エンゼルドームは水遊びや室内遊びもできる!アクセスや駐車場情報も紹介!

2019年4月19日 (2019年9月1日最終更新)

埼玉県春日部市にあるエンゼルドーム。子ども達が思いっきり体を動かして遊べる大型の遊具や、水遊びを体験できる水遊び場、プレイルームなど充実の設備が揃うおすすめの人気児童館です。この今大人気のエンゼルドームの魅力や詳細、基本情報についてご紹介致します。

目次

  1. エンゼルドームは家族で楽しめる穴場的スポット
  2. エンゼルドームがある春日部ってどんな街?
  3. エンゼルドームとは?
  4. エンゼルドームのおすすめポイント
  5. エンゼルドームの体験レポート
  6. エンゼルドームの基本情報
  7. 室内遊びや水遊びができるエンゼルドームで子どもと遊ぼう!

エンゼルドームは家族で楽しめる穴場的スポット

埼玉県にあるエンゼルドームをご存じですか?エンゼルドームは春日部市にある児童センターの1つで公共の施設です。このエンゼルドームが今大人気で、連日多くの親子が足を運ぶ人気スポットとなっています。なぜよくある児童館がそんなにも人気なのか、エンゼルドームの魅力や詳細、基本的な情報などについてまとめてご紹介致します。

エンゼルドームがある春日部ってどんな街?

埼玉県春日部市にある児童館、エンゼルドーム。正式名称は、春日部第1児童センターといいます。この今人気急上昇中のエンゼルドームがある春日部はいったいどこにある、どんな街なのかということについてから触れていきます。春日部は埼玉県の東部に位置する街で、人口は埼玉県内では第7位というなかなか大きな街です。

右には千葉県の野田市、左には浦和などがある埼玉の都心部さいたま市、下は越谷市、上は幸手市や久喜市といった名の知れた市が周りを囲むように位置しています。街中はのどかな田園風景と、郊外ならではのショッピングセンターや飲食店が点在しています。

アートを楽しめる

この埼玉県にあるのどかな街、春日部の魅力の1つはアートが日常生活に溶け込んでいるところ。街のいたるところに彫刻が置かれ、アートに触れながら生活していくことで、心が癒され、また、感性も磨かれていくように暮らしていくことができるようになっています。のどかな風景とアートが心癒されるおすすめの街なのです。

豊富なイベント開催

埼玉県にある春日部市のもう1つの魅力は、市民が一体となって体験していくことができるイベントが多いこと。春日部市は1年中何かしらのイベントが開催されていて、春には大凧上げ祭りや大凧マラソン、夏には圧倒される人気イベントの粕壁エイサー、秋には農業祭や産業祭があり、冬には、春日部押絵羽子板と特産品祭りなどが開催されます。

地産の農産物の美味しさ

埼玉県にある春日部市の魅力をまだ語るならば、新鮮な農産物も欠かせません。住宅街やショッピングセンター、飲食店がある他に、春日部には豊かな田園が数多く広がっていて、地元でとれる新鮮な野菜は種類豊富。採れたての新鮮な野菜を購入できる場所もたくさんあり、中でも人気なのが、産直の里内牧。野菜の他に果物やお茶までも販売しています。

Original春日部の観光でおすすめのスポットはココ!子供と楽しめる施設や名所まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アニメ「クレヨンしんちゃん」の舞台としておなじみの埼玉県春日部市。あまり知られていませんが、...

エンゼルドームとは?

エンゼルドームは春日部市にある児童センターで公共の施設です。正式名称は春日部市第1児童センターといいます。いわゆるよくある児童館ですが、エンゼルドームはよくある児童館とは少し違います。子どもたちが思いっきり遊べる遊具や噴水、水遊び場、室内外の広場など設備が充実しています。エンゼルドームの魅力について1つ1つ触れてみましょう。

子どもたちの情操教育を目的

このエンゼルドームが春日部市に作られた目的は以下にあります。子どもたちが健全な遊びを通して、心身の健康を増進し、情操を豊かにすることを目的として作られました。子どもたちの五感をたっぷり刺激し、体を自然と動かせるような作りになっています。アスレチック型の大型遊具やスライダー、プレイルームなど子どもたちが喜ぶ仕掛けがたくさん。

天気のいい日は、外の大型遊具で思いっきり体を動かし、雨の日や天候の悪い日は、室内にあるプレイルームアや、図書・学習コーナーなどで過ごし、暑い夏は子どもたちに大人気の水遊び場でスライダーや噴水を楽しむといった過ごし方ができるおすすめの児童館です。

「藤の牛島駅」から徒歩約10分

春日部市の児童館であるこのエンゼルドームは、最寄り駅は「藤の牛島駅」となっています。藤の牛島駅は、東武野田線の駅の一つで、この藤の牛島駅から徒歩で約10分ほどの距離のところにエンゼルドームがあります。周囲には、行き返りに立ち寄れる牛島公園なども存在し、子ども連れのファミリーにとても人気のおすすめエリアでもあります。

使用料金が無料

この春日部市にあるエンゼルドームは公共の施設、児童センターとなっているので、利用料金等はかかりません。何かとお金のかかる子育て中に、無料でここまで思いっきり遊べる、楽しめるのはとてもありがたいこと。週末ともなれば多くの子ども連れ家族でにぎわいます。お弁当を持って一日中楽しめるとあって、地元の人からもとても人気があります。

0歳~18歳未満の子供たちのための人気施設

春日部市にあるエンゼルドームは児童センターなので、児童を対象としています。利用対象年齢は0歳~18歳までの子どもで、子どもを監督する保護者ももちろん利用可能。大人だけの人はいないため、うるさいかなといったことや、迷惑かけないかなといった心配をすることなく、子ども達を思いっきりのびのびと遊ばせることができるようになっています。

エンゼルドームのおすすめポイント

子ども達に大人気の児童センター、エンゼルドーム。アスレチックタイプの大型の遊具や、思いっきり体を動かせる広場、暑い夏には怒られることなく思いっきり水遊びを体験できる水遊び場と、暇をもてあますことなく遊べるような設備が充実しています。天候の悪い雨の日なども室内で飽きることなく過ごせるように、室内の設備も充実。

子ども達が大喜びする魅力いっぱいのエンゼルドーム。施設の利用料も無料とあって、連日多くの子ども連れファミリーでにぎわいます。この今人気急上昇中のおすすめ児童館、エンゼルドームを楽しむポイントについても触れてみましょう。

アスレチック型の遊具

エンゼルドームで一番の大人気なのが、アスレチック型の大型遊具。ネットがあったり、クライミング風なでこぼこがついていたり、大きなローラ滑り台がついていたり、何時間でも子ども達が遊んでしまいそうな大きな遊具が外の広場に設置されています。遊具の下はふかふかの人工芝がひいてあり落ちても痛くないような工夫もされています。

クレヨンしんちゃんのモニュメント

このエンゼルドームには、子ども達に大人気のくれよんしんちゃんのモニュメントが置いてあります。くれよんしんちゃんの主人公であるしんちゃんと、妹のひまわり、そして愛犬のシロの3つのモニュメントです。子ども達は一緒に写真を撮ったり、思う存分くれよんしんちゃんに触ったりしていて、思い思いに楽しむ様子を見ることができます。

夏期間は噴水やスライダーで水遊びができる

エンゼルドームには、夏などの暑い季節に子ども達が思いっきり水に触れ、遊ぶことのできる水遊び場も用意されています。児童館にある水遊び場とは思えないなかなか立派な作りで、水とともに滑り落ちて楽しむスライダーや、吹き出て動く水を楽しむ噴水など、子ども達が夢中になって遊んでしまう仕掛けが充実しています。

おうちで水遊びをしたら怒られてしまうことも、このエンゼルドームの水遊び場では思いっきりできる。子ども達は、夢中になって遊ぶので、水着や着替え、タオルの用意も必須です。エンゼルドームの室内で着替えたり休憩したりすることもできるので安心です。

雨の日はプレイルームで遊べる

エンゼルドームで大人気の遊具や水遊び場は、お天気のいい日は利用できますが、雨の日など天候が悪い日は残念ながら遊ぶことができません。でもご心配なく。エンゼルドームは室内でも思いっきり体を動かせるように、プレイルームの中もとても充実しています。プレイルームは18歳未満の子どもなら誰でも利用できますが、時間で年齢が区切られています。

利用時間を年齢で区切るのは、夢中になって遊ぶ子供たちがぶつかったりしてケガをすることを防ぐため。平日は10:30~15:30は小学校入学前の子ども。15:30~17:00は小学生以上。17:00~18:00は区分分けしない時間帯となっています。

土日祝日は、10:00~11:00は小学生以上、11:00~14:00は小学校入学前の子ども、14:00~16:00は小学生以上、16:00~18:00は区分分けしない時間帯となっています。

周辺に古利根川や牛島古川公園などがある

子ども達に大人気のエンゼルドームですが、このエンゼルドーム周辺にも子ども連れで楽しめる場所がいくつかあります。近くを流れる古利根川や、牛島古川公園といった自然豊かなスポットです。家族でエンゼルドームで楽しんだあとは、近くの川辺や公園で自然に触れ合いながらのんびり過ごすのも、おすすめの時間の過ごし方。

行事も充実

エンゼルドームは遊具や水遊び場を自由に遊ぶだけでも楽しいですが、児童館の方や有志の方が企画した各種イベントもかなり豊富。平日には、赤ちゃんを連れたママが親子で参加し、ママ同士の交流を深めながら子どもを遊ばせることができるイベント、休日には、季節にあわせたイベント事など、飽きることなく児童センターに通える魅力がたくさん。

 e6 b8 85 e6 b0 b4埼玉のアスレチックがある公園おすすめ10か所!子供も大人も楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
埼玉のアスレチックがあるおすすめの公園を、10ヶ所ご紹介いたします。アスレチックは、子供にと...

エンゼルドームの体験レポート

春日部市にある人気児童館のエンゼルドーム。大型の遊具があったり、じゃぶじゃぶ遊べる水遊び場があったり、体を思いっきり動かせる人気の公共施設です。このエンゼルドームに実際に子ども連れで足を運んでみた人の体験レポートの中から、どんな様子だったのかという感想を、中の遊具、外の遊具両方の視点からご紹介致します。

外の遊具

エンゼルドームで一番子ども達からも大人気なのが、アスレチック型の大型遊具。まるで冒険の砦のような形が、子ども達の五感を刺激します。ぐるりと回転するように降りてくるローラー滑り台は大人気。「子ども達は夢中になって遊んでいた」という感想や、「お砂場は道具まで準備してあってありがたい」という声など、大人も子どもも大満足の遊具です。

中の遊具

エンゼルドームの室内で実際に遊ばせた方の体験レポートを見てみると、「プレイルームには体や手先を思いっきり動かせる仕掛けやおもちゃもあって、子ども達も楽しそうでした」といった声や、「室内だけでも十分に楽しんで遊べる」といった声も。建物の中には、授乳室やおむつ替えコーナーも完備していて、赤ちゃんも一緒に楽しめる施設となっています。

イベント

エンゼルドームでは、室内外の遊具で子どもを思いっきり遊ばせることができる他、季節の行事ごとにあわせたイベントも常時たくさん開催されています。春にはイースター祭り、夏には夏らしいお祭りなど、地元の子ども達もついつい集まってきそうな楽しいことばかり。「親子クッキング教室も利用してみたい」といった声や「ママ友作りにとてもいい」といった声も。

エンゼルドームの基本情報

春日部市にあるおすすめの児童館、エンゼルドーム。充実した遊具が好きなだけ遊べるとあって、多くの子ども連れファミリーからも大人気の児童館です。都心からのアクセスもよく、遊びに行きやすいのも魅力です。エンゼルドームに遊びに行く前に頭に入れておきたい、アクセスや営業時間、駐車場といった基本情報についてまとめておきます。

アクセス

春日部市にあるエンゼルドームにアクセスする方法についてご紹介します。エンゼルドームに電車で行く場合は、東武野田線の藤の牛島駅を下車し、10号線沿いを北上する形で歩いていくと、約10分ほどで到着となります。車でアクセスする場合には、国道4号線、もしくは16号線を経由し、古利根川近くにある牛島公園や春日部市牛島野球場を目指します。

駐車場情報

春日部市にあるエンゼルドームにも専用の駐車場がありますので、車でアクセスする場合には、施設横に併設するようにあるエンゼルドームの駐車場の利用が便利です。駐車できる台数は78台分ほどあり、あまり混まない平日や、水遊びのない時期はスムーズに駐車することが可能ですが、週末や夏季などはやや混み合いますので早めに向かうのがおすすめです。

営業時間&定休日

エンゼルドームの空いている時間は、10:00~18:00となっています。お休みの日は、年末年始の12月29日~1月3日のみとなっていて、基本的には1年を通してほとんど毎日利用することが可能です。上記でも触れましたが、施設の中にあるプレイルームについては、時間により遊べる対象年齢が区切られているので注意が必要です。

電話番号

春日部市にあるエンゼルドームに行く際に、もしも道に迷ってしまった時や、聞きたいことがある場合には、以下にあるエンゼルドーム受付の電話番号を利用します。小さい子ども連れで行く場合は、何があるのかなど、なるべく事前に環境を確認したいもの。不安なことがある場合には、気負わずにぜひ問い合わせてみてください。

住所 埼玉県春日部市市牛島371-1
電話番号 048-755-8191

Original埼玉のお出かけスポットならココ!子供と楽しめるおすすめの場所を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
さまざまなお出かけスポットがあつまる埼玉は、関東を代表する人気スポットです。今回はそんな埼玉...

室内遊びや水遊びができるエンゼルドームで子どもと遊ぼう!

埼玉県の春日部市にある人気急上昇中の児童館、エンゼルドーム。アスレチック型の大型遊具にお砂場やローラー滑り台、夏には思いっきりじゃぶじゃぶできる水遊び場やスライダー、天候が悪くても楽しめるホールやプレイルームなど充実の施設です。機会あらば、ぜひ子ども達と足を運んでみて下さい。きっと親子の素敵な時間が過ごせることでしょう。

関連記事

1484.thumb
この記事のライター
とも
男の子3人のママをしています。家族でいろんなところへお出かけするのが好きです。日本全国まだまだ行っていないところもたくさんあるので、いつかいろいろと見て周るのを楽しみにしています。みなさんのおでかけに役立つような情報を見やすくまとめていきたいと思っています^^

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

春日部・越谷・川口・草加・三郷の新着のまとめ