地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

なか卯の朝食がおすすめ!人気メニューや時間・持ち帰り情報も紹介!

なか卯といえばうどんや丼ものが人気なチェーン店で、安く楽しめることが魅力です。そんななか卯では朝食も大変おすすめです。今回は、なか卯の朝食の人気メニューから提供時間・持ち帰りについてご紹介致します。

なか卯の朝食がおすすめ!見出し

「なか卯」といえば、京風のお出汁が美味しい細めのうどんと、他にもトロトロの卵が美味しい親子丼が有名です。そのなか卯は、実は朝食も大変リーズナブルでおすすめです。こちらではなか卯の朝食に関して、提供される時間帯や人気のメニュー、持ち帰りに関する情報などをご紹介していきます。

なか卯のモーニングタイムは安い!見出し

なか卯の看板メニューである、クオリティーの高いトロトロの親子丼や、コストパフォーマンスが高いこだわりのうどんは勿論おすすめですが、なか卯で提供されている朝ごはんの「朝定食」が種類が豊富でコストパフォーマンスが高く美味しいと話題です。

また朝定食についてくるお味噌汁も有料でとん汁に変更することが可能で、現在はご飯の大盛を無料でサービスしてくれますので、朝からバランスの良い朝食を250円から最高470円でお腹いっぱい食べることができます。

なか卯の朝食がおすすめな理由見出し

お米へのこだわり

なか卯の看板メニューである親子丼にも使用するごはんのお米はすべて国産のものを使用しています。お米は同じ銘柄でも収穫された場所やその年の気温、降雨量など様々な要素により違います。なか卯では月に何度もごはんの試食ををして、提供するご飯の品質保持に努めています。

牛肉へのこだわり

肉にうるさい関西で創業したなか卯ですので、牛肉を使用するメニューのお肉には強いこだわりがあります。各国には食肉の安全や品質保証の方法がありますが、なか卯では国の安全基準よりも高い水準の厳しい基準により安全性を確認しています。

また、お肉は脂身が無さ過ぎればジューシーさに欠け、脂身が多すぎればしつこくなってしまうので、この脂身の部分の割合を繊細に計算しています。脂身のバランスは調味料の馴染み具合にも営業するため、原料によってはスライスの厚さなどを変え調整しています。

卵へのこだわり

看板メニューの親子丼の最も重要な要素であると言っても過言ではない卵にはなか卯最大のこだわりがあると言ってもよいでしょう。その証拠になか卯で使用する鶏卵には「こだわり卵」という名前が付けられています。「こだわり卵とは」はなか卯で特別に開発した餌で育てた鶏から生まれる卵のことです。

「こだわり卵」は市販のものよりも黄身の色が濃く、オレンジ色です。黄身には弾力があり、コクのある風味は親子丼に旨みを加えたり、カツ丼にまろやかさを加えてくれます。また、牛丼などに追加するのもおすすめですが、朝定食ではもっとシンプルに味わうことができます。

なか卯の朝食の提供時間見出し

多くのファーストフード店が24時間営業を中止している中、なか卯では24時間営業を行う店舗が多く存在します。その中で朝定食をいただける時間は午前5時から午前10時までの5時間です。店舗により多少前後しますが、朝食をいただける時間には制限がありますので、ご注意ください。

なか卯のおすすめ朝食メニュー5選見出し

1:目玉焼き朝定食

この目玉焼き朝定食はなか卯の基本の朝食です。内容は白ご飯とお味噌汁(もしくはとん汁)に「こだわり卵」の卵焼きが1つ付き、さらには味付け海苔まで付きます。そしてなんといってもおすすめの理由はその値段です。

こちらの目玉焼き朝定食はなんと250円(※とん汁は330円)です。たったの250円でシンプルな和朝食をいただけるのは大変うれしいです。また注文してからすぐに出てきますので、時間のない朝でもさっといただいて会社に出勤することもできます。「こだわり卵」の目玉焼きはご飯に乗せて黄身を崩しながら食べるも良し、別々に味わうも良しです。

2:納豆朝定食

健康志向の方にはこちらの納豆朝定食がおすすめです。納豆朝定食の内容は白ご飯とお味噌汁(もしくはとん汁)に「こだわり卵」と納豆、そして味付け海苔が付きます。納豆には様々な健康効果があり、万能食品とも呼ばれています。コストパフォーマンスもよく普通のお味噌汁なら300円、とん汁なら380円です。

また、朝から納豆を食べるのはちょっと匂いが気になるという方もいらっしゃるかもしれませんが、なか卯はそんな方への配慮も忘れていません。なか卯で使用している納豆は「匂い控えめ」の納豆ですので、健康のためにも是非納豆朝定食をお試しください。

3:銀鮭朝定食

なか卯こだわりの「こだわり卵」を使用した朝定食はもちろんおすすめですが、和朝食の定番でもある鮭がいただける銀鮭朝定食もおすすめです。銀鮭朝定食の内容は白ご飯、お味噌汁(とん汁)銀鮭、味付け海苔です。値段はお味噌汁だと390円、とん汁だと470円です。

焼鮭は日本の定番の朝ごはんのメニューの一つですが、なか卯の銀鮭は程よい塩加減と、ジューシーさのバランスが素晴らしく、ご飯がどんどん進みます。身はジューシーでありながら皮はパリパリと焼き上げられていますので、鮭の皮が好きな方にもおすすめです。

4:目玉焼き牛小鉢朝定食

こちらの目玉焼き牛小鉢朝定食は朝ごはんのメニューながら、なか卯自慢の「こだわり卵」の目玉焼きと牛小鉢が付いた贅沢朝食メニューです。内容は白ご飯、お味噌汁(とん汁)、目玉焼き、牛小鉢、焼海苔、ミニサラダです。これだけ豪華なラインアップでお値段はなんと390円(とん汁だと470)というワンコインメニューです。

こちらは新商品なのですが、これだけおかずが豊富だと、ご飯が足りなくなってしまうのではと心配ですが、今ならご飯の大盛が無料ですので、たくさん食べられる方は大盛りをおすすめします。今日一日のお仕事に備えて、低コストでしっかりと体力の補給ができるのが嬉しいです。

5:朝まぜごはん納豆定食

こちらも健康志向の方にはとてもおすすめのメニューです。朝まぜごはん納豆定食の内容は白ご飯、お味噌汁(とん汁)、「こだわり卵」(生卵)、と納豆と"オクラとかつお節"の小鉢が付いた定食です。お値段はお味噌汁が330円でとん汁だと410円です。

こちらのメニューはメニューの「朝まぜごはん納豆定食」名前の通りおかずをご飯に乗せて混ぜていただきます。粘り気のある健康食材を使用していますので、健康に良いことは勿論のこと、ご飯が喉を通りづらい朝の時間帯でも、するすると食べることができるのでお勧めです。

なか卯の便利なお持ち帰り見出し

便利なお持ち帰りに関してですが、残念ながら朝定食はお持ち帰りをすることはできません。しかしながらなか卯では丼ぶりものだけでなく、うどんなどの汁ものにいたるまでまで、ほとんどのメニューをお持ち帰りすることができます。

コストパフォーマンスの良いなか卯は、食事時になると満席のことも少なくありません。会社でお昼ご飯の時間が決められている場合などは、行列を待つ時間もあまりない場合もあります。そんなときには、ぜひお持ち帰りをご利用ください。待ち時間の節約になります。

また、ツルツルのうどんやトロトロ卵の親子丼は、子供の大好物でもあります。店内でお子様連れの食事が難しいという場合にも、お持ち帰りは便利です。うどんも親子丼も冷めずにこぼれないよう工夫された容器でお持ち帰りできますので、ご家庭でも熱々のお食事ができます。

なか卯に朝食を食べに行こう!見出し

いかがでしたか、なか卯のおすすめは親子丼や京風うどんだけではありません。こだわり抜いて選んだ食材で作られる朝定食は美味しくて栄養満点で、コストパフォーマンスが最高です。朝の出勤前に、休日の朝食に、是非なか卯に朝定食を食べに行きましょう。

松屋の朝定食紹介!他とは違う特徴や気になる持ち帰りの可否も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
松屋の朝定食紹介!他とは違う特徴や気になる持ち帰りの可否も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
「松屋」の朝定食のコスパがかなり良く美味しいと話題です。松屋の朝定食は他とは違う特徴でサラリーマンや学生を中心に人気で、価格も大変リーズナブル。そんな松屋の朝定食のメニューや持ち帰りの可否など含めてご紹介!
投稿日: 2017年11月9日最終更新日: 2021年2月25日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote