地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

シドニーのオペラハウスは観光に外せない!ツアーでも大人気の魅力は?

世界遺産にも登録されているオペラハウスは、オーストラリアそしてシドニーを代表する建築物です。オーストラリア旅行そしてシドニー観光では見逃すことができないオペラハウスは、必ず訪れてほしいスポットです。ツアーでも大人気のオペラハウスの魅力をご紹介します。

シドニー・オペラハウスの魅力について見出し

オーストラリア南東部にあるシドニーは、オーストラリア内でも人気のある観光地です。中でも世界遺産に登録された近代建築物「シドニー・オペラハウス」はシドニーを訪れる観光客が必ず訪れる場所です。オペラハウスにはどんな魅力があるのでしょうか?詳しくご紹介します。

オーストラリア・シドニーの定番観光スポットBEST15!穴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリア・シドニーの定番観光スポットBEST15!穴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアの中心都市であるシドニーは、毎年世界中から数多くの観光客が訪れる事で有名な、国際的な観光都市です。一年を通して過ごしやすい気候で観光にはピッタリです。そこでこの記事では、オーストラリア・シドニーの定番観光スポットから穴場スポットまで紹介します。

シドニー・オペラハウスって何?見出し

オペラハウスの名称で親しまれている「シドニー・オペラハウス」は、1959年に着工されました。複雑な設計と構造のため工事に時間がかかり、1973年にようやく完成した建築物です。オーストラリアそしてシドニーのシンボルとしてだけではなく、歌劇場・コンサートホール・劇場として使われています。

所在地:Bennelong Point, Sydney NSW 2000 オーストラリア

シドニー・オペラハウスの魅力①独創的な設計見出し

オペラハウスのいちばんの魅力は何と言ってもその外観です。ヨットの帆のようにも見えるこのどこにもない独創的な形や構造はどんな設計者が考えたのでしょうか?まずはオペラハウスの設計と設計者についてご紹介します。

設計者はデンマークの建築家

オペラハウスの設計を担当したのは、1950年代にまだ無名であったデンマークの建築家「ヨーン・ウツソン」です。オペラハウスの設計・デザイン案は、世界中の設計者から233件あがった公募の中から選ばれました。実は、第一選考で落とされてしまったデザインだったのです。

敗者復活からの実現

複雑なデザイン案は第一選考から漏れてしまいます。しかし、審査委員のひとりがこの独特なデザインを強く気に入り最終的にシドニーの象徴として選ばれたと言われています。まさに敗者復活からの実現です。設計者であるヨーン・ウツソンは1955年に基礎デザインを完成させました。

完成まで14年

1959年3月にオペラハウスは着工されましたが、独特な設計と構造はどのように実現していくかにおいて非常に難しい問題となり、完成までに14年もの歳月がかかりました。途中で設計者が離脱するなどの問題も起こりました。かかったのは年月だけではなく費用総額も当初の予定から14倍以上にも膨れ上がってしまいました。

シドニー・オペラハウスの魅力②不思議な構造見出し

オペラハウスには柱がない?

実は、オペラハウスには支えとなる柱がありません。横の壁は特殊な2枚のガラスが組み合わせる設計となっています。このガラスのパーツを組み合わせる独特な設計と構造は建築が不可能とされていましたが、設計者と建築家の努力により完成に至りました。

屋根はスウェーデン製のタイル

オペラハウスの特徴的な屋根の部分には、スウェーデン製のタイルが100万以上使用されています。写真で見ると真っ白なイメージですが、実際のところは白とクリーム色の2色で構成されているので、その日の天候や角度によって見え方が異なります。

屋根の掃除は不要?

オペラハウスの屋根に使われているタイルは、特殊な加工がされており汚れがつきにくいようになっています。強い雨が降れば自然と汚れが落ちるようになっているので定期的な清掃は不要なのです。この複雑な構造の屋根を掃除するのは大変ですから、そうならないよう考えて作られているのですね。

シドニー・オペラハウスの魅力③世界遺産への登録見出し

オペラハウスは、2007年に世界遺産へ登録されました。近年で登録された建築物の中では最も若い建物です。独創的な構造が将来的な建築の可能性を広めたと高く評価されたためです。オペラハウスは、20世紀を代表する建造物とも言われています。

オペラハウスの設計者であるヨーン・ウツソンもまたオペラハウスの設計の栄誉を称えられました。シドニー大学からの名誉博士号授与と、オーストラリア勲章そしてシドニー市の鍵なども授与されました。自らが設計した建物が世界遺産に登録されるなんて大変名誉なことですね。

世界遺産に登録されたオペラハウスを実際に見てみたくなりませんか?日本からたくさんのツアーが組まれています。またオペラハウス内部を見学するツアーもあります。日本語ガイドで建物内を見学できるツアーは30分程度でオペラハウスについての解説がありとてもおすすめです。

シドニー・オペラハウスの魅力④光と音楽の祭典見出し

毎年5月末になると光と音の祭典「ビビッド・シドニー」が開催されます。このお祭りは南半球最大の規模で開催され、2009年より続いています。シドニーの景観を生かしたさまざまなライブやパフォーマンスが行われることから近年ではシドニー観光の目玉となっています。

お祭りの期間中は毎晩18時からシドニーの街全体が光と音で華やかに彩られます。光のセクション「ビビッド・ライト」のメインとして、オペラハウスもその独特な構造を生かした建物全体がプロジェクションマッピングの巨大スクリーンとなります。

他にも音のセクション「ビビッド・ミュージック」、アイデアのセクション「ビビッド・アイデア」があり、最先端の音楽パフォーマンスや世界中で活躍するクリエーターたちの作品を楽しむことができます。ビビッドを満喫するためのツアーもたくさんありますので、オペラハウスを中心とした新感覚の屋外美術館へぜひ期間中に訪れてみてください。

シドニー・オペラハウスの魅力⑤年間1600回公演見出し

シドニー・オペラハウスは、その名の通りオペラのために建てられた建築物です。外観の美しさばかりではなく、ぜひ中へ入ってオペラ鑑賞をしてみましょう。コンサートホールには、世界最大級の機械式パイプオルガンがあります。

オペラハウスには専属オペラ団体である「オペラ・オーストラリア」があります。国立オペラ歌劇団であるオペラ・オーストラリアは、オペラハウスの「ジョーン・サザーランド劇場」を本拠地として活動しています。1年のうち1月から3月、そして6月から11月の間にほぼ毎晩公演を行っています。

他にもオーストラリア・バレエ団の定期公演が行われております。ドラマシアター・プレイハウスでは、ミュージカルや演劇などの公演が行われ、スタジオシアターでは小規模なピアノ演奏会などが行われています。

シドニー・オペラハウスの魅力⑥最高の夜景見出し

日中のオペラハウスの景観も抜群ですが、陽が落ちてだんだんと夕焼けに染まってくる外観もとても素敵です。そして夜になるとオペラハウスがライトアップされ絶景の夜景を眺めることができます。いろんなオペラハウスを楽しむことができますね。

オペラハウスの夜景をもっと楽しみたい方には、ナイトクルーズツアーがおすすめです。シドニー・ハーバーは世界三大美港とも呼ばれる美しさです。ディナークルーズに乗船して、船のデッキからオペラハウスを眺めてみませんか?地上とはまた違ったオペラハウスの外観を楽しむことができます。

シドニーの大晦日の風物詩となっているのが花火です。21時頃から打ち上げが始まる花火は圧巻です。オペラハウスと花火の組み合わせ、またはオペラハウスの中から花火を楽しむこともできます。年末年始を海外で過ごそうと考えている方におすすめです。

シドニー・オペラハウスへの行き方見出し

①電車で行く

オペラハウスへの行き方でいちばん便利な方法は、電車です。本数も多くほぼ定刻通りに運行されています。シドニー市内にあるセントラル駅からオペラハウスの最寄り駅のサーキュラー・キー駅へは約8分で到着します。駅からは海沿いを歩くだけなのでとても簡単です。

②バスで行く

シドニー観光に便利なバスでも行くことができます。バスはシドニー市内を多く走っています。電車と同じくシドニーの中心であるセントラル駅でオペラハウスへ行くためのバスチケットを購入することができます。利用するバスは【343番】です。乗車時間は約10分から約15分です。

③タクシーで行く

電車やバスを使った方法は料金を抑えることができますが、チケットを買ったり駅の名前を覚えたり英語が得意でない方には難しいと感じるかもしれません。観光でもっとも便利なのはタクシーを使った方法です。料金は少し高くなりますが「オペラハウス」と伝えるだけで目的地へ辿り着くことができます。

④歩いて行く

天候が良いのでシドニー観光がてら歩いてオペラハウスまで行ってみるのも方法のひとつです。シドニー市内の景色を楽しみながらゆっくり散歩してみませんか?市内の中心地セントラル駅から徒歩で40分でオペラハウスへ到着します。海沿いの景色は抜群の眺めです。

シドニー・オペラハウスには魅力がたくさん!見出し

オペラハウスの魅力をご紹介しましたが、いかがでしたか?芸術的な美しさを持つオペラハウスは、オーストラリアそしてシドニーを訪れる際には外すことのできない観光スポットです。ぜひご自身の目で確かめてみてください。

オーストラリア観光でおすすめのスポットBEST15!ツアーも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリア観光でおすすめのスポットBEST15!ツアーも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアには多くの観光スポットが点在しており、旅行で自然や世界遺産など見ておきたいスポットが多くあります。その中からオーストラリアの中でも人気の観光スポットをピックアップしBEST15をご紹介します。おすすめのツアーや旅費なども合わせてご紹介します。

関連キーワード

投稿日: 2017年7月31日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote