などで国際免許証の申請を受け付けています。

ハワイのキラウエア火山ってどんな山?見出し

ハワイ州には8つの島があり、そのうち6島が観光客を受け入れています。ハワイ諸島の中で最も新しく、広大な島として知られているハワイ島の南部に広がる「ハワイ火山国立公園」にキラウエア火山はあります。1987年に世界遺産(自然遺産)に登録されました。1983年以来噴火を続けているキラウエア火山は壮大な地球の息吹を感じることができます。

キラウエア火山は、20世紀中においては45回噴火し、現在も活動している活火山です。「キラウエア」とはハワイ語で「噴き出す」という意味です。溶岩の噴火が激しく絶え間なく続いていて、その溶岩の滝が海へと流れ込んでいます。2016年12月31日、海に面した断崖の一部が崩壊したことがきっかけで、海に溶岩が流れ出す現象が始まりました。

ハワイのキラウエア火山火の女神ペレの伝説見出し

ハワイ諸島の神々の中で最も有名なのが女神ペレではなでしょうか。ハワイ諸島に暮らす人々は常に火山活動とともに生きてきました。「ペレ」はハワイ語で火山を意味する言葉がそのまま神の名前となりました。ペレはハワイ島キラウエア火山のハレマウマウ火口に住み、現在でも多くのハワイの人々が畏怖の念と敬意を抱いています。

ペレはとても情熱的で気まぐれ、そして嫉妬深く、誰でも虜にしてしまう、奔放な美人と言われています。ペレのエネルギーは破壊と再生のエネルギーで、火山により破壊をして そこから新たな創造が生まれるという意味合いもあるようです。しばしば人々の前に現れ人間を試し、機嫌を損ねるようなことがあれば噴火を起こします。

ハワイのキラウエア火山観光に行こう見出し

ハワイ島は別名「ビッグアイランド」と言われているように、ハワイに島の中で一番大きな島です。ハワイ島には観光スポットはもちろんたくさんありますが、人気は大自然の雰囲気を存分に楽しめることです。キラウエア火山は、ハワイ島観光スポットの中でも最大のハイライトと言われている人気スポットです。

ハワイ火山国立公園は24時間365日入ることができます。ただし火山の状況により立ち入り禁止になるエリアもあります。 ビジターセンターは朝7:45から夕方5:00まで営業しています。車での入園が可能で、車1台で1枚のチケットが必要です。10ドルで入園することができます。1週間は出入自由なのでとてもお得です。

ハワイ火山国立公園に来たからには絶対行くべき人気観光スポットはチェーン・オブ・クレーター・ロードです。ビジターセンターから終点地までもかなりの距離がありますのでガソリンと時間にはゆとりをもって行きましょう。終点地から15分程歩くと溶岩に行く手を阻まれた場所、デッドエンドに到着します。

既に固まった溶岩の上を歩くトレイル・コースは状況によって変わり、溶岩が流れている場所までの距離や所要時間もそのときによって変わります。奇岩の「ホーレイ・シーアーチ」は、駐車場からすぐ歩き始めの場所の右手に散策路がついているのですぐわかります。たまに花や草が咲いてて生命力を感じます。

ハワイのキラウエア火山噴火活動が見られるスポット見出し

世界で最も活発に噴火し続けていると言われるキラウエア火山の現在の噴火口は、ハレマウマウ・クレーターとプウオオのふたつあり、このプウオオ火口からは現在も溶岩流が溢れ出ています。ハワイ島の南東端近くにある小さな集落のパホアでは、2014年に溶岩流が襲来し、町の一部が溶岩に埋もれたことを覚えている人も多いでしょう。

このプウオオの溶岩流は2016年6月になって南東向きに流れが変わり、火山国立公園内の斜面をゆっくりと流れ落ちながら、7月26日には海岸線に到達し、オーシャンエントリーが復活しました。現時点で真っ赤な溶岩活動が見られる可能性のある場所はキラウェア火山に4ヶ所あります。

ハワイのキラウエア火山噴火活動が見られるスポット「山頂噴火」見出し

ハレマウマウ火口内のオーバールッククレーターでは、常に白い水蒸気を吹き上げ、大自然のエネルギーをみなぎらせています。現在溶岩は地上では流れておりませんが、ハレマウマウ火口の煙の底から赤く溶岩が光る様が見えます。夜になると噴煙や壁面を溶岩湖の溶岩が照らし出し、迫力の光景を楽しむことができます。

ハワイのキラウエア火山噴火活動が見られるスポット「東断層亀裂噴火」見出し

プウ・オオ・クレーターの溶岩湖はチェーン・オブ・クレーターズ・ロードからは見ることができないので、ヘリコプターツアー利用するか、ナパウ・トレイルを利用してプウ・フルフル展望台から眺めることができます。溶岩の噴出と沈降を繰り返す過程で、溶岩湖の溶岩だまりに亀裂が入って、スマイリー・フェイスの溶岩を見ることができます。

ハワイのキラウエア火山噴火活動が見られるスポット「溶岩トンネル」見出し

サーストン溶岩トンネルは溶岩流の表面が固まり、その後で中の溶岩が流れ出てできたトンネルです。まるでアバターの世界のような深い緑の中にあり、中に入ると、ちょっとひんやりして、神秘的な洞窟です。徒歩での一周するのに所要時間20分ぐらいなので気軽に楽しめる人気観光スポットです。

ハワイのキラウエア火山噴火活動が見られるスポット「オーシャンエントリー」見出し

オーシャンエントリーとは、火口から噴き出してきた溶岩が海に注ぐことから「海への入り口」という意味でです。キラウエアの溶岩流はゆっくりとしているため、比較的安全に間近で眺めることができるので人気の観光スポットのひとつです。ハワイ火山国立公園側、カラパナ側の両方からアクセスできます。

いくら安全とはいえ、往復3時間から4時間のハイキングはきついという人には、レンタサイクルがおすすめです。レンタル料金は1時間1あたり10ドルです。自転車にはライトは付いているものの、周囲に灯は一切なく真っ暗なので、太陽が出ているうちに行って帰って来れるようにしましょう。

ハワイのキラウエア火山観光の注意点見出し

キラウエア火山は基本的に山なので、夏でも観光客にとっては肌寒いです。夏でも最低平均気温は 12度から13度くらいなので、上に羽織るものを1枚持って行ったほうがいいです。車に乗って観光するだけなら、普段の服装でも問題ありませんが、溶岩上を歩いたり、展望台へ行ったり、縦走を楽しむなら、歩きやすい靴、長ズボンを用意しましょう。

また、夜に訪れるなら、とても真っ暗になるので懐中電灯は必須です。日中は日差しが強いので、帽子や日焼け止めは忘れずに。売店も自動販売機もないので、飲み物や行動食も忘れずに持っていきましょう。またハワイ火山国立公園はとても広いのでを観光するならトイレの場所もチェックしておきましょう。

ハワイ火山国立公園内には火山ガスが噴出している場所が多くあり、有毒な二酸化硫黄ガスが発生している場合があったり、蒸気が噴出しているところもあるので注意が必要です。呼吸器官が悪い方等はマスクしたほうがいいですね。 コインなどを残してたり、溶岩を持ち帰ったりしてはいけません。ペレの怒りを買ってしまいます。

ハワイのキラウエア火山を楽しもう見出し

現在最も活発な活火山と言われてる、ハワイ諸島のキラウエア火山。活きている溶岩流を目の当たりにできる場所は地球上でもごくわずかです。数年ぶりに溶岩が流れ出した今、このチャンスにぜひ新しい大地が生まれ続けるダイナミックな地球の営みを体感してみてはいかがでしょうか。

投稿日: 2017年8月6日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote