ウェスタン村は日光の休園中テーマパーク!現在は廃墟で心霊スポット?

ウェスタン村は日光の休園中テーマパーク!現在は廃墟で心霊スポット?

皆さんは、栃木県日光市にあるウェスタン村を知っていますか?ウェスタン村は、かつて賑わっていたテーマパークですが、現在は休園となっており、廃墟の心霊スポットとして有名です。今回は、そんな日光にあるウェスタン村が現在どうなっているのか、調査いたしました。

記事の目次

  1. 1.ウェスタン村は日光の休園中テーマパーク!
  2. 2.日光にあるウェスタン村とは
  3. 3.日光ウェスタン村へのアクセス
  4. 4.日光ウェスタン村の歴史について
  5. 5.ウェスタン村が廃墟となった理由1:投資額が大きかった
  6. 6.ウェスタン村が廃墟となった理由2:入場料が高かった?
  7. 7.ウェスタン村が廃墟となった理由3:鬼怒川温泉が廃墟になった
  8. 8.鬼怒川温泉が寂れてきた理由
  9. 9.ウェスタン村はどんなテーマパークだったの?
  10. 10.ウェスタン村の現在の様子
  11. 11.ウェスタン村はPVなどで使われていた
  12. 12.ウェスタン村は不法侵入者が多い
  13. 13.ウェスタン村は心霊スポット?
  14. 14.ウェスタン村で残されている人形が怖い
  15. 15.ウェスタン村はいつか再開するの?
  16. 16.楽しかったウェスタン村の思い出
  17. 17.ウェスタン村周辺の観光スポット1:日光江戸村
  18. 18.ウェスタン村周辺の観光スポット2:東武ワールドスクエア
  19. 19.ウェスタン村周辺の観光スポット3:日光東照宮
  20. 20.廃墟の日光ウェスタン村について分かりましたか?

ウェスタン村は日光の休園中テーマパーク!

Photo by DON PUGH PERTH WESTERN AUSTRALIA

車で栃木県日光市へ観光などに行ったことがある方は、現在は廃墟となり、外観も朽ち果てた感じで残っているウェスタン村の前を通り、「ここは何だろう。」と思ったことがある方も少なくないのではないでしょうか。今回は、そんな日光ウェスタン村の歴史、そして心霊スポットとなってしまっている現在について徹底的に調査し、まとめました。

日光にあるウェスタン村とは

日光市にあるウェスタン村とは、アメリカの西部劇を舞台にしたテーマパークでした。1974年にオープンし、アメリカの西部開拓時代をテーマにした建物や施設が並んでいたり、西部劇のショーなどが行われていたり、その当時は賑わっていたものの、次第に人気は低迷してしまい、残念ながら2006年に休園しました。あの有名なディズニーランドよりも古いテーマパークです。

ウェスタン村は、オープン当時の入場料が2400円でしたが、入場者が減ってしまったこともあってか、感謝プライスという名目で2004年には1500円に値下げしました。2006年に閉園したものの、ウェスタン村の施設は取り壊しされることはなく、現在は人形などはそのまま残り、廃墟と化しております。当時は楽しい場所だったのが、今では嘘のようです。

日光ウェスタン村へのアクセス

Photo by inunami

現在は廃墟となり心霊スポットとして有名になっている日光ウェスタン村ですが、行ってみたいという方に、アクセス方法をお伝えいたします。ウェスタン村は、国道121号鬼怒バイパスと会津西街道沿いに位置しています。最寄駅は東武鬼怒川線新高徳駅で、そこから徒歩10分の場所です。そこから有名観光スポットである日光東照宮からも近いです。

Photo by reikow101277

ウェスタン村前の鬼怒バイパス沿いに、かつては日光交通日光江戸村線のバス停(ウェスタン村入口)が存在し、休園した後もあったのですが、ウェスタン村が休園してから利用するお客が少なくなり、2012年の秋ころに停留所が廃止されました。そのため現在アクセスをするには、電車で行って駅から歩くか、自家用車でアクセスをする方法となります。

日光駅から観光!周辺には大正ロマン建築が!レトロを訪ねる旅は駅舎から! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
日光駅から観光!周辺には大正ロマン建築が!レトロを訪ねる旅は駅舎から! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大正ロマンを感じさせるレトロな駅舎として人気の「JR日光駅」は、日光観光の起点となる場所。駅周辺にも明治~昭和期に建てられたレトロな建物が数多く残っています。今回は「JR日光駅」と、駅周辺でレトロ建築を見学することのできる8つの観光スポットをご紹介します。

日光ウェスタン村の歴史について

ウェスタン村は、前述したとおり、1974年にオープンしたテーマパークです。閉園となってからウェスタン村の土地・建物は差し押さえとなり、未だに長期休園中となっております。長期休園となった流れといたしましては、2006年12月7日より2007年3月末までの期間、ウェスタン村の公式サイト上にて、施設をメンテナンスを理由に休業すると発表されていました。

2007年3月までの休園だと言われていたウェスタン村でありますが、それ以降も休園ということが2007年2月に発表されました。そしてその後、2007年4月に、ウェスタン村で働いていた従業員を解雇させております。実際には、2006年9月の時点で土地と建物の差し押さえされており、その時には経営難によって営業再開が不可の状態になっていたそうです。

現在となっては皆様もご存知のとおり、ウェスタン村は閉園になっているものの、現在では建物などの取り壊しは行われず、廃墟となってしまっております。休業となってしまってからウェスタン村では、不法侵入者が入ることが多く荒らされてしまい、管理者が定期的に見回りをしていたそうです。それらがウェスタン村が長期休業となった流れでした。

ウェスタン村が廃墟となった理由1:投資額が大きかった

日光ウェスタン村は、アメリカの西部開拓時代をテーマに建てられた施設で、相当の建築料が掛かったと言われています。その額は定かではありませんが、例えばマウントラッシュモアのレプリカには、なんと27億円が掛かっていたそうです。一部の施設でそのくらいの額が掛かっているそうなので、全体で考えると莫大なお金が掛かったと予想されます。

そんなウェスタン村も、当初はあまり馴染みのないアメリカの雰囲気に人々は喜び、人気を集めていたそうですが、投資額も大きかったせいか、人気が低迷するに伴い、経営が難しくなり、休業後再開することもできず、結局は閉園となってしまいました。閉園後も建物などを取り壊しをするお金もなく、人形などもそのまま、廃墟になっている状態です。

ウェスタン村が廃墟となった理由2:入場料が高かった?

ウェスタン村が経営難になってしまった理由の1つとして「入場料が高かった」ということもあります。高いと言っても、大人一人2400円と、現在の料金ではそこまで高額というわけではありませんが、当時の入場料と考えると高かったのかもしれません。しかし大金を使って施設を建て、それらを継続して管理するには大変なお金が掛かるので、仕方なかったかと思います。

2004年に入園料を1500円に値下げをしたウェスタン村ですが、その時点で恐らく経営が難しくなっており、必死だったのかもしれません。入園料を下げたものの、なかなか集客が増えず、そのまま休業となってしまいました。日光へ観光に行く時、ついでに立ち寄る観光地としては高い料金だったかもしれません。テーマパーク経営は難しいです。

ウェスタン村が廃墟となった理由3:鬼怒川温泉が廃墟になった

Photo by 剛

鬼怒川温泉は、経営難により、2000年代ホテルや旅館の廃墟化が進みました。もちろん残っているホテルなどもありますが、急激に閉館し、お土産店なども閉店していくお店が増加していきました。近くの鬼怒川温泉が廃墟になっていくにつれ、次第にお客さんも減ってゆき、ウェスタン村を含む、周辺の観光スポットに足を運ぶ人も少なくなっていきました。

鬼怒川温泉が寂れてきた理由

Photo by atk1983

鬼怒川温泉に訪れるお客さんが少なくなってきた理由は、もともと団体ツアー、企業の社員旅行などで潤っていたスポットなので、それらの団体さんが訪れなくなってから、経営が難しくなってきました。なぜなら旅館は団体さん向けのつくりになっており、例えばお部屋にシャワーが付いていなかったり、付いていても古いユニットバスなどで、近代的ではありませんでした。

Photo by 剛

つまり鬼怒川温泉は、バブルの時代につくられた旅館やホテルが多かったため、時代が変わるにつれ、お客さんのニーズと合わなくなってきたのです。またその当時に訪れていた方も高齢化してきたということもありますし、観光地からのアクセスもあまり良くないという理由もあります。そんなこんなで、鬼怒川温泉は以前の輝きが減ってきたのです。

ウェスタン村はどんなテーマパークだったの?

ウェスタン村が営業していた当時、存在していたアトラクションをご紹介いたします。ウェスタン村では、ウェスタンショー、教会、貸し馬車屋、保安官事務所、郵便局、酒場とホテル、床屋、雑貨屋、ミステリーハウス、平衡感覚を試すミステリーショック、コミックハウス、SLワイパウ号、クラシックカーミュージアム、ゲームセンターなど、その他諸々ありました。

ウェスタン村には、上記以外にも、レーザーガン、バズーカ砲、アーチェリー、水上ボートなど、数多くの施設があったようです。現在の時代でも、人気が出そうなアトラクションが様々あり、営業していたら是非行ってみたいと思えます。なお、SLワイパウ号とは1897年アメリカ製の蒸気機関車です。アメリカの雰囲気が好きな方にとっては最高のスポットです。

ウェスタン村の現在の様子

ウェスタン村は前述した通り、現在人形はそのままに、廃墟となっております。閉園してからというものの、不法侵入者が多発したり、心霊スポットとして有名になってしまったため、荒らされてしまった可能性が高いです。数多くの人形がそのまま残っていて、それが不気味な光景となっています。人形は、所々体が折れていたり、失っていたりと様々です。

ウェスタン村の人形は、とてもリアルにつくられているので廃墟としての不気味さは日本でトップクラスではないでしょうか。心霊スポットと言われてもおかしくありません。植物や草木が生い茂り放題になっていて、進むのも大変な箇所がいくつもあります。人形だけではなく、バッファローの剥製などもあります。当時は賑やかだった様子が伺えます。

ウェスタン村はPVなどで使われていた

ウェスタン村は、アメリカ西部開拓時代の雰囲気があるため、長期休園が始まった後、テレビの撮影ロケ地や音楽のPVとしてつかわれることもありました。日本では西部劇などのテレビは少ないですが、PVなどには最適だったかもしれません。今となっては心霊スポットなどと噂され荒れてしまっているので、使う場合には整備をしないと使い物にならないかと思います。

ウェスタン村は不法侵入者が多い

ウェスタン村は、現在廃墟・心霊スポットとして有名になっていますが、本来長期休園をしているだけのため、無断で入ってしまうと不法侵入者となってしまいます。許可なく入ることができないのですが、多くの人が休園後、盗難に入ったり、園内にイタズラをしたり、荒らしてしまっているとのこと。そのため村の管理者が時折点検をしているのだそうです。

不法侵入者の中には、スプレーで窓や壁などに落書きをしたり、ガラスを割ったり、園内に置いてあるものを盗んでいく人が多いのだそうです。いくら誰もいないとはいえ、それは犯罪になるので、絶対にしてはいけません。ほぼないとは思いますが、いつの日かウェスタン村が再開する日が来るかもしれないので、その時のために放っておいてあげましょう。

ウェスタン村は心霊スポット?

ウェスタン村は、現在廃墟になっているため心霊スポットとして有名になっていますが、実際に行ったことがある方の口コミや噂を調べても、心霊スポットと噂をされているだけで、実際に心霊体験をしたという話はありませんでした。恐らく廃墟になっていて人形が不気味なので、勝手に心霊スポットという噂が一人歩きしてしまったのではないでしょうか。

ウェスタン村の人形は、もともとリアルなアメリカ人としてつくられているので、ただあるだけで気味が悪いのですが、時間が経ち、所々人形の一部が壊されているので更に心霊スポット感が出ています。調べた結果ウェスタン村は、心霊スポットではなく廃墟スポットと言えるでしょう。でも夜中に行くと人形が不気味なのである意味肝試しには最適と言えます。

ウェスタン村で残されている人形が怖い

写真をご覧になって分かる通り、ウェスタン村の人形たちが、今では恐ろしい光景になっています。営業当時は楽しく笑っていた人形も、今見ると不気味な笑顔に見えます。下記写真は、クレーンゲームの中に、なぜか人形の頭だけがあります。恐らく不法侵入者がイタズラをしたのかもしれません。こんなクレーンゲーム絶対にやりたくありません。

ウェスタン村は、あまり全国的には有名ではないかもしれませんが、地元では廃墟として名前は知られています。荒らされているレベルが高いので、ポジティブな言葉で表すと闘争が起きた後の西部開拓時代という感じです。70年代、80年代のアメリカの映画にまさに出てきたような片田舎の風景です。

ウェスタン村が営業していた当時に行った方の話を聞くと、とても面白かったと言っています。混み合っていることもなく(それが休園となってしまった理由ですが)ゆったりとしていた雰囲気で、特に西部劇アクションショーが迫力があって盛り上がっていたようです。当時のテーマパークとしては、レベルの高い内容だったようです。

ウェスタン村はいつか再開するの?

ウェスタン村は、一応公には「長期休園」となっております。休園ということはいつか再開する日が来るのでしょうか。そう期待したいところですが、実際には2006年に休園し、すでに10年以上の月日が経っています。そして全く管理がされておらず、今は警察の管理下にあるそうです。そう考えると、残念ながら事実上は閉園と考えてよいでしょう。

このようなテーマパークは、経営難で閉園した場合、取り崩すお金もないため、そのまま廃墟化されることが多いです。山梨県にあった富士ガリバー王国も同じで、1999年に閉園後、現在でも廃墟として残されています。大きなテーマパークこそ、取り壊すのにお金はかかるし大変です。当時賑やかだったことを思うと、切ない気持ちになります。

楽しかったウェスタン村の思い出

ウェスタン村は、意外と楽しいテーマパークでした。アメリカらしい火が燃え上がっているワイルドウェスタンショーやレーザーライフル、蒸気機関車に乗れたりセグウェイに乗ったり(セグウェイは1台80万円もしたそう)子供から大人まで楽しめる内容でした。女の子に人気のティディベアミュージアムもあり、癒される場所でもありました。

子供連れのファミリーに人気だったのは、アメリカの西部開拓時代の衣装に着替えて写真撮影をするコーナです。その時代のドレスやカウボーイの格好をして写真を取れるので、旅行の素敵な思い出になりました。友達や家族みんなで撮るのが人気でした。普段そんな体験なかなかできないので、貴重な体験だったのではないでしょうか。

また保安官(本物のアメリカ人)と一緒に写真撮影ができたり、蝋人形がリアルに動く姿を見たり。見所は多く、今見てもきっと楽しめること間違いないです。ディズニーランドのようにアトラクションを体験するために行列するわけでもなく、混雑しているわけでもなく、のんびりと楽しめる、まさに観光地のテーマパークとして最適のスポットでした。

ウェスタン村周辺の観光スポット1:日光江戸村

Photo by scion_cho

日光江戸村は、地域によっては小学校などの時に修学旅行などで行ったという方も多いのではないでしょうか。日光江戸村は、その名前の通り、江戸時代が再現されている街並みで、園内には忍者やサムライなどがいたり、お客さん自身も、それらに変身することができます。そして忍者のショーをご覧になったり、江戸の職業を体験したりできます。

Photo by scion_cho

今まで江戸時代に興味がなかった人でも、日光江戸村へ行くと、その当時の雰囲気を体感することができて大変面白いです。弓道を体験したり、サムライの武芸の基本を学んだり、せんべい焼きをしたり、内容が充実しています。子供から大人まで飽きずに楽しむことができる場所なので、日光へ訪れた際には、是非行ってみてはいかがでしょうか。

Photo by scion_cho

日光江戸村の入場料につきまして、一般のお客様は1日大人4700円、小人2400円です。観光スポットのテーマパークとしてはとてもお高いと感じる方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのは14時以降の入場で、大人4100円、小人2100円です。ほんの少しの差ですが、家族皆で行くとなると大きいです。学生さんの団体の場合、リーズナブルです。

日光江戸村「江戸ワンダーランド」へのアクセスは?見どころやお土産情報! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
日光江戸村「江戸ワンダーランド」へのアクセスは?見どころやお土産情報! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日光江戸村「江戸ワンダーランド」は栃木県日光市にあるテーマパーク。関所をくぐって街道を進むと、そこには江戸時代がそのまま残っています。お土産も個性があり、観光客にも人気。今回は日光江戸村へのアクセス方法、体験、ショーなどの見どころ、お土産などの情報をご紹介!

ウェスタン村周辺の観光スポット2:東武ワールドスクエア

Photo by ume-y

東武ワールドスクエアは、想像以上に面白い穴場スポットです。47の世界遺産を含んだ世界で有名な建築物が、102点展示されています。日本はもちろんのこと、エジプトやギリシャ、アメリカ、イタリア、フランス、ロシア、オランダ、イギリスなどなど、各国の世界遺産の建築物などがリアルに展示されており、まさに世界旅行をしているようです。
 

Photo by so-oh

しかも素晴らしいのがそのリアルさです。建物自体、本物がそのままミニチュアになったという感じなのですが、小さな人間が、本当の観光客かのようにうじゃうじゃといるのです。乗り物の中にも、建物の中にも、一人一人きちんと作られています。これだけの作品を作るのに、どれだけの時間と労力がかかったことか、想像するだけで途方もなく感じます。

Photo by ume-y

昔からある有名な観光地である東武ワールドスクエアでありますが、行ってみるとあまり混雑しておらず、ゆっくりと見て回ることができるので、混雑している場所が苦手という方にもおすすめのスポットです。日本にいながらも、海外旅行をしたいと思っている方、満足できるかは分かりませんが、東武ワールドスクエアで雰囲気だけでも楽しんでみてください。

ウェスタン村周辺の観光スポット3:日光東照宮

Photo by Kentaro Ohno

日光東照宮は、日光で最も有名な観光スポットではないでしょうか。学生の時に訪れたり、大人になってから歴史を感じるために足を運ぶ方も多いかと思います。日光東照宮は、江戸幕府初代将軍の徳川家康を神格化した東照大権現を祀っております。建物には漆や極彩色が施されており、柱などには、素晴らしい数多くの彫刻が飾られています。

Photo by cyesuta

日光東照宮の入場料は、高校生以上の大人1300円、小・中学生は450円です。神社やお寺などに入場する際の料金としては高額に感じるかもしれませんが、とても有名な場所ですし、行っておいて損はありません。国宝が8棟もあり、重要文化財34棟を含んだ55棟もの歴史的な建築物が並んでいて、みるものを圧巻させます。建築物に興味がある方はよりおすすめです。

Photo by Kentaro Ohno

日光東照宮には、社殿に動物が祀られていることで有名です。これらの動物は平和を象徴しております。見ざる・言わざる・聞かざるの有名な三猿や眠り猫、雀などです。それらをモチーフにしたキーホルダーなどのお土産も販売されているので、可愛くて人気を集めています。広い敷地で見どころが多いので、日光へ行った際は訪れてみてください。

日光東照宮観光へ行こう!駐車場やアクセスをご紹介!世界遺産で大人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
日光東照宮観光へ行こう!駐車場やアクセスをご紹介!世界遺産で大人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
栃木県日光市にある世界遺産「日光東照宮」は、全国でも人気の観光地です。遠くてなかなか行けない、駐車場の場所がわからない人も多いのでは?そんな人の為に、今回は日光東照宮までのアクセス方法や周辺の駐車場情報など、観光する上で必ず知っておきたい情報をご紹介します!

廃墟の日光ウェスタン村について分かりましたか?

いかがでしたか?今回は、今は廃墟となっている日光のウェスタン村の現在について詳しくお伝えいたしまいた。心霊スポットという噂もありますが、実際に心霊現象があったという話はほとんどなく、ただただ酷い廃墟になっている状況です。黄金時代を知っている方にとっては切ない話ですが、みなさんの心の中に素敵な思い出を残しておきましょう。

neko master
ライター

neko master

猫と旅行を愛するnekomasterです。皆さんにそこに行きたい!と思って頂けるように記事を執筆して参ります。

関連記事

人気記事ランキング