地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

オーストラリアにチップの習慣はある?タクシーやレストランでは必要?

日本人に人気の旅行先であるオーストラリア。オーストラリアではチップが必要なイメージがあまりありませんが、実際のところ、チップの習慣はあるのでしょうか。今回は、日本人が苦手とするオーストラリアのチップについて詳しくまとめてみました。

オーストラリアにチップの習慣はある?見出し

オーストラリアには、チップの習慣があるという情報をあまり聞きませんが、実際のところチップは必要なのでしょうか。今回は、オーストラリアでのチップの必要性、そしてレストラン、タクシー、ホテルなどのチップの相場などについてお伝えいたします。日本人には馴染みのないチップの習慣、旅行の前に知っておいた方が安心です。

オーストラリアの気候!特徴や年間平均気温や降水量は?服装の注意点も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリアの気候!特徴や年間平均気温や降水量は?服装の注意点も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアは南半球に位置し、季節は日本が夏なら、オーストラリアは冬・日本が冬ならオーストラリアは夏といったように真反対です。気候も各地全く異なった気候風土を持っているのが特徴的なので、服装は行きたい都市と時期をしっかりと考えた上で決めることがオススメです。

オーストラリアでチップの必要性について見出し

オーストラリアでは、以前まではチップの必要はないと言われていました。そのため、安心して観光が楽しめたのですが、実は今現在、チップは原則不要と言われてはいますが、シチュエーションによって、チップを渡した方が良い場面があるそうです。つまり、チップは強制ではないけれど、良いサービスを受けた時は渡した方がスマートということ。

例えば、高級レストランではチップが必要なお店が増えてきました。ローカルな飲食店ではチップの習慣が強くあるわけではありませんが、渡せば素直に喜んで受け取ってくれます。その他にも、タクシーやホテルにて、良いサービスや特別なことをしてくれた時には、感謝の気持ちを込めて、渡した方が良いでしょう。

オーストラリアと日本の時差は?時差ぼけする?サマータイムも知りたい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリアと日本の時差は?時差ぼけする?サマータイムも知りたい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
海外旅行と聞いてオーストラリアにいきたいと思う方が、最初に気になるのが時差や季節ではないでしょうか。時差ボケにならないだろうか?サマータイムって何?と思っている方へ、オーストラリアと日本の時差・季節についてご紹介します。

オーストラリアレストランのチップ相場見出し

最近のシドニーやゴールドコーストなど、オーストラリア都市部レストランでは、2000年のシドニーオリンピック以降、オリンピックを目的に訪れる観光客からのチップを見込み、明細書にチップの欄を記載しているお店が増えました。いかにもチップの分も渡さないといけない雰囲気になっているので、最初は戸惑うかもしれません。

オーストラリアのレストランでは、チップ欄のある明細書を渡されるお店であっても、チップは強制ではありません。もしチップの分を渡さなくても、嫌な顔をされることは少ないので、安心してください。ただ、そのレストランで満足した場合、良いサービスを受けた場合には、素直に感謝の気持ちという意味で、チップを渡すようにしましょう。

例を挙げるならば、料理も美味しく接客も満足したので、この気持ちを態度で示したい場合、また来たいお店だなと思った場合、そんな時は、チップを渡してあげた方が、相手にも気持ちが伝わるので良いと思います。レストランのチップの相場は、合計金額の5%から10%が平均と言われています。

しかし、5%から10%とこだわるのではなく、合計金額を切り上げてキリの良い金額にして渡すという方法でチップを渡している人も多いそうです。またクレジットカードで支払う時には、明細書にチップの分を記載し、チップを含めた合計金額を支払う流れになります。強制ではないので、あまり深く考えずに支払って良いでしょう。

オーストラリアの世界遺産一覧!エアーズロックなど有名なものも多数あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリアの世界遺産一覧!エアーズロックなど有名なものも多数あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアには、2017年現在、世界遺産が19件登録されています。今回は、日本のツアーでも行くような有名なエアーズロックなども含め、オーストラリアの世界遺産一覧一挙ご紹介させていただきます。世界遺産巡りの参考にしてください。

オーストラリアタクシーのチップ相場見出し

オーストラリアのタクシーでは、基本的にチップの習慣はありません。もちろん、他のシチュエーションと同じように、タクシーの中で会話が弾んで楽しい時間を過ごせた場合、重い荷物を運んでくれた場合などに、感謝の気持ちを込めて、チップを渡すのも良いでしょう。

タクシーでチップを渡す場合、お釣りが1ドル以下や、数ドル程度あった場合、「Keep the change!(お釣りは取っておいて)」と伝える人が多いそうです。そう伝えれば、タクシーの運転手さんはチップだと認識してくれます。その方がチップの金額を深く考える必要がないため、簡単でおすすめです。

オーストラリアの物価はなぜ高いのか!理由を解説!旅行の予算の目安は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリアの物価はなぜ高いのか!理由を解説!旅行の予算の目安は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
皆さんも一度は行ってみたいオーストラリア旅行ですが、オーストラリアは物価が高いことをご存知でしょうか?今回はオーストラリア旅行に役立つ旅行予算の目安や、なぜ物価が高いのかという理由などをご紹介していくので興味のある方はぜひご覧ください。

オーストラリアホテルのチップ相場見出し

海外でよく聞くホテルのチップ習慣は、ホテルの枕チップやポーター、ルームサービスを頼んだ時などに少額を渡すとされていますが、オーストラリアでは基本的にそのような習慣はありません。例えばポーターに重い荷物を運んでもらった場合に、チップを渡さなかった場合でも、特に嫌な顔をされたり、何か言われることもありません。

しかし親切に重い荷物を運んでくれたりなど、何か特別に良いサービスとしてくれた場合には、チップを渡した方が態度で感謝の気持ちが現わせるのでおすすめです。チップを渡して嫌な顔をする人はいないので、渡して損はありません。スタッフの方のやる気にも繋がるはずなので、最低でも相場は1ドルから2ドル、渡してはいかがでしょうか。

枕チップを置くのは日本人だけ疑惑見出し

海外へ旅行に行ったら枕チップは置いて帰るもの、とどこかで教わったことはありませんか?オーストラリアへ添乗員付きの団体ツアーで行った場合にも、枕チップについて「数百円程度枕元に置いてください。」と現在でも教えてもらいます。がしかし、オーストラリアで1日だけの宿泊で枕チップを置くのは、他の国民ではあまりないそうです。

日本人以外が枕チップを置く場合、3日以上の長期滞在をする場合や、高級ホテルの場合のみ、ということが多いそうです。だからと言って枕チップの習慣を止める必要はないかと思いますが、必ずしも、オーストラリアで毎日のように枕チップを置く必要はないということが分かりました。

オーストラリアの治安情報!各地域の注意すべきポイントまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリアの治安情報!各地域の注意すべきポイントまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本人の人気の旅行先であるオーストラリア。現在の治安の状況はどうなのでしょうか。今回は、オーストラリアの現在の治安の状況と、各地域の注意すべきポイントなどの情報をまとめました。旅行の前に見れば安心して観光が楽しめるはず!

オーストラリアでのチップの渡し方伝授見出し

上記でもお伝えした通り、オーストラリアの高級レストランでは、明細書にチップの欄があるので、チップの金額を含めた総額を現金、もしくはクレジットカードで支払うのが一般的です。またローカルなレストランでは、日本でいうレジにある募金箱のように、チップを入れるための瓶などがあるので、そちらに入れるかたちになります。

その他、直接手渡しでチップを渡す場合、財布からお金を取り出して渡しても悪くはないですが、北米の習慣のように、ポケットにもともとチップ用の紙幣、硬貨を用意しておき、渡す時になったら、ポケットからサッと取り出して渡すという方法の方がスマートでカッコいいのでおすすめです。

こんなチップの渡し方は失礼!見出し

上でスマートなチップの渡し方をお伝えいたしましたが、失礼にあたるチップの渡し方を伝授いたします。避けた方が良いチップの渡し方は、小銭をジャラジャラと渡すことです。まるで余ってしまった小銭がいらないから渡すように、少額硬貨を沢山渡すことは失礼にあたります。

何かサービスをしてもらって渡すチップの相場は、最低でも1ドルから2ドルと考えてください。日本円で考えて、例えば1円や5円などの少額硬貨をジャラジャラと渡されても、例えチップであっても何だか嫌な気がしませんか?自分が渡されても嬉しいような渡し方をするように心掛けることがおすすめです。

オーストラリア料理・お菓子の定番まとめ!特徴は?食文化がない? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリア料理・お菓子の定番まとめ!特徴は?食文化がない? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアの定番料理やお菓子は何だと思いますか?意外にコレだと思い浮かぶものが少ないですよね。いったいオーストラリアの人々はどんな食生活を送っているのでしょうか。今回はそんな興味深いオーストラリアの料理やお菓子についてご紹介いたします。

オーストラリアでチップが必要ではない場所は?見出し

オーストラリアでチップの必要がない場所をお伝えいたします。大きく挙げると、スーパーマーケットやファーストフード店やカフェ、バーなどの飲み屋さん、観光地が挙げられます。もちろん上のそれぞれの場所で良いサービスを受け、その気持ちを態度で示したい時には、個人の判断でチップを渡すことは自由です。

逆に、チップを渡す人が多い場所を挙げると、中級以上のレストラン、タクシーが挙げられます。オーストラリアではもともとチップの習慣がない国だったので、今でも国民の中でチップの習慣はしっかりと付いていません。あまり深く心配する必要はないので安心してください。

オーストラリアと日本の違い!生活習慣や文化についても紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリアと日本の違い!生活習慣や文化についても紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本人に人気の旅行先であるオーストラリア。土地も違えば文化や生活習慣も異なります。今回は、オーストラリアと日本の違いはどんなところなのか、詳しくまとめてみました。生活習慣の違いを知って、現地で戸惑わないようにしましょう!

オーストラリアのチップはあくまで感謝の気持ち!見出し

いかがでしたか?今回は、オーストラリアのチップの情報、相場などについてお伝えいたしました。オーストラリアでは、以前と比べるチップを渡す場面が増えてきましたが、強制ではなく、あくまで個人の判断によります。チップを渡さなくても問題ではないので、深く心配せず、感謝の気持ちを表したい時にありがとうと伝えるつもりで渡しましょう。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月9日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote