「伊根の舟屋」の遊覧船や絶景ランチ!周辺のおすすめ観光スポットも!

 「伊根の舟屋」の遊覧船や絶景ランチ!周辺のおすすめ観光スポットも!

「伊根の舟屋」は京都の北、丹後半島の伊根湾にあります。海から直接舟を格納する様に造られた日本でも非常に珍しい高床式舟屋の群れは、何故か懐かしく郷愁を誘われる一度は行きたいおすすめに観光地です。「伊根の舟屋」周辺のおすすめや道の駅、美味しいランチをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ノスタルジックで美しい伊根の舟屋へ行ってみよう!
  2. 2.伊根の舟屋の注目ポイント
  3. 3.「伊根湾めぐり遊覧船」から伊根の舟屋を見てみよう!
  4. 4.伊根の舟屋の撮影スポット「伊根浦公園」周辺
  5. 5.伊根の舟屋周辺に残る「防空壕」や「鯨漁の舟屋」を見学しよう
  6. 6.伊根の舟屋の有名釣りスポット「赤灯台」
  7. 7.伊根の舟屋の伝統行事「伊根祭」
  8. 8.伊根の舟屋の夏の夜空と水面を彩る「伊根花火」
  9. 9.伊根の舟屋の道の駅「舟屋の里伊根」
  10. 10.高台から見渡す伊根の舟屋の絶景ランチスポット
  11. 11.伊根の舟屋に宿泊してみよう!
  12. 12.伊根の舟屋までのアクセス
  13. 13.海と暮らす伊根の舟屋は一度は見るべき歴史の町

ノスタルジックで美しい伊根の舟屋へ行ってみよう!

「伊根の舟屋」は京都府伊根町にあり、丹後半島の伊根湾沿いに立ち並ぶ約230軒程ある舟屋群です。舟屋は海すれすれに張り出した2階建ての高床式で、下には舟が格納できる日本では珍しい建物です。そんな「伊根の舟屋」と周辺の見るべき観光ポイントと新鮮魚介の美味しいランチや、道の駅でのお土産等、伊根のおすすめをご紹介致します。

伊根の舟屋の注目ポイント

平成17年7月、伊根浦舟屋群は国より重要伝統的建造物群保存地区に指定された伝統的建造物です。海に面して建てられた舟屋群は、伊根の豊富な漁場と、潮の干満差が少ない事、そして平地が少なく山に囲まれた地形から、長い間、道路が整備されなかった代わりに海の交通が発達した事が、このような独特な漁業集落の出来た理由だそうです。

江戸時代の舟屋

約230軒の舟屋の内、一番古いものでは江戸時代後期の建物を見る事ができます。また、現在は居住等を含む2階建の舟屋が主ですが、元々は舟の格納と漁の準備をする1階建ての舟屋だったそうです。舟屋の横には土蔵があり、その土蔵が現在約130軒ほど残っています。伊根も過疎化が進み、現在は100軒ほどが漁業を続けているそうです。

土蔵の鏝絵(こてえ)

舟屋に混じって立っている伊根の土蔵には、赤や青等の鮮やかな色使いの鏝絵(こてえ)が見られます。鏝絵(こてえ)とは、漆喰を用いて作られるレリーフです。伊根の土蔵の妻部にある円形の鏝絵(こてえ)は大変立体的なデザインの鶴や亀、七福神等のおめでたい絵柄に波の模様などが描かれています。散策の際には是非近くで見てみましょう。

「伊根湾めぐり遊覧船」から伊根の舟屋を見てみよう!

伊根湾めぐりの遊覧船は、「伊根の舟屋」を遠くに眺めながら周辺約5キロの伊根湾を約25分掛けて周遊するおすすめの観光スポットです。リアス式海岸(沈水海岸)特有の山と海が創りだす美しい地形を舟屋や土蔵が囲み、独特の景観を作り出しています。また、良質な漁場を活かしブリやアワビ、岩牡蠣などが多く養殖されているのが見られます。

聖なる島「青島」

伊根湾めぐりでは、丹後海沿岸地域の漁民にとって聖なる島と信仰のある「青島」を海から見ることが出来ます。「青島」は二つに分かれて湾の入り口にあり、入り込む波を防ぐ防波堤のような役目をしています。伊根湾の波が大変穏やかなのも「青島」がある為だそうです。また、ここは釣りのスポットとして人気で釣り好きにはおすすめです。

カモメのエサやり体験

遊覧船に乗ると、たくさんのカモメが群がり出します。カモメの目当ては乗客からもらえるエサの「かっぱえびせん」です。エサを手で持ち差し出すと、カモメは優雅に旋回をしながら上手にキャッチして食べてくれます。「かっぱえびせん」は遊覧船内でも売られているので、伊勢湾を巡りながらカモメと一緒におやつタイムはいかがでしょう?

「伊根湾めぐり」遊覧船乗り場へのアクセスと運賃

遊覧船の営業時間は9時から16時で、毎時0分と30分に運航しています。運賃は大人680円、子供340円です。また、遊覧船乗り場へのバスでのアクセスは京都丹後鉄道宮豊線「天橋立」駅から丹後海陸交通株式会社(丹海バス)で「伊根湾めぐり日出」駅で下車します。勿論、遊覧船乗り場には駐車場も完備されていますので車でも大丈夫です。

住所:京都府与謝郡伊根町字日出11番地 電話番号:0772-42-0323

伊根の舟屋の撮影スポット「伊根浦公園」周辺

伊根浦公園は、舟屋が間近で見られるおすすめの撮影スポットです。近くには創業260年の造り酒屋「向井酒造」もあり、ここの駐車場に駐車して散策するのがおすすめです。また、伊根観光協会では、伊根浦公園集合で1日2回のガイドツアーもあります。5日前までに申し込めば、舟屋の中や舟屋での暮らしを見学することも出来ます。

住所:京都府与謝郡伊根町字平田494 電話番号:0772-32-0277

伊根の舟屋周辺に残る「防空壕」や「鯨漁の舟屋」を見学しよう

伊根湾沿いのメインロード国道178号線は、昔の日本を風景を垣間見れ、町そのものがまるで歴史のテーマパークのようです。遊覧船乗り場から東へ進んですぐの入江には、戦時中の「防空壕」が残っています。また、その東には昔「鯨漁」が行われていた時代に造られた捕獲した鯨の解体をしていた舟屋や江戸時代の舟屋等見どころ満載です。

伊根の舟屋の有名釣りスポット「赤灯台」

国道178号線をさらに進み伊根湾口には「赤灯台」があります。100メートルも離れていない対岸には「青島」があるが見られます。ここは外海と内海がぶつかる場所で、春冬にはアイナメ、夏はマダイ等の釣りのポイントとして有名です。秋には「赤灯台」の側にたくさんの秋イカが干され、季節の風物詩として観光スポットとなっています。

伊根の舟屋の伝統行事「伊根祭」

江戸時代から約300年の歴史を持つ伊根湾で行われる伊根祭は「海の祇園祭」と呼ばれています。海上安全、大漁、五穀豊穣を祈願する伝統行事で、毎年7月下旬の土日に催されています。通常は「例祭」が催されますが、大漁の年には「大祭」として船屋台4舳が海上渡御を行い、船屋台の上では歌舞伎や三番叟などが上演される圧巻のお祭りです。

伊根の舟屋の夏の夜空と水面を彩る「伊根花火」

「伊根花火」は毎年8月下旬に催される花火大会で、伊根湾に浮かぶ台船から約1200発が打ち上げられます。山に囲まれた湾にこだまする花火の音と、夜空と水面と彩る花火は幻想的な美しさです。伊根湾周辺からはどこからでも見られますが、道の駅のからは花火の高さで観覧出来ます。当日の道の駅は店内を暗くし営業時間も延長されます。

伊根の舟屋の道の駅「舟屋の里伊根」

道の駅「舟屋の里伊根」は伊根湾が見渡せる丘陵地にあり、絶景を一望できる撮影スポットです。お土産物店「伊根浦漁業」では、伊根の伝統的保存食の「サバのへしこ」や伊根の地酒「伊根満開」も購入できます。バスでのアクセスは「伊根の里公園前」で下車してください。高台を降りて東には一般の方でも魚が買える水揚げ場もあります。

高台から見渡す伊根の舟屋の絶景ランチスポット

高台から伊勢湾の絶景が見られる道の駅の施設には、新鮮な魚介メインのランチが頂けるお店があります。「レストラン舟屋」と「お食事処油屋」では美味しい魚介のランチを、コーヒーや軽食を楽しむなら「ラウンジFUNAYA」がおすすめです。どのお店も店内からゆっくり伊勢湾の舟屋群を眺めることが出来るおすすめのランチスポットです。

レストラン舟屋

道の駅2階にある「レストラン舟屋」は伊根の漁港で朝獲れた旬の魚をいただけます。特に冬季は限定「伊根ぶり料理」、初夏の限定は「岩ガキ刺身」がおすすめです。定番のランチメニューは「舟屋海鮮丼」、「あら煮定食」、「舟屋定食」で、ネタが日替わりで楽しめるこのレストランの人気のメニューです。営業時間は季節によりかわります。

住所:京都府与謝郡伊根町字亀島459 電話番号:0772-32-0680

お食事処油屋

道の駅1階にあるの「食事処油屋」も伊根湾で水揚げされた新鮮な魚をいただけます。伊根町の老舗温泉旅館「油屋」さんが運営するお食事処で、こちらのランチメニューのおすすめはボリューム満点の「海鮮丼」と「青島定食」です。「青島定食」は煮物、焼物、お刺身等、色々食べたい方にはおすすめです。営業時間は季節によりかわります。

住所:京都府与謝郡伊根町字亀島459 電話番号:0772-32-0750

伊根の舟屋に宿泊してみよう!

舟屋の中には泊まれる施設があります。宿泊の為にリノベーションされた舟屋はどこも快適で、窓の外に広がる海と一体化したかのような何とも言えない解放感があります。小さな舟屋の宿泊は一日一組限定の施設がほとんどなので予約は早い方が良さそうです。ゆったりと伊根の観光や釣りを楽しんだりと、美しい伊根を満喫できます。

伊根の舟屋までのアクセス

車でのアクセス

京都府伊根町へは大阪、京都、神戸、敦賀から、車で約2から3時間半程度で行く事が出来ます。それぞれのアクセスは中国自動車道、舞鶴若狭自動車道等を経て、京都縦貫自動車道へ入り、与謝天橋立ICで下りた後、国道176号線から国道178号線を進み伊根町へと入ります。伊根湾を望む国道178号線は最高のドライブが楽しめるコースです。

電車やバスでのアクセス

公共交通機関を利用する場合、大阪からなら約4時間ほどで行く事が出来ます。JR大阪駅から特急で「福知山駅」まで行き、京都丹後鉄道宮豊線で「天橋立駅」で下車し、丹後海陸交通の路線バスで伊根へ向かいます。「天橋立駅」からは運行期間限定で伊根の舟屋群まで行ける「ぐるっと丹後周遊バス」など、アクセスも便利でおすすめです。

海と暮らす伊根の舟屋は一度は見るべき歴史の町

いかがでしたか?伊根の舟屋の湾周辺のみなら1日あればゆっくり観光できる場所です。伊根の観光では、地元の船頭さんが自分の船で案内してくれる海上タクシーなどもありますので利用して下さい。地形が生み出した伊根の景色は古き良き日本の風景として何故か懐かしく映ります。是非、沢山の魅力が詰まった伊根に一度は行ってみて下さい。

丹後地方を観光!ドライブがおすすめ!温泉やグルメなど丸ごと満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
丹後地方を観光!ドライブがおすすめ!温泉やグルメなど丸ごと満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
京都の隠れた人気観光スポットである丹後地方のおすすめ観光情報をご紹介していきます。京都の外れにある丹後半島には、京都の都心部とは違った魅力の観光スポットがたくさんあります。丹後半島の観光で人気のグルメやイベント、さらに温泉スポットなどもご紹介します。
京丹後の観光でおすすめをまとめ!温泉もはずせない、カフェでランチも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
京丹後の観光でおすすめをまとめ!温泉もはずせない、カフェでランチも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
京都府といえば観光の中心は京都市内になります。しかし京都府の北には日本海に面している京丹後地方があるのです。京都観光にはない風光明媚な日本海や豊かな温泉資源が京丹後にはあります。歴史ある名所旧跡やおしゃれなカフェなど、まだ知られていない魅力の宝庫です。
Hokey Pokey
ライター

Hokey Pokey

関連記事

人気記事ランキング