地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

オーストラリアの気候!特徴や年間平均気温や降水量は?服装の注意点も!

オーストラリアは南半球に位置し、季節は日本が夏なら、オーストラリアは冬・日本が冬ならオーストラリアは夏といったように真反対です。気候も各地全く異なった気候風土を持っているのが特徴的なので、服装は行きたい都市と時期をしっかりと考えた上で決めることがオススメです。

オーストラリアを快適に過ごすために見出し

オーストラリアには日本と同様に式が存在しますが、12月から2月は夏、3月から5月は秋、6月から8月は冬、9月から11月は春、といったように日本と正反対です。オーストラリアは広いので同じ時期でも地域によって気候が異なるのでしっかりと調べてから訪れるのがいいでしょう。今回はオーストラリアの各地の気候と、訪れる際の服装についてご紹介します。

自然が豊かで様々な気候を体験できる!見出し

オーストラリアは太平洋の南半球側に位置し、東は南太平洋、西・南はインド洋に面している五大陸の一つで世界最小の大陸であると同時に世界最大の島国でもあります。国土面積が日本の20倍なのに対して人口は日本の約6分の1と世界で最も人口密度の低い国の一つでもあります。

自然も豊かなオーストラリアは国自体がが孤立した大陸であるため、有名なコアラやカンガルー、カモノハシだけではなくウォンバットやレモンアント、キロネックスなど独自の進化を遂げた固有種が多く生息しています。また、世界最大の珊瑚礁「グレートバリアリーフ」も有名で世界中のダイバーが集まるダイビングスポットとなっています。

気候的には南部の州では比較的涼しい冬があるのに対して、北部は暖かな気候に恵まれています。また、オーストラリアは地球上で最も降水量の少ない国の一つで、平均年間降水量は600ミリ程度です。

オーストラリアの熱帯性気候地域!見出し

熱帯性気候地域は主な都市としてグレートバリアリーフで有名なケアンズや、ダーウィンがあります。また熱帯性気候地域にはほとんど四季がなく雨季と乾季に別れています。雨季は12月から4月、乾季は5月から11月頃で、年間を通して気温の差はほとんどありません。

ケアンズ:オーストラリアの熱帯性気候地域見出し

ケアンズは、オーストラリアの北東に位置するクイーンズランド州の人気エリアの一つで、11月から5月にかけてサイクロン(台風)が発生するので、冬の時期に行くのがオススメです。平均年間降水量は、1,992㎜で主に1月から3月にかけて降水量が多くなりますが、ケアンズを起点としたグレートバリアリーフでのダイビングやシュノーケリングは年間を通して楽しめます。

グレートバリアリーフでの水温は冬でも平均22℃ほどで、夏は平均29℃です。また、ケアンズを訪問する際の服装としては、9月から11月・3月から5月・6月から8月は朝や夜が少し冷え込むので半袖と上に羽織れるものがあると良いでしょう。12月から2月は半袖で大丈夫です。6月から8月は日中半袖でも大丈夫ですよ。

ダーウィン:オーストラリアの熱帯性気候地域見出し

ダーウィンはオーストラリアの北に位置するノーザン・テリトリーの州都で、年間を通して気候は安定しており、雨季は11月から3月頃までで日本のように一日中雨というわけではないが、降り始めがかなり強いので注意が必要です。特に降水量が多いのは1月から3月の間です。乾季は4月から10月頃で冬でも温暖なため年間を通して半袖で過ごすことができます。ただ、日差しや紫外線も年間を通して強いため、対策が必要です。

ブリスベン:オーストラリアの亜熱帯性気候地域見出し

ブリスベンはオーストラリアの東に位置するクイーンズランド州の州都で、年間を通して温暖な気候で冬でも平均17℃程度です。また降水量も極めて少なく、晴れの日が多くとても過ごしやすい地域ですが、日差しや紫外線が強いので対策が必要です。

特に10時から14時ごろは曇りの日でも注意しましょう。服装としては9月から11月・3月から5月・6月から8月は朝や夜が少し冷え込むので半袖と上に羽織れるものがあると良いでしょう。12月から2月は半袖で大丈夫です。

ゴールドコースト:オーストラリアの亜熱帯性気候地域見出し

ゴールドコーストはオーストラリアの東に位置するクイーンズランド州の州都で、年間を通して温暖な気候でf様々なスポーツやアウトドアを楽しむことができます。年間を通して平均245日が晴れ!雨は夏の時期に集中するので、秋から春にかけてがオススメです。

夏は平均気温が20℃から28℃で湿度も高いためビーチがオススメです。ただビーチには日陰が少ないので日差しや紫外線には注意しましょう。服装に関してブリスベン同様、9月から11月・3月から5月・6月から8月は朝や夜が少し冷え込むので半袖と上に羽織れるものがあると良いでしょう。12月から2月は半袖で大丈夫です。

ウルル:オーストラリアの砂漠性気候地域見出し

ウルルはオーストラリアのほぼ中央に位置する砂漠性気候地域で、昼と夜の気温差が激しく、年間を通して降水量が少ない地域です。12月から2月は平均気温が35℃以上になる日もありますが夜はとても過ごしやすいです。

また、世界遺産である「エアーズロック」がある場所としても有名で、これは世界で二番目に大きな一枚岩です。砂漠性気候地域なので降水量も年間を通して少なく乾燥しており強い風も吹きますし、斜面が急なので、訪れる際にはサンダルやハイヒールは控えましょう。

服装としては、12月から2月は最高気温が40℃を超える日もあるので通気性の良い薄手の服装で紫外線対策を行ってください。6月から8月は日中20℃くらいまであげる日がありますが、朝晩は10℃以下になるので防寒対策をしましょう。3月から5月(秋)と9月から11月(春)は気温が20℃から25℃と過ごしやすい気候なので長袖一枚で大丈夫です。

エアーズロック観光!オーストラリアの世界遺産!登山も可能? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
エアーズロック観光!オーストラリアの世界遺産!登山も可能? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
あのオーストラリアの有名観光地のエアーズロックに行ったことはありますか?誰もが一度は訪れてみたいと思うエアーズロックですが、今回はそんなエアーズロック観光について、調査してみました!エアーズロックは何なのか?何ができるのか?などを調べてみました!

シドニー:オーストラリアの地中海性気候地域見出し

シドニーはオーストラリアの南西に位置するニュー・サウス・ウェールズ州の州都で地中海性気候地域です。四季はありますが年間を通して晴れが多く過ごしやすい地域で、降水量は年間を通して一定です。

春は暖かで、秋は紅葉、冬はスキーといったように季節ごとに楽しめます。服装としては、9月から11月や3月から5月は日中半袖でも過ごせる日もありますが、早朝や夜は冷え込むため上着の持参が必要です。12月から2月は半袖、6月から8月は長袖が必要です。

メルボルン:オーストラリアの温帯性気候地域見出し

メルボルンはオーストラリアの南に位置するビクトリア州の州都で、昼夜の気温差が大きいので、日中30℃を超える日でも一枚羽織るものがあると良いでしょう。降水量は5月から10月に最も多くなります。雪は積もりませんが三時間ほど車を走らせるとスキーを楽しむことができます。

服装に関してはシドニーと同様に、9月から11月や3月から5月は日中半袖でも過ごせる日もありますが、早朝や夜は冷え込むため上着の持参が必要です。12月から2月は半袖、6月から8月は長袖が必要です。

アデレード:オーストラリアの温帯性気候地域見出し

アデレードはオーストラリアの南に位置する南オーストラリア州の州都で湿気がなくカラッとしていて、冬は日中でも涼しく感じる程度です。旅行で行く場所としては「カンガルー島」がオススメですが、カンガルー島は昼夜の温度差が激しいことがあるので注意してください。

服装に関してはシドニーと同様9月から11月や3月から5月は日中半袖でも過ごせる日もありますが、早朝や夜は冷え込むため上着の持参が必要です。12月から2月は半袖、6月から8月は長袖が必要です。

パース:オーストラリアの温帯性気候地域見出し

パースはオーストラリアの南西に位置する西オーストラリア州の州都で年間を通して比較的温暖な地域です。夏に雨はほとんど降らず、平均最高気温は30℃前後、冬になると最低気温が10℃前後になります。

観光としてもオススメのスポットが沢山あり、抜群に高い透明度を誇る海に囲まれた「ロットネスト島」やナンバン国立公園内にある「ピクナルズ」、西オーストラリア州で初めて世界遺産に登録された300種を超える魚や哺乳類が生息している「シャーク・ベイ」やオーストラリア観光で外せない有名スポットの「ウェーブロック」など自然がいっぱいです。

服装に関してはシドニー同様9月から11月や3月から5月は日中半袖でも過ごせる日もありますが、早朝や夜は冷え込むため上着の持参が必要です。12月から2月は半袖、6月から8月は長袖が必要です。

時期に場所によって異なるオーストラリアの見どころ!見出し

いかがでしたか?オーストラリアはとても広く地域によって様々な気候であることから、訪れる場所や時期によりベストシーズンが異なります。楽しい時間を過ごせるように、ご旅行さの際はしっかりと下調べをした上で、大切な人と素敵な時間をお過ごしください。

オーストラリアと日本の時差は?時差ぼけする?サマータイムも知りたい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリアと日本の時差は?時差ぼけする?サマータイムも知りたい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
海外旅行と聞いてオーストラリアにいきたいと思う方が、最初に気になるのが時差や季節ではないでしょうか。時差ボケにならないだろうか?サマータイムって何?と思っている方へ、オーストラリアと日本の時差・季節についてご紹介します。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月2日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote