地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ドイツケルンのおすすめ観光スポット厳選10選!外せない名所ばかり!

ドイツの西部に位置する古都ケルンは、ケルン大聖堂や多くの教会など、歴史建物が並ぶ観光地です。ライン川を挟んで広がる風景はヨーロッパならではの美しい街並みで、美術館や博物館も充実しているケルンの観光スポットなどをお伝えします。

ドイツの古都ケルン見出し

ドイツ西部のライン川河畔にある都市ケルンは2000年もの歴史をもつ古都で、ドイツのなかでは4番目に大きい大都市です。ケルンは世界遺産にも登録されているケルン大聖堂や中世の趣きをのこす旧市街などの名所がある有名な観光地です。そんな古都ケルンのおすすめ観光名所などをご紹介します。

ドイツ観光名所特集!人気のスポットやおすすめの見どころも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドイツ観光名所特集!人気のスポットやおすすめの見どころも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドイツは美しい街並みで、観光地としても人気のある国です。そんなドイツの人気の観光名所をご紹介いたします。行ったことのある方も、行ったことのない方も参考にしてみてください。ドイツの観光名所のおすすめの見どころもお届けいたします。

ケルンのおすすめ観光名所①ケルン大聖堂見出し

ケルン大聖堂(Kölner Dom)はケルンの旧市街の中心部ケルン中央駅の前にあり、ケルンの中でも特に人気のある観光スポットで、世界中から観光客が訪れます。ケルン大聖堂が創設されたのは4世紀、その後に建て直された大聖堂は818年に完成しましたが、1248年に火災によって焼失したために現在のケルン大聖堂が再建されました。

中世の宗教改革などによる財政難から工事が中断し、現在のケルン大聖堂が完成したのは着工から600年以上後の1880年でした。正式名称は「聖ペトロとマリア大聖堂」で、ローマ・カトリックの教会建物です。世界最大のゴシック様式の教会であるケルン大聖堂は、外観の美しさと内装のステンドグラス、4世紀にミラノに渡り12世紀にケルン大聖堂に持ち込まれた聖遺物「三賢者の廟」などで有名です。

ケルン大聖堂はドイツが誇る世界遺産!気になる拝観時間や行き方は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ケルン大聖堂はドイツが誇る世界遺産!気になる拝観時間や行き方は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドイツの観光名所である世界遺産・ケルン大聖堂。約600年という長い年月を経て完成した、ゴシック様式建築の最高峰と言われる荘厳な大聖堂です。ドイツに行くなら、ケルン大聖堂を見ずして帰ることはできません。その歴史や見どころを詳しく見てみましょう。
ドイツの世界遺産特集!定番観光スポットやおすすめの見どころも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドイツの世界遺産特集!定番観光スポットやおすすめの見どころも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドイツの世界遺産は、2017年現在で、41箇所あります。美しい大聖堂やお城、庭園など、世界で5番目に世界遺産が多い国として、多くの観光客がその美しい景観を見に訪れます。今回は、そんなドイツの定番世界遺産のスポット、おすすめや見どころをご紹介します。

ケルンのおすすめ観光名所②ホーエンツォレルン橋見出し

ケルンのライン川にかかるホーエンツォレルン橋(Hohenzollernbrücke)は、もともとは1911年に建築されましたが、第二次大戦中に連合軍がケルンに進攻した際にドイツ軍によって破壊されました。ホーエンツォレルン橋の名前は、完成当時にプロシア・ドイツ帝国の支配者だったホーエンツォレルン家に由来し、皇帝ヴィルヘルム二世によって開通されました。

第二次大戦後に再建されたホーエンツォレルン橋は、鉄道を歩行者・自転車用の橋となっています。1日の列車の通過数がドイツで一番多い橋で、毎日1200本以上の列車が通過します。近年では愛を誓う橋として、恋人たちが橋に南京錠をかけてそのカギをライン川に投げ込むことでも知られています。

ケルンのおすすめ観光名所③ルートヴィヒ美術館見出し

ケルン大聖堂の近くにあるルートヴィヒ美術館 (Museum Ludwig)は、ケルンのチョコレート業者であるルートヴィヒによって作られた美術館で、1900年以降の芸術作品が展示されています。ピカソのコレクションでも有名で、数としては世界で3番目に多い約900点を収蔵しています。アメリカのポップ・アートやロシアのアヴァンギャルドなど、幅広い分野も芸術品が展示されています。

ケルンのおすすめ観光名所④ケルン旧市街見出し

ケルンの旧市街は、ケルン大聖堂を中心に12のロマネスク様式の教会や、伝統的な古い家々が並ぶ地区です。ライン川沿いにある旧市街を歩いて見ると、あちこちにモニュメントや噴水などを見ることができます。現在ではショップ、パブやバー、レストランが集まるケルン旧市街は、お土産探しにショップを見て回ったり、ナイトライフを楽しめるスポットです。

ケルンのおすすめ観光名所⑤ローマ ゲルマン博物館見出し

ケルン旧市街にあるローマン・ゲルマン博物館(Römisch-Germanisches Museum)は、ケルンのローマ時代についての博物館です。1940年代に防空壕を掘っていた時に発見された地下のローマ時代(3世紀ころ)のモザイクの上に建てられた博物館には、そこで出土した遺構や遺物などが展示されています。出土品にはコイン、フレスコ画、彫像からおもちゃや陶器破片など、あらゆるものが展示されています。

ケルンのおすすめ観光名所⑥ファリナ ハウス香水博物館見出し

ケルン中央駅から徒歩で10分ほどのところにあるファリナ・ハウス香水博物館(Duftmuseum im Farina-Haus)は、世界最古の香水工場で、オーデコロンの発祥の地として知られています。300年以上前にイタリア人ヨハン・マリア・ファリナによって調合された香水は、ナポレオンも愛用していたと言われます。

博物館の1階部分はショップになっていて、いろいろな香水が所狭しと並んでいます。お土産にもちょうどいいミニコロンから男性用のオーデコロンまで、品揃えは豊富です。2階部分は博物館になっていますが、ガイド付きのツアーのみで見学することができます。ドイツ語だけではなく英語のツアーもありますが、時間帯が限られています。

ケルンのおすすめ観光名所⑦チョコレート博物館見出し

ケルンのチョコレート博物館(Schokoladen Museum)は、鉄とガラスでできた船のような形をした建物で、ケルン中央駅から徒歩で20分ほどのところにあります。博物館の中にはアフリカと同じ気温と湿度に保たれた部屋があり、本物のカカオの木があります。カカオの歴史やチョコレートの製造工程など、チョコレートに関する展示がされている博物館です。

チョコレート博物館にはカフェとショップも併設されていて、博物館に入場しなくても利用できます。ショップで販売されているチョコレートは、普通のミルクチョコレートやホワイトチョコレートだけではなく、カカオの割合が85%、100%と、なかなか見ることができないチョコレートも売られています。お土産にチョコレートを、という場合にはおすすめのショップです。

ケルンのおすすめ観光名所⑧ケルントライアングル見出し

ケルントライアングル(Kölntriangle)は、ケルン大聖堂からはライン川の対岸にある高層ビルです。ケルントライアングルの屋上は展望台になっていて、そこからはライン川を挟んでケルン大聖堂や旧市街など、ケルンを一望できるパノラマの風景が広がります。

ケルンのおすすめ観光名所⑨ロマネスク様式の教会見出し

ケルンの教会建物といえばやはりケルン大聖堂が有名ですが、実はケルンの街のなかには12のロマネスク様式の教会があり、どの教会も古い歴史と美しい外観をもっています。その中でも974年に創設された聖アンドレアス教会には3世紀頃のローマ時代の石棺があり、13世紀の神学者トーマス・アクィナスの師であるアルベルトゥス・マグヌスが納められています。

12世紀に建てられた聖セシリア教会の建物は、創建当時からほとんど変わりがなく、現在では中世の美術品を展示するシュニュットゲン美術館として使われています。聖マリア・リスキルヒェン教会は12のロマネスク様式の教会の中では一番小さな教会ですが、13世紀に描かれた美しい天井画が残っています。

5世紀の初めの創設とされる聖ウルシュラ教会には、ゴールデン・チェンバーという聖遺物があります。ゴールデン・チェンバーの壁には、フン族によって殺されたといわれる11000人の処女の骨で装飾がされています。骨の数は膨大で、ジグザグ模様やアルファベットになっていますが、実際に11000人かは不明です。

ケルンのおすすめ観光名所⑩ケルンのクリスマスマーケット見出し

ドイツではクリスマス・シーズンになると全国の各地でクリスマス・マーケットが立ちます。ヨーロッパの国々からも観光客が訪れるマーケットで特に有名なのはニュルンベルグ、ドレスデン、シュツットガルトですが、ケルンのクリスマス・マーケットも規模としてはドイツ西部では一番大きいものです。ケルンのお土産探しをするのにもおすすめです。

ケルンのクリスマス・マーケットは街のあちこちで立ちますが、特にケルン大聖堂の隣のクリスマスマーケットが人気があり、クリスマスのデコレーションがされたマーケットには食べ物だけではなく、おもちゃや小物など、お土産にも喜ばれそうなものが並びます。その他にもスケートリンクが併設されたマーケットや、子供向けのマーケットまで、大人から子供まで楽しめる冬の風物詩になっています。

ドイツのお土産おすすめはコレ!人気雑貨や定番のチョコも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドイツのお土産おすすめはコレ!人気雑貨や定番のチョコも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今回は、人気の観光スポットの一つドイツのお土産についてご紹介していきます。ドイツでは、ビールなどとの相性も抜群なソーセージや、チョコを初めとするおすすめのお土産が多数あります。ドイツならではの定番雑貨も人気なのでお土産にぜひ。

日本からケルンに行くには?見出し

日本から直行便が就航すているドイツの空港は、デュッセルドルフ、ミュンヘン、フランクフルトですが、ケルンから一番近いのはデュッセルドルフ空港です。免税店も充実しているので、ドイツのお土産も色々あります。ミュンヘンとフランクフルトから国内線に乗り換えてケルンへ行くことも出来ますが、デュッセルドルフからケルンまでは電車で1時間ほど(乗り換えあり)なので、最短で着くことができます。

デュッセルドルフ空港はラウンジや免税店でお土産などおすすめの過ごし方紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
デュッセルドルフ空港はラウンジや免税店でお土産などおすすめの過ごし方紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本人街などがあり多くの人が訪れるデュッセルドルフ。デュッセルドルフ中央駅からのアクセスもいいデュッセルドルフ空港内の、ラウンジや免税店のおすすめの過ごし方やデュッセルドルフ空港で買えるお土産、アクセス・周辺のホテルなどをご紹介します!

ケルンでキリスト教に触れる見出し

ケルンには数多くの観光名所や公園、美術館などがありますが、やはりケルン大聖堂やロマネスク様式の教会など、キリスト教に触れることが出来る観光名所が魅力です。ステンドグラスに描かれた聖書の逸話や聖遺物などでキリスト教を感じるのも興味深いかもしれません。

投稿日: 2017年8月16日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote