地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

乙女ロードは池袋のアニメ聖地!人気スポットへの行き方や営業時間もご紹介

池袋にある乙女ロードはオタク女子が憧れるアニメの聖地です。今回は乙女ロードで人気の大型店や専門店について、お店の特長や行き方などをご紹介します。ここにしかないユニークなカフェの情報もあります。乙女ロードに行く前に知っておきたい情報です。

池袋の乙女ロードを大特集!見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

池袋はのんびりした雰囲気と繁華街のにぎやかさの両方を備えた街として人気があります。4つの鉄道の合計8路線が乗り入れる池袋駅の便利さも池袋のメリットです。今回はそんな池袋で注目を集めている乙女ロードについてご紹介します。発展中の乙女ロードはもはやオタク女子だけのものではありません。女子なら誰でも行きたくなる乙女ロードの情報です。

池袋の乙女ロードとは?見出し

Photo by MiNe (sfmine79)

オタク女子の間で2000年を境に一気にブームとなったのが池袋の乙女ロードです。乙女ロードは地図で言うとサンシャイン60の西側の通り一帯を指します。オタクにファンの多いアニメの関連グッズを扱うショップや同人誌の専門店、雑貨店などがあります。現在ではオタクが秋葉原を目指す対極として女子のオタクは池袋の乙女ロードを目指すと言われます。

池袋の乙女ロードの起源見出し

Photo by bm.iphone

池袋の地図に乙女ロードの表記はないものの、現在の乙女ロードは全国からオタク女子が集まる人気のスポットです。乙女ロードの起源は意外と古く1980年代頃からと言われます。当時アニメイトやアニメポリス・ペロなどのアニメの関連グッズの店が池袋でスタートしたのがきっかけです。その頃サンシャインシティで同人誌の即売会も開催が始まりました。

池袋の乙女ロードはオタク女子の聖地見出し

Photo by Japanexperterna.se

地図に表記はされていないものの、池袋の乙女ロードはアニメグッズやマンガ、同人誌などがそろう聖地として少しずつ有名になっていきました。現在では遠く海外からもオタク女子が訪れる、地図にはない聖地となっています。乙女ロードはサンシャインシティの前の道がメインストリートです。行き方は地図上のサンシャインシティが目印になります。

Photo by Norisa1

池袋の乙女ロードは友達どうしで訪れて遅い時間まで好きなアニメやマンガの話題で盛り上がりたいものです。乙女ロードにはオタク女子なら一度は訪れたい執事カフェもあり、営業時間終了までオタクの世界に浸れます。オタクの聖地の秋葉原、サブカルチャー系の聖地の中野に並んで、池袋はオタク女子なら必ずチェックしたいエリアとなっています。

池袋の乙女ロードは増殖中!見出し

Photo by fukapon

乙女ロード発祥のきっかけはアニメグッズが何でもそろうアニメイトがあったことでした。1990年代に入るとアニメ関連のショップが爆発的に増えて、買うだけでなくグッズのトレーディングができるスポットとして乙女ロードは有名になっていきます。現在ではマンガやグッズを買うだけでなくほかでは出来ないオタク談義を楽しむ場所としても大人気です。

Photo by fukapon

池袋はコスプレイベントの開催や池袋駅そばのP-パルコにニコニコ本社を誘致するなど、街の地図全体としてもオタク女子の文化をバックアップしています。また乙女ロードには執事が給仕してくれる執事カフェや洋館型のカフェも登場し、話題となっています。乙女ロードは現在も引き続き増殖中です。現在ではオタクではない女子にも注目され始めています。

池袋の乙女ロードへの行き方見出し

Photo by zenjiro

池袋の地図を見ても乙女ロードへの行き方はわからないかもしれません。そこで地図が手元になくても大丈夫な乙女ロードへの行き方をご説明します。池袋駅東口を出たら正面の大きな横断歩道を渡ります。もし地下道を使う場合は35番出口が便利です。横断歩道を渡ったらそのまま真っすぐに地図上のサンシャイン60通りを歩いて行きましょう。

Photo by wongwt

サンシャイン60通りにはサンドラッグやユニクロなどがあり、それらを見ながらそのまま進むと東急ハンズ池袋店があります。そこを超えると首都高下にある大きな交差点が見えてきます。その交差点を直進すると右手にスポーツ用品店Victoriaがあります。Victoriaの横の道をさらに進むと乙女ロードに到着します。乙女ロード入り口はK-BOOKSが目印です。

池袋観光のおすすめスポット特集!夜も賑わう名所など徹底ガイド! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
池袋観光のおすすめスポット特集!夜も賑わう名所など徹底ガイド! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
池袋は、住みたい街ランキングでも常に上位に付けるほど人気のある街です。それほどまでに魅力な街には、幾つもの観光名所があります。水族館もあれば芸術を楽しむスポットもあり、また、夜には夜景を楽しむ場所もあります。そんな魅力ある池袋の観光名所をご紹介します。

池袋の乙女ロードの人気スポット1:K-BOOKS見出し

Photo by MiNe (sfmine79)

乙女ロードには地図がなくても池袋駅からサンシャインシティを目印に歩くとわかりやすいです。乙女ロードに着いたらまずはアニメグッズの大型店K-BOOKSをチェックしてみましょう。K-BOOKSはマンガと同人誌を中心にアニメ関係が何でもそろう評判の人気店です。池袋店には乙女館やアニメ館、同人館、コスプレ館など10以上のジャンルがあります。

Photo by MiNe (sfmine79)

乙女ロードの入り口にあるのはK-BOOKS池袋乙女館とアニメ館です。K-BOOKSの乙女館ではオタク女子に大人気の恋愛系マンガとゲームを中心に取り揃えています。恋愛系の乙女ゲームソフトやグッズの買取販売なら、まずは押さえておきたい専門店です。店内はイベントで扱った限定品の缶バッジなども豊富にあり、充実の品揃えです。

K-BOOKSの乙女館は「カクテル王子」や「夢王国と眠れる100人の王子様」をはじめとする恋愛系アプリゲームのすべてがそろうと口コミで有名です。またアニメ館に足を運ぶと「美男高校地球防衛部」や「文豪ストレイドッグ」といった人気アニメのグッズが豊富にそろっています。根強い人気の「忍たま乱太郎」グッズもアニメ館で扱っています。

またアニメ館にはリバイバルされてオタク女子に人気の「おそ松くん」のグッズもあります。定番の商品からイベント限定品まで「おそ松くん」の物なら何でもそろうと評判になっています。K-BOOKSはタペストリーやクッションといった女子に人気のインテリアグッズにも力を入れています。自分の部屋を好きな物でいっぱいにしたい方は要チェックです。

K-BOOKSへの行き方と営業時間見出し

Photo by MiNe (sfmine79)

K-BOOKSへの行き方は、地図ではサンシャイン60通りの上に首都高が通る交差点が目印となります。JR池袋駅東口から徒歩7分、東京メトロ有楽町線の東池袋駅からは徒歩5分で到着します。K-BOOKSの営業時間は平日と土日祝日で異なるので注意が必要です。平日11時30分から20時まで、土日祝日11時から20時までとなっています。

住所 東京都豊島区東池袋3丁目2-4コーケンプラザ1F
電話番号 03-3985-5456

池袋の乙女ロードの人気スポット2:まんだらけ池袋店見出し

次にご紹介するまんだらけ池袋店も池袋の乙女ロードを代表する有名店の一つです。まんだらけ池袋店はアニメやマンガとそのグッズなど幅広い商品の買取と販売を扱う老舗です。具体的には商業誌、オタク女子向け同人誌、アニメとゲームのグッズ、ジャニーズ、男性声優、コスプレなどが扱うジャンルとなっています。店内はいつもにぎわっています。

中でもドールはオタク女子に人気のジャンルですが、乙女ロード以外ではなかなか扱うショップが見つからないものです。しかしこちらのまんだらけ池袋店ならば、定番から旧型のレア物までいつ訪れても掘り出し物が見つかります。オビツ製作所のドールボディや細工を凝らした衣装など、ドールをコレクションする方には乙女ロードで一番おすすめの場所です。

大型店のメリットは実際に欲しいグッズを手に取って確かめられる点にあります。特にまんだらけ池袋店は老舗なので、人気のあるグッズを幅広く揃えています。オタク女子の仲間と一緒に、または一人でじっくりと、どちらの楽しみ方もできておすすめです。また店内の各コーナーでは一年を通じていろいろなフェアやイベントを開催しています。

Photo by MiNe (sfmine79)

乙女ロードに通うオタク女子の中には、まんだらけ池袋店で女子向け同人誌をチェックするのが目的という方が大勢います。女子向け同人誌は専用の大型棚を常時3つ以上揃えた充実ぶりです。ジャンルに詳しいスタッフが話題の同人誌を次々と入荷しているので、定期的なチェックが欠かせません。そのほかにジャニーズや宝塚のコーナーも定番の人気です。

まんだらけ池袋店への行き方と営業時間見出し

まんだらけ池袋店への行き方ですが、池袋駅東口からは徒歩8分で到着します。サンシャインシティを通り過ぎて乙女ロードに入った辺りの左手ライオンズマンションの地下1階です。営業時間は年中無休で販売12時から20時までです。買取は終了が早く12時から19時30分までとなっています。週末は販売と買取のコーナーが共に混雑します。

住所 東京都豊島区東池袋3丁目15-2ライオンズマンション池袋B1F
電話番号 03-5928-0771

池袋の乙女ロードの人気スポット3:アニメイト池袋本店見出し

池袋で話題の乙女ロードの中で最も大きなシンボルとなっているのがこちらのアニメイト池袋本店です。白と青のビルは乙女ロードの入り口から目立つ存在です。ビルは9階建てでマンガやライトノベル、同人誌からキャラクターグッズ、ゲームまでオタク女子の欲しい物すべてがぎゅっと詰まったデパートのような品揃えとなっています。

アニメイト池袋本店のフロア9階にはアニメイトホールを完備し、サイン会やライブ、展示会、上映会といったイベントを随時開催しています。キュアコスプレコレクションやアニメイトパフォーマンスカーニバルなどおなじみの大型イベントもこちらのアニメイトホールが会場です。イベントの際には毎年大勢のオタク女子たちで盛り上がります。

アニメイト池袋本店ではスタッフが手がける店内のこだわりの展示もお楽しみの一つです。また6階のキャラクターグッズコーナーには、ぬいぐるみや食器といった女子に人気の雑貨や小物類が充実しています。5階ではフィギュアやドールなどがショーケースにジャンルごとに見やすく展示され、眺めているだけでも楽しい空間です。

4階の書籍コーナーは少女マンガとノベルの充実ぶりで特におすすめです。BLや声優の写真集などほかの店ではなかなか見つからない一冊にもア4階の書籍コーナーニメイト池袋本店なら出逢うことができます。またフェアやおすすめ本のコーナーなどスタッフの手作りのポップや飾りつけも見逃せません。4階書籍コーナーは乙女の園という別名もあるほどです。

アニメイト池袋本店への行き方と営業時間見出し

アニメイトの1階では乙女ロードのお土産に最適の食品も扱っていて人気です。最後に行き方ですが、アニメイト池袋本店へは池袋駅東口から徒歩5分が目安です。営業時間は10時から21時までです。乙女ロードでは10時に開店するお店は少ないので、早めに到着した時はまずはアニメイト池袋本店をチェックするのがおすすめです。

住所 東京都豊島区東池袋1丁目20-7
電話番号 03-3988-1351

池袋の乙女ロードの人気スポット4:らしんばん池袋本店見出し

らしんばん池袋本店では同人誌とアニメグッズを中心にゲームグッズなどを幅広く扱っています。同人誌を探しているオタク女子にはぜひおすすめしたい一軒です。本館から5号館までどのフロアにもグッズやマンガなどがぎっしりと並んでいます。特におすすめは本館1階の女子専用フロアで、女子向けコミック、キャラグッズ、乙女ゲームなどが並びます。

らしんばん池袋本店の魅力は定番のグッズと新発売のグッズをバランスよく揃えている点です。本館1階では缶バッジやキーチェーンなどの細かいグッズを見やすく陳列しています。またショーケースにはなかなか見つからない特別感のある珍しいグッズを随時入荷しています。購入して自分へのご褒美にするのもおすすめです。

乙女ゲーム好きのオタク女子におすすめなのが、らしんばん池袋本店2号館です。舞台やミュージカルのCD、DVDをはじめBLゲームや男性声優コーナーなどマニアックな品揃えで話題となっています。店頭のフェア企画ではその時々でスタッフ一押しのグッズが紹介され、いち早く新しいキャラクターグッズを手に取ることができます。

らしんばん池袋本店には衣装館もあり、コスプレ好きのオタク女子に人気となっています。衣装館は中古衣装を主に扱っているので、新品ではかなり高額なコスプレの衣装がリーズナブルに見つかると評判です。フロアにはコスプレに欠かせないウィッグや靴などの小物類もかなり豊富にそろっています。

らしんばんへの行き方と営業時間見出し

Photo by MiNe (sfmine79)

らしんばん池袋本店への行き方はアニメイトへの行き方と途中まで同じです。乙女ロードに入ったらアニメイトを通り過ぎると、らしんばん池袋本店2号館と本館があります。グッズの買取受付は本館1階のみで行っています。営業時間は全日11時から20時までです。買取希望の方は18時で買取受付終了なので注意が必要です。

住所 東京都豊島区東池袋3-2-4共永ビル1F2F
電話番号 03-3988-2777

池袋の乙女ロードの人気スポット5:ACOSアコス池袋本店見出し

こちらのACOSアコス池袋本店は老舗アニメイトが直営するコスプレ専門店です。海外からもお客さんが訪れる充実の品揃えで人気です。また人気の理由はスタッフの詳しい知識と明るい応対にもあります。店頭の衣装やウィッグや基本的に試着可能です。衣装を見ているだけでも元気になれると評判です。

コスプレ衣装だけでなく普段に使えるトートバッグやスウェット、ネックレスなどのアクセサリーなどもあり、オタク女子ならば全て欲しくなるような店内です。また一年に一度販売される福袋は衣装2着で3000円という破格のお値段と満足感で人気となっています。福袋はコスプレ入門者にもおすすめです。

ACOSアコス池袋本店への行き方と営業時間見出し

海外からのオタク女子には扇子や模造の日本刀といった和風小物が特に人気です。ファンデーションなどのコスプレ用化粧品も揃えています。ACOSアコス池袋本店へは池袋駅から徒歩7分です。行き方は乙女ロード入り口からすぐにある地図上の細い道を右に曲がります。営業時間は11時から20時までです。

住所 東京都豊島区東池袋3丁目2-1アニメイトサンシャイン
電話番号 03-5979-7471

池袋の乙女ロードの人気スポット6:とらのあな池袋店B見出し

新刊コミックや同人誌、少し懐かしいコミックなどマンガのジャンルを横断的にチェックしたいならとらのあな池袋店Bがおすすめです。オタク女子に人気のCD、DVDをはじめ、ガチャガチャや玩具まで取り揃えています。とらのあなには池袋店Aと池袋店Bがありますが、こちらの池袋店Bは女子向け専門店なので入りやすいと好評です。

店内にはスタッフ手作りのコーナーやポップが飾られ、女子らしいかわいらしい雰囲気です。なかなか見つからなかった同人誌がここでは見つかったという口コミも多く寄せられています。ガチャガチャがお目当ての方には6階のガチャスペースが見逃せません。とらのあな池袋店Bは乙女ロードの人気店です。

とらのあな池袋店Bへの行き方と営業時間見出し

Photo by marumeganechan

とらのあな池袋店Bへの行き方は池袋駅東口を出て徒歩5分です。池袋駅東口の三菱東京UFJ銀行の横の道を入って真っすぐに進むと、地図上で左手に見えるライトオンのあるビルです。営業時間は全日10時から21時50分まで、夜遅くまで営業しているので会社や学校の帰りにもゆっくりとコミック選びを楽しめます。

住所 東京都豊島区東池袋1丁目9-1セイコーサンシャインビルXI6階7階
電話番号 0570-031-400

池袋の乙女ロードの人気スポット7:ナンジャタウン見出し

Photo by kurokayo

サンシャインシティの中のナンジャタウンはここでしか体験できないアトラクションやイベント、フードなどが人気の楽しいスポットです。特にアニメやコミックとタイアップした企画は、オタクのジャンルを問わず全てのオタク女子に人気です。ハロウィンフェスや怨霊フェス、「あんさんぶるスターズ」とのタイアップなどを開催しています。

ナンジャタウンは建物内のアミューズメントパークなのでお天気に関係なく一年中快適に楽しめます。餃子スタジアムやデザート横丁などフードの充実ぶりも自慢で、レストランやカフェのような使い方も出来ます。チケット料金は大人パスポート3500円、ナイトパスポート1800円です。

ナンジャタウン(池袋)の料金やおすすめスポットは?テーマパークを徹底調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ナンジャタウン(池袋)の料金やおすすめスポットは?テーマパークを徹底調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
池袋にある「ナンジャタウン」はこどもから大人までが楽しめる全天候型テーマパークとして大人気で、特に週末や大型連休中は大混雑。この記事では、そんな「ナンジャタウン」について料金や割引情報、ぜひ知っておきたいおすすめスポットなどについてまとめました。

ナンジャタウンへの行き方と営業時間見出し

Photo by keyaki

ナンジャタウンへの行き方は、地図のサンシャインシティを目指して行けばわかりやすいです。池袋駅東口からは徒歩約8分で到着できます。駐車場はサンシャインシティの有料駐車場を利用できます。営業時間は季節によって変わりますが、原則10時から22時まで、最終入場21時までです。

池袋の乙女ロードのおすすめカフェ見出し

Photo by M.Murakami

地図を片手に乙女ロードの散策やショッピングに疲れたら、ここならではのユニークなカフェでひと休みしてはいかがでしょうか。乙女ロードでは執事が親切丁寧に給仕をしてくれる執事カフェが話題を呼んでいます。ドアを入った瞬間にお姫様の気分を味わえる特別なカフェです。連日オタク女子がお姫様になった気分を楽しんでいます。

乙女ロードの執事喫茶スワロウテイル

執事喫茶スワロウテイルは執事と案内役のフットマンがいるカフェです。入ると紳士のオットマンが「おかえりなさいませ」の声で出迎えてくれます。店内は広くまるでイギリスの洋館に来たような雰囲気です。個室席や一人用の席もあります。カフェですがそのメニューは料理まで本格派です。キッシュやサラダなどヘルシーなカフェメニューが人気です。

執事喫茶スワロウテイルは特に紅茶に力を入れているカフェです。インドの農園で収穫した茶葉をこちらのカフェ専用にブレンドしたというオリジナルの紅茶「Swallowtail Second」がおすすめです。カフェの制限時間は80分間ですが、優しい執事に給仕してもらうと時間があっという間に過ぎていきます。完全予約制のカフェです。

執事喫茶スワロウテイルで贅沢なひと時を!池袋の人気コンセプトカフェを紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
執事喫茶スワロウテイルで贅沢なひと時を!池袋の人気コンセプトカフェを紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京にはメイド喫茶に代表されるコンセプトカフェがたくさんあり、そんななかでいま大注目なのが池袋にある『執事喫茶スワロウテイル』です。この『執事喫茶スワロウテイル』は文字通り執事が接客をしてくれるカフェで、来店すると至れり尽くせりでお嬢様気分を味わえます。

オタク女子の聖地の乙女ロードを楽しもう!見出し

Photo by MiNe (sfmine79)

池袋で話題の乙女ロードについてご紹介してきました。池袋駅東口から徒歩10分ほど、アニメイトなどの大型店は離れた位置からも目立ちます。乙女ロードは地図を持っていても持っていなくても楽しむことができるスポットです。また執事がいるカフェも人気です。皆さんもぜひアニメの聖地乙女ロードで、素敵なグッズやコミックを探してみてください!

投稿日: 2018年10月18日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote