地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

沖縄オクマビーチがおすすめ!シュノーケリングや観光に!駐車場は?

白い砂浜が何処までも続く「オクマビーチ」は、観光やリゾートに満足出来るビーチです。1キロに渡って続くロングビーチは天然のビーチ、巻貝や海の生き物も目にする事が出来ます。「オクマビーチ」は息を呑む程の美しさで、環境省から毎年の様に最高レベルの評価を受けています。

「オクマビーチ」って?見出し

沖縄本島の北に位置する、国頭村の西海岸にある美しいロングビーチです。真っ白な砂浜と、海の底が空けて見える様な透明度の高い水質が自慢野ビーチです。西に面したビーチなので、夕陽が観れるスポットとしても観光客に人気です。そんな「オクマビーチ」から、シュノーケリングやお勧めのマリンアクティビティ等をご紹介して行きたいと思います。

「オクマビーチ」の歴史見出し

「オクマビーチ」の直ぐ傍には、アメリカ軍の基地が有ります。「オクマビーチ」自体、昔はアメリカ軍のリゾート・プライベートビーチとして使われていました。第二次世界大戦の後、アメリカ軍の保養施設としてオクマビーチが使われていたのです。その後返還されてリゾートホテルが建ち、ビーチが整備され多くの観光客が訪れる一大リゾート観光地となりました。

「オクマビーチ」へのアクセス見出し

先ずは飛行機で那覇空港へ、空港から「オクマビーチ」へのアクセスは、距離にして約100キロです。沖縄自動車道を利用して約2時間ほどで到着します。一般道の国道58号線を利用した場合は、約2時間半程かかります。沖縄自動車道「許田インターチェンジ」を降りてからは国道58号線を走ります。駐車場料金は、遊泳施設料金に含まれています。

「オクマビーチ」の利用法は?見出し

「オクマビーチ」は、「オクマプライベートビーチ&リゾート」のプライベートビーチとなっています。ホテルに宿泊せずにビーチを利用したい場合は、ホテルで大人750円、子供520円の利用料を支払ってからビーチに入ります。この使用料に駐車場代金も含まれています。ホテルに宿泊されている場合は駐車場料金はかかりますが、ビーチは無料で楽しむ事が出来ます。

「オクマビーチ」の魅力は?見出し

「オクマビーチ」の魅力は、何と言っても泳いでいる魚が見える様な水の透明感で、シュノーケリングにもお勧めです。遠くまで底が透けて見えるこの様な海は、沖縄と言えど中々ありません。環境省が太鼓判を押す程の水質の美しさです。そして西海岸と言うロケーションから、美しい夕焼けやサンセットの絶景が眺められるロマンチックなビーチとしても観光客に大人気です。

約1キロも続く白い砂浜も魅力の一つです。サラサラの砂と言うよりは、珊瑚のかけらも混ざっている砂浜ですのでサンダルを履いた方が歩き易いです。海辺の生き物などを砂浜で見つける事が出来るので、それも魅力の一つではないでしょうか。浜辺に咲く植物や生き物の観察や採集なども楽しまれて欲しいと思います。

「オクマビーチ」のリゾートホテル「オクマプライベートビーチ&リゾート」見出し

「オクマビーチ」を語る時「オクマプライベートビーチ&リゾート」を語らない訳には行きません。元アメリカ軍基地のリゾート施設であった雰囲気を残した、何処かアメリカを感じさせる趣きのあるホテルです。ビーチだけの利用も使用料を支払えば出来ますが、ゆっくりとリゾート気分を満喫されたい方はホテルに宿泊されるのをお勧めします。

リゾート施設のプライベートビーチと言う事で、とても美しく整備されています。ビーチにはパラソルやビーチチェアが用意されていますし、様々なアクティビティもホテルを通して安全に楽しむ事が出来ます。個人でプランを立てるのも良いですが、施設に丸投げで思い切りリゾートを満喫するのもお勧めです。宿泊費の他に駐車場料金が発生します。

施設では、観光客が思う存分リゾート気分を満喫出来る様な設備を用意しています。ビーチで泳ぐのも良し、ビーチテラスでのんびり海を眺めるのも良し、沖縄の潮風に吹かれて思い切り「オクマビーチ」を楽しんで下さい。日常を忘れてのんびり海を眺めているだけでも、最高のひと時が過ごせる事と思います。

「オクマプライベートビーチ&リゾート」の敷地内は、芝生が広がり自然をそのまま生かした景観とコテージ式の客室が特徴です。敷地内を歩くと、日常離れしたリゾート風景が広がります。潮風に吹かれながら、夕暮れの散歩もロマンチックでお勧めです。日本離れした風景を、日本に居乍ら楽しむ事が出来ます。

大人の為のリゾートイベント

2017年7月15日から8月31日までの土曜日、「オクマプライベートビーチ&リゾート」では大人の為のイベントが開催されました。400個のLEDライトで飾られたプールサイドや、ライトアップされた植物が幻想的でロマンチックな雰囲気を造り出します。ジャズの演奏や打ち上げ花火で大いに盛り上がりました。南国沖縄のヤシの葉影から観る花火はとても素敵です。

「オクマプライベートビーチ&リゾート」では様々なプランが有りますので、潮風を感じながらゆったりとテラス席で風景観乍ら朝食をとる事が出来ます。又は和洋折衷のビュッフェスタイルで、好きなお料理を好きなだけ楽しめる朝食をとる事も出来ます。公式サイトをチェックしてお好みのプランを探し出して、満喫のリゾートスタイルを楽しまれて下さい。

「オクマプライベートビーチ&リゾート」の駐車場は、ホテルのエントランスからかなり離れています。お車を運転して行かれた場合で、同行者に小さなお子様や歩くのが大変な方がおられる場合には、一旦ホテルのエントランス前で降りて貰って運転者が車を駐車場へ行かれた方が良いと思います。駐車場料金は、一滞在463円となります。

住所:沖縄県国頭郡国頭村奥間913 電話番号:0980-41-2222

沖縄リゾートホテルランキングTOP10!格安から高級まで!穴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄リゾートホテルランキングTOP10!格安から高級まで!穴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
誰もが行ってみたいと思う、沖縄のリゾートホテル。リゾートホテルと言うと一見高級そうに思えますが、実際は一流の高級ホテルから格安ホテル、穴場のおすすめホテルまで様々です。沖縄のリゾートホテルであなたもリッチな気分になりませんか?

「オクマビーチ」カヌー&カヤックを満喫見出し

「オクマビーチ」では様々なマリンアクティビティが用意されていますが、カヌーやシーカヤックがお勧めです。少しレクチャーを受けると誰でも楽しむ事が出来ます。自分でオールを漕いで大海原を進む快感は、経験した人にしか分かりません。ぜひ安全な指導の元、未経験の方もチャレンジして下さい。海に潜るシュノーケリングの様な事が少し苦手な方にお勧めです。

「オクマビーチ」シュノーケリング&スキューバダイビングも!見出し

泳ぎや潜りが苦手で無い方には、シュノーケリングやスキューバダイビングがお勧めです。自分で海に潜って、珊瑚礁を群れで泳ぐ魚を鑑賞するのはとてもエキサイティングな事です。人懐っこい魚は人間を恐れずに近寄って来る事もあります。ぜひ天然のビーチ「オクマビーチ」で、美しい熱帯魚を心行くまで楽しんで頂きたいと思います。

「オクマビーチ」グラスボートで魚鑑賞見出し

シュノーケリングもダイビングもちょっと苦手だと仰る方には、「グラスボート」がお勧めです。グラスボートとは船底が透明のガラスになっていて、海の中の魚や熱帯魚などの生き物が鑑賞出来る様になっているボートです。年齢に関わらず家族皆で楽しめるので、小さなお子さんをお持ちのご家族連れにも人気のアクティビティとなっています。

環境省から水質ベストランクの、「AA」と言う位を貰っている「オクマビーチ」です。怖い位の透明感とはこの事かと思う様な透き通った美しさです。この様なクリアな水の中を泳ぐ魚達は、さぞかし気持ちが良いだろうと思ってしまいます。沖縄には数々の「グラスボート」を楽しめるビーチが有りますが、「オクマビーチ」で是非「グラスボート」を楽しんで頂きたいです。

「オクマビーチ」でリラックス見出し

「オクマビーチ」での楽しみ方は、まだまだあります。子供の頃絵本やおとぎ話の挿絵で、ハンモックが描かれていてワクワクした想い出は有りませんか?いつか南の島でハンモックに揺られてお昼寝をしてみたい、と思った事のある方もきっとおられる事と思います。「オクマビーチ」では、そんな夢も叶うのです。是非ハンモックに揺られてビーチを満喫されて下さい。

「オクマビーチ」で夕陽を満喫見出し

「オクマビーチ」は西海岸に位置しているので、美しい夕焼けや夕陽が観れる事でも有名なビーチです。夕陽を観るのを楽しみにこのビーチへやって来る観光客も大勢います。出来ればホテルに2、3泊して夕陽の絶景を観て頂きたいと思います。何処までも続く水平線に溶ける様に沈んで行く夕陽は最高です。

浜辺を散歩しながら夕陽を楽しむのも良いですが、もう少しゴージャスに楽しみたい方にお勧めなのが「サンセットクルーズ」です。ホテルのプランに参加して、サンセットクルーズに出かけてみて下さい。東シナ海の水平線に沈んで行く夕陽は、ロマンチックに一日を締めくくるのにピッタリです。まるで映画のワンシーンの様な風景が目の前に広がります。

サンセットを愛でた後には、降り注ぐような星屑の夜空が待っています。日本にまだこんなに星が輝く場所があったのかと驚く様な星空が広がります。ビーチに寝転んで満点の星屑を眺めて見るのも良いと思います。都会や町中で出来ない事が出来てしまうのがリゾートです。時間に追われない、非日常を思う存分楽しんで頂きたいと思います。

「オクマビーチ」へ行こう見出し

沖縄「オクマビーチ」の魅力や、リゾートホテルご利用の楽しみ方をご紹介して来ましたが如何でしたでしょうか。沖縄でも群を抜いた透明度の高い「オクマビーチ」、白い砂浜が何所までも続くロングビーチは、シュノーケリングやその他のマリンアクティビティが楽しめるお勧めのリゾートです。ぜひ素晴らしいマリンリゾートを満喫されて下さい。

投稿日: 2017年10月4日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote