地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ハワイを子連れで行きたいおすすめスポット&ホテルまとめ!

世界各国でも圧倒的人気を誇る南国リゾート地「ハワイ」にはおすすめスポットがたくさんあります。小さなお子様を連れた子連れファミリーでも思う存分楽しむことができるホテル・スポットは沢山あります。ハワイで子連れでも楽しめるおすすめをご紹介します。

ハワイって?子連れでも楽しめる?見出し

誰もが一度は行ってみたいとされている人気のリゾート地「ハワイ」には沢山のスポットが存在します。透明度の高い澄んだ海から美味しい食べ物まで、行きたいところは沢山ありますね。小さな子連れの方でも安心して楽しめるスポットは多く存在し、多くの子連れの観光客で賑わっています。そんな子連れの方でも安心のハワイおすすめ観光スポットやレストラン、ホテル、持ち物などをご紹介します。

子連れで行きたいハワイのホテル:ヒルトン-ハワイアン見出し

子連れのファミリーにおすすめのハワイホテルがヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート(Hilton-Hawaiian-Village-Waikiki-Beach-Resort)です。ホテルの中もとても広く開放感もたっぷりのホテル内は、子供も大人も気持ち良いこと間違いなしです。対応も悪くなく、ダイヤモンドヘッドやビーチを眺めることができる素敵なホテルと言えます。もちろんレストランもあるので食事もできます。

花火を拝むこともできるホテルとして有名ですが、さすが一流ホテルのヒルトンだけあって、レストランも広く味も良いため、多くの観光客に愛されているおすすめのホテルです。プールもついているため、海だけでなくプールでも遊ぶことができ、小さな子連れのファミリーにはとてもありがたい施設で、ハワイで泊まるなら間違いのないホテルです。

子連れで行きたいハワイのホテル:シェラトン・ワイキキ見出し

次にハワイオアフ島でおすすめのホテルが「シェラトンワイキキ」です。こちらは全室オーシャンビューとなっていて、眺めは絶景そのものでテンション上がること間違いなしのおすすめホテルです。24時間日本語オペレーターが在中しているため電話も安心の対応してくれますし、日本人スタッフも多いため子連れハワイでも安心して色々聞ける人気のホテルです。レストランもあるためおすすめです。

大人専用のインフィニティ・エッジ・プールではプールと海が繋がっているようなプールがついてます。日頃の疲れを癒しにパパに子供を預けて楽しむのも一つの手かもしれません。もちろん子供用のプールも常設しており、全長21メートルのウォータースライダーなどがついているプールも存在します。優雅な時間を過ごしやすい安全なホテルとなっており、託児ルームや日本語対応の医療クリニックもついてます。

子連れで行きたいハワイのホテル:ザ・カハラ・ホテル&リゾート見出し

ワイキキから少ししたところにある豪邸が並ぶカハラ通りの終点地にある人気ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」です。こちらでは中庭のラグーンでイルカたちが泳いでおり、いつでも望むことができます。レストランはもちろん、マリンスポーツやハワイアンカルチャーのレッスン施設、スパなども常設されているセレブなどにも愛されているホテルです。子連れで行くことも可能で、その点でも人気のホテルです。

プライベートビーチがあるため、ゆったりと遊ぶことができます。赤ちゃん用のプールも備えられているため、小さなお子様で楽しむことができるホテルとなっています。5歳から12歳の子供を対象にしたキッズプログラムも行われており、シュノーケルや工作など日替わりで毎日イベントが開催されています。イルカと触れ合えるドルフィンクエストも人気で、日本語対応も備わっている安心のホテルです。

子連れで行きたいハワイのレストラン:ザ・ベランダ見出し

ワイキキの貴婦人とも言われている「モアナサーフライダーホテル」の1Fに入っているオーシャンビューのレストラン「ザ・ベランダ」です。ウッドデッキが海に向かってひらけており、ゆったりとした開放感あふれる店内となっています。店内でもベビーカーが押せるスペースがあり、スタッフの気配りも良いため安心して楽しむことができる人気のお店です。

サンドウィッチやハンバーガーなど様々な料理を楽しむことができ、子供向けのキッズミールなどもあるため、子連れの方にもおすすめのレストランです。こちらのレストランはオープンテラスのため、子供が少し騒いでも気になることもありませんし、泣いたとしてもビーチに少し移動もできるため気が楽です。ホテルにはオムツ替えのベッド付きのトイレも多いため、おすすめのレストラン&ホテルです。

子連れで行きたいハワイのレストラン:アイホップ見出し

ファミリー層に愛されている大人気レストランがアイホップです。ここよりくつろげる所はない!という位のお店で、パンケーキを中心に美味しいメニューが豊富なレストランです。こちらではベンチシートもあるので、子供が寝てしまっても大丈夫です。子供も大好きなパンケーキやステーキがあるので、グズることなく楽しむことができる人気レストランです。

周りもファミリーが多いことから少し泣いたくらいでは誰も気にすることなく、気楽に利用しやすいお店です。クーポンもあるため、事前にクーポンサイトをチェックしておくとお得に召し上がれます。レストランでの人気メニューはコンボセットでサーロインステーキとパンケーキがセットになったボリューム満点のメニューや、カラッとあげたジューシーなフライドステーキなどが人気メニューとなっています。

子連れで行きたいハワイの観光スポット:ホノルル動物園見出し

子連れでハワイ観光を楽しむのにおすすめなのがホノルル動物園です。こちらでは日本ではあまり見られることのない、アフリカ大陸や南アジア等の南国特有の動物たちに出会え、寒い冬のないことから生き生きと暮らしている動物たちに出会うことができます。大人にとっても楽な子連れ観光名所で、ベンチで一休みしている間に子供が公園ではしゃぐなど、大人の休み場があるのもおすすめの一つです。

日陰もしっかりとあるため、暑さに疲れた場合はゆったりと休憩することができるのも、おすすめの一つです。持ち物として、大人も子供も帽子と歩きやすい格好であることは、必須でしょう。ゆっくりしていると2時間は超えるため、日焼け対策をしたいところです。持ち物に日焼け止めを入れておくのも忘れないようにしましょう。

子連れで行きたいハワイの観光スポット:パイレーツシップ見出し

こちらはケワロ湾から出ている海賊船に乗って、ワイキキ沖に行くツアーアトラクション「ハワイ・パイレーツ・シップ・アドベンチャーズ(Hawaii-Pirates-Ship-Adventures)」です。全てが英語なため、馴染みにくそうに思うかもしれませんが、子供の適応能力というのも凄いもので、大人が思っている以上に溶け込みます。参加すればパイレーツの海賊に必須のアイパッチとバンダナが配られます。

船上では海の中から宝箱を引き上げたり、大砲を撃ったり、映画パイレーツオブカリビアンを彷彿させる海賊と戦ったりと、まるで自分もイベントショーに参加した気分になって、楽しむことができます。親御さんも参加できるため、家族一緒に参加することで家族の絆はもちろん、子供にとっても十分な思い出となるでしょう。価格は大人64ドル3歳から12歳までが54ドル、2歳までが10ドルとなっています。

子連れで行きたいハワイの観光スポット:ワイキキ水族館見出し

ホノルル動物園もおすすめですが、ワイキキ水族館もおすすめの観光スポットとなっています。カピオラニ公園の海側に位置しており、アメリカの公立水族館としては2番目に古い歴史を持った、歴史ある水族館です。ハワイ固有の生物が展示されており、珍しい生物を数多く見られるところが、見どころと言っても良いです。教育プログラムもあり、持ち物も預けれるファミリー層におすすめの施設です。

新ギャラリーでは絶滅危惧種のハワイアン・グリーン・シー・タートルという幸運のウミガメも展示されており、海に戻す前のウミガメに出会うことができます。水族館の人気者のアザラシにも会うことができ、このアザラシはハワイアン・モンクシールという、世界で最も絶滅危惧種のアザラシのため必見です。1時間から2時間で回れるため、気軽に楽しむことができる施設となっています。

子連れで行きたいハワイの観光スポット:クヒオ・ビーチパーク見出し

何と言ってもビーチには外せないですよね。おすすめのビーチが「クヒオ・ビーチパーク」です。ダイヤモンドヘッド寄りの堤防に囲まれたビーチで、防波堤があるため波も穏やかなため、子供でも安全に楽しむことができる人気のビーチです。シャワーやトイレも完備されているため持ち物も少なく、防波堤付近では小さな魚も見えるため、テンション上がること間違いなしのおすすめスポットです。

昼間は日差しが強いので、持ち物にしっかりと日焼け対策を入れておきましょう。夕方には、無料で見られるフラショーなども開催されています。すぐ近くには、カラカウア大通りがあるため、食事はもちろん、持ち物忘れのちょっとした買い物などもできます。不便なことが無く、最後まで楽しむことができるスポットです。水も綺麗で砂遊びもできるため、時間を過ごすにはもってこいの場所です。

子連れでもハワイは楽しめる!見出し

子連れでのハワイ観光おすすめスポット&ホテル特集いかがでしたか?まだまだハワイには、おすすめの観光地が沢山あります。美味しい食事はもちろん、ビーチに買い物にと回りたいところは尽きないです。ハワイは日本語が通じやすいことが多いので、持ち物や対応に困った時でも、気楽に助けを求めやすい地です。是非この機会に子連れファミリーで、ハワイ観光をしてみてはいかがでしょうか。

もっとハワイの情報を知りたいアナタへ!

ハワイのサンドバーへの行き方は?『天使の海』と呼ばれる幻の楽園! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイのサンドバーへの行き方は?『天使の海』と呼ばれる幻の楽園! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
世界各国の中からも圧倒的人気を誇る南国リゾート「ハワイ」。そんなハワイには天使の海と呼ばれる幻の楽園「サンドバー」が存在します。そんなハワイのサンドバーについての魅力をお伝えし、ハワイのサンドバーへの行き方も説明させて頂きます。
ハワイの気候!雨季と乾季はいつ?ベストシーズンは?それぞれの楽しみ方! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイの気候!雨季と乾季はいつ?ベストシーズンは?それぞれの楽しみ方! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
皆さんはハワイの気候に雨季と乾季があることはご存知でしたか?ハワイは一年中バカンスというイメージがありますが、その中でも雨季と乾季があるのでベストシーズンなども存在します。そんなハワイの気候についてご紹介していくのでハワイ旅行に行きたい方はぜひご覧ください。
投稿日: 2017年7月19日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote