市原海釣り公園に行こう!釣れる魚やポイントから料金・アクセス方法なども紹介!

市原海釣り公園に行こう!釣れる魚やポイントから料金・アクセス方法なども紹介!

千葉県市原市にある市原海釣り公園は、都内や千葉市内からもアクセスしやすく料金が安い人気の釣りスポットです。初心者や子供でも気軽に釣りが始められ、ポイントよって色々な魚が釣れるので一日中居ても飽きません。そんな市原海釣り公園について詳しくまとめてみました。

記事の目次

  1. 1.市原海釣り公園は初心者でも魚釣りができる
  2. 2.市原海釣り公園の特徴は
  3. 3.市原海釣り公園では開催するイベントも豊富
  4. 4.市原海釣り公園の料金とアクセス方法
  5. 5.市原海釣り公園で釣れる魚は?
  6. 6.市原海釣り公園のおすすめのポイント1:桟橋の真下
  7. 7.市原海釣り公園のおすすめのポイント2:養老川付近から沖側
  8. 8.市原海釣り公園のおすすめのポイント3:桟橋の北側先端
  9. 9.市原海釣り公園のおすすめのポイント4:桟橋の内側全体
  10. 10.市原海釣り公園のおすすめのポイント5:桟橋の南側先端
  11. 11.市原海釣り公園のおすすめのポイント6:桟橋中央
  12. 12.市原海釣り公園のおすすめのポイント7:桟橋から沖側全体
  13. 13.市原海釣り公園のおすすめのポイント8:岸からの桟橋の真下
  14. 14.市原海釣り公園のおすすめのポイント9:桟橋が交差する角側
  15. 15.市原海釣り公園のおすすめのポイント10:桟橋の近くにある漁礁
  16. 16.市原海釣り公園を利用する時のルール
  17. 17.市原海釣り公園で気軽に魚釣りを楽しもう

市原海釣り公園は初心者でも魚釣りができる

千葉県には様々な釣り場があり、料金が安く初心者でも気軽に魚釣りができる海釣り公園も数多くあります。中でも市原海釣り公園は市原インターから車で15分の場所にあり、都内からもアクセスしやすい便利な施設なのでとても人気があります。今回はそんな市原海釣り公園のアクセス方法や、釣れる魚やポイントなどをご紹介します。

市原海釣り公園の特徴は

市原海釣り公園はオリジナルメーカー海づり公園という名前で、市原市立の公共施設として平成2年4月にオープンしました。魚の集まりやすい養老川の河口近くから120メートルも沖に桟橋をかけ、そこから岸と平行に300メートルもの桟橋スペースが設置されています。そのため狙える魚種も多く、初心者も魚が釣りやすい環境が整っています。

また市原海釣り公園では釣り具や餌の販売や、釣り道具のレンタルもあり手ぶらで行っても釣りを楽しむことができます。また施設内には安い料金で食べられる食堂やトイレもあり、釣り場には監視員が常駐しているので親子連れも安心です。釣りは全くやったことがない人でも、指導員が技術指導をしてくれるのですぐに魚釣りを始められます。

市原海釣り公園では開催するイベントも豊富

市原海釣り公園では年間を通して様々なイベントを開催していて、釣り大会では世代を問わず魚釣りを楽しむことができます。また月間を通して行っている釣り大会では、釣った魚のサイズを競い勝者にはトロフィーや景品が贈られます。年に1回開催されている稚魚の放流のイベントでは、魚を釣るだけではなく魚の保護育成にも役立てます。

魚釣りは全くの初心者という人には、年に9回開催されている釣り教室のイベントがおすすめです。参加した時期に釣れる魚を対象に、仕掛けや釣り方の方法などを料金なしで講師からレクチャーしてもらえます。また小中学生の野外体験学習にも対応していて、釣り方のレクチャーや釣り具の貸し出しなどのサービスも実施しています。

市原海釣り公園の料金とアクセス方法

市原海釣り公園は市原インターから車で15分、五井駅から車で15分の場所にあり都内や千葉市からでもアクセスがしやすい場所にあります。養老川臨海公園のすぐ隣にあり、公園で遊ぶついでに釣りを楽しむこともできます。駐車場は85台が収容でき、無料で駐車ができるので時間を気にせずゆったりと釣りができます。

料金は一般が920円で中学生以下は460円、見学のみの場合なら料金は一般は220円で中学生以下は110円で入場ができます。7月から10月までの期間は料金が安く、一般が460円、中学生以下が230円で釣りを楽しめます。何度も来る人にはリーズナブルな料金の回数券がおすすめで、6枚綴りの料金は大人4600円で中学生以下は2300円です。

市原海釣り公園で釣れる魚は?

市原海釣り公園は沖に桟橋が伸びているので、幅広い魚種を一年中釣ることができます。1月から5月はサヨリやカレイなど、6月から11月ごろにはハゼやアジが狙えます。初心者や子供もチャレンジしやすいサビキ釣りなら、1年中イワシやサバ、アジなどの回遊魚が狙えます。一度に何匹も釣れることもあり、釣りあげた時の達成感は格別です。

また市原海釣り公園は養老川の河口にも近いので、河口付近ではスズキを狙うことができます。砂地や岩礁ではカレイやグレなどの上級者向けの魚が生息し、他にもアイナメやメバルなどの魚種がポイント毎に狙えます。海釣り公園ではコマセや遠投は禁止ですが、サビキ釣りやちょい投げはできるので魚種に合った釣り方で釣りましょう。

市原海釣り公園のおすすめのポイント1:桟橋の真下

海釣り公園のような沖に突き出た桟橋にいると、より遠くにいる魚を狙って遠くに糸を飛ばしがちです。しかし意外なことに魚は桟橋のすぐ下あたりに集まっていることが多く、竿をちょっと出したところから糸を垂らすだけで釣れることも多いです。力がなく遠くに飛ばせない女性や、あまり前にでると危ない子供にもおすすめのポイントです。

市原海釣り公園は岸から沖に向かってT字に桟橋がかかっているので、その真下がすべてポイントになります。イワシやサバのような回遊魚ではなく、チヌやシーバスなど大型の魚が潜んでいます。これらの魚は歯が鋭く引きも強いので、糸や針を強いものにしたり竿を落とさないように注意しましょう。思わぬ大物がゲットできるかもしれません。

市原海釣り公園のおすすめのポイント2:養老川付近から沖側

河口付近は昔から魚が集まるポイントとして知られ、川から海へと泳いでくる魚やそれ狙ったフィッシュイーターが釣れる場所でもあります。市原海釣り公園では北川に養老川の河口があり、そこから沖に向かった場所が絶好の釣りポイントになります。砂地も多いことから砂に潜って潜んでいる魚を、誘うようにして釣る方法もおすすめです、

養老川付近から沖側で狙える魚は多く、回遊魚はもちろん根魚や大物も狙えます。特に河口付近にはフッコクラスのスズキが回っていて、ちょい投げやルアーで狙う釣り人も多いです。また砂地の地帯はカレイが狙える場なので、エサや仕掛けなどを使って狙うのもおすすめです。ちょい投げをする際は、後ろに人がいないか確認しましょう。

市原海釣り公園のおすすめのポイント3:桟橋の北側先端

市原海釣り公園の桟橋は岸に沿うように南北に架かっていて、北側先端は比較的沖のポイントにアクセスできることから大物狙いの釣り人が集まるスポットでもあります。南北の先端は広めのスペースがあるので、先客がを待つことなく3方向から沖へと竿を出すことができます。ルアーフィッシングやちょい投げにもおすすめのポイントです。

北側の先端は養老川の河口にも近いことから、大型のシーバスが狙える絶好のポイントです。また海中には岩礁や岩場もあり、アイナメやメバルなどの根魚を釣ることもできます。砂場地帯に狙いを絞ればカレイやマゴチなどの高級魚も狙えるので、色々な魚種に備えて仕掛けや餌を準備しておきましょう。

市原海釣り公園のおすすめのポイント4:桟橋の内側全体

岸から桟橋へとアクセスすると外側にポジションをとりがちですが、比較的波の穏やかな桟橋の内側全体には根魚や回遊魚などが回り込むポイントでもあります。風の強い時や波が高い日などの天候が悪い時は沖側だと糸や仕掛けが流れてしまうので、初心者の人や子供は桟橋の内側の落ち着いたポイントでと釣りを楽しむのがおすすめです。

岸と並行になった桟橋は北川に長く伸びているため、桟橋の内側はとても広く色々なポイントが確保できます。ハゼやイワシなどサビキ釣りでゲットできる魚や、イソメを使って釣れるイシモチや根魚のメバルなど釣れる魚種が多いのも魅力です。中にはクロダイやカレイなど意外な高級魚もいるので、初心者でも釣りあげるチャンスがあります。

市原海釣り公園のおすすめのポイント5:桟橋の南側先端

桟橋の南側は北側に比べると幅も短く、先端まで続く桟橋が短めにできていますが先端は北側と同様に広いスペースが設けられています。南側の先端は北側とは違う魚種が狙える場所としても人気があり多くの釣り客が集まっています。先端からは近くの石油会社のタンクなどが見えるので、釣りをしながら工場見学の気分が味わえます。

桟橋の南側先端は河口から離れているため沖から向かってくる魚種が多く、イワシやアジなどの回遊魚やサヨリの群れが来ることもあります。ポイントによってはクロダイやスズキも狙えるので、こちらも大型魚種狙いの釣り人がよく居ます。特にサヨリは冬の時期によく釣れるので、釣り具だけでなく防寒具もしっかりと持って挑戦しましょう。

市原海釣り公園のおすすめのポイント6:桟橋中央

岸と並行に設置されている桟橋は300メートルもの長さがあり、沢山の人が沖や内側に向かって竿を出すことができます。中央には数か所手洗い場があり、餌付けや魚を掴んで汚れた手を洗うことができます。桟橋の幅は10メートル以上あるので、荷物をもって移動するのも楽々です。ただしちょい投げする時は、後ろの歩行者に注意が必要です。

広々とした桟橋中央付近はファミリーフィッシングにおすすめの場所で、回遊魚はもちろん、キスやイカなどの珍しい魚介が狙えます。また岩礁や桟橋の真下にはメバルやアイナメなどの根魚や、ちょい投げで狙える沖にはスズキやカレイ、マゴチなどがヒットします。スペースも広くとれるので、サビキ用のオキアミを隣に置いて楽しめます。

市原海釣り公園のおすすめのポイント7:桟橋から沖側全体

桟橋中央の手前でサビキ釣りをするのではなく、ちょっと沖に投げればより大きな魚が狙えるポイントがあります。海釣り公園では2本まで竿を出せるので、1本はサビキ用にしてもう1本をちょい投げやルアー釣りに出す人が多いようです。ちょい投げやルアーをする時は感覚を少しあけ、他の場所と同様に後ろに人がいないか注意しましょう。

桟橋から沖側全体で狙えるのは、回遊魚を狙ってやってくるフィッシュイーターなどの大型の魚です。スズキはフッコと呼ばれる60センチ弱の魚や、ワカシやワラサと呼ばれる35センチ前後のブリの子供など桟橋近くの魚と比べるとサイズも重さも桁違いです。そのため細い糸や針ではすぐに切れてしまいますし、引きも強いので注意が必要です。

市原海釣り公園のおすすめのポイント8:岸からの桟橋の真下

海釣り公園では岸から続く桟橋の真下に、桟橋に沿うように作られた釣り場があります。ここは沖側の桟橋のように橋の下に隠れている魚種を狙ったり、橋の外側と内側で違う魚種を狙うことができる穴場スポットです。沖側の桟橋にアクセスする途中から折り返す形となるので、比較的人が混み合わない子供連れにもおすすめの場所です。

岸からの桟橋の真下のポイントは場所によって釣れる魚種が違い、橋の下の岩礁などではメバルやアイナメといった根魚が釣れます。また回遊魚が来るポイントでもあるため、桟橋の内側と外側の場所ではイワシやサバなどが釣れます。桟橋の外側に向かってちょ投げをすれば南側の先端と同様に、サヨリやアジが釣れることもあるようです。

市原海釣り公園のおすすめのポイント9:桟橋が交差する角側

桟橋の外側も内側も人が多く、なかなか釣り場のポイントが見つからないという人には桟橋が交差する角がおすすめです。人通りが多いからかあまり釣りをする人がいない知る人ぞ知るポイントで、2か所しかない角のひとつを独占することができます。沖からの魚が入り込んで来たり、桟橋の内側の魚が近づいてきて意外な釣果が期待できます。

桟橋の角からは他のポイントでも釣れる根魚はもちろん、回遊魚なども狙えます。沖側の桟橋に回遊魚がいるときは投げサビキの状態にすれば、群れに向かって糸を垂らすことができます。また沖側の桟橋の南側よりにあるため、迷い込んだサヨリを釣るチャンスがあります。内側は砂地があるので、カレイを釣る絶好のポイントです。

市原海釣り公園のおすすめのポイント10:桟橋の近くにある漁礁

海釣り公園の周りには捨て石や魚礁が多く、桟橋の外側からでもそのポイントを狙うことができます。過度な遠投は禁じられていますが、ちょい投げの状態でもヒットする場所があるので棚の深さやアタリがある場所を注意深く探りましょう。餌釣りだけでなくルアーでも魚が狙えますので、狙いの魚種に対応したルアーを用意しておきましょう。

一般的に漁礁に集まると言われている魚の種類は100から200ともいわれていて、メバルなどの根魚やイワシの稚魚などが隠れ家にしています。そのためイワシを狙った魚も多く、タイなどの高級魚まで釣りあげるチャンスがあります。また縞模様が美しい石鯛やメバルの一種のソイなど、スーパーでは見かけない珍しい魚もいます。

市原海釣り公園を利用する時のルール

市原海釣り公園は魚釣りを目的にした大人だけでなく、子供や初心者まで様々な人が訪れています。そのためお客さん全員が楽しく安全に利用するためのルールが設けてあり、それに従わない場合は利用ができません。まず最初に海釣り公園の園内以外の、釣り禁止区域では釣りをしてはいけません。また大声を出して騒ぐ行為も禁止です。

また小学生以下の子供には、安全のためにライフジャケットの着用が義務づけられています。無料でレンタルできるので、持っていない人は必ず借りましょう。日常やシーズン中など園内の混雑が予想される場合は、園内が制限されますのでご注意ください。詳しい市原海釣り公園のルールは園内掲示などでも確認して、安全に利用しましょう。

市原海釣り公園で気軽に魚釣りを楽しもう

市原海釣り公園は色々な魚種が狙える便利な場所で、都内からもアクセスしやすく料金が安いのも魅力です。魚釣りに興味があっても何から始めればいいのかわからないという人は、まずは市原海釣り公園に来て魚釣りのノウハウを教えて貰うのもいいかもしれません。この機会に市原海釣り公園で、気軽に魚釣りを楽んでみませんか?

千葉の釣りスポットおすすめ17選!各所までのアクセスなどのお役立ち情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
千葉の釣りスポットおすすめ17選!各所までのアクセスなどのお役立ち情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
千葉県内にはたくさんの釣りスポットがあります。家族連れや初心者でも楽しむことができるおすすめの釣りスポットを中心に、アクセス方法などの情報も一緒に紹介していきます。カレイ、アナゴ、ハゼなどといった魚が釣れる場所もあります。千葉で釣りを楽しみましょう。
市原のラーメンランキング!おすすめの人気店をピックアップ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
市原のラーメンランキング!おすすめの人気店をピックアップ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
市原で人気のラーメン店をご紹介します。市原はラーメン激戦区として知られていますが、そのなかでも特におすすめの人気店をピックアップしてランキング形式でまとめました。市原市でおいしいラーメンが食べたくなったときに、ぜひ参考にしてください。
MEG_TEA
ライター

MEG_TEA

関連記事

人気記事ランキング