地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

函館のワイン「はこだてわいん」のワイナリーを見学!お土産にも!

函館市の「はこだてわいん」はワイン用ブドウの名産地余市のブドウを中心に使用して、高品質のワインを醸造している名門ワイナリーです。函館山の麓にある歴史的建造物『はこだて明治館』内にある「はこだてわいん」直営ワインショップは観光客に人気になっています。

欧州の産地と同緯度にある函館唯一のワイナリー見出し

函館の気候が美味しいワインを醸し出す

「はこだてわいん」は函館市の北、噴火湾に面してそびえる活火山、蝦夷駒ヶ岳(北海道駒ヶ岳)の麓に位置する七飯町にあります。ここはフランスのブルゴーニュや北イタリアに近い緯度に位置するため、気候的にワインの醸造に適しています。1973年に函館市内で創業し、1984年現在の七飯町に移転しています。「はこだてわいん」創業当初は北海道以外のブドウを使用したワイン醸造が中心でした。最近は日本有数のワイン用ブドウ産地として成長した、余市のブドウ農園と提携して、日本産のワインを中心に製造しています。また、2011年に青函トンネル内にワインの貯蔵庫「青函トンネル蔵置場」を設置してワインの熟成を開始しました。「はこだてわいん」はその情熱と技術力の確かさで、多くのコンクール受賞ワインを世に送り出している注目のワイナリーです。

果物を使ったフルーツワインも人気に

「はこだてわいん」はブドウ以外の果物を使ったフルーツワインも多くラインナップされています。ハスカップやリンゴ、イチゴなど函館周辺地域で収穫される果物を始め、日本全国のフルーツを使用したフルーツワインは女性を中心に人気になっています。函館土産にも最適です。

「はこだてわいん」ワイナリー見学は無料

七飯町の「はこだてわいん」本社ワイナリーは無料で製造工程を見学できます。最寄りの駅は北海道新幹線の終着、函館北斗駅で、ワイナリーまでは6kmほどあります。また、函館市の中心街からは20kmほどの距離です。ただ、公共交通機関がないためタクシーかレンタカーの利用がお勧めです。見学のあとに立ち寄りたいのがワイナリーショップ「葡萄館本店」。10種類以上のワイン無料試飲ができます。また美味しいと評判の「ワインソフト」は月替わりで2種類の味が用意されています。

お土産は「はこだて明治館」内の直営ショップで

ワイナリーにもお土産ショップがありますが、函館市内からだと20km以上離れているので、函館市内の「はこだて明治館」(旧函館郵便局)内に直売店「葡萄館 西部店」があり、試飲もできるので便利です。「はこだて明治館」はレンガ造り2階建てで、明治44年に完成した旧函館郵便局の建物です。函館山近くの赤レンガ倉庫などが立ち並ぶ一角にある人気の観光スポットです。ただ、残念なことに本社ワイナリーや「葡萄館 西部店」の中にレストランがありません。本格的なワインと料理のマリアージュを楽しみたければ、ワイナリーや「葡萄館 西部店」のスタッフにお訊ねください。

「はこだてわいん」本社ワイナリー・葡萄館本店 [住  所]七飯町字上藤城11 [電話番号]0138-65-8115

「はこだてわいん」葡萄館 西部店 [住  所]函館市豊川町11-7(はこだて明治館内) [電話番号]0138-27-8338

函館のランチおすすめランキング・ベスト11!安いけどおいしい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
函館のランチおすすめランキング・ベスト11!安いけどおいしい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本夜景ランキングの上位に入る函館。それだけではなく、海鮮・ラーメン・洋食など、おすすめの名店がひしめく食の宝庫でもあります。ランチはどこに行こうか迷ってしまうというあなたに、函館で絶対に食べてほしいおすすめランチをランキングにしてみました。

「しばれわいん」がコンクール上位入賞見出し

しばれは「はこだてわいん」の独自製法

2016年度日本ワインコンクールで銀賞を受賞した「ケルナーしばれわいん」は、「はこだてわいん」独自のしばれ製法で搾り出された果汁を醸造したワイン。しばれ製法は完熟したブドウを自然に近い形で冷凍し、ブドウ果汁の濃縮された部分のみを搾るもので、口当たりの良い甘口の白ワインです。ブドウは余市産のケルナー種のブドウを100パーセント使用しています。

主力は道産ブドウ使用の北海道100シリーズ見出し

高品質の北海道産ブドウだけを使用

北海道はワイン用ブドウの栽培面積が日本一です。その中でも「はこだてわいん」が特別に選んだ高品質なブドウだけで醸造したワインが「北海道100シリーズ」で、赤ワインのピノ・ワール種や白ワインのケルナー種など数種類のワインがラインナップされています。中でも濃厚な色合いと果実香が豊かな余韻を残す「ドルフェンダー」(赤ワイン・辛口)が、2016年日本ワインコンクールで銀賞を受賞しています。

函館の観光スポット41選!おすすめモデルコースあり!人気の名所は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
函館の観光スポット41選!おすすめモデルコースあり!人気の名所は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道の観光スポットとして、札幌や富良野、小樽などと共に人気の函館。北海道新幹線の開業で観光客もさらに増加中です。そんな函館には多くの名所や観光スポットがあって迷ってしまいますが、こちらではおすすめスポットを厳選してご紹介し、モデルコースもご提案します。

品質最高な「ワイナリーでしか買えないワイン」見出し

直営ショップ「葡萄館」限定ワインが人気

「はこだてわいん」のワインは全国のワインショップで買うことができますが、本社ワイナリー内と函館市にある直営ショップ『葡萄館』のショップ限定ワインが観光客に人気です。ネーミングもそのものの「ワイナリーでしか買えないわいん」や北海道新幹線函館開業の記念ワインがあります。「ワイナリーでしか買えないワイン」は、ワインの品質を落とさないことが大前提で、流通やラベルなどのコストを極限まで削減して価格をさげたもので、お土産にはおすすめです。

山ブドウの香りをいかした「えぞ山ぶどう酒」見出し

独特の香りと酸味がある函館近郊のヤマブドウを使用した「はこだてわいん」ならではのフルーツワイン。商品名は「ぶどう酒」となっていますが、ヤマブドウを酵母で発酵、醸造したほんもののワインです。ヤマブドウ本来の甘さ、酸味、香りが味わえます。

函館近郊で採れる名産果実のワイン見出し

果実の香りを味わうフルーツワイン

ワインはブドウの搾り液にワイン酵母を加えて発酵させ醸造熟成したものです。同じようにブドウ以外の果実も酵母を加えることによりワインと同様なテイストのお酒にすることが可能ですが、正式にはワインとは呼ぶことができません。日本では分類上果実酒となります。しかし、一般的にはフルーツワインという名称で流通しています。最近全国の酒蔵や自治体などがその地の名産果実を使用したお酒を発売していますが、基本的には焼酎(ホワイトリカー)に果実または果実ジュースを加えて製造したものです。この場合アルコールは発酵していません。梅酒も同じ製法で作られています。このお酒は果実が発酵していないので、ワインとは全く違うお酒です。簡単に言うと果実(ジュース)入りアルコール飲料です。フルーツリキュールとも表示されます。「はこだてわいん」のフルーツワインは、酵母を入れることによりアルコール発酵を促していますので、正真正銘の果実酒(ワイン)です。果実入りアルコール飲料(フルーツリキュール)と、「はこだてわいん」のフルーツワインの差は、飲んでみると歴然で、原材料のフルーツの味わいが口の中にふくよかに広がります。

噴火湾沿いの豊浦町産イチゴのワイン

函館の北にあり、洞爺湖と噴火湾にはさまれた豊浦町特産の宝交イチゴを使用しています。豊浦町は北海道としては比較的温暖な気候に恵まれていて、甘いイチゴが収穫できます。「はこだてわいん」の「豊浦いちごわいん」は宝交イチゴの甘酸っぱさをいかした甘口のワインです。

北海道特産のハスカップを使用したワイン

「とまこまいハスカップわいん」はその名の通り、苫小牧産のハスカップを使っています。ハスカップは主に苫小牧北部に広がる勇払原野に自生する北海道特産で、自生するものはほとんど甘味がなく、酸味が強い果実です。糖分がない果実はワイン造りには適していないのですが「はこだてわいん」では、特殊な酵母を使用して美味しいワインに仕上げています。

厳選された桃使用の「スィートももわいん」

厳選された桃を使用した「はこだてわいん」の自信作。桃の芳醇な香りを前面に出した甘口のフルーツワインです。

函館の居酒屋おすすめランキングTOP13!安い人気店や個室あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
函館の居酒屋おすすめランキングTOP13!安い人気店や個室あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
美味しい食材豊富な函館観光で迷ってしまいがちな、居酒屋選び。いろんなおすすめ店が多いし、どこも美味しそうだし…でももう迷わせません!様々なランキングや口コミを吟味し、おすすめのお店をランキング形式でピックアップ!もう夜の函館で、居酒屋迷子にはさせません!

函館のワイン「はこだてわいん」まとめ見出し

コンクール受賞歴が多い人気の「はこだてわいん」

函館唯一のワイナリー「はこだてわいん」は、1973年の創業以来上質なワインを数々送り出しています。その評価は日本ワインコンクールなどで、金賞を始め銀賞、銅賞を毎年数多く受賞することでも証明されています。「はこだてわいん」の本社ワイナリーは函館市に隣接する七飯町にありますが、「はこだてわいん」創業の地である函館市には現在も直営ショップ「葡萄館 西部店」を構えています。「はこだてわいん」の特徴は北海道産のブドウを100%使用したワインと、さまざまなフルーツを使用したフルーツワインです。「はこだてわいん」直営ショップでは試飲もできますので、是非立ち寄ってその味を確かめてください。

関連キーワード

投稿日: 2017年2月27日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote