地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

湯の川温泉の日帰りスポット13選!家族風呂やランチが楽しめるおすすめ施設も

湯の川温泉は函館の奥座敷といわれ、都会に近いこともあり日帰りスポットが多く点在しています。日帰り入浴とランチが楽しめる湯の川温泉の旅館をはじめ、貸切家族風呂が楽しめる旅館、函館で人気の塩ラーメンなどがいただけるランチスポットなどをご紹介します。

湯の川温泉はどんなところ?見出し

Photo by hiroooooki

湯の川温泉は「函館の奥座敷」と呼ばれ、登別温泉、定山渓温泉とともに北海道三大温泉郷に名を連ねています。歴史には三つの節目があります。500年以上前に木こりが発見して湯倉神社の起源になった伝説、1653年に松前藩主が湯治をしたという史実、幕末に函館戦争の際、榎本武揚が入湯した史実です。湯の川温泉のおすすめ日帰りスポットを紹介します。

藩主を癒した名湯

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

1653年に九代松前藩主・千勝丸が難病にかかり日々悪くなっていましたが、その母 清涼院がある夜「松前城の東の温泉にに入ればどんな病も治る」という夢を見ました。それで実際に千勝丸にその温泉で湯治をさせると全快したので、そのお礼に薬師寺の再建や鰐口の奉納をしたと言われています。これが史実にある湯の川温泉の発祥とされています。

日本一空港に近い函館の温泉

Photo by Hyougushi

湯の川温泉から函館空港までは約2kmと、徒歩でも行ける距離ですので文字通り日本一空港に近い温泉といっても過言ではありません。しかも湯の川温泉は寂れた温泉地ではなく北海道三大温泉郷に名を連ねる温泉地なのです。湯の川温泉はにぎやかな場所にある温泉地ですが、海の景色が堪能できて、函館の名所にも近いという利点があります。

日帰り温泉が充実

Photo by fujitariuji

湯の川温泉は歴史も古く、老舗から近代的なホテルまで様々な宿泊施設が点在しています。温泉旅館は20以上ありますが、そのなかで11の旅館が日帰り入浴を可能にしていますので、かなり日帰り入浴可能比率が高いと言えます。また貸切家族風呂のある旅館も多くあります。湯の川温泉は函館の奥座敷でもありますので日帰り需要が多いと思われます。

湯の川温泉と石川啄木見出し

Photo by yellow_bird_woodstock

湯の川温泉周辺には26歳という若さで世を去った詩人・石川啄木ゆかりの地が多くあります。湯の川温泉の旅館名にも啄木の名を冠した旅館があります。なぜ石川啄木は函館にゆかりがあるのでしょうか。啄木は盛岡市で教師をしていましたが、訳あって不本意ながら函館に行くことになりました。21歳のときです。金銭的理由で妻は盛岡に残していきました。

Photo by bryan...

しかし意外にも函館では啄木を詩人として成長させる様々な出会いがあったのです。まず北海道の同人文芸誌の同人とおおいに交流し短歌を詠むようになりました。また同人の中に金銭的にも支援してくれた生涯の親友・宮崎郁雨を見出しました。そして恋心を抱く女性も現れます。函館はたった4か月の滞在でしたが啄木の心のふるさとになったのです。

湯の川温泉の日帰りスポット【露天風呂がおすすめ】見出し

Photo by Guwashi999

湯の川温泉には地の利を生かした津軽海峡、太平洋を望む露天風呂や、庭園を望む露天風呂のある温泉旅館が多く存在します。また湯の川温泉には日帰り入浴可能な旅館も多く、入浴のみの日帰り利用ができる旅館と、ランチ付きが条件の日帰り入浴が可能な旅館、そして両方が可能な旅館があります。おすすめの日帰りで露天風呂が楽しめる旅館を紹介します。

空中露天風呂が爽快『湯元 啄木亭』

Photo by Vancent Photo

わずか4か月しか滞在しなかったが、26年という短い人生の中で最も充実した時を過ごした函館をこよなく愛する詩人・石川啄木。この啄木の名を冠した湯の川温泉『湯元 啄木亭』は空中露天風呂がおすすめです。湯の川温泉の地の利を生かし、函館の街並み、視線に広がる海と山並みが楽しめます。食事付きでない入浴のみの日帰り利用ができるのも魅力です。

湯元 啄木亭

住所:
北海道函館市湯川町118-15
アクセス:
車/札幌南ICから道央道で登別や室蘭を通過~大沼公園IC~国道5号線で函館を目指し、函館市街から国道278号線を東に走る 車以外/JR函館本線、函館駅下車タクシー15分:路面電車30分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

庭園を眺める露天『竹葉 新葉亭』

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

『竹葉 新葉亭』は名の通り竹林の庭園を楽しめる露天風呂が目玉になっています。すくすくとまっすぐ育ち、しなる強さを持つ竹の心がモットーです。竹林ではない通常の庭園を望む露天風呂も、まるで京都を思わせる落ち着いた雰囲気になっています。平日限定で食事(ランチ)付きの日帰り入浴が可能で、しかも個室でゆったりした時間を過ごせます。

竹葉新葉亭

住所:
北海道函館市湯川町--2622
アクセス:
車/札幌から車で~長万部IC~国道5号線、七飯より函館新道、産業道路、湯川へ 車以外/函館本線函館駅下車。タクシーで15分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

ヒノキの露天風呂『湯の浜ホテル』

Photo by Yasuo Kida

津軽海峡、太平洋を望むヒノキの露天風呂でおなじみなのが『湯の浜ホテル』です。大浴場と露天風呂で泉質の違うお湯を所有しているのも自慢になっています。露天風呂は土方蔵三も入浴した湯ということで「新選組の湯」と名付けられています。入浴のみの日帰り利用と、リーズナブルなランチ付きの日帰り入浴が楽しめます。貸切家族風呂はありません。

湯の浜ホテル

住所:
北海道函館市湯川町--1230
アクセス:
車以外/JR函館駅からタクシーで20分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

湯の川温泉の日帰りスポット【貸切家族風呂が楽しめる】見出し

Photo by rhosoi

湯の川温泉で貸切家族風呂が楽しめる温泉旅館・ホテルをご紹介します。貸切家族風呂は時間限定でお風呂を占有できますのでカップルや夫婦はもちろん、家族やグループでも他の人に気兼ねなく温泉を楽しめます。貸切家族風呂には個室が付いている場合もあり、ゆったり過ごすこともできます。

10ヶ所の家族風呂『湯の川観光ホテル祥苑』

Photo by 水上温泉水上館

『湯の川観光ホテル祥苑』は全221室の大型ホテルで、大浴場、庭園露天風呂はもちろん、10室の貸切展望露天風呂を揃えています。また卓球・カラオケ・麻雀・囲碁・将棋・ダンスホール・ビリヤードなど多彩な娯楽を揃えており、すべて無料というのも魅力的です。1130円で日帰り入浴でき、貸切家族風呂は50分980円からになっています。

湯の川観光ホテル祥苑

住所:
北海道函館市湯川町2-4-20
アクセス:
車以外/函館空港からバスで10分、函館駅よりバスで20分
料金の目安:
4,644円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 12:00 (OUT)
提供:

かけ流し源泉を独占『KKRはこだて』

Photo by bryan...

『KKRはこだて』は国家公務員共済組合連合会湯の川保養所で公共の宿泊施設ですので料金もリーズナブルで居心地のいいお宿になっています。一番の目玉は源泉掛け流しでたっぷりのお湯を楽しめることです。しかも貸切家族風呂を利用すれば独占できます。歴史ある庭園も魅力の一つです。700円で日帰り入浴可能です。貸切家族風呂は300円になります。

KKRはこだて(国家公務員共済組合連合会湯の川保養所)

住所:
北海道函館市湯川町28-14
アクセス:
車以外/市電湯川温泉停留所下車。徒歩4分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

湯の川温泉の日帰りスポット【おいしいランチ】見出し

Photo by Spiegel

湯の川温泉でランチをしたいが、どこにいけばいいのだろうと迷っている皆様におすすめの日帰りランチスポットを紹介します。函館のラーメンと言えば塩ラーメン。この塩ラーメンがおすすめの店があります。また塩ラーメンが299円というコスパ抜群の店もあります。さらに湯の川温泉周辺の観光客も気軽に入れてリーズナブルなお寿司屋さんもあります。

おすすめは塩ラーメン『函館麺や一文字』

Photo by Yuya Tamai

北海道と言えば味噌ラーメンですが、函館は塩ラーメンというのが地元のラーメン情報として有名な話です。函館でその塩ラーメンおすすめの店が湯の川温泉にある『函館麺や一文字』。土地柄らしく海鮮出汁が効いたスープが定評になっています。麺はちじれ麺でスープによく絡まります。またチャッチャッ系(豚骨)醤油ラーメンもおすすめです。

住所 北海道函館市湯川町2-1-3
電話番号 0138-57-8934

コスパ抜群『グリル塩豚』

Photo by Spiegel

現在の価格で塩ラーメンが299円という驚くべき店が『グリル塩豚』です。もちろんおいしくて安いコスパ抜群の店と評判になっています。餃子やあんかけ焼きそばも人気で、2品組み合わせても1000円いかない安さです。メニューは豊富でハンバーグにカツのセットもおすすめの一品になっています。湯の川温泉でのランチにはぴったりのお店です。

住所 北海道函館市湯川町1-9-15
電話番号 0138-57-5240

安くて美味しい『雷門鮨 湯の川店』

Photo by Jun Seita

湯の川温泉の近くでおいしくて安いお寿司の店が『雷門鮨 湯の川店』です。カウンターの後ろにある雷様の置物が印象的でユニークな内装になっています。湯の川温泉周辺の観光客にも気さくに対応してくれる入りやすい店で大間のマグロやアワビのキモ和えなど地物をリーズナブルな料金でお味わえます。ランチにお寿司という選択もありです。

住所 北海道函館市湯川町1丁目7−1
電話番号  0138-57-1200

函館の塩ラーメンランキングBEST17!おすすめの人気店は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
函館の塩ラーメンランキングBEST17!おすすめの人気店は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道の函館は、塩ラーメンが美味しいことで有名な街です。塩ラーメンの激戦区函館の、おすすめ塩ラーメンのお店をランキング形式でご紹介します。昔ながらの味を守る名店の塩ラーメンから話題の変化球塩ラーメンまで、ベスト17をまとめました。

湯の川温泉の日帰りスポット【食べ歩きグルメ】見出し

Photo by BONGURI

日帰りで様々な観光スポットを回っていると、ランチの後にも小腹がすくことがあります。ここではそんなときに最適な食べ歩きの店をご紹介します。湯の川温泉で人気の老舗やきだんご屋と、三色だんごの名店です。どちらも売り切れになる可能性がありますので、早い時間に訪れることをおすすめします。ランチのあとのデザートにもいいでしょう。

『やきだんご銀月』

Photo by Kanko*

気軽に食べ歩くグルメの代表に串だんごがあります。湯の川温泉でその串だんごで人気なのが『やきだんご銀月』です。1966年創業の老舗で湯の川温泉とともに歩んでいます。シーズンには多くのお客様が訪れます。しょうゆ、こしあん、ごま、きなこなどが販売されていますが、しょうゆはやみつきになるようです。湯の川温泉散策のお供に最適です。

住所 北海道函館市湯川町2丁目22-5
電話番号 0138-57-6504

『若竹三色だんご本舗』

Photo by akira yamada

湯の川温泉でもうひとつの人気の食べ歩きグルメは『若竹三色だんご本舗』です。白花豆、抹茶、十勝小豆の三色ですが、手元の方が甘くなるという基本に充実に作られています。菓子職人のご主人がなくなられて女将ひとりできりもりされているため売り切れになる場合もあります。早い時間に購入するのがおすすめです。

住所 北海道函館市湯川町2丁目4−31
電話番号  0138-57-6245

湯の川温泉の日帰りスポット【ちょっと立ち寄り】見出し

Photo by othree

いままで湯の川温泉の温泉旅館とグルメの日帰りスポットをご紹介してきましたが、湯の川温泉周辺の観光スポットをご紹介します。温泉とも関連する足湯の施設、寒い地域にめずらしい熱帯植物館、そして湯の川温泉の起源との伝説がある湯倉神社です。このほかに湯の川温泉周辺には石川啄木ゆかりの公園や歌碑などもあります。

『湯の川温泉足湯 湯巡り舞台』

Photo by alberth2

『湯の川温泉足湯 湯巡り舞台』は市電『湯の川温泉駅』前に2007年にオープンしました。料金は無料で屋根もありますのですので少しの雨であればしのげます。また近くには駐車場もありますので車で立ち寄ることができます。足湯は実際に入浴することに比べ軽く見られますが、ある程度の効能は得られます。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉です。

『函館市熱帯植物園』

Photo by sayot

湯の川温泉に熱帯植物園があるのは違和感がありますが、函館市が市民の憩いの場とすることと、湯の川温泉の観光資源強化のためにこのような植物園を作りました。特に12月から翌年5月までは信州で人気の地獄谷温泉に入るサルに負けない、湯の川温泉にダイブするサルがみられます。寒い冬でも暖かく過ごせる観光スポットとしても重宝されています。

住所 北海道函館市湯川町3-1-15
電話番号  0138-57-7833

『湯倉神社』

Photo by ai3310X

湯の川温泉の歴史には3つの節目があります。500年前の木こりによる温泉発見の伝説、そして江戸時代初期に松前藩主が湯治をしたこと、そして幕末の函館戦争の際に榎本武揚が入湯したということです。最初の伝説に絡んでいるのが『湯島神社』です。木こりが温泉を発見して傷をいやされたのでお礼に祠を建てたのが湯倉神社の起源という伝説があります。

湯の川温泉のへアクセス見出し

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

日本一空港に近い温泉と言われる湯の川温泉のアクセスを、その「空港」である函館空港からの飛行機でのアクセスとJR函館駅、北海道新幹線函館北斗駅などの鉄道からのアクセス、高速道路などのバスを含む自動車でのアクセスに分けてご紹介します。函館にはフェリーでのアクセスもあります。函館には路面電車である市電もあり便利です。

函館空港からのアクセス

Photo by Hyougushi

日本一空港から近い温泉と言われる通り、湯の川温泉は函館空港と目と鼻の先であり車で5分、距離が2kmですので歩いても約30分ということになります。函館空港を利用して北海道旅行を開始または終了する観光客にとっては絶好の立ち寄りスポットになりますので、ご紹介した日帰り温泉や観光スポットやグルメを是非楽しんでほしいものです。

函館空港のお土産ランキングTOP17!人気のスイーツや名物は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
函館空港のお土産ランキングTOP17!人気のスイーツや名物は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道函館空港にはお土産ショップが多くあり、定番のお土産から北海道名物まで様々な種類があります。地元の人しか知らないとっておきのお土産もあるので、興味のある方は注目です。函館空港のお土産ランキングTOP17をまとめました。

JR駅からのアクセス

Photo by woinary

JR駅からのアクセスでは在来線の函館駅からのアクセスと北海道新幹線の函館北斗駅があります。函館駅はもともと青函連絡船との接続のための駅で昔からの街並みの中心にあり市電も通っていますので非常に便利な駅です。函館北斗駅は北海道新幹線が将来的に札幌方面に伸びることを考慮した場所にあり、函館までは在来線か路線バスに乗る必要があります。

函館駅

Photo by hiroooooki

JR函館駅からは函館市電で湯の川温泉駅か湯の川駅まで30分強ですので市電が最も便利です。旅館や観光スポットによっては湯の川温泉駅が近い場合と終点の湯の川駅が近い場合がありますので事前に調査しましょう。函館バスでも同様に湯の川温泉までアクセスできます。

新函館北斗駅

Photo by reikow101277

北海道新幹線の新函館北斗駅からはまず「ほこだてライナー」で約20分でJR函館まで行き、その後は函館市電または函館バスで湯の川温泉駅または湯の川駅まで向かいます。新函館北斗駅から路線バスや定額タクシーで直接湯の川温泉駅まで行くこともできますので、その場の状況によって選ぶことができます。

自動車でのアクセス

Photo by jeff~

自動車の場合は各地から道央自動車道で大沼公園インターチェンジに向かいます。札幌に近い札幌北インターチェンジからは280kmで約3時間30分かかります。大沼インターチェンジからは国道5号線、函館新道、函館新外環状道路、産業道路を利用して約35km、40分で湯の川温泉に到着します。札幌駅からは高速路線バスの湯の川温泉直行便があります。

日帰り温泉や美味しいランチが満喫できる函館『湯の川温泉』に訪れよう!見出し

Photo by Vancent Photo

湯の川温泉は登別温泉と定山渓温泉と並んで北海道三大温泉郷に名を連ねる歴史ある温泉ですが、函館という都会にも近く、海にも面しているという好立地の温泉です。湯の川温泉は函館の奥座敷ですので日帰り入浴可能で貸切家族風呂もある温泉旅館や観光スポット、グルメも充実しています。是非湯の川温泉に日帰りで気軽に訪れてみてください。

投稿日: 2018年11月30日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote