地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

浮島海岸でシュノーケリングや磯遊びを満喫!西伊豆の穴場スポットを紹介!

西伊豆にある浮島海岸はシュノーケリングや磯遊びが楽しめる穴場スポットです。奇岩にできた洞窟や透明度の高い海はシュノーケラーたちに大人気。今回はそんな浮島海岸の魅力やスポット情報をまとめてご紹介します。映画のロケ地にもなった海岸で海を満喫しましょう!

西伊豆の穴場スポット浮島海岸をご紹介!見出し

Photo by izunavi

堂ヶ島と田子の間にある「浮島海岸」は、奇岩が点在する美しい景観や洞窟シュノーケリグができる穴場スポットです。ここでは浮島海岸の魅力や基本情報、おすすめのアクティビティなどをまとめてご紹介していきます。ゴロ石の海岸で砂浜のビーチとは違った海水浴や磯遊び、シュノーケリングを楽しみに行ってはいかがでしょうか。

浮島海岸は西伊豆のおすすめお出かけスポット!見出し

海をはじめとした豊かな自然の絶景が人気の西伊豆。そんな西伊豆のなかであまり観光客には知られていないおすすめスポットが浮島海岸です。2013年に映画化された『真夏の方程式』はこの海岸がメインのロケ地となり、話題になりました。

現在もロケ地巡りで訪れるファンも多く、海水浴やシュノーケリングだけでなく大小様々な石が転がる海岸や穴の空いた巨岩が聳え立つ景観などを大いに楽しんでいます。

シュノーケリングや海水浴を満喫できる穴場スポット

浮島海岸はとても小さな海岸ですが、砂浜がないこともあり海水の透明度が高く、たくさんの種類の魚たちが見られるためシュノーケリング・ダイビングスポットとして人気です。海岸の近くには民宿やペンションなどが数件あるので、宿泊してナイトダイビングなどを楽しむ方もいます。

夏になると家族連れの海水浴客で賑わいますが、シーズンを外して訪れるととても静かで、のんびりと美しい景観やシュノーケリングなどを楽しめるのでおすすめです。西伊豆の穴場スポットを探している方は是非、浮島海岸を候補に入れてみてください。

西伊豆の海水浴場ランキング!きれいな海でシュノーケリングできる穴場も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
西伊豆の海水浴場ランキング!きれいな海でシュノーケリングできる穴場も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
西伊豆は、東伊豆や南伊豆とはまた違った顔を見せる海水浴場が多いです。西伊豆の海水浴場は、海がきれいで透明度も高いので、シュノーケリングにも適している穴場の海水浴場もあります。子供もシュノーケリングを楽しめる西伊豆のきれいな海水浴場をランキングでご紹介します。

浮島海岸の人気のシュノーケリングポイント見出し

浮島海岸で最も人気の高いアクティビティといえばシュノーケリングです。シュノーケリングスポットは大きく分けて海岸の左岸、中央エリア、洞窟エリアがあり、それぞれ特徴や見られる魚が大きく異なるので楽しみ方も様々。自分の好みや経験に合わせて無理のない範囲でシュノーケリングに挑戦しましょう。

おすすめポイント①:洞窟エリア

浮島海岸向かって右手には岩崖があり、そこに大きな洞窟ができています。長さが約10mしかないため、あっという間に洞窟を抜けることが可能です。洞窟内は特に海の透明度が高く、洞窟の入り口から射す光で幻想的な光景となっています。

水深は約3mほどあり、深いので慣れていないと怖いと感じる方も多いです。初めての方や心配な方は一人で行かず、誰かと一緒に洞窟内でのシュノーケリングを楽しむようにしましょう。

おすすめポイント②:中央エリア

浮島海岸の中央部分は長さ約100mの湾になっており、そこから数メートル沖に出ると水深が急に深くなります。ダイバーもシュノーケラーもここからエントリーしていくため、シーズン中には混雑しやすいエリアです。

海底には大きくて丸い石がゴロゴロと転がっており、それらの隙間にウツボやカニなどがいます。沖の方から大きな魚が入ってくることもあるので運が良ければ長く潜らずに大物を見られることも。夏場には子連れの海水浴客も多いので周囲に注意しつつ海中の世界をお楽しみください。

おすすめポイント③:左岸エリア

左岸は水深は浅めで、海底に大きな岩があり小魚の群れが多いのが特徴です。岩崖には大きな穴が開いており、洞窟になっていますが海岸右側の洞窟のように通り抜けはできません。

足がつく場所でもカラフルな小魚の群れが見られるため、子どもや初心者のシュノーケリングにおすすめです。このエリアはダイバーにも人気が高いので譲り合いの心を忘れず、安全に楽しみましょう。

浮島海岸で見られる魚は?

浮島海岸は様々な種類のウミウシが見られることで知られています。洞窟エリアの海底にはサンゴも見られ、岩の隙間にはエビが隠れていることも。

左岸エリアでは、青と黄色が鮮やかなソラスズメダイやパンなどをあげるとたくさん寄ってくるオヤビッチャなど、可愛くて人気の高い魚がたくさんいます。水中カメラを持っていき、魚たちの動画や写真を撮って思い出に残すのもおすすめです。

浮島海岸はシュノーケリング以外でも楽しめる!見出し

浮島海岸の楽しみ方はシュノーケルの他にもたくさんあります。景観を楽しんだり、マリンアクティビティを楽しんだりして浮島海岸ならではの魅力を大満喫しましょう。穴場スポットだからこそできる、ゆっくりとした時間の過ごし方で日頃の忙しさを忘れて自然に癒されてはいかがでしょうか。

シーカヤック

近くにある堂ヶ島はシーカヤックで有名ですが、浮島海岸から出発するシーカヤック体験もとても人気です。ガイドの案内を聞きながら、沖に出て大きな魚を見たり、途中でシュノーケリングを楽しんだり、と短時間でも充実の体験ができます。

シーカヤックで洞窟をくぐるのも少しスリルがありながらわくわくすると子どもから大人まで世代を問わず好評です。カヤックが初めての方もこの機会に挑戦してはいかがでしょうか。漕ぎ方など丁寧に説明してくれるのですぐに慣れます。

海水浴・磯遊び

浮島海岸は7月下旬から8月下旬までは海の家も営業し、地元の海水浴客で賑わいます。干潮時には海水浴場の裏側に潮溜まりができるため、磯遊びや海の生物の観察を楽しむ子どもたちの姿も。足がつく深さでも魚が観察できるので小学生くらいの子どもにおすすめです。

砂浜はなく石がゴロゴロとしている海岸なので、小さな子どもが遊ぶのには適していません。大人もマリンシューズを着用し、休憩用にはビーチチェアなどを持っていっておくと便利です。

釣りはできる?

Photo by demircagatay

浮島海岸では近くの磯や遊歩道を数分歩いたところにある浮島長杯という場所で磯釣りができます。 アジ、サバ、ソイ、カワハギ、メジナ、カサゴなどが狙えますが、危険なので満潮時を避けて行くようにしてください。

浜からの投げ釣りも可能ですが海水浴客やダイバー、シュノーケラーなどが多いので避けた方がいいです。夜はナイトダイビングをしている人にも注意しましょう。

奇岩の景観も楽しめる!

浮島海岸では、かつてマグマの移動によって作られたマグマの通り道(岩脈群)の奇岩がそびえ立つ景観を見ることができます。シーカヤックなどで近くにまでいって観察する方もいますが、海岸からもよく見えるのでシーズン中でなくてもおすすめです。

夕日鑑賞の穴場スポットでもあるので、時間が合えばサンセットタイムに訪れ奇岩の間に沈みゆく夕日をご鑑賞ください。

浮島海岸の施設・設備見出し

Photo by fujitariuji

海水浴場を訪れるときに気になるトイレやシャワー、海の家などの設備についてご紹介します。設備をチェックして必要となる持ち物を準備しましょう。近くに民宿やペンションがあるので、朝から晩まで浮島海岸やその周辺のスポットを楽しむ場合など宿泊が必要な方はそれらの予約も忘れないようにしてください。

トイレ

Photo byFreeToUseSounds

浮島海岸には男女別のきれいなトイレがあります。1カ所しかありませんが、観光ビーチのように観光客が多くはないので混雑することはありません。

海岸沿いにある駐車場からの景観を見ていく方が多いですが、トイレの先まで歩いたところが穴場絶景ポイントです。複数の奇岩がそびえ立つ時様子をお楽しみください。

シャワー

Photo bytookapic

トイレのすぐ隣には無料で利用できるシャワーがあります。シャワーも1カ所だけで水しかでませんが、きれいで使いやすいです。ただし、夏季のシーズン以外には蛇口が外されており使えなくなっているので、ご注意ください。

更衣室はないので着替えはトイレでさっと済ませるか、テントなどを持って行き、そこで着替えるといいでしょう。

レンタル用品もある食堂「いしい食堂」

浮島海岸での食事には海岸から徒歩2分のところにある「いしい食堂」がおすすめです。夏季限定で営業しており、魚料理やカレー、ラーメンなど様々なメニューがリーズナブルに楽しめます。

浮き輪やパラソルのレンタル、ビーチサンダルの販売などもしており、浮島海岸で唯一の海の家として毎年訪れる海水浴客やダイバーたちに親しまれています。

徒歩3分の「浮島温泉・しおさいの湯」もおすすめ!

Photo by y_katsuuu

海水浴場から徒歩3分ほどのところには町営「浮島温泉・しおさいの湯」があります。利用料金は、町民が300円、町外の人が500円で子ども(6歳以上12歳未満)は150円です。

9時から20時まで営業していますが、水曜日は定休日なので注意が必要です。海水浴のあとにお風呂で温まり、すっきりして帰ってはいかがでしょうか。

浮島海岸へのアクセス見出し

Photo by fujitariuji

浮島海岸は幹線道路から外れたところにあり、車でなければアクセスしづらいところにあります。案内看板は海岸近くにしかないので、事前にマップを確認しナビを活用してアクセスしてください。西伊豆の黄金崎公園や恋人岬など他の観光スポットと合わせて訪れるのもおすすめです。

交通手段は車のみ!

浮島海岸へは、沼津インターチェンジで降りたあと伊豆縦貫自動車道(無料区間)を走ります。国道136号線を西伊豆方面に向かい「田子南」交差点を右折し進んでいくと案内板が見えるのでそれに従って駐車場へ向かってください。東名沼津IC・新東名長泉沼津ICから車で約1時間40分で到着します。

住所 静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2217

浮島海岸の駐車場

Photo by franckinjapan

浮島海岸の駐車場は海岸沿いに一列に並ぶようにして約30台ほど停められるようになっています。夏季のみ有料で1,000円の駐車料金がかかり、シーズン中は朝から満車となることも多いです。この他にも海岸に入る手前にいくつか有料駐車場があるので、満車の場合はそれらもご利用ください。

西伊豆観光スポットおすすめランキング!人気の名所を厳選紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
西伊豆観光スポットおすすめランキング!人気の名所を厳選紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京から日帰りできる伊豆半島(静岡県)には温泉や島、海水浴場、高原など変化に富んだ観光スポットがいっぱいです。駿河湾に面した西伊豆も絶景や癒しのスポットが多く、アクセスが良くなったのに併せ、観光客が増えています。西伊豆で人気の名所をピックアップしました。

浮島海岸でシュノーケリングや海水浴を満喫しよう!見出し

Photo by izunavi

西伊豆の穴場スポット浮島海岸についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?奇岩が並ぶ壮大な光景や透明度の高い美しい海が魅力の浮島海岸で、夏にはシュノーケリングや海水浴、磯遊びなどを楽しみ、シーズンオフには静かな海岸や遊歩道でのんびりと絶景を楽しみしょう。

投稿日: 2019年12月23日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote