地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

豊島美術館のアクセス方法は?チケット購入方法などお役立ち情報を紹介!

香川県にある豊島美術館。2000年代に建てられたユニークなデザインの建物は、日本全国からそして国外から訪れる観光客から注目を集める人気の美術館となっています。豊島美術館へのアクセス方法や、チケットの購入方法など実際に訪ねる際に便利な情報を中心に紹介いたします。

豊島美術館って?見出し

一風変わった美術館を訪ねてみたい。そんな方にもおすすめの豊島美術館。美術館を訪ねるために、国内外から香川県にある豊島へと世界各国から観光客の方が足を運びます。世界的にも注目の高い美術館の見どころや、アクセス方法などをご紹介いたします。また、入館するためのチケット情報や、おすすめのアート作品などを一緒に見て行きましょう。

見どころ満載の豊島美術館見出し

世界各国から観光客が訪れる

2010年にオープンした瀬戸内海の美術館には世界各国から観光客が訪れます。自然と建築、アートが一体となっている美術館では、作品を楽しんだり、自然を楽しんだりと様々な目的で観光客が足を運びます。香川県の豊島で他とは一味違うユニークな体験をしてみたい。そんな期待を胸に、この地を訪れる方は多いようです。

注目のアート作品「母型」

豊島美術館でメインとなっているのが、「母型」と言うこちらのユニークな作品。中に入って楽しむことができる建物は、観光客の方々が思い思いの時間を過ごせる不思議な空間となっています。座ってみたり、中から空を見上げてみたり。いろんな楽しみができる母型。美術館の中から景色を一度でも見てみたい。そんな思いでこちらを訪ねる方も多いようです。

島で過ごす時間も楽しい

豊島美術館での楽しみは、美術館以外にも島で過ごすゆったりとした時間にもあります。島ではサイクリングなどをすることができるので、アートと合わせて、自然を満喫するというのも観光の目玉となっています。豊島美術館へのアクセス方法にサイクリングなども組み込んで、大自然の中で過ごす素敵な時間を楽しんでみましょう。

豊島美術館へのアクセス方法見出し

豊島にある美術館

香川県の豊島という島にある豊島美術館は、島の北部の丘にある美術館です。自然の中にある美術館へのアクセス方法は、フェリーやレンタルサイクルなどで行く方法があります。島の観光と合わせて楽しんだり、フェリーで海を楽しんだりと、観光客の方々は思い思いの方法で時間を過ごしています。島の中にある美術館とだけあって自然の中で過ごす素敵な時間を満喫する事ができます。

高松駅からフェリーで

島へとアクセスするためには、香川県JR高松駅から徒歩で10分以下のところにある高松港へと行き、そこから30分ほどかけてフェリーに乗る必要があります。フェリーは瀬戸内海の「犬島」などからも出ています。周辺の観光も一緒に楽しみたいという方は、こちらも確認してみましょう。それぞれの島の魅力を比較してみるのも楽しいかもしれません。

島ではバスかレンタルサイクルが人気

島での移動には、バスなどもありますが、乗ることができる人数に限りがあるのでレンタルサイクルなどを利用して移動するのもおすすめです。じっくり豊島での観光を楽しみたいと言う方に、自転車での移動はおすすめです。島の道には坂などもありますが、電動自動車を利用することもできるので、安心して走ることができます。豊島を訪ねる方は、自転車に乗りやすい格好で訪ねてみましょう。

豊島ってどんなところ?見出し

芸術を楽しめる島

瀬戸内海周辺の島の中でも芸術を楽しめる島として豊島は注目を集めています。豊島や周辺の島を中心にアート活動が頻繁に行われているため、豊島美術館以外の施設も一緒に訪ねる事もできます。豊島以外の周辺の島には、「直島」や、「犬島」などがあります。こちらにも、アートサイトの拠点がいくつかあります。これらの島では「ベネッセアートサイト」が中心となって活動しています。

直島から豊島へ

最初は直島から始まったアート活動は2010年の瀬戸内国際芸術祭をきっかけに、豊島での活動としてもスタートしました。湧水が出る食が豊かな島。自然とアートのコラボが楽しめる豊島からは瀬戸内海を一望できるスポットなどもあり、アート以外での関心も高まっています。島へはフェリーでのアクセスも可能との事で、観光客にも訪れやすい島となっています。

島の観光スポットって?

豊島では田園風景を眺めるのも人気です。他にも海を楽しみたいという方は、海水浴場などもあります。島で楽しめるイベントはアートだけにとどまらず自然との触れ合いなど幅広い分野に及びます。豊島美術館と同じように注目の集まる観光スポットに「心臓音のアーカイブ」というスポットもあります。アートの分野の中でもインスタレーションを楽しみたいという方は、こちらにも足を延ばしてみて下さい。

チケット・営業時間の情報見出し

入場料はいくらぐらい?

ユニークな体験を楽しめる豊島美術館。美術館の入場料金は1540円ほどとなっています。チケットは、15歳以下は無料となっているので、親子連れで訪ねる方にもおすすめです。素晴らしい空間で過ごす時間。豊島美術館は、チケットのお値段以上の感動を受ける事ができると観光客の方にも人気です。島にはいくつかのアートサイトがありますが、豊島美術館に足を運ぶのを忘れないようにしたいところです。

営業時間って?

豊島美術館は自然の中にある美術館と言うこともあり、営業時間は時期によって変化があります。豊島美術館が開くのは朝10時からとなっており、16時から17時頃まで館内に入ることができます。チケットを購入したら、じっくりと時間をかけて母型や、周辺のスポットを歩いて周ってみましょう。チケットの購入はオンラインでの予約も可能のようです、こちらも利用してみる事をおすすめします。

豊島美術館はお休みの時がある?見出し

豊島美術館は火曜日がお休み?

人気の豊島美術館。通常のお休みは火曜日となっていますが、冬の時期などは、火曜日から木曜日と休みが延長されています。訪ねる際は、先にオフィシャルサイトのカレンダーをチェックして、営業日を確認してみましょう。島にある美術館と言うことで、天候なども観光には影響します。芸術鑑賞を楽しむためにも、美術館へアクセスする際は、天候なども確認しておくことをおすすめします。

アート作品を豊島美術館で楽しもう見出し

水たまりを発見

母型と言う作品が有名な豊島美術館。コンクリートからは水たまりの泉が出てきて、自然の芸術を作り上げていきます。ユニークなコンセプトの美術館では、水たまりの水滴の動きなどを観察することができます。美術館内では静かに自然を観察したり、水の動きなどを観察してみましょう。

アートの新しい感覚

アートと言えば、展示作品や絵画を思い浮かべる方も多いはずです。そんな中豊島美術館では、新しい形のアートを楽しむ事ができます。美術館と言う概念を今一度考え直してみるのに、とても良い機会となるかもしれません。豊島や周辺の島にある他の美術館と比較して、いろいろと楽しんでみましょう。

香川・豊島の観光おすすめモデルコース!自転車でアートの島を満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
香川・豊島の観光おすすめモデルコース!自転車でアートの島を満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
瀬戸内の海に浮かぶ宝石の様な島・豊島、緑豊かで海の幸に恵まれた楽園の島をのんびりと自転車で観光してみるのはいかがでしょうか?おすすめしたいグルメスポットやなアート作品もたくさんあります。日帰りではちょっともったいない、豊島の観光名所をまとめてご紹介しましょう。

豊島美術館で人気のカフェを訪ねよう見出し

人気のカフェにも立ち寄ってみよう

豊島美術館の敷地内を歩いて周ったら、ちょっと一息つくためにカフェにも立ち寄ってみませんか?2010年にオープンした豊島美術館には、カフェやショップスペースがが設けられています。カフェではドリンクや、ちょっとしたランチプレートなども用意されているので、豊島美術館を訪ねる際に利用してみましょう。ゆったりとくつろげる空間は、アート好きの方にもおすすめです。

カフェの空間は癒しの空間?

コンクリートに包まれている不思議な空間。カフェで素敵な時間を過ごしたいと考えている方は、一風変わった空間の中で、少し非日常的な時間を過ごしてみましょう。天井から射し込む光。開放感あふれる屋外で過ごす時間とは対照的に、何かに包まれているような不思議な体験を楽しむことができます。ゆったりと本を読んでみるのも楽しいかもしれません。

食事をゆっくりと楽しもう

温もり溢れるランチプレート。島の美術館で食べるランチは、自然の豊かさを感じさせる、栄養たっぷりの食事となっています。ゆったりとした時間を過ごしたいと考えている方は、ドリンクだけでなく、豊島美術館でランチを食べてみる事もおすすめです。豊島美術館を訪ねる際は、時間に余裕を持って訪ねると、美術館の中でゆったりとした時間を過ごすことができそうです。

屋外と室内で過ごす時間

豊島美術館では、屋外で過ごす時間と室内で過ごす時間両方を満喫することができます。人混みから少し離れて自然の中でゆったりとした時間を過ごしたいという方や、島での時間を楽しんでみたいという方にもおすすめです。また、室内で過ごす時間もどこか落ち着いた雰囲気を楽しむ事ができるので、カップルや一人で美術館を訪ねようと考えている方にもおすすめです。

ゆったりとした時間を豊島美術館で過ごそう見出し

お土産にポストカードもおすすめ

島の写真や、豊島美術館の敷地内で過ごす楽しい時間など、思い出として持ち帰れる物はたくさんありますが、実際に何かお土産を購入したいと言う方は、ポストカードなどもおすすめです。旅の思い出に数枚買って帰れば、友人に送ったり、部屋に飾って後で眺めて楽しむ事もできそうですね。豊島美術館を訪ねる際は、お土産探しも忘れないようにしてみましょう。

香川・豊島で宿泊するなら!おすすめ紹介!ホテル・民宿・コテージもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
香川・豊島で宿泊するなら!おすすめ紹介!ホテル・民宿・コテージもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
香川県に属する豊島(てしま)は観光スポットとして人気を高めています。観光といえば宿泊先も大切なチェックポイントなのではないでしょうか。そこで今回は豊島で人気の宿泊や値段の安いおすすめ民宿先などをご紹介していきたいと思います。

豊島美術館へ足を運んでみよう見出し

国内外からの観光客から人気の高い豊島美術館。フェリーで島にアクセスしたら、島の中をレンタルサイクルを使って走ってみましょう。豊島美術館では、ユニークなアートとの出会いを楽しむこともできます。豊島にある他のアートサイトや、周辺の島などにもアクセスして、芸術鑑賞を楽しんでみましょう。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月23日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote