地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

オーストラリア移住特集!条件や費用はどれくらいかかる?メリットは?

オーストラリアへの移住を考えていますか?今回は、オーストラリアへの移住の条件やビザ、費用、移住のメリットや後悔した話など様々な角度からオーストラリア移住について調査しました。ぜひ、オーストラリアに移住を検討する際のご参考にしていただければ幸いです。

オーストラリアに移住するには?見出し

オーストラリアへの移住をご検討中でしょうか?移住のメリットとしては、オーストラリアは世界的にも治安が良く、毎年、日本から移住する人も多いですが、ただ、何から手を付けたらよいのかわからない、移住しても後悔した、という人も多いと思います。今回は、オーストラリアに移住するためのノウハウや費用を調査しました。

オーストラリアに移住:「労働して生計を立てない!資産家の移住」見出し

移住するにあたってオーストラリアがビザを許可する条件は、そのメリットです。ビザ申請時点での資産が十分にあって、移住後も労働せずとも生活できるの人であれば、観光ビザで入国し、ビザ更新のたびに日本に帰国する形で簡単に移住できてしまいます。しかし、今記事では、現地で就労するという前提で移住を考えてまいりたいと思います。

55歳以上で、オーストラリアの州のスポンサーシップがあり、配偶者以外の扶養家族の同行はなし、75万ドル(7500万円=1ドル100円換算)以上の資産証明ができ、年金など年収6万5000ドル(同650万円)の年収証明、スポンサーになる州債への75万ドル以上の投資、健康条件、無犯罪証明などが揃えば取得可能です。実際には、厳しい条件といえます。

この投資家退職者ビザ(Investor Retirement Visa)ですが、かつての退職者ビザ(リタイアメントビザ)がさらに厳しくなっています。つまり、投資家であるという条件も加わりました。ビザの更新は4年ごとで、その際、減額されていてもかまいませんが資産証明が必要です。

オーストラリアに移住:「労働して生計を立てる移住とは」見出し

オーストラリアに移住するために必要な様々な手続きの中でも、難しいのが、就労に関する書類です。オーストラリアにとって、移住を認めることで何らかのメリットを感じられることが許可の条件だそうです。そして、移住先として人気のオーストラリアには様々な入国の方法があり、近年内容が複雑になってきています。

オーストラリアに移住:「日本から出る」見出し

まず、移住するとして、日本を出国する際には、家族や親族への報告をすると思いますが、その際に、許可が出るかも大事な点だといいます。こては、個人的な問題ですので、それぞれの家庭で準備が必要です。これがクリアできれば、あとは、手続きや書類、費用の問題になります。

オーストラリアに移住:「オーストラリアに入国する」見出し

オーストラリアに入国するためにはビザが必要です。観光ビザがおなじみでしょう。観光ビザや留学ビザはいわばホテル代など旅行の費用や授業料などを落としてくれる宝箱なので、ビザをとるのが簡単だといいます。オーストラリアにとってはメリットしかないわけです。費用がかかりますし、移住にはつながりにくいので、後悔しないように行動したいですね。

移住を実現するには、地方都市や親族の呼び寄せ、事業関連、雇用主指名、スポンサー付技術独立など100以上のビザの種類からなんらかのビザが取得できなければなりません。しかし、就労や労働ビザとなると、オーストラリアという国にとってビザを発行するメリットがあるのかがポイントになり、年齢や英語力、職務経験を数値化して判断されます。

オーストラリアにとってその人が移住するメリットが期待できないとなると、ビザがでません。もし不法就労や外国人労働者問題に発展すると大変で、国としても後悔することになりますので、条件が厳しくなります。日本も同様に外国人労働者に厳しくなっています。ビザはそうした移住の条件に大きく関係するんです。

オーストラリアに移住:「オーストラリアで生活する」見出し

また、移住が実現しても、テンポラリー(一時的)移住者の場合、所得税の税率、福祉、国民健康保険、年金などの公的資格などで完全な永住権保持者とは大きな差が出るため、費用の面で厳しい生活になるかもしれません。永住権がもらえると、選挙を除いてほぼ国民と同じだそうです。

オーストラリアに移住:「英語力」見出し

また、移住に必要とされる英語力も大変厳しくなってきています。実際、英語点でIELTSテストで6.0以上は最低限の条件になり、それがなければ移住の許可どころか申請すらできません。さらに、得点が移住判定に使われるので、高得点が有利なのはいうまでもありません。

また、IELTSテストは、実際にネイティブスピーカーの間で使われている英語力が問題に出されますので、ネイティブでも満点は難しく、TOEFLやTOEIC、英検の満点よりも難易度が高めになっています。他の国でもIELTSテストはTOEFLやTOEICに代わるような新しい英語診断テストとして世界中で採用企業や学校、受験者が増え続けているんです。

オーストラリアに移住:「職業経験」見出し

オーストラリアで移住の許可を得るためには、何かの職業で実務経験がないとなりません。まず、18歳から49歳までの年齢にあり、高卒以上であること、役職名ではなく具体的な実戦スキルを点数化されて、先ほどの英語力や年齢と合算されます。これらの基準は頻繁に変わっていますので、以前の基準とは異なります。

オーストラリアに移住:「ビザ」見出し

就労ビザはややこしい

オーストラリアでは、労働ビザを取得するのが難しくなってきてはいます。その理由は、オーストラリアでは、オージーが都会の人気職を網羅したため、就ける職業自体が減ってきているんだそうです。ただ、地方では、オージーに人気は高くないけれども、空いている職というのはあり、年齢制限も50歳までなど、条件が緩和されるのでおすすめです。

オーストラリアに移住:「ビジネスビザ」

永住ビザを取らなくても移住できる方法として、ビジネスビザもあります。一時的なビザですので、永住者とは福祉や税金の面で待遇が劣るのですが、どのように異なり、どのようなメリットがあるのか、自分で考えずにプロのビザ代行業の方などに相談してみてください。相談料はかかりますが、勝算があるかもしれません。後悔先に立たず、です。

オーストラリアに移住:「ワーホリ」

いきなり独立永住権を取るには、英語力がなんとかクリアできたとしても、年齢、特に職務経験でクリアできない、という事が多いそうです。そのため、いったん、一時ビザで滞在しながら、永住権にステップアップしていく方法がおすすめです。その場合、語学学校では職務経験が増えず、直近の経験がむしろ減ってしまいます。

また、語学学校では短期でも費用が何十万とかかりますよね。そして、永住権をとることに集中するのではなく、ステップアップを意識する方が、後悔しないでしょう。というのも、永住権まで取得しても、日本に戻る方も多いんです。ただ、それは失敗という意味ではなく、すべては経過の1つですので、いかに後悔のないように過ごすかが大切です。

オーストラリアに移住:「技術独立永住権」見出し

このビザは、技術系永住ビザで、スポンサーなしに申請する独立永住ビザと、州政府や親族といったスポンサーがつく(州)スポンサー付永住ビザがございます。こちらも、年齢点、英語力、職歴点、学歴点、オーストラリアでの職歴点、学歴などの総合点できまります。

オーストラリアに移住:「雇用者指名永住権」見出し

合法的にオーストラリアで勤務している会社員が、その雇用主を指名して申請するビザですが、雇われている人はフルタイムの職員で3年以上勤務しており、高度な技術職にあって給与も保証されていなければならないそうです。また、年齢45歳未満であることと、IELTS試験で高得点を保持している事があります。

移住してから考えること見出し

もし、オーストラリアに滞在してみて、合わなかったらやめて帰るというのも一つの方法で、そういった方もまた多いといわれています。一時的なビザが取れたらら、その間に会社の知り合いや語学学校の方面からなんとか道筋をつけたりしてみましょう。永住権取得者というのは、そのようにして、動いていった人のようです。

英語力があって、技術も高い人は、さっそくIELTS試験を受けたり、年齢が来る前に申請の準備をしてみてはいかがでしょうか。それができない場合は、英米の有名大学などでさらに高度な技を身につけ、スポンサーを探して就職するという方法もあるでしょう。  

いずれにせよ、そのためには、現地のビザ代行業者や人材斡旋業者が頼りになるのは間違いありません。計画中にコンサルティングを受けて、正確な情報と成功への早道を模索してみてくださいね。移住してどのように幸せな生活を享受できるのかも相談してみてはいかがでしょうか。

オーストラリアに移住しよう見出し

オーストラリアの移住はいかがですか?様々な道がある中で、永住権はなかなか難しく、ワーホリで道が開けそうですよね。まずは、オーストラリアで一時就労やワーホリをしてながら、永住権への交渉を進めていくのがよさそうです。後悔のない移住計画をたてて行くことがオススメです。

オーストラリアの気候!特徴や年間平均気温や降水量は?服装の注意点も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリアの気候!特徴や年間平均気温や降水量は?服装の注意点も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアは南半球に位置し、季節は日本が夏なら、オーストラリアは冬・日本が冬ならオーストラリアは夏といったように真反対です。気候も各地全く異なった気候風土を持っているのが特徴的なので、服装は行きたい都市と時期をしっかりと考えた上で決めることがオススメです。
投稿日: 2017年9月7日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote