地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

函館市の温泉・銭湯・日帰り入浴おすすめランキング・トップ15!

全国でも指折りの温泉街の函館には日帰りで入浴できる温泉・銭湯がたくさんあります。色々ありすぎてどこに行こうか迷ってしまいますよね。そんな方に向けて今回は「函館市の温泉・銭湯・日帰り入浴おすすめランキング・トップ15」をご紹介します!

函館には日帰り入浴できる温泉・銭湯がたくさん!見出し

Photo by 水上温泉水上館

温泉街として全国的に有名な函館には日帰りでも入浴できる温泉・銭湯がたくさんあります。露天風呂やかけ流し式の温泉、そして入浴後のグルメなど、目的によっていろんな温泉・銭湯があるので、どこに行こうか迷ってしまいますよね。そこで今回は、函館及びその近郊で日帰り入浴ができる温泉・銭湯TOP15をランキング形式でご紹介していきます。

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング15位:西ききょう温泉見出し

直径2メートルのヒューム管(導水管として使われるコンクリート管)を湯船とした温泉が無骨ながら体に染み込んできます。ここのお湯に浸かった日はぐっすり眠れるということで、遠方からわざわざやってくるお客さんも多いそうです。

函館市内にありながら、秘湯といった風格の銭湯です。温泉巡りがお好きな方には是非試して頂きたい温泉です。

【住所】北海道函館市西桔梗町444-1 【電話番号】0138-49-7294 【入浴料】大人370円、子供150円 【休日】無し 【営業時間】5:00~23:00 【アクセス】道南いさりび鉄道「七重浜」駅よりタクシーで5分

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング14位:谷地頭温泉見出し

1953年(昭和28年)にオープンした谷地頭温泉(やちがしらおんせん)は古くから地元民に愛され続けている函館を代表する温泉のひとつです。中でも史跡五稜郭の形を模した露天風呂が人気となっています。

少々熱めの茶色の湯は冷えた体を芯から温めてくれます。函館市内観光やスキー・スノーボード、もちろんお仕事帰りにも、外の寒さを忘れさせてくれるおすすめの温泉です。

【住所】北海道函館市谷地頭町20-7 【電話番号】0138-22-8371 【入浴料】大人420円、子供(6歳以上12歳未満)140円、幼児(6歳未満)70円 【休日】第二、第四火曜日 【営業時間】6:00〜22:00(21:00受付終了) 【アクセス】<車>函館駅から7分、函館空港から20分、フェリー乗り場から20分。<市電>谷地頭行き/最終電停・谷地頭前から徒歩2分

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング13位:ホテル雨宮館見出し

名湯・湯の川温泉を気軽に楽しめるということで人気となっているのがホテル雨宮館です。湯の川温泉源泉100%かけ流しを売りにしていて、本格的な温泉が楽しめます。

市電の駅の目の前ということで、宿泊しない方でも函館の市街地からアクセスしやすいというのが人気のポイントです。日帰りで銭湯として利用される方もたくさんいらっしゃいます。もちろん宿泊についても、時期によりますがカプセルなら3,000円前後でリーズナブルに宿泊できる点もおすすめポイントです。

【住所】北海道函館市湯川町1-26-18 【電話番号】0138-59-1515 【入浴料】大人400円、小学生200円、幼児(1才以上)100円 【休日】無休 【営業時間】06:00~23:00 【アクセス】<車>函館駅から15分<空港連絡バス>函館空港から10分<市電>湯川温泉電停から徒歩2分

湯の川温泉 ホテル雨宮館

住所:
北海道函館市湯川町1-26-18
アクセス:
車/札幌からは、道央道~【森IC】 下車。~森IC~国道5号線~産業道路~湯川温泉へ(約90分) 車以外/※函館空港~車7分
料金の目安:
3,800円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング12位:にしき温泉見出し

古くからの温泉街でオーソドックスなお風呂が多い函館の銭湯において、ジェットバスやミルク湯、クールバスなどのバリエーション豊かな温泉が楽しめるのがにしき温泉です。

寒い函館には熱めのお風呂が多いのですが、夏の暑い時期にはメンソールが効いたクールバスがおすすめです。また飲泉用の蛇口があり、100%の源泉を飲むことができます。こちらの温泉は飲むことで胃腸病に効能があるとされています。

【住所】北海道函館市深堀町13-2 【電話番号】0138-51-2100 【入浴料】大人400円、小学生140円、幼児70円 【休日】水曜日 【営業時間】<平日>5:00~9:00・12:00~23:00 <土日祝>5:00〜23:00 【アクセス】<バス>5・8・16番 第2深堀橋停留所・下車 徒歩1分

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング11位:北美原温泉見出し

美術館のような近代的な外観で、設備の良さから人気となっている北美原温泉です。1日に2回温泉のお湯を張り替えているため、清潔感がある点も◎です。

朝は5時から深夜は24時まで営業していてるので、地元の仕事帰りの方や観光客にも人気の銭湯となっています。函館新道から近い場所にあるので、市街地・郊外からのアクセスも良い点もおすすめポイントです。

【住所】北海道函館市北美原1-18-16 【電話番号】0138-47-2666 【入浴料】大人440円、小学生140円 【休日】月曜(祝日場合は翌日) 【営業時間】5:00~08:00・12:00~24:00 【アクセス】<車>函館駅から20分、函館空港から30分、フェリー乗り場から15分。<バス>JR函館本線函館駅から「昭和ターミナル」 行き『北美原クリニック前』下車すぐ。

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング10位:鍛治温泉見出し

鍛治南団地にある銭湯施設です。アルカリ性で無色透明のサラリとした湯が体の芯から温めてくれます。露天風呂、サウナなど設備が充実している点も◎です。また家族風呂は18室併設されており、ファミリーやカップルで入浴しに行くのもおすすめです。

【住所】北海道函館市鍛治1-34-15 【電話番号】0138-56-0131 【入浴料】大人420円、中学生300円、小学生140円、小学生未満70円 【休日】木曜日 【営業時間】平日14:00~23:30、土日祝日13:00〜23:30

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング9位:漁火館見出し

温泉に浸かりながら綺麗な景色を眺めるって最高の贅沢ですよね。それができるのがこちらの漁火館です。本来は旅館なのですが、日帰りでの入浴を楽しむことができます。ただし日帰り入浴の場合、営業時間は12:00〜18:00と短めなので注意が必要です。

漁火館は宿の料理が美味しいことでも大評判です。せっかくなのでできれば宿泊をして、温泉とグルメの両方を楽しみたいところです。

【住所】北海道函館市根崎町375-1 【電話番号】0138-57-1117 【入浴料】500円 【休日】無し 【営業時間】12:00〜18:00

函館市湯の川湯元漁火館

住所:
北海道函館市根崎町375—1
アクセス:
車/札幌から八雲ICへ~八雲IC~八雲ICより国道5号線、七飯より函館新道、産業道路、湯川へ 車以外/函館本線函館駅下車→タクシーで15分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:30 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング8位:湯ったり館とどぽっくる見出し

「ホテル恵風」の日帰り入浴施設が湯ったり館とどぽっくるです。太平洋と津軽海峡の合流域を望む海岸線が美しい恵山岬の高台にある温泉施設です。露天風呂からは恵山の綺麗な景色を楽しみながら、ゆっくり温泉に浸れます。

温泉はナトリウム塩化物泉で肌に良いこともおすすめのポイントです。女性からの支持が集まっている温泉です。

【住所】函館市恵山岬町61-2 【電話番号】0138-86-2121 【入浴料】大人400円、子供200円 【休日】無し 【営業時間】10:00~21:00 【アクセス】JR函館駅から車で1時間

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング7位:ふれあい湯遊館見出し

キャンプ施設「函館市戸井ウォーターパーク」内にある日帰り入浴可能な温泉施設がふれあい湯遊館です。低料金ということもあり、特に夏のアウトドアシーズン中は多くの方で賑わう銭湯となっています。

公園内はキャンプ場となっていて、多くの人がキャンプやバーベキュー、川遊びを楽しんでいます。アクティビティを楽しんだ後の汗を流すのにおすすめの銭湯です。

【住所】北海道函館市原木町285-1 【電話番号】0138-82-2001 【入浴料】大人(中学生以上)360円、小学生150円、未就学児80円、 【休日】毎週月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始 【営業時間】10:00〜21:00

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング6位:昭和温泉見出し

函館の市街地にあり、充実した設備と豊富なバリエーションのお風呂で人気となっている銭湯が昭和温泉です。館内バリアフリーとなっているのでご年配の方でも安心して入浴を楽しむことができます。

檜風呂、中温風呂、ジャグジー、寝風呂、打たせ湯、露天風呂、サウナ、水風呂と豊富な種類のお風呂が楽しめるところがおすすめポイントの銭湯です。

【住所】北海道函館市昭和2-39-1 【電話番号】0138-42-4126 【入浴料】大人420円 【休日】無し 【営業時間】6:00~23:00

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング5位:山の手温泉見出し

庭園の中の露天風呂が人気なのが山の手温泉です。函館市内の住宅街の一角にあるのでアクセスがとても良く、人気の銭湯となっています。

比較的新しい銭湯で清潔感が漂っています。お風呂の洗い場も広めに作られているので、ゆっくり入浴を楽しむことができます。

【住所】北海道函館市山の手3-44-28 【電話番号】0138-35-4126 【入浴料】大人420円 【休日】無し 【営業時間】7:00~23:30(受付終了23:00) 【アクセス】JR函館本線函館駅より函館バス31日吉営業所行き「北中学校通」下車すぐ。

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング4位:天然温泉七重浜の湯見出し

海を眺めながら露天風呂を楽しみたい方におすすめしたいのが、七重浜の湯です。大規模な温泉施設で海を眺めながらのんびり入浴が楽しめます。

発汗を促して血行不良の改善や血圧を下げるなどの効果がある高濃度炭酸泉を道南で初めて導入したということで話題となっています。2016年12月にリニューアルオープンしたばかりということで、週末になると多くのお客さんで賑わいを見せています。

【住所】北海道北斗市七重浜8-4-1 【電話番号】0138-49-4411 【入浴料】大人500円(会員440円)、小学生以下200円、未就学児100円、3歳未満無料 【休日】無し 【営業時間】5:00~09:00・09:45~24:00(最終受付は各30分前まで) 【アクセス】函館市電「五稜郭公園前」から車で約18分、JR函館駅から車で約15分

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング3位:花園温泉見出し

源泉かけ流しの2種類の温泉が楽しめます。早朝から深夜まで営業していて、地元民から愛されている温泉施設です。館内はとても広々としていてうたた寝処というスペースでお昼寝ができるので、休日なら1日中のんびりできます。

館内には可愛いネコの姿もあります。体だけでなく、心まで癒やしてくれる温泉施設です。

【住所】北海道函館市花園町40-34 【電話番号】0138-51-1310 【入浴料】大人400円、小学生140円、幼児70円 【休日】月曜(GW・盆時期・年末年始は営業) 【営業時間】6:00~23:50(最終受付23:00) 【アクセス】<バス>JR函館駅から函館バス花園町方面行き乗車、「花園団地通」下車、徒歩3分

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング2位:乃木温泉なごみ見出し

函館の温泉は基本的に熱めですが、乃木温泉なごみは比較的ぬるいので、観光で訪れる方にとっては入りやすい温泉です。しかし、黄色みがかった「塩化物泉」で体の芯まで温まることができます。

露天風呂、寝風呂、歩行湯、内風呂は電気風呂、ジャグジー、水風呂に加え、サウナは通常のものと漢方ミストと2種類あり、豊富なバリエーションがあることもおすすめポイントです。

【住所】北海道函館市乃木町4-25 【電話番号】0138-86-7531 【入浴料】大人(12才以上)430円、子供(6〜12才未満)140円、幼児(6才未満)70円 【休日】無し 【営業時間】11:00~23:00 【アクセス】<車>函館駅から15分<バス>「乃木町前」下車、徒歩3分

函館の日帰り入浴可能な温泉・銭湯ランキング1位:湯元花の湯見出し

純和風の造りで庭園の中にある露天風呂が人気なのが湯元花の湯です。四季折々に風情を変える癒やしの空間となっています。

お風呂だけではなく、アカスリやアロマオイルマッサージ、整体など女性なら嬉しいメニューが充実しているので、一日中楽しめる温泉施設となっています。

【住所】北海道函館市桔梗町418-414 【電話番号】0138-34-2683 【入浴料】大人440円、こども(小学生以下)140円、幼児70円 【休日】無し 【営業時間】10:00~23:00 【アクセス】<車>函館駅から15分、函館空港から25分、フェリー乗り場から10分。産業道路から函館新道方面へ向かって左手。<バス>JR函館駅から函館バス130系統「七飯療養所方面」行きに乗車、「湯元花ノ湯前」バス停下車。

函館の温泉で日頃の疲れを癒やそう見出し

函館市内とその周辺には素敵な温泉・銭湯がたくさんあります。地元の方も、観光や仕事で遠方から訪れる方も、この記事を参考に日頃の疲れを癒やしてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

投稿日: 2017年2月17日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote