フラグリルワイキキはハワイの人気店!サンセットを眺めながら絶品料理を堪能!

フラグリルワイキキはハワイの人気店!サンセットを眺めながら絶品料理を堪能!

ワイキキビーチの目の前にあるハワイの「フラグリルワイキキ」。そのフラグリルワイキキでは朝食からディナーまで食事を楽しむことができます。今回はフラグリルワイキキのおすすめメニューや、レストランへの行き方などの基本情報をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ハワイの人気店「フラグリルワイキキ」をご紹介!
  2. 2.フラグリルワイキキの場所は?
  3. 3.フラグリルワイキキからのサンセットが絶景!
  4. 4.開放的な店内のフラグリルワイキキ
  5. 5.ディナータイムに行われる生演奏
  6. 6.フラグリルワイキキのおすすめ朝食
  7. 7.フラグリルワイキキのおすすめランチ
  8. 8.フラグリルワイキキのおすすめハッピーアワー
  9. 9.フラグリルワイキキのおすすめディナー
  10. 10.フラグリルワイキキのおすすめデザート
  11. 11.フラグリルワイキキのおすすめドリンク
  12. 12.家族連れも安心のキッズメニュー
  13. 13.フラグリルワイキキに日本語メニューはある?
  14. 14.フラグリルワイキキは予約は必要?
  15. 15.フラグリルワイキキのドレスコードは?
  16. 16.フラグリルワイキキの営業時間
  17. 17.フラグリルワイキキへの行き方1:ワイキキ
  18. 18.フラグリルワイキキへの行き方2:アラモアナ方面
  19. 19.フラグリルワイキキへの行き方3ダイアモンドヘッド方面
  20. 20.フラグリルワイキキで思い出に残る食事を!

ハワイの人気店「フラグリルワイキキ」をご紹介!

Photo byJacques2017

ハワイ・オアフ島のワイキキビーチ目の前にある「フラグリルワイキキ」。フラグリルワイキキは、朝食からディナーまで綺麗なワイキキビーチを見ながら食事ができるレストランなので、地元の方や観光客の方にも大人気のレストランです。今回は、フラグリルワイキキのおすすめメニューや行き方などの基本情報をまとめましたのでご紹介します。

フラグリルワイキキの場所は?

Photo by aprilandrandy

ハワイの人気店「フラグリルワイキキ」は、ワイキキビーチ目の前の「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート」内にあるので行き方も比較的簡単な上に、ワイキキビーチを見ながら朝食からディナーまで食事を楽しむことができます。

また、ホテル内にあるレストランですが「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート」に宿泊していない方でも気軽に利用することができます。

フラグリルワイキキからのサンセットが絶景!

Photo bymichelleclementphoto

フラグリルワイキキの一番のおすすめポイントは、眺望の良さです。目の前にワイキキビーチが広がっているので、朝昼晩どの時間に行ってもそれぞれ違う景色を楽しめます。

フラグリルワイキキでは、特にサンセットの時間が人気で、絶景を見ながら食事を楽しむことができます。サンセットの時間を狙っていく方は、日が落ちる時間を事前に調べてから行くことをおすすめしますが、サンセットの時間は時期によっても違うのでご注意ください。

サンセットの目安としては、1月から4月が18時台、5月から8月が19時台、9月から12月が18時半から18時台になっているので、サンセットの30分前ぐらいに席に着けるように行くのがおすすめです。

開放的な店内のフラグリルワイキキ

Photo by dianaconnolly101

開放的な店内の「フラグリルワイキキ」は、オープンエアスタイルのレストランになっているので、心地よいハワイの海風を感じながら食事を楽しめます。

また、目の前にはワイキキビーチが広がっているので、青い海と白い砂浜を見ながら食事を楽しめるので、リゾート感もたっぷりです。朝昼晩、どの時間に行っても違う景色を楽しめるので、時間を変えて訪れてみるのもおすすめです。

また、リゾート感あふれる店内は、アメリカンダイナーのような席や海が見えるテラス席、カウンター席などさまざま席があるので、ご希望の席がある場合は事前にリクエストしておくことをおすすめします。

ディナータイムに行われる生演奏

Photo by ArianaVincent

フラグリルワイキキでは、日・火・水・金・土曜日のディナータイムの19時から21時の間は、ハワイアンミュージックの生演奏を楽しみながら食事をすることができます。

生演奏は、カアラ・ボーイズ、カムエラ・カホアノなど、ハワイでも人気のアーティストの演奏を楽しめます。ディナータイムにフラグリルワイキキに行く際には、ぜひ生演奏開催日を狙ってハワイでの食事を楽しんでください。

フラグリルワイキキのおすすめ朝食

Photo by jh_tan84

朝から夜まで営業している「フラグリルワイキキ」では、6時半から11時まで朝食を楽しむことができます。ここからは、フラグリルワイキキでおすすめの朝食メニューをご紹介します。

フラグリルワイキキでは、朝のワイキキビーチを見ながら朝食を楽しむことができるので、昼間とは違ったビーチを見ることができます。ぜひワイキキビーチを見ながら朝食を楽しんでみませんか?

ハワイで朝食を食べるならおすすめのお店TOP17!エッグベネディクトもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイで朝食を食べるならおすすめのお店TOP17!エッグベネディクトもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
人気の旅行先であるハワイには、おいしい朝食が楽しめるお店がたくさん!今回はハワイで朝食を食べるのにおすすめしたいお店を17店ご紹介します。人気のエッグベネディクトやパンケーキから、安く楽しめるビュッフェなど盛りだくさんですよ!

フルーツを使ったパンケーキ

Photo bytookapic

ハワイの朝食といえばやっぱり「パンケーキ」。パンケーキの中でも人気のメニューは「トロピカルパンケーキ」です。トロピカルパンケーキは、ハワイ産の季節のフルーツ、クリスピーココナッツ、クラ産のストロベリーソース、マスカルポーネクリームがトッピングされている南国感たっぷりのパンケーキです。

他にも、パンケーキメニューやフレンチトースト、ワッフル、ベーグルなど朝食にぴったりなメニューが揃っています。

朝食に人気のエッグベネディクト

Photo by goodiesfirst

日本での朝食でも大人気の「エッグベネディクト」。フラグリルワイキキのエッグベネディクトには、焼いた中国の蒸しパンの上に、ポーチドエッグがのったスタイルのエッグベネディクトを食べることができます。

エッグベネディクトのメニューは4種類あり、ククイソーセージとレモンオランデーズソースがかかった「ポルトガルソーセージ」、石焼デュロック豚とレモンオランデーズソースの「カルアピッグ」、さっぱり食べたい方には「ハウウラ産トマト」がおすすめです。

また、ちょっと豪華なエッグベネディクトを食べたい方には、コナ産のロブスターがのった「ロブスターとアスパラガス」のエッグベネディクトがおすすめです。

種類豊富な卵料理

Photo byAlbanyColley

朝食の卵料理といえば「オムレツ」がおすすめです。オムレツは3種類あり、ハムとベーコン、ソーセージがセットになった「カマアイナ」、さっぱり食べたい方には、アボカドとハム、トマトを使った「パニオロ」や赤ピーマンやケールを使った「ノースショアベジー」がおすすめです。

他にも、朝食の人気メニュー「ブレックファストプレート」は、お好みのお肉料理や卵料理、主食を選ぶことができるので、自分好みの朝食を食べることができます。

フラグリルワイキキのおすすめランチ

Photo byStockSnap

ハワイにあるワイキキビーチ目の前にある「フラグリルワイキキ」では、11時から15時までブランチを楽しめます。ここからは、フラグリルワイキキのおすすめブランチメニューをご紹介します。ワイキキ周辺でランチできるところを探している方は、ぜひワイキキビーチを眺めながら美味しいランチを食べてみませんか?

ランチに大人気のハンバーガー

Photo byskeeze

ハワイのランチといえば、ボリューム満点のハンバーガーが大人気です。「ハンバーガー&フライドポテト」では、マカヴェリ産の100パーセントのグラスフェッドビーフとゴーダチーズ、オニオン、トマトマーマレードなどがサンドされたボリューム満点のハンバーガーを食べることができます。

「ハンバーガー&フライドポテト」は、希望に合わせてベジタリアンバーガーやグルテンフリーのバンズにも変更可能なのもベジタリアンにとっては嬉しいポイントです。

ヘルシーなメニューも人気

Photo byRitaE

ハワイ旅行中はこってりした食事やボリューム満点のメニューが多くなりがちで、さっぱりしたものやサラダを食べたくなる方も多いと思います。そんな時におすすめなのが「シュリンプ&オアフグリーンサラダ」。

「シュリンプ&オアフグリーンサラダ」には、ミックスグリーン、カブ、ビーツ、インゲン豆、かぼちゃ、マカダミアナッツ、チーズにプリプリのエビがトッピングされた、ボリューム満点で栄養も満点のサラダです。

そして「シュリンプ&オアフグリーンサラダ」は、ビネガーのドレッシングで頂けるので、さっぱりと食べられるのも嬉しいポイントです。

ランチタイムは朝食メニューもOK!

Photo by zcopley

「フラグリルワイキキ」のランチは「ブランチ」となっていて、ロコモコやトロピカルパンケーキ、エッグベネディクトなど、朝食メニューも用意されているので、朝食とランチを兼ねた食事も可能です。

ハワイといえば外すことのできない「ロコモコ」や「パンケーキ」。特に人気のロコモコには、フライドライスの上に、ショートリブ、卵、グレイビーソースがたっぷりかかっているので、朝食メニューでも大満足できるボリュームです。

フラグリルワイキキのおすすめハッピーアワー

Photo byhayme100

「フラグリルワイキキ」では、15時から18時まではバーカウンターでのみハッピーアワータイム(フラグリルワイキキでは、アロハアワー)になり、通常よりリーズナブルにおつまみやカクテルを楽しむことができます。

おつまみ系のメニューは、イカを揚げた「カラマリ」や、パルメザンチーズをかけてた「トリュフフライ」など、おつまみにぴったりメニューがありますが、おすすめは「天麩羅エビのタコス」や「カルーアポークのタコス」です。タコスはサルサソースがアクセントになり、ビールやカクテルにもよく合います。

フラグリルワイキキのおすすめディナー

Photo byNjoyHarmony

ハワイ旅行では、朝食やランチ選びも楽しみですが、ロマンティックで思い出に残るディナーをしたい方は、ディナー選びを重要にしている方も多いでしょう。

フラグリルワイキキのディナータイムでは時間と曜日は限定されていますが、海を目の前にハワイアンミュージックの生演奏を楽しむことができます。そのフラグリルワイキキのディナータイムは16時45分から22時まで楽しめます。

ぜひ思い出に残るディナーを過ごしたい方は、ぜひディナーをフラグリルワイキキで楽しんでみてはいかがですか?

ハワイでのディナーにおすすめのお店BEST6!人気店もあり!  | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイでのディナーにおすすめのお店BEST6!人気店もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイグルメといえば、パンケーキやステーキなどのアメリカフードが思いつきます。予約必須の人気店はもちろんのこと、ハワイならではのサンセットを眺めながら優雅なクルーズディナーなどをご紹介します。日本だと高いお店もリーズナブルにディナーを楽しめるお店もありますよ。

お酒にも合う前菜

Photo bysavortonight

フラグリルワイキキには、ワイキキのビーチフロントという立地から、ハワイ産の新鮮なシーフードやステーキを味わうことができます。

その中でもディナータイムの前菜には、ビールやカクテルに合うメニューがたくさん揃っています。前菜の中でもおすすめなのは「ポケタコ」。ポケタコは、ミニサイズのタコスの中にマグロのたたき、アボカド、オニオンをアイオリソースでマリネした具材を挟んでいるので、ディナーにさっぱりとした前菜をオーダーしたい方にはおすすめです。

他にも、エビやタラバガニ、オイスターなどの盛り合わせ「冷製シーフードスプラッター」や、マグロの刺身にシャロットグレモラータやバジルオイルがかかった「フラスグリルのさしみ」など、お酒にぴったりな前菜も豊富です。

ディナーにぴったりなグリル料理

Photo byFree-Photos

ハワイ旅行といえば、豪快なグリルメニューも欠かすことができません。フラグリルワイキキでグリルの定番メニューで人気なのが「キアナ フィレステーキ」。

キアナ フィレステーキは、フラグリルワイキキのオリジナルステーキで、ステーキの上にトリュフバターと椎茸のクリームソースがかかっていて絶品のステーキです。

他にも、USDA最上級のナチュラルアンガスリブアイステーキの上にフィンガーリングポテトとオニオン、グリーンペッパーコーンソースがトッピングされた「クリスピー リブチョップ 海塩まぶし」や、クリスピーベジタブルサラダとバンブーライスがセットになった「グアバ バーベキューチキン」などもおすすめです。

シーフード料理もおすすめ

Photo by naotakem

ハワイ産の新鮮なシーフードを使ったメニューも豊富な「フラグリルワイキキ」。シーフードメニューの中でも人気なのが「蟹のせ サクサクマカダミアナッツのオノフライ」です。

蟹のせ サクサクマカダミアナッツのオノフライは、その日のおすすめの白身魚にマカダミアナッツをまぶしてクリスピーフライにし、マウイゴールドパイナップルとビューレブランクソース、バンブーライスがトッピングされています。

他にも、七味唐辛子で焼いたアヒとバンブーライスがセットになった「ファイヤーグリルアヒ」や、ボタン海老が入った「シュリンプ パスタ カルボナーラ」など、シーフードを使ったメニューも豊富なので、さまざまな料理を味わうことができます。

フラグリルワイキキのおすすめデザート

Photo by daryl_mitchell

食事の最後に楽しみたいのがデザート。フラグリルワイキキの名物デザートでもある「キモズ フェイマス フラパイ」は、とても大きなデザートなので、何人かでシェアするのがおすすめです。

キモズ フェイマス フラパイはアイスクリームケーキで、アイスクリームの上にチョコレートソース、マカダミアナッツがトッピングされ、その横にはホイップクリームも添えられている人気デザートです。

キモズ フェイマス フラパイは、なかなか一人では食べきれるサイズはないのでシェアがおすすめですが、デザートまで楽しみたい方は、その前のメニュー選びもデザート分を考慮してオーダーしておくと最後まで食事を楽しむことができます。

フラグリルワイキキのおすすめドリンク

Photo by Andym5855

食事の際にドリンク選びも楽しみの一つ。ハワイでお酒を飲むならハワイらしいトロピカルカクテルも人気です。

トロピカルカクテルには、ハワイのパイナップルやグアバ、オレンジ、パッションフルーツなど使った南国ならではのカクテルや、シトラスウォッカ、レモネード、クランベリー、パイナップルを使った爽やかなカクテルなど、食事に合うカクテルの種類も豊富に揃っています。

また、お酒が苦手な方でも南国らしいトロピカルカクテルを味わえるように、ノンアルコールカクテルの用意もあるので、どんな方でもトロピカルカクテルを味わうことができます。

Photo by 5chw4r7z

ハワイでお酒を楽しむならビールもおすすめです。フラグリルワイキキにあるビールは、ハワイのドラフトビールやクラフトビールを中心にさまざまなビールを楽しむことができます。

フラグリルワイキキでは、ハワイで人気のロングボード、IPAなどのドラフトビールの他にも、ハワイ各地の人気クラフトビールも揃っているので、ビール好きの方にはおすすめです。また、ハッピーアワー(アロハアワー)では1ドルオフになるので、さらにリーズナブルにビールを味わえます。

ただ、ハワイでお酒を飲めるのは21歳からとなり、26歳以下の方は写真付きの身分証明書の提示を提示しなければならないので、26歳以下の方は写真付きの身分証明書を念のため持参することをおすすめします。

家族連れも安心のキッズメニュー

Photo byStartupStockPhotos

お子様連れでハワイ旅行を楽しむ方には、食事選びも大切になってきます。そんな時は、キッズメニューも用意されているフラグリルワイキキがおすすめです。

フラグリルワイキキでは、朝食メニュー・ランチ&ディナーでキッズメニューが分かれています。朝食メニューでは「ミッキーマウスのバターミルクパンケーキ」や「ミッキーマウスのバナナパンケーキ」など、子供も大喜びできるメニューが用意されています。

ランチ&ディナーでは、「子供バーガー」や「アメリカンドッグ」、「バーベキューポークサンドイッチ」、「グリルフィッシュ」など、さまざまなジャンルのメニューが揃っています。ランチ&ディナーには、地元の野菜やフレッシュなパイナップルがセットになっているので、食事の栄養バランスが気になる方でも安心してオーダーできます。

ハワイを子連れで行きたいおすすめスポット&ホテルまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイを子連れで行きたいおすすめスポット&ホテルまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
世界各国でも圧倒的人気を誇る南国リゾート地「ハワイ」にはおすすめスポットがたくさんあります。小さなお子様を連れた子連れファミリーでも思う存分楽しむことができるホテル・スポットは沢山あります。ハワイで子連れでも楽しめるおすすめをご紹介します。

フラグリルワイキキに日本語メニューはある?

Photo byDarkWorkX

英語が苦手な方はハワイのレストラン選びで日本語メニューがあるかという点も重要になってきますが、そんな方でも安心してフラグリルワイキキでの食事を楽しむことができます。

フラグリルワイキキでは、朝食・ランチ・ディナーともに説明付きの日本語メニューがあるので、英語に不安がある方でも安心してオーダーすることができます。万が一、日本語メニューの用意がなくても「Do you have a Japanese menu?」と伝えれば用意してもらえます。

ただ、フラグリルワイキキのスタッフの方は日本語が通じるスタッフさんは少ないので、自信がない方は指差しでオーダーをすれば大丈夫です。

フラグリルワイキキは予約は必要?

Photo byrawpixel

フラグリルワイキキの予約は、特にサンセットを狙ってディナーを楽しみたい方は事前に予約をしておくことをおすすめします。また、朝食やランチなどもその後の予定が詰まっている方は予約しておくと安心です。

予約方法は、直接フラグリルワイキキへ行って予約をするか電話でも予約は可能ですが、英語に自信がない方は公式サイトから「オープンテーブル」のサイトにリンクできるので、そこから予約をすることをおすすめします。

予約後は、当日予約の時間にフラグリルワイキキへ行き名前を伝えれば案内してもらえますが、念のため予約時のメールの印刷やスマホの画面などを用意しておくと安心です。

フラグリルワイキキのドレスコードは?

Photo byOrnaW

フラグリルワイキキは、ワイキキビーチの目の前にあるおしゃれなレストランですが、特にドレスコードはないので、Tシャツや短パンなどの洋服でも来店を断られることはありません。

また、ハワイのレストランは冷房が強く寒く感じるレストランも多いですが、フラグリルワイキキは開放された店内なので冷房もそれほど強くないのも女性にとっては嬉しいポイントです。

ただそれでも心配な方や、特に朝晩冷え込む雨季(通常10月から3月ぐらいまで)の時期は、一枚羽織るものを持っていくと安心です。

ハワイでのドレスコード!男性も女性もリゾートカジュアルがベスト? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイでのドレスコード!男性も女性もリゾートカジュアルがベスト? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイのガイドブックを見ていると、ドレスコードという言葉を目にします。ハワイのドレスコードというのはどういうものなのでしょうか?ハワイではリゾートカジュアルがベストと言われていますが、リゾートカジュアルとはどういうものか、男女別にそれぞれご説明します。

フラグリルワイキキの営業時間

Photo byobpia30

朝食からディナーまで楽しめる「フラグリルワイキキ」。フラグリルワイキキでは、時間によってメニューが違うのであらかじめ営業時間とメニューを知っておくことも大切です。

フラグリルワイキキの朝食は6時半から11時まで、ブランチは11時から15時まで、ハッピーアワーでもあるアロハアワーは15時から18時まで、ディナーは16時45分から22時まで、プランテーションバーは15時から23時までとなります。

ただし、ハッピーアワータイムでもあるアロハアワーとプランテーションバーの利用は、カウンターやカウンター周辺の席のみとなり、海側の席の利用はできませんのでご注意ください。

フラグリルワイキキへの行き方1:ワイキキ

Photo by つんつん

ハワイ旅行ではワイキキ周辺に宿泊する方が多いと思います。ワイキキ周辺に宿泊した方はフラグリルワイキキへの行き方は簡単です。

フラグリルワイキキは、ロイヤルハワイアンセンターの隣(ワイキキビーチ側)にある「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート」内の2階にあるので、行き方はとても簡単です。

ただ、ワイキキには「アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」というホテルもあるので、間違えないように注意してください。

フラグリルワイキキへの行き方2:アラモアナ方面

Photo by jdnx

ハワイの人気ショッピングモール「アラ・モアナ・センター」。続きまして、「アラ・モアナ・センター」から、フラグリルワイキキへの行き方をご紹介します。

アラ・モアナ・センターからワイキキトロリーなどを利用して行く行き方は、ワイキキトロリーのピンクラインに乗り、モアナサーフライダー前で降ります。モアナサーフライダーの横に、アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートがあります。

また、レンタカーを利用して行く行き方も簡単で、車では約10分ほどで行くことができます。アラ・モアナ・センターからは「アラ・モアナ・ブルーバード」もしくは「カピオラニ・ブルーバード」から「カラカウア・アベニュー」に入ると右側にホテルが見えてきます。

ハワイはレンタカーがおすすめ!料金が安い会社も多い!注意点は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイはレンタカーがおすすめ!料金が安い会社も多い!注意点は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイで便利なおすすめレンタカーをご紹介します。人気観光地ハワイは、車で移動できると行動範囲が広がり、時間の節約や、ドライブも楽しめると人気を集めています。レンタカーを利用するときの料金や、注意点等を踏まえておすすめのレンタカーをまとめました。

フラグリルワイキキへの行き方3ダイアモンドヘッド方面

Photo by LukeGordon1

「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート」前の道は一方通行のため、ダイヤモンドヘッドやカハラモール方面から行く行き方は、一度回ってこなければならないので注意してください。

ダイヤモンドヘッドやカハラモール方面から行く行き方は、ワイキキにある「アラ・ワイ・ブルーバード」に一度出ます。その後は「オロハナ・ストリート」から「カラカウア・アベニュー」に出てから行く行き方が一番簡単です。ダイヤモンドヘッドやカハラモール方面から行く行き方は、ワイキキ周辺の道路は一方通行が多いので注意してください。

ワイキキトロリーなどを使って行く行き方は簡単で、アラ・モアナ・センターと同じように、モアナサーフライダー前で降りる行き方が一番簡単です。

住所 2335 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815
電話番号 808-923-4852

ハワイのトロリーバスは観光に便利!乗り放題もあり!料金は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイのトロリーバスは観光に便利!乗り放題もあり!料金は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイでの移動はツアーは添乗員がいるので問題ありません。個人旅行の場合ツアー会社のトロリーバスなどはは利用できません。移動手段としてはハワイの現地のワイキキトロリーやレンタカー、バス、タクシーなどがあります。便利なハワイのトロリーバスについて案内します。

フラグリルワイキキで思い出に残る食事を!

Photo byEngin_Akyurt

今回はハワイの人気店「フラグリルワイキキ」をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?フラグリルワイキキでは、朝食・ランチ・ディナーとさまざまな時間帯に食事を楽しむことができます。ぜひ、ハワイに行った際には「フラグリルワイキキ」で思い出に残る食事を楽しんでみませんか?

Ayano Naito
ライター

Ayano Naito

旅行が大好きなハワイアンロミロミセラピストです。国内・海外問わずいろいろな所に旅行しています。スキューバダイビングのライセンス・ハワイ州観光局公式スペシャリスト検定など取得。

関連記事

人気記事ランキング