ハワイ「オノ・シーフード」のポケ丼はロコに人気!行き方や営業時間は?

ハワイ「オノ・シーフード」のポケ丼はロコに人気!行き方や営業時間は?

ハワイに行くと色々なものを食べてみたくなりますが、まだ未体験の方は「オノ・シーフード」のポケ丼をぜひ食べてみてください!日本で食べる海鮮丼とは違ったハワイならではの美味しさを堪能できます。では今回は地元の人にも人気のオノ・シーフードをご紹介していきます!

記事の目次

  1. 1.ハワイの「オノ・シーフード」とは?
  2. 2.ハワイ「オノ・シーフード」の人気メニューポケ丼とは?
  3. 3.ハワイの「オノ・シーフード」は日本語メニューがある!
  4. 4.ハワイの「オノ・シーフード」の白米はジャスミンライス!
  5. 5.「オノ・シーフード」人気メニュー1:醤油アヒ
  6. 6.「オノ・シーフード」人気メニュー2:醤油タコ
  7. 7.「オノ・シーフード」人気メニュー3:ハワイアンスタイル
  8. 8.「オノ・シーフード」人気メニュー4:味噌アヒ・味噌タコ
  9. 9.「オノ・シーフード」人気メニュー5:スパイシーアヒ
  10. 10.「オノ・シーフード」人気メニュー6:わさびアヒ
  11. 11.「オノ・シーフード」のポケ丼はコンボもおすすめ!
  12. 12.「オノ・シーフード」のポケ丼を頼むとドリンクがつく!
  13. 13.ハワイの「オノ・シーフード」の営業時間は?
  14. 14.ハワイの「オノ・シーフード」への行き方は?
  15. 15.ハワイに行ったら「オノ・シーフード」に行こう!

ハワイの「オノ・シーフード」とは?

皆さんは、ハワイの「オノ・シーフード」をご存知ですか?オノ・シーフードの「ONO」はハワイ語で「美味しい」という意味です。1995年に今のオーナーのご両親がオープンさせて2018年現在も人気店として多くのロコが通っています。今回はその美味しいポケ丼が食べられるオノ・シーフードのメニューや営業時間、行き方などをご紹介していきます!

ワイキキビーチウォーク!ハワイのお土産やグルメはここ!人気ショップまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ワイキキビーチウォーク!ハワイのお土産やグルメはここ!人気ショップまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイのワイキキの中心部にあるショッピングモール「ワイキキビーチウォーク」。メインストリートのカラカウア通りから海に向かって50以上の店舗があります。今回はワイキキビーチウォークのおすすめのショップやグルメをご紹介します。

ハワイ「オノ・シーフード」の人気メニューポケ丼とは?

Photo by quinten149

ハワイでロコにも人気のポケ丼が楽しめるオノ・シーフードですが、その「ポケ丼って何?」と思っている方もいるかもしれませんので、まずはポケ丼についてご説明します。ポケ丼の「POKE」とは、ハワイ語でスライスする、細かく切るといった意味があります。ですから海鮮丼のような材料からつけられた名前ではなく調理法が使われた名前のようです。

Photo by agkdesign

その調理法から名付けられたと思われるポケ丼はハワイの美しい海で水揚げされた新鮮な魚を細かく切ってハワイアンテイストに味付けされたハワイ版海鮮丼です。ハワイ語でアヒと呼ばれるマグロやタコ、アク(カツオ)などの海鮮が海藻などと一緒にハワイアンソルトや醤油で味付けされています。ハワイのアヒといえば1度は聞いた事があるかもしれません。

Photo by kimubert

このようなポキをご飯の上に乗せればランチやディナーにもぴったりなご飯になりますしポキだけをお酒のおつまみとして食べるのもおすすめです。醤油味やわさび味、スパイシーな味などいろいろありますが、ポキの味付けはお店によって本当に違う個性を味わう事ができます。しかし今回ご紹介するオノ・シーフードの味付けは他店とは段違いの美味しさです!

シェイブアイスはハワイのカラフルなかき氷!食べ比べしたい人気店7選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シェイブアイスはハワイのカラフルなかき氷!食べ比べしたい人気店7選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイで人気のかき氷のシェイブアイスの美味しいお店のおすすめ情報について詳しくご紹介していきます。シェイブアイスはハワイで人気の見た目にも鮮やかなかき氷です。ハワイのワイキキなどの人気のスポットをまとめていますので、是非参考にしてみて下さい。

ハワイの「オノ・シーフード」は日本語メニューがある!

日本人観光客がごった返すハワイではレストランのメニューが日本語で書かれていることも珍しくありませんし店員が日本語を話すお店も珍しくありません。しかしこちらのオノ・シーフードでは日本語でのやり取りはできませんが、その代わり英語が1つも話せなくてもメニューのオーダーができるほど、親切に日本語で書かれたメニューがあるので安心です。

Photo by Danny Nicholson

日本語で書かれたメニューがあるので英語が苦手な方でも自分が食べたいものを間違うことなくオーダーすることが可能です。1言も英語を話せなくても指をさせばわかってくれますし写真もあるので、そちらを見ながらオーダーすればどんな食べ物がくるのかが事前にイメージできます。そして店員さんも英語の話せない日本人に慣れているので大丈夫でしょう。

ハワイの「オノ・シーフード」の白米はジャスミンライス!

Photo by is_kyoto_jp

オノ・シーフードのポケ丼に使われている白米はジャスミンライスです。ジャスミンライスは好き嫌いがはっきりと別れるお米なので、もしかしたら苦手な方もいるかもしれません。ジャスミンライスのぱらっとした食感と芳醇な香りがポケとの相性抜群なのですが日本米に慣れていてタイ米がちょっと、という方にはあまり良い相性とは言えないかもしれません。

Photo by Dano

そんな方は、ポケ丼ではなくポケのみを注文するか、もしくは玄米をチョイスするといいかもしれません。玄米もあまり好きではない方もいるかもしれませんが、食べてみればそんなに悪いものでもないですし、体にもいいですからこの旅行を機に食べ慣れてみるのも良い方法です。嫌いなものも慣れてくれば平気になっていきますし旅の楽しみも増えていきます。

Photo by lonely_planet

食べられるものが増えるということは旅行に行く場所と機会が増えるということにもつながります。タイ料理が好きになれば、タイに行って行きたいお店への行き方を調べて旅行に行く、と計画を立てるでしょうし、苦手なものが少ない人の方が、現地の味を堪能できて楽しみが増えるのは事実です。せっかく旅行に行ったらその場所を堪能したいと思うものです。

「オノ・シーフード」人気メニュー1:醤油アヒ

まずは定番のメニューで日本人もついつい手を出したくなる醤油味のアヒ(マグロ)のポケ丼です。ポケ単品でも購入できますし丼で食べたければライス付きのポケ丼を頼んでください。ポケのサイズはレギュラーとラージの2種類から選ぶ事が可能です。レギュラーは約150g、ラージは約226gのポケが入っていて、ライスも白米か玄米を選ぶ事ができます。

Photo by carolineattwood

そしてこちらの醤油アヒは、新鮮なマグロに醤油で味付けされているのですが、その味付けが普通の醤油味ではありません。オノ・シーフード秘伝のタレで味付けされているので他のお店の味とは一味も二味も違います。日本で食べる醤油味の刺身とは全く違う味ですが1度食べるとくせになってしまう美味しさで、ごま油の香りとピリ辛な味わいもたまりません。

「オノ・シーフード」人気メニュー2:醤油タコ

中にはマグロなどの赤みの生魚が苦手な方もいるかもしれません。そんな方にはタコポケがおすすめです。こちらのオノ・シーフードにはアヒ(マグロ)以外にもタコを使ったポケ丼がありますので、ぜひそちらのメニューを試してみてはいかがでしょうか。醤油タコの味付けは、醤油アヒと同じソースが使われていますので、美味しさは間違いないの1品です。

Photo byLaborratte

タコポケは味ももちろん美味しいですが、歯ごたえも楽しめますし、おつまみとしてもおすすめのメニューです。テイクアウトしてビーチに持って行き、綺麗な海を眺めながら食事を楽しむのも人気のスタイルです。ハワイの海は見ているだけでも心が満たされますので、帰ってしまう前に何度も目に焼き付けておくためにも食事と一緒に楽しむのもまた一興です。

「オノ・シーフード」人気メニュー3:ハワイアンスタイル

オノ・シーフードの店員さんのおすすめメニューはハワイアンスタイルのアヒだそうです。ハワイに行ったら、ぜひハワイアンスタイルの料理を食べてみたいと思うのは当たり前のことでしょう。こちらのハワイアンスタイルアヒは、ハワイのシーソルトを使用している抜群の塩加減の味付けです。海藻とククイナッツ、そしてチリがアクセントになっています。

Photo by Sole Treadmill

こちらのハワイアンスタイルはアヒだけではなくタコのメニューもありますのでタコがお好みの方もご安心ください。さっぱりとしていて、カラッと晴れ渡ったハワイの空の下で食べるハワイスタイルのポキ丼は、南国の気分を盛り上げてくれます。ビールのおつまみにも最高ですし、お酒が苦手な方にはコーラなどの炭酸飲料との相性も抜群なのでおすすめです。

「オノ・シーフード」人気メニュー4:味噌アヒ・味噌タコ

続いては、味噌アヒと味噌タコです。味噌も日本人には馴染みのある調味料ですから、頼んでみたくなる方も多いのではないでしょうか。味噌漬けの魚の美味しさは、日本人ならなんとなくイメージしやすいでしょう。そして、味噌と魚、ご飯の相性の良さは説明不要でしょうから、食べたことがなくても抵抗がなく受け入れられる日本人向けのメニューです。

Photo by skinnydiver

そしてその味噌アヒと味噌タコのポケ丼ですが、「タコには味噌が1番合う!」という方までいるほど、タコと味噌の相性がいいおすすめのタコポケ丼です。もちろんアヒとの相性も抜群ですが、タコは味噌が1番美味しいかもしれません。個人の好みの差があるので100%という断言は誰も出来ませんが、美味しいということだけは間違いありません。

Photo by macglee

こちらのオノ・シーフードのタコのメニューでは味噌がおすすめの味付けです。ただの味噌味ではなく少し酸味のある酢味噌の味付けが食欲をそそります。コクがありとてもまろやかな中に生姜の香りが漂う酢味噌はお箸が止まらなくなる病みつきの1品です。もしもタコが好きな方はぜひ試してみてください。持ち帰ってホテルでゆっくり楽しむこともできます。

「オノ・シーフード」人気メニュー5:スパイシーアヒ

スパイシーアヒは辛いものが好きな人にとてもおすすめしたいメニューです!この秘伝ソースの美味しさは食べてみないとわからない他では食べることのできない美味しさです。ゴロゴロっと大きめにカットされたマグロとトビコの食感がとてもよくクリーミーな秘伝のタレと混ざって美味しさを引き出し食欲をそそります。ご飯との相性も抜群に良いポケ丼です。

そして見た目のマイルドそうなクリーミーな雰囲気に騙されそうになりますが、なかなかの辛さで、辛いものが苦手な方にはちょっと辛いかもしれません。秘伝のソースに入っている生姜と玉ねぎの辛味が徐々に口の中に広がっていきます。辛いもが好きな方にはたまらない味付けで、ご飯が進むこと間違いなしです。辛党の方はぜひこちらを頼んでみてください。

「オノ・シーフード」人気メニュー6:わさびアヒ

そして日本人のみならず海外の人たちも大好きな薬味「わさび」味のわさびアヒです!マグロとわさびの相性の良さは日本人なら誰でも知っているでしょう。むしろわさびがないと物足りなくてマグロが食べられない方もいるかもしれません。わさびの香りでマグロの臭みも消えますし、ツンっと鼻にくる刺激が病みつきになるみんなが好きな美味しい調味料です。

Photo byStephanieAlbert

そのわさび味のアヒにスライスオニオンが混ぜられているこちらのわさびアヒは、もちろんお米と一緒に食べると最高のひと時を味わえます。わさびも辛すぎず、ほんのりと香っているのでバランスが抜群です。ハワイに来て日本食が恋しくなってしまったら、こちらのメニューを頼んでみるのも悪くない選択です。日本食ではないですが近いものを感じられます。

「オノ・シーフード」のポケ丼はコンボもおすすめ!

オノ・シーフードにはたくさんの種類のポケがありますので、できるだけたくさんの種類を味わいたいと思うのが人の心理というものです。そこでおすすめしたいのが、コンボのポケ丼です。オノ・シーフードではポケ丼を半分を味噌ポケに、もう半分をスパイシーポケに、といったコンボスタイルでオーダーすることができます。色々食べたい方におすすめです。

コンボポケ丼はもちろん自分が食べたいと思うものを2種類選ぶのが1番いいのですが、種類がたくさんありすぎて何にしていいかわからない、という方は、まずは醤油アヒと味噌タコなんていうセレクトはいかがでしょうか。定番の人気2品なら美味しさに間違いがありませんし、アヒもタコも楽しめる上に、味も2種類楽しめるおすすめのメニューです。

「オノ・シーフード」のポケ丼を頼むとドリンクがつく!

Photo by fsse8info

そしてオノ・シーフードのおすすめの点は、ポケ丼を注文するとドリンクがつくというところです。ハワイの食事は比較的高い感じがしますが、こちらのローカルに人気なオノ・シーフードはお手頃価格でポケ丼を食べることができる上に、ドリンクまでついてくるという嬉しい内容になっています。無料でついてくるドリンクは1ドルのドリンクになっています。

Photo by JeepersMedia

飲みたいドリンクは自分で冷蔵庫から取ってくるというスタイルなので、忘れずに取ってきてください。そしてどうしても無料のドリンクではないドリンクが飲みたい場合は、プラス1ドル払えばポケ丼につけることができます。南国気分を味わいたくてココナッツウォーターがどうしても飲みたい!という方は、プラス1ドルすれば飲むことができます。

ハワイの「オノ・シーフード」の営業時間は?

ではここで肝心のオノ・シーフードの営業時間についてご紹介していきます。オノ・シーフードの営業時間は火曜日から土曜日までが朝9時〜夕方6時まで、日曜日の営業時間が朝10時〜昼3時までになっています。日曜日は営業時間が異なるので注意してください。また、定休日は月曜日なので、営業時間以外にも定休日も合わせて確認してから行ってください。

Photo by erothermel

ネットで営業時間や定休日を検索すると、オノ・シーフードの定休日は火曜日とかかれていることがありますが、おそらく以前は火曜日で、2018年現在は月曜日に変更になったようです。ですからもしオノ・シーフードに行く場合は営業時間と定休日の確認をしてから行くといいでしょう。せっかく行ってもやっていなかったら悲しい思いをしてしまいます。

ハワイはレンタカーがおすすめ!料金が安い会社も多い!注意点は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイはレンタカーがおすすめ!料金が安い会社も多い!注意点は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイで便利なおすすめレンタカーをご紹介します。人気観光地ハワイは、車で移動できると行動範囲が広がり、時間の節約や、ドライブも楽しめると人気を集めています。レンタカーを利用するときの料金や、注意点等を踏まえておすすめのレンタカーをまとめました。

ハワイの「オノ・シーフード」への行き方は?

Photo by MarkDoliner

オノ・シーフードへの行き方ですが、行き方自体はそんなに難しいことはありません。車でいけばワイキキから5〜10分程度で着く距離ですので、行き方の選択肢も車や歩き、タクシーやバス、レンタサイクルなど好みの行き方を選ぶことが可能です。もしもレンタカーを借りて旅をしている方は、車での行き方が1番手っ取り早くとても楽なのでおすすめです。

Photo by vetaturfumare - thanks for 3 MILLION views!!!

もしもレンタカーを借りていないという方へのおすすめの行き方は、やはりバスに乗っていく行き方でしょうか。徒歩で行く行き方ですと30〜40分程かかりますので、少し疲れてしまうかもしれません。もしバスを利用して行く行き方の場合は、「The bus」というハワイのバスに乗っていきましょう。まずはクヒオ通りのバス停からバスに乗ってください。

Photo byscholty1970

そして13番バス「WAIKIKI - UH Manoa」に乗車、そして「KAPAHULU AVE + MOOHEAU AVE」というバス停で降りてください。バス停からオノ・シーフードまでは140m程ですので、とても近くて便利です。もしもインターネットが使える状況ならば、googlemapで検索すると、時間や乗り場なども検索できるのでおすすめです。

住所:747 Kapahulu Ave Apt 4 Honolulu, HI 96816
電話番号:(+1)8087324806

ハワイ旅行はWiFiで快適に!おすすめレンタル会社や無料スポットまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイ旅行はWiFiで快適に!おすすめレンタル会社や無料スポットまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイ旅行へ行った際には、現地のグルメ情報やおすすめのレジャースポットなど、情報を得るのにWiFi環境は大事な要素です。ハワイの現地には、WiFiルーターのレンタル会社やWiFi無料スポットなどたくさんあり、快適に現地情報を得ることができます。

ハワイに行ったら「オノ・シーフード」に行こう!

Photo by andrewruiz

ハワイは言わずと知れた観光名所として人気の場所ですが、場所だけではなく食べ物もおしゃれで美味しいものが食べられるのでとても人気です。ハワイに行く際はぜひオノ・シーフードの営業時間内にお店に訪れて美味しいポケ丼を堪能してみてください。日曜日の営業時間はランチタイムのみになりますので、そこだけ注意してください!

小鉄
ライター

小鉄

関東出身の旅行好き。おしゃれな物も好きだけど、面白いものや面白い事がもっと好き。食べるのが大好きで海が好き。動物が好き。私の大好きな事や面白い事を皆さんにご紹介していきたいです

関連記事

人気記事ランキング