地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

日光江戸村「江戸ワンダーランド」へのアクセスは?見どころやお土産情報!

日光江戸村「江戸ワンダーランド」へのアクセスは?見どころやお土産情報!

日光江戸村「江戸ワンダーランド」は栃木県日光市にあるテーマパーク。関所をくぐって街道を進むと、そこには江戸時代がそのまま残っています。お土産も個性があり、観光客にも人気。今回は日光江戸村へのアクセス方法、体験、ショーなどの見どころ、お土産などの情報をご紹介!

日光江戸村に行って江戸時代にタイムスリップしよう見出し

日光江戸村「江戸ワンダーランド」は、栃木県日光市にある歴史テーマパークです。入り口には関所があり、関所をくぐって街中へ進んで行くと、そこは今も残されている江戸の世界。日光江戸村で1日遊べば、あなたも江戸人に仲間入りできるはずです。都心から2時間ちょっとでアクセスできる場所にある江戸時代に行ってみましょう!

日光で日帰りで楽しめる観光コースご紹介!穴場・名所へ!最寄り駅も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
日光で日帰りで楽しめる観光コースご紹介!穴場・名所へ!最寄り駅も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
栃木県の日光へ、東京駅から、新幹線を利用してJR日光駅まで、東武日光線でも東武日光駅まで、約2時間で行けます。古くから国内外で有名な観光地へ鉄道を利用して日帰り旅行が可能です。日帰りで日光を楽しむ観光コースの名所と最寄り駅を調べました。穴場を含めご紹介します。

日光江戸村「江戸ワンダーランド」の特徴は?見出し

Photo by scion_cho

日光江戸村「江戸ワンダーランド」の中は街道、宿場、商家街、武家屋敷、忍者の里、と江戸時代の街並みが広がります。ちょんまげを結った人々、着物を着た町娘、忍者たちが現れたら、まさに江戸時代にタイムスリップしてしまったかのようです。日光江戸村「江戸ワンダーランド」は江戸時代を体感できるテーマパークなのです。

日光江戸村のお土産「ニャンまげ」が大人気見出し

日光江戸村「江戸ワンダーランド」には、お土産でも人気のマスコットキャラクター「ニャンまげ」が住んでいます。ニャンまげは白いちょんまげを結った猫のような住人で、遠くからもよく目立ちます。ニャンまげのお土産は欲しがる人多数なので、帰る前にはお土産屋さんで是非かわいいニャンまげのお土産をゲットしましょう。

ニャンまげは出生地や生年月日等の詳細は不詳です。マイペースで無口な性格で、「いつもぼーっとしている」と言われているそうです。ニャンまげは江戸の町の人気者でいつも子供に囲まれていますが、まれに江戸の町中でゆるゆると生活しているニャンまげを見ることができるかもしれません。

得意ポーズは「招きニャンまげ」で、江戸の町でニャンまげを見つけた時にお願いすれば、一緒に写真も撮ってもらえます。なお、安全上の理由で現在はニャンまげに飛びつくのは禁止となっているそうです。思わず飛びついてしまわないようにご注意あれ!

日光江戸村で変身しよう見出し

日光江戸村「江戸ワンダーランド」を10倍楽しむためにしなければならないこと、それは「変身」です。日光江戸村「江戸ワンダーランド」に到着したら、まず最初に江戸人に変身することをおすすめします。「変身処 時空」で江戸人に変身をすることができますので、江戸時代に姿からタイムスリップしましょう。

男性の変身メニューは侍、町人、かぶき者、農民、新撰組、殿様等の10種類。女性の変身メニューは充実していて、武家娘、町娘、大奥、姫様、花魁等の13種類。子供は忍者、新撰組、侍、町娘等の9種類から衣装を選びます。料金は変身したい内容によって異なります。女性はヘアセットをお願いすることも可能です。(別途料金)

日光江戸村で修行しよう見出し

日光江戸村「江戸ワンダーランド」の忍者の里では、忍者の修行の世界を垣間見ることができます。「忍者怪怪亭」は、平衡感覚がなくなってしまう不思議な家。屋根裏等に潜まなければいけない忍者には平衡感覚が必須です。「忍者からくり格言迷路」は、なかなか手強い巨大な迷路。忍者の格言は現代でも十分参考になるものばかりです。

忍者に欠かせない七つ道具の一つ「手裏剣」の修行ができる道場があります。時代劇「水戸黄門」に登場する風車の弥七の「弥七手裏剣」(風車付きの手裏剣)も体験できます。どちらも1回600円。先輩忍者が指導してくれるので、忍者の七つ道具を操ってみませんか。上手にできたら忍者スカウトされるかも!?

日光江戸村で江戸文化を体験しよう見出し

世界にも名が知られている「侍」は、刀と武芸だけでなく、その心構え、精神が世界から注目されています。その侍の世界に少しでも近づくための、「侍体験」ができる道場があります。刀の扱い方は「思っていたより難しい。」と感じる人が多いよう。外国人にも人気の侍体験は無料です。

精神力と集中力を要する日本の伝統文化「弓道」を体験できる道場もあります。道場では第一線で活躍する講師が指導してくれます。もっと気軽に楽しみたい人は「矢場」の弓矢遊びがおすすめ。的を射抜くと景品がもらえるので、子供や友達と対戦してみてはいかが?弓道体験は無料。矢場は1回600円です。

「せんべい焼き体験処」では、七輪でせんべいを焼く体験ができます。初めは何もついていないせんべいを七輪の網で焼きます。せんべいが膨らんできたら、お好み量の醤油をつけて網の上へ。醤油が焦げないように気をつけて。難しくないのでお子様連れでも楽しめます。せんべい焼き体験ができるテーマパークはなかなかないのでは!

日光江戸村で子供が楽しめる職業体験見出し

日光江戸村「江戸ワンダーランド」では、子供向けに江戸時代の職業体験プログラムを用意しています。一番人気の忍者体験では、忍術の習得を目指しましょう。岡引体験では、「御用だ」と言いながら犯人逮捕をします。武士として必要な剣術も体験できます。その道のプロである江戸人にサポートしてもらいながら、江戸の職業を学びましょう。

日光江戸村で芝居を観よう見出し

日光江戸村「江戸ワンダーランド」の醍醐味と言えば、各所で開催される江戸時代の場面を切り取ったかのような芝居です。大人気の忍者ショー、大岡越前守の体験ができる奉行所、美しい花魁道中、ニャンまげに会える劇場、野外で見られるショー、とバラエティ豊かです。江戸人による本格的な芝居を観てみましょう。

音楽と光の忍者ショー「大忍者劇場」

かっこいい殺陣と、音楽と光に合わせた迫力のあるアクションが見られる「大忍者劇場」は、約25分のステージ。日光江戸村「江戸ワンダーランド」で一番人気ステージと言っても過言ではありません。子供たちも真剣に戦いに目を向けています。大忍者劇場を見たらかっこいい忍者に惚れてしまうかも!?

人情劇「両国座」

笑いあり、アクションありで、みんなを爆笑させるのは「両国座」。江戸時代も今も笑いのツボは同じ!?ほのぼのする人情劇で、子供も大人も楽しむことができます。ステージの時間は約30分です。

時代劇の世界「南町奉行所」

「南町奉行所」は大岡越前守を体験できる約35分のショーです。「体験」というのは観客の中から選出された一名が「大岡越前守」役をやることができるという意味です。一回目は役者たちだけのステージですが、その後に観客が大岡越前守に挑戦するステージになります。大岡越前守役になりきってみたい人は挑戦してみてはいかがでしょうか!

「南町奉行所」は時期によって「北町奉行所」となることがあります。この時は大岡越前守ではなく、「この遠山桜、忘れたとは言わせねぇ!」の「遠山の金さん」になります。本物の桜吹雪が見られるテーマパークは日光江戸村「江戸ワンダーランド」だけではないでしょうか。

花魁を囲んでお大尽遊び「文化劇場若松屋」

「文化劇場 若松屋」は江戸時代の「お大尽遊び」を再現したステージで、男性観客が参加できる形式となっています。観客の男性の中から選ばれた一名は、お座敷に花魁を呼んで「お大尽遊び」を一緒にすることができます。少し恥ずかしいかもしれませんが、男性は花魁遊びを体験できる大チャンス!約30分のステージです。

優雅な姿が美しい「花魁道中」

文化劇場 若松屋では楽しく男性と遊んだ花魁が、今度は艶やかに着飾り、約20分江戸の町を練り歩くのが「花魁道中」です。独特の歩き方、優美な姿はとても美しく、花魁に見とれる人が多数です。妖艶な花魁の姿にテーマパークに来たことを思わず忘れてしまうほどです。カメラの準備をお忘れなく。

ここでしか見られない伝統芸「水芸座」

「水芸座」では1,000年以上続く秘伝の水芸を見ることができます。この伝統的な水芸を見られるテーマパークは、日光江戸村「江戸ワンダーランド」だけです。前の方の席に座ると水が飛んでくるかもしれないので、濡れたくない人は注意してくださいね。

ニャンまげと仲間が集合「ニャンまげ劇場」

大人気の日光江戸村「江戸ワンダーランド」マスコットキャラクター「ニャンまげ」のムービーシアター「ニャンまげ劇場」。ニャンまげ以外のかわいいキャラクターも一緒に出演します。上映時間は約20分、子供向けのムービーシアターです。

外でも見られるステージ「野外ライブ」

野外ライブでは楽しいステージが繰り広げられます。陽気で粋な踊りや、迫力のある殺陣が見られることも。春や秋のシーズンは気持ちいい空気の中、子供と一緒に楽しいステージを楽しめそうですね。ステージ時間は約20分です。

日光江戸村で江戸にまつわる展示を見よう見出し

江戸の町は2~3年に一度火災が発生していて、火災の多い町でした。徳川吉宗が町火消しの設置を命じ、江戸の町にいろは48組の町火消しを発足させました。日光江戸村「江戸ワンダーランド」には実際に存在していた「千組」の貴重な資料展示があります。資料館の隣には、江戸町人のアイドルであった千組の政五郎の家があります。

南町奉行所の奥にある「小伝馬町牢屋敷」には、江戸時代の罪人が拘置されています。なかなかリアリティのある人形と、罪についての説明書きがあります。大忍者劇場の隣にある「地獄寺」はビビって入れない人も多数。どちらも子供が泣いてしまうかもしれないので、子連れさんはお子さんとよく相談してくださいね。

日光江戸村で江戸の食事を食べよう見出し

日光江戸村「江戸ワンダーランド」では江戸時代の食事を楽しむことができます。ここでは、江戸時代に親しまれていた食事、江戸時代に関連する食事が体験出来る食事処で、江戸人にさらになりきりましょう。江戸時代の雰囲気を残している食事処の店内にも注目してみてください。

「鳥そば屋」で中華麺

「鳥そば屋」では江戸時代に明から伝わったとされる中華麺を使ったメニューを展開しています。井戸水で8時間煮込んだという自慢の丸鶏ガラスープは、意外にもすっきりした味わいで食べやすいと評判です。メインメニュー「鳥そば」の他、叉焼麺や担々麺もあり、お子様らーめんにはニャンまげの海苔が乗ってきます。

「日本そば 藪」で味噌味のめんつゆ

皿いっぱいの大きなかき揚げが食べられる「江戸かき揚げせいろ」は一番人気のメニューです。そのかき揚げの大きさはかなりのもの!江戸人の間で当時流行っていたと言われる「味噌味のめんつゆ」でいただくそばは、独特な味で初めての体験になること間違いなしです。

「山くじら」で大串の焼き鳥

大串に刺さった大きな「山くじら」の焼き鳥は、リピーターも多い人気メニューです。お店に近づくと香ばしい香りが立ち、思わず誘われてしまいます。鶏やカモを中心とした串焼きの他、熱々のご飯に鶏や鴨を盛り付けた「めし物」もあります。どっちにしようか迷ってしまいますね。

日光江戸村のおやつも見逃せない

日光江戸村「江戸ワンダーランド」にある茶屋では、見た目がかわいい3色だんごや、甘辛ダレのもち串をつまむことができます。江戸の町を歩き疲れたら、江戸人のように茶屋でちょっと一休み。3色だんごやもち串は子供にも大人気です。岡引の格好で職務中にだんごを食べていたら、周りの江戸人たちに注意されてしまうかも!

日光江戸村でお土産を買おう見出し

日光江戸村「江戸ワンダーランド」には、大人気のキャラクター「ニャンまげ」のお土産を始め、手ぬぐい専門店「かまわぬ」の手ぬぐい、手裏剣や模造刀、インパクト抜群の「袖の下まんじゅう」、浮世絵等があります。日光江戸村「江戸ワンダーランド」で人気のお土産をご紹介します。

人気のお土産「ニャンまげチョコクランチ」

日光江戸村「江戸ワンダーランド」で一番人気のお土産と言えば、「ニャンまげ」のお土産です。関所近くにある「恵比寿屋」さんではニャンまげグッズや江戸の掘り出し物に出会えます。「ニャンまげ チョコクランチ」はその中でも人気のお土産で、日光江戸村の定番です。箱がニャンまげの形をしていてなんともかわいらしいです。

かわいいニャンまげのお土産たち

「ニャンまげ チョコクランチ」の他にも、ニャンまげのお菓子のお土産があります。ウエハース、せんべい、クッキー、まんじゅう等のお土産は、友達へのお土産に最適。どれもニャンまげの顔がプリントされていて、かわいくて食べるのがもったいないと思うくらいです。

お土産屋さん「越後屋」

「おぬしも悪よのぅ」でお馴染みの呉服商「越後屋」さんは江戸の町の中心にあります。店内に入ると悪そうな越後屋さんが、「越後屋でございます。」と声をかけてくださいます。染物のハンカチや手ぬぐいを取り扱っている他、名物のまんじゅうを勧めてきます。本物の越後屋さんに会いに行ってみましょう。

「かまわぬ」の手ぬぐいは見逃せないお土産

てぬぐい専門店「かまわぬ」さんが製作した、オリジナル「ニャンまげ 手ぬぐい」は是非ゲットしたい商品。「越後屋」さんにて購入可能です。日光江戸村「江戸ワンダーランド」以外ではなかなか手に入らないので、是非チェックしてみてくださいね。大切な人へのお土産にもぴったりです。

ニャンまげ手ぬぐいはもちろんのこと、悪代官に何か小箱を差し出している仕草の「越後屋手ぬぐい」も越後屋さんで販売されています。小判が描かれていて意外とかわいらしいデザインの「越後屋手ぬぐい」です。これを持っていたらなんとなく「通」な感じがしませんか?

話題性のあるお土産は「袖の下まんじゅう」

越後屋さんに入ると、悪そうな越後屋さんに勧められるのが、「袖の下まんじゅう」です。悪代官と越後屋が悪企みをてできたというこのまんじゅうは、上の段には普通のおまんじゅうが入っています。「この下を見て下せぇましフェッフェッフェッ」と書かれた仕切りをめくってみると。

下の段には小判まんじゅうが入っているという凝ったお土産です。いかにもな名前、悪そうな悪代官と越後屋が描かれたパッケージで、話題性はバッチリのお土産ではないでしょうか。袖の下でおまんじゅうを渡したい相手はいらっしいますか?

手裏剣や模造刀も密かな人気のお土産

侍や忍者の世界を本格的に楽しみたい人には、手裏剣や模造刀のお土産があります。ペイパーナイフのサイズの小さい刀もあるので、女性は小さめの刀を購入してみてはいかがでしょうか。もっとライトなお土産がいい人には、手裏剣や忍者刀のキーホルダーをおすすめします。

日光江戸村へのアクセス方法見出し

日光江戸村「江戸ワンダーランド」は、東京都心から2時間とちょっとでアクセスすることができるテーマパークです。車で東京方面、仙台・福島方面からアクセスする場合、東北自動車道の宇都宮I.Cから日光宇都宮有料道路を利用し、今市I.C(今市・鬼怒川温泉方面出口)を出て国道121号線を鬼怒川温泉方面へ約15分走ります。

Photo by adelie33_Asako

電車でアクセスする場合は、東武浅草駅から東武鬼怒川線で「鬼怒川温泉駅」下車、またはJR新宿、池袋、大宮駅から特急「きぬがわ号」「スペーシアきぬがわ号」を利用し、「鬼怒川温泉駅」で下車します。鬼怒川温泉駅からはタクシーで約10分、路線バス「日光江戸村ゆき」で約15分でアクセスすることができます。

鬼怒川温泉ランキング12!カップル・夫婦におすすめ!露天風呂付き部屋も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
鬼怒川温泉ランキング12!カップル・夫婦におすすめ!露天風呂付き部屋も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
栃木県日光市にある鬼怒川温泉は、北関東屈指の歴史ある温泉地。今回は夫婦やカップルで楽しめる鬼怒川温泉の温泉ランキングTOP12位をご紹介します。素敵な思い出が作れるランキングになっていますので、次のご旅行の際にぜひ参考にしてみてくださいね。

日光江戸村で江戸人になりきって楽しもう見出し

Photo by scion_cho

江戸ワンダーランド日光江戸村で江戸人になってみたくなりましたか?都心から気軽にアクセスできる距離に、江戸時代があるなんて不思議ですよね。是非日光江戸村「江戸ワンダーランド」でたくさんの江戸体験をしてみて下さい。お子様連れでも楽しめます。かわいいニャンまげのお土産はもちろん忘れずに!

投稿日: 2017年4月17日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote